東北社会人サッカー情報 日本サッカー協会公式サイトへ
 

★東北社会人サッカーリーグ公式サイト(リーグ戦データ)
宮城県サッカー協会 秋田県サッカー協会 青森県サッカー協会 
岩手県サッカー協会
  山形県サッカー協会  
福島県サッカー協会   

☆東北リーグ加盟チーム公式ホームページ(リンク集)
Jリーグ ★ベガルタ仙台公式サイト ★モンテディオ山形公式サイト
JFLクラブ ☆ソニー仙台公式サイト ☆ブラウブリッツ秋田 公式サイト(新)
◎FCプリメ−ロ応援サイト(ふくしまスポーツネットワーク)
福島ユナイテッドFC 公式サイト 公式戦日程
福島ユナイテッド(JFL) 6月9日
福島0-2ソニー仙台

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
東北1部  第9節(9日)
FCプリメーロ1−3ヴァンラーレ八戸
コバルトーレ女川0−1秋田カンビアーレ
バンディッツいわき3−2盛岡ゼブラ
富士クラブ0−5ガンジュ岩手
グルージャ盛岡4−2塩釜ヴィーゼ


ニュース&トピックス
2006年以前のニュース


ヴァンラーレ八戸9連勝 16日にグルージャと直接対決
東北1部は6月9日時点で9節を終えヴァンラーレ八戸が開幕からの連勝を9に伸ばし首位を独走している。9日はFCプリメーロと対戦、3−1で勝利した。(写真)16日には2位のグルージャ盛岡と直接対決があり、八戸が勝つと優勝争いで優位に立つ。グルージャは敗れると勝点差が8に広がり優勝争いから後退するため注目される。





東北リーグ開幕1ヶ月 1部はJめざすヴァンラーレ八戸6連勝で首位
リーグ1部は6試合を終え、今年昇格したヴァンラーレ八戸が開幕から6試合6連勝で首位。5月26日に同じく昇格したFCガンジュ岩手とヴァンラーレが対戦、ヴァンラーレが勝利した。ガンジュは4勝2敗で3位に後退。優勝候補で来年のJ3参戦をめざすグルージャ盛岡は4勝1分1敗で2位浮上。2部南は仙台中田が1位、マリソル松島が2位、同勝点でいわき古河、4位に相馬SCが続く。2部北はラインメール青森とブランデュー弘前の青森県チームがともに3連勝で1位、2位に。くわしくは東北リーグの公式サイトで。

ユナイテッド1ヶ月ぶりに連勝!移籍吉濱が2得点。5勝1分4敗で9位に浮上 22日信夫ヶ丘でホンダロック戦
ユナイテッドは開幕2連勝とさい先のよいスタート切ったが、その後は決定力不足と守備の甘さが出て連敗したが、アウェイで2試合に勝ち、勝敗を五分に戻した。試合ごとに波があるチーム状態だが修正もできはじめており、今後はいかに負けないゲームができるかが課題。FWの久野や金も得点するなど攻撃陣の調子も徐々に上向きだ。
そして5月12日は新装なったあいづ陸上競技場(総合運動公園)でツェーゲン金沢と対戦した。前半38分に益子が先制すると後半35分に期限付き移籍(8月末まで)でJ1湘南からやってきたFW4吉濱遼平選手が現役Jリーガーならではの動きを見せまさかのロングゴールを決めると2分後にも鋭いドリブルで切り込みゴールを決め後半2得点した。決定力不足に悩んでいたチームに強力な選手が加わった。19日はアウェイでホンダFC戦、また雪で中止になったホンダロック戦は22日に信夫ヶ丘で開催される。


写真は前半先制点あげた益子と喜ぶ選手たち。中央吉濱選手の追加点で盛り上がるサポーター。右最初の試合で2得点しマンオブザマッチに輝いた吉濱選手

東北リーグ4月7日開幕決定!プリメーロvsバンディッツの福島ダービーでスタート!
2013東北リーグは4月7日に開幕する。このほど試合日程がぼほ決定した。今年は1部、2部南北とも各10チームづつという過去最多チームでのリーグ戦となる。4月7日から10月20日までの予定。(日程等変更の可能性あり)
1部ではFCプリメーロと1部昇格のバンディッツいわきが初戦で直接対決する。会場は信夫ヶ丘からいわきのクレハグラウンドに変更。
プリメーロは2節14日はアウェイで1部昇格したFCガンジュ岩手と対戦。また同じ岩手県でそれぞれJリーグをめざすグルージャ盛岡とガンジュ岩手は5月5日に直接対決する。なお詳しい情報は東北サッカー協会公式サイト、各チーム公式サイトなどをご参照下さい。

JFL開幕!ユナイテッド ホームで横河武蔵野にも勝利!3節はライバル相模原と
JFL2013リーグ戦が3月10日に開幕した。初参戦の福島ユナイテッドFCはアウェイで町田ゼルビアと対戦、前半ユナイテッドは鴨志田がリーグ初ゴールを決めた。後半も失点せず記念すべき初戦を見事1−0で勝利した。第2節は17日にホーム信夫ヶ丘陸上競技場で横河武蔵野と対戦、サポーターの大声援を受けた福島は前半好調の鴨志田が先制弾を決めると、後半PKを金功青が決め2−0で勝利、連勝を飾った。第3節24日はホームで同じ昇格組のSC相模原と対戦する。なお試合は有料でチケットぴあ他で発売中。



J3 2014年スタート確定、福島ユナイテッド参入の可能性高まる、G盛岡も参入希望
Jリーグが2014年から開催を計画しているJ2下部リーグとなるJ3(仮称)リーグの実施がこのほど確定、近く正式に発表される。
2月19日にJリーグ実行委員会が開催され、非公式ながらJ3に参戦するクラブが明らかになった。それによると現在JFLに所属している6クラブ(町田ゼルビア、長野パルセイロ、SC相模原、カマタマーレ讃岐*以上4クラブはJ準加盟済、ブラウブリッツ秋田、ツェーゲン金沢*以上2クラブは準加盟承認見込み)がJ3初年度のリーグに参戦することがほぼ固かった。(JFLで優勝した場合J3ではなくJ2に昇格できるのか、またJ2からJ3への降格などは未定))
今年JFLの福島ユナイテッドは既にJリーグからのヒアリングを受けておりJ3参戦の可能性が高いこともわかった。J準加盟申請を行えば早期に承認されると予想される。クラブでもJ3参戦について検討していくという。また東北リーグのグルージャ盛岡も来年からのJ3参戦を希望しており現在Jリーグがヒアリングを行っている。J3のリーグ戦は初年度は8チームから10チーム構成となる模様。なお参入クラブは9月に正式に決定される。


福島ユナイテッド 3月10日町田戦、17日ホーム信夫ヶ丘で横河武蔵野戦。全日程決定。
今年初のJFLに参戦する福島ユナイテッドは昨年指揮をとった時崎悠監督の続投を決定した。今年も時崎監督のもと、JFLにチャレンジする。また新戦力として今年湘南ベルマーレに入団した大阪桐蔭高校のMF白井康介選手が1年間の期限付きで移籍した。
なおJFLの開幕戦、2節の予定が発表され、ユナイテッドは初戦はアウェイでJ2から降格した町田ゼルビアと対戦する。2節はホーム(信夫ヶ丘陸上13:00)で横河武蔵野と対戦する。なおリーグ戦全日程も決定した。今年は昨年までホームスタジアムだったあづま総合陸上競技場(総合運動公園全体)が放射線の除線作業を行うため26年春まで使用できないため、同じ福島市の信夫ヶ丘陸上競技場がホームとなる。また福島以外でも郡山や会津でも試合を行う予定。公式サイト参照。

おめでとう!JFL昇格 福島ユナイテッド
 
福島ユナイテッド最終2位、SC相模原が優勝 
決勝ラウンド1日目は30日に開幕。福島ユナイテッドはノルブリッツ北海道と対戦し90分で0−0となりPK戦の末、勝利した。大会ルールにより勝点2をあげた。第2試合ではSC相模原がファジアーノ岡山ネクストに2−1で勝利した。2日目福島はファジアーノネクストと対戦、後半FW久野が先制すると終盤に2点を追加し3−0で完勝した。続く第2試合でSC相模原がノルブリッツ北海道を下したため、2日終了時点で福島と相模原の上位2位以上が確定、2チームのJFL昇格が決まった。12月5日にJFL理事会で昇格が正式に承認された。JFL2013シーズンは来年3月10日開幕予定。
最終成績:1位相模原(勝点9)2位ユナイテッド(5)3位北海道(2)得失点差で3位、4位ファジアーノ(2)

11月30日:10:45 福島ユナイテッド0−0(PK8−7)ノルブリッツ北海道  13:30 ファジアーノ岡山1−2相模原
12月1日:10:45 福島ユナイテッド3−0ファジアーノ岡山  13:30 ノルブリッツ北海道0-2相模原
12月2日:10:45 福島ユナイテッド0−1相模原  13:30 ノルブリッツ北海道1-1(PK3-4)ファジアーノ岡山


岡山戦で先制ゴールを決めたFW久野選手、サポーターにあいさつするユナイテッドメンバー(YAHOOより)
<天皇杯情報>
 福島ユナイテッドFC 天皇杯4回戦 福島0−5ジェフ市原千葉(12月15日フクダ電子アリーナ)



東北リーグ2013は1部2部ともに各10チーム構成で実施へ。コバルトーレ女川も1部昇格
来年2013年の東北リーグは1部及び2部南北ブロックは各10チームづつが参戦し実施される見込み。そのため1部からの降格、2部から各県リーグへの降格も行わない。2部北部は既に10チームが確定した。2部南部は3県のリーグ優勝3チームが自動昇格(福島は相馬SCが2年ぶりに復帰)、また各県リーグ2位による昇格決定戦を12月に実施する。なお2部南部で2位になり1部昇格戦でヴァンラーレ八戸に敗れたコバルトーレ女川は福島ユナイテッドがJFL昇格を決めたため1部に昇格する。

JFLシーズン終了 ソニー12位、秋田13位。14年からJ3部相当リーグ発足へ
JFL2012シーズンは11月18日に全日程を終了した。東北から参戦したソニー仙台は17チーム中12位、J入りをめざすブラウブリッツ秋田は13位だった。優勝はV・ファーレン長崎でJ2昇格が決定。2位のAC長野パルセイロはJ準加盟が承認されたがホームスタジアムの未整備によりJ2昇格が見送られた。スタジアム完成は2016年という。3位だったSAGAWA滋賀は今シーズンでの解散が決まっている。またJ2最下位になった町田ゼルビアはJFL降格が決定した。(町田は来年はJ準加盟となる)
ところでJリーグは先頃2014年からJリーグ3部に相当する下部リーグ発足へ向けて検討に入ったことを明らかにした。背景にはJ2町田のJFL降格と長野パルセイロのスタジアム問題がある。構想では3部相当リーグはJリーグ準加盟チームだけのリーグとする方針で参加条件も緩和する方向だという。JFLで既にJ準加盟しているのは長野と讃岐、また関東1部のSC相模原も既に準加盟しているほか複数のJFLチームが今後申請を行う予定だ。準加盟が認められればすべて新リーグに移行する可能性も出てきた。


地域リーグ決勝大会一次R速報 ユナイテッド決勝ラウンド進出。30日初戦はノルブリッツ。
JFLへの昇格を決める全国地域リーグ決勝大会一次ラウンドのグループAが16日から18日まで郡山西部サッカー場で開幕した。福島ユナイテッドは1日目島根と対戦、後半FW新の得点で勝利した。2日目福井戦では後半1−0と先制するも福井に2点を奪われ敗戦かと思われたがMF金が終了間際に同点弾を決めた。大会ルールにより延長戦はなくPK戦では敗れたが勝点1を得た。3日目はアミティエSCと対戦し後半時崎塁の得点で先制し1−0で勝利した。グループ1位となり決勝ラウンド進出が決まった。決勝ラウンドは11月30日から12月2日まで長崎で行われる。日程:30日福島vsN北海道、1日福島vs岡山N、2日福島vs相模原 3試合とも10:45開始
16日:10:45 福井1−2アミティエ、13:30福島ユナイテッド1−0D島根
17日:10:45 福島ユナイテッド2−2(PK3−4)福井、13:30 アミティエ2−0D島根
18日:10:45 福井2−3D島根、13:30 福島ユナイテッド1−0アミティエ
なお他会場の結果、ノルブリッツ北海道、ファジアーノ岡山ネクスト、SC相模原(2位最上位)が決勝R進出。



11月18日に1部昇格決定戦 ヴァンラーレ八戸が1部昇格決定
11月18日に秋田市八橋競技場で東北リーグ1部昇格決定戦が行われた。今シーズン東北2部北2位のヴァンラーレ八戸と南2位のコバルトーレ女川が対戦し1−0でヴァンラーレが勝利し1部自動昇格が決まった。なお全国地域リーグ決勝大会で福島ユナイテッドがJFL昇格を決めた場合は敗れたチームも1部昇格する予定。2部では既に優勝したガンジュ岩手とバンディッツいわきの1部昇格が決定しており来シーズンは1部に3チーム以上の初昇格チームが参戦することになる。

東北2部北はFCガンジュ岩手、2部南はバンディッツいわきが優勝、来季1部昇格決定
東北リーグ2部北は21日に試合が行われ、Jリーグ入りをめざすFCガンジュ岩手が最終戦に勝利し、2位のヴァンラーレ八戸が残り1試合に勝利しても岩手の勝点39に及ばないため、ガンジュ岩手の優勝が決まった。またこの結果、ガンジュ岩手の来季1部昇格が決定した。(1部が7チームのため2部は南北各優勝チームが自動昇格となる)2部南は最終節の28日に首位のバンディッツいわきがマリソル松島に4−0で勝利した。2位のコバルトーレ女川も勝利したが残り試合1試合で勝利した場合でもいわきの勝点に及ばないためいわきの優勝が決まった。1部昇格も決定。
なお1部の最終成績は次の通り。1位福島ユナイテッド、2位グルージャ盛岡、3位塩釜NTFCヴィーゼ、4位秋田カンビアーレ、5位FCプリメーロ、6位富士クラブ2003、7位盛岡ゼブラ。


全国社会人サッカー大会ユナイテッド準優勝。地域リーグ決勝大会ユナイテッドはグループAに。
全国社会人サッカー選手権は10月12日から東京で開幕。東北からは福島ユナイテッドとヴァンラーレ八戸が出場。
ユナイテッドは過酷日程の中、決勝戦まで進出したがFCコリアに延長戦の末、敗れ準優勝に終わった。
13日1回戦結果 ユナイテッド4−1上田ジェンシャン  ヴァンラーレ1−2FCコリア
14日2回戦結果 ユナイテッド1−0 東京23FC  15日準々決勝結果 ユナイテッド7-0札幌蹴球団
16日準決勝 ユナイテッド 1-1(PK5-4)F岡山ネクスト
17日決勝 ユナイテッド0−0 延長0−1FCコリア

なお社会人大会の結果を受け11月16日から行われる地域リーグ決勝大会一次ラウンドは以下の12チームが出場する。17日に抽選組合せが行われグループ分けが決定。ユナイテッドはグループA(郡山西部サッカー)に入った。
グループA:福島ユナイテッド、サウルコス福井、アミティエSC、デッツォーラ島根
グループB:ノルブリッツ北海道、FC今治、FCコリア、バンディオンセ加古川
グループC:SC相模原、、鈴鹿ランポーレ、FC KAGOSHIMA、ファジアーノ岡山ネクスト


天皇杯 ユナイテッドがJ1新潟破る大金星で4回戦進出
天皇杯全日本選手権の3回戦が10月10日に行われ、福島ユナイテッドFCが新潟でJ1新潟と対戦し、1−0で破る大金星をあげた。
ユナイテッドは前半0−0としのぐと、後半18分に益子がゴールを決め、この1点を守りきり勝利した。ユナイテッドが天皇杯でJ1クラブに勝利するのは初めて。また福島県チームが天皇杯で4回戦に進んだのは96年の福島FC(JFL)以来のこと。4回戦は組合せは11月に行われる。ユナイテッドは13日からは全国社会人大会に出場する。


1部は福島ユナイテッドが2連覇!JFL昇格めざし地域リーグ決勝大会一次R(郡山)出場へ
1部リーグ最終節は10月7日に行われ、福島ユナイテッドFCがグルージャ盛岡を1−0で下し昨年に続き優勝を飾った。
ともに優勝がかかった大一番でホームで戦ったユナイテッドは積極的に攻めるも久野の決定的なシュートなど先制のチャンスを逃して前半は0−0で終了、それでも後半10分にゴール前での競り合いでFW小林がシュートを決め先制した。
グルージャも同点になる決定的なチャンスがあったが惜しくも逃し試合終了、ユナイテッドがアウェイでの雪辱を果たしリーグ連覇に輝いた。この結果、優勝したユナイテッドは11月16日から郡山西部サッカー場などで行われる地域リーグ決勝大会一次ラウンドに出場する。一次ラウンドを突破した場合は11月30日から長崎県で行われる決勝ラウンドに進み悲願のJFL昇格をめざす。敗れたグルージャは来年の東北リーグ残留が決まった。なおユナイテッドは10月10日には天皇杯3回戦でJ1新潟と対戦。13日からは全国社会人大会に出場する。


FW9小林が先制点をあげる。喜び合う小林選手とDF2岡田選手。

リーグ戦10月7日最終節 ユナイテッドとグルージャが優勝かけ直接対決
東北社会人リーグは10月7日に最終節を迎える。10月1日時点で福島ユナイテッドとグルージャ盛岡がともに勝点30で並んだ。得失点差でユナイテッド10点上回っているためユナイテッドが首位となり、最終節でユナイテッドはグルージャと対戦、引き分けでも優勝する可能性が高い。ユナイテッドが優勝した場合、JFL昇格をめざす地域リーグ決勝大会への出場権を得る。グルージャのJFL昇格はなくなり来季残留が決定する。逆にグルージャが勝利した場合はグルージャの優勝となり地域リーグ決勝大会の出場権を得る。その場合ユナイテッドは全国社会人大会での決勝大会出場の道が残される。7日の直接対決はあづま陸上競技場で午後2時キックオフ。

天皇杯速報 福島ユナイテッドがJ2甲府を下し3回戦へ
天皇杯本大会は9月1日に開幕、福島県代表の福島ユナイテッドは1回戦で山梨学院大オリオンズに10−0で勝利、続く2回戦は8日に行われJ2ヴァンフォーレ甲府に対し、90分で0−0、延長戦でも決着つかずPK戦に。PK戦は4−3でユナイテッドが勝利した。Jクラブと対戦し勝利したのは4年前のセレッソ大阪戦以来の快挙。この結果ユナイテッドは10月10日の3回戦でJ1新潟とサウルコス福井の勝者と対戦する。(会場・ビッグスワン)なお東北ではベガルタ仙台、モンテディオ山形が3回戦に進出した。

天皇杯予選 6県代表決まる 本大会1回戦は9月1日(2日)から。
第92回天皇杯全日本サッカー選手権の予選となる代表決定戦が8月26日までに行われ各県の代表が決定した。福島県は福島ユナイテッドが5連覇、岩手県はグルージャ盛岡が5連覇、青森は2部北のヴァンラーレ八戸が優勝した。秋田はJFL所属のブラウブリッツ秋田、宮城は同じくJFLのソニー仙台、山形は日大山形高校。各県代表は9月1日及び2日に本大会1回戦に臨む。組合せは以下の通り。
ヴァンラーレ八戸vsYSCC、グルージャ盛岡vs横河武蔵野FC、ブラウブリッツ秋田vs平成国際大、ソニー仙台vs高知大、福島ユナイテッドvs山梨学院大オリオンズ、日大山形vs tonan前橋。


全国社会人東北予選 第1代表は福島ユナイテッド、第2代表ヴァンラーレ八戸が初出場
全国社会人サッカー大会の東北予選大会は8月20日まで福島市で開催され、第1代表に福島ユナイテッドが、第2代表にはヴァンラーレ八戸が決まった。ユナイテッドは代表決定戦で2部北のFCガンジュ岩手を5−1で下した。ヴァンラーレはグルージャ盛岡を下した2部南のコバルトーレ女川と対戦し1−0で勝利した。ヴァンラーレの全国社会人大会出場は初。全国大会は10月中旬から東京で開催される。優勝すると地域リーグ決勝大会への出場資格を得る。大会結果

東北総体サッカー 福島と岩手が国体出場決める
東北総体の成年男子は8月中旬に行われ、東北からは福島県と岩手県が岐阜国体に出場する。

東日本社会人大会 福島ユナイテッド初優勝
東日本社会人選手権大会は7月中旬に埼玉県で行われ、福島ユナイテッドが初優勝を飾った。
1回戦 ユナイテッド2−1埼玉県選抜 準決勝 ユナイテッド5−1石川県選抜 
決勝 ユナイテッド2−1ノルブリッツ北海道


前半終了 グルージャ全勝で首位、ユナイテッドは2位。
1部リーグは7節まで終了、グルージャ盛岡が5戦全勝で首位に立った。2位は4勝1敗で福島ユナイテッド。3位は4勝2敗で塩釜NTFCヴィーゼが続く。4位は秋田カンビアーレ、5位FCプリメーロ、6位富士クラブ2003,7位盛岡ゼブラ。
2部南部はバンディッツいわきが首位、2位はコバルトーレ女川と昨年震災と津波被害で参加しなかった2チームが健闘している。
2部北部はガンジュ岩手が首位、2位はヴァンラーレ八戸で上位2チームの優勝争いが続いている。


開幕1ヶ月 ユナイテッド開幕3連勝、プリメーロ初勝利飾る。
1部リーグは福島ユナイテッドが5月13日の塩釜戦に1−0で勝利し開幕3連勝を飾り首位に立った。(5月6日ホーム戦は悪天候により中止順延)FCプリメーロは開幕から3連敗だったが13日のホームでの富士クラブ2003戦で4−1で快勝した。前半田村が先制し1−1で折り返すと後半に入り、FWの本田、緑川、杉内が見事なゴールを決めホームで嬉しい勝利を飾った。

(写真左:今年チームに復帰したFW緑川が3点目をあげる。サポーターの声援に応えるプリメーロ選手たち)

2012シーズン4月15日1部開幕、2部は22日から。各チームの詳細は東北リーグ公式HPで。
1部は15日に開幕した。悲願のJFL昇格をめざす福島ユナイテッドはアウェイで富士クラブ2003と対戦し、9−0で大勝した。
昨年リーグ不参加のFCプリメーロは2年ぶりの公式戦をアウェイで秋田カンビアーレと対戦したが1−2で敗れた。解散したトーキンFCの主力が合流した塩釜NTFCヴィーゼは盛岡ゼブラに2−1で勝利した。なおグルージャ盛岡は試合なし。
福島ユナイテッド9−0富士クラブ2003  秋田カンビアーレ2−1プリメーロ 塩釜ヴィーゼ2−1盛岡ゼブラ



1部のNECトーキンFCが解散。7選手が塩釜に合流、塩釜NTFCヴィーゼとして参戦へ。
1部リーグのNECトーキンFCがこのほどチーム活動の停止し事実上解散した。NECトーキンFCは活動拠点である宮城県名取市が昨年の大震災や津波で大きな被害を受けた。しかし昨年のリーグ戦には参加していたが、今年の活動が難しくなったことから活動を停止しリーグ戦への出場を辞退した。NECトーキンは以前にも運営会社の経営悪化でチームの活動を一時停止した経緯がある。
なおトーキンの7選手が同じ1部の塩釜FCに合流したこともわかった。今年は塩釜NTFC(仮)として1部に参戦する予定。これにより2012年はNECトーキンをのぞく7チームでのリーグ戦になる見通し。2012リーグ戦については新しい情報がわかり次第お伝えします。


ユナイテッドの新監督に時崎悠コーチが昇格。4年ぶり指揮官に、悲願JFL昇格めざす
福島ユナイテッドは今シーズンで退任した手塚監督に代わり時崎悠コーチの昇格を発表した。時崎氏は2007年〜8年に選手兼任監督としてチームを指揮した経験があり、以降はコーチとしてチームの強化に努めていた。時崎氏は福島市出身でDFとしてJ2水戸などでプレー、ユナイテッドの前身のペラーダ福島に移籍、現在に至っている。実弟は同チームのFWの時崎塁選手。

J2とJFLの入れ替え戦来シーズンから開始へ。Jへの門戸狭まりJめざすチームに高い壁
J2とJFLの入れ替え戦について検討を進めてきたJリーグはこのほど具体的な入れ替えについての方法をまとめた。これによると来年2012年からJ2とJFLとの入れ替え戦を実施する。近く正式決定される。現在20チームのJ2は来年から新たに松本山雅、町田ゼルビアの加入がほぼ決まり22チームになることで予定数に達するため、2012年のシーズンから下位リーグにあたるJFLとの入れ替え戦を行う。入れ替え及び降格・昇格はJFLチームの成績やJリーグ準加盟などにより異なる。(JFLはJリーグ入りをめざすチームとそうでないチームが混在しているため入れ替えについては複数の条件が必要となる。下記参照)
現在東北地方のJFLチームはソニー仙台とブラウブリッツ秋田の2チームで秋田だけJ入りをめざしている。さらに下部リーグとなる東北社会人リーグでは福島ユナイテッド、グルージャ盛岡、FCガンジュ岩手、ヴァンラーレ八戸が将来のJ入りを表明している。来年以降はJ2に昇格するにはJFLに参入しても上位2位以内に入る必要があり(今年まで上位4チームまで)18チームのJFLでの競争がさらに激化する見込み。ほかにもJリーグへの準加盟もクラブの財政基盤やJ規格に合ったスタジアムの整備など高いハードルがあり申請を見送るチームも少なくない状況。Jリーグへの参入は今後さらに厳しくなるだろう。なお来年JリーグをめざすJFLクラブは8チームになる模様だ。
<JFLからJ2への昇格条件とJ2下位の降格、入れ替え戦の条件>
1JFLの上位2チームがJ準加盟している場合→JFL1位自動昇格、2位J2・21位と入れ替え戦。J2最下位自動降格
2JFL1位チームのみがJ準加盟している場合→JFL1位自動昇格。J2最下位自動降格、J2・21位残留
3JFL2位チームのみJ準加盟している場合→JFL2位はJ2最下位と入れ替え戦。J2・21位残留。(JFL1位昇格せず)
4JFL上位2チームともJ準加盟していない場合→JFL上位2チーム昇格せず。J2最下位及び21位とも残留。


ソニー仙台のJFL残留が事実上決定。東北リーグ降格は回避
JFLのソニー仙台は12月4日にホームで佐川印刷とのリーグ戦を戦い引き分けた。ソニー仙台は震災の影響でリーグ後半から参加、4日時点でリーグ最下位となったが同リーグの松本山雅、町田ゼルビアが4位以上を確実にし2チームのJ2への昇格がほぼ決まったため、地域リーグへの自動降格は事実上なくなった。入れ替え戦も行わない見込み。11日に最終戦が行われる。

地域リーグ決勝大会!ユナイテッド1勝2敗で一次ラウンド敗退。来年も東北リーグ。手塚監督退任
JFLへの昇格を決める全国地域リーグ決勝大会一次ラウンドは11月18日に開幕。東北1位の福島ユナイテッドは18日にSC相模原と対戦、開始早々に相模原に2失点するもFW小林のシュートで1点差に。後半はどちらも得点ならず1−2で惜敗した。19日はノルブリッツ北海道と対戦し、5−2で勝利した。20日は奈良クラブと対戦し0−2で敗れた。2勝すればグループ2位最上位で決勝ラウンドの可能性もあったが敗退した結果、決勝ラウンド進出はならず、悲願のJFL昇格は今年もかなわなかった。これでユナイテッドの来年の東北リーグ参戦が決定した。またユナイテッドの手塚聡監督の今シーズンでの退任が発表された。後任は未定。
地域リーグ決勝大会決勝ラウンドは12月3日から5日まで行われsizuoka藤枝MYFC、NPO横浜スポーツ&カルチャークラブのJFLへの自動昇格が決定、3位のHOYO AC ELAN 大分はJFL最下位チームと入れ替え戦の予定だったが、JFLの松本、町田の2チームのJ2昇格が事実上決まったため3位までの自動昇格がほぼ決まった。予選ラウンドでユナイテッドを下したSC相模原は予想外の全敗でJFL昇格を逃した


リーグ戦全日程終了 2部統合はヴァンラーレ八戸が全勝優勝
2011年の東北リーグは10月23日までに全日程を終了した。震災の影響で変則的に南北を統合して行われた2部(統合)は将来のJ入りをめざすヴァンラーレ八戸が10戦10勝での全勝優勝、2位は勝点3差でFCガンジュ岩手。3位TDK親和会、4位仙台中田、5位ラインメール青森、6位水沢クラブ、7位マリソル松島、8位大宮クラブ、9位パラフレンチ米沢、10位新日鐵釜石、11位遠野クラブ。
なお当初の予定通り、1部からの降格と2部からの昇格は行わない。来年のリーグについては通常通りになる見込み。

1部の最終順位は以下の通り。カッコ内は勝点。
1位福島ユナイテッド(33)、2位グルージャ盛岡(27)、3位NECトーキン(20)、4位秋田カンビアーレ(19)、5位盛岡ゼブラ(17)、6位富士クラブ2003(4)、7位塩釜ヴィーゼ(1)*FCプリメーロは不参加。


復興チャレンジリーグ終了 30日にユナイテッドとシャイネン福島が対戦
福島県震災復興チャレンジリーグは10月23日に全6節を終了した。東北リーグ1部・2部に所属する4チーム、FCプリメーロ、シャイネン福島、メリー、バンディッツいわき(いわき古河は参戦辞退)で2回総当たりのリーグ戦を行いシャイネン福島が3勝2分1敗で1位となった。2位はメリー(3勝3敗)、3位バンディッツいわき(2勝2分2敗)、4位FCプリメーロ(2勝1分3敗)。なお30日には1位のシャイネン福島と福島ユナイテッドがあづま競技場でチャレンジマッチを行う。2位メリーは県リーグ1部のビアンコーネと同じく試合を行う。

FCプリメーロvsバンディッツいわき(鳥見山23日)

全国地域リーグ決勝大会一次Rの組合せ決定 福島ユナイテッドはBグループ(兵庫)に
JFLへの昇格を決める全国地域リーグ決勝大会一次ラウンドの組合せ抽選は10月19日に行われた。
東北地区から唯一出場する福島ユナイテッドは兵庫県洲本市のアスパ五色(淡路島)会場のBグループに決定。ノルブリッツ北海道、奈良クラブ、SC相模原(全社準優勝)と同じ組となった。18日の初戦は相模原と対戦。全国社会人優勝の東京23FCはCグループに、藤枝MYFCはAグループに決まった。一次ラウンドは11月18日から20日まで3会場で開催。上位4チームが12月の決勝ラウンド(大阪)に出場。なお出場チームのうち東京23FCは全社枠、バンディオンセ加古川は関西リーグ補充枠。

Aグループ(福井):JAPANサッカーカレッジ、Y・S・C・C、バンディオンセ加古川、sizuoka.藤枝MYFC
Bグループ(洲本):ノルブリッツ北海道、
福島ユナイテッドFC、奈良クラブ、SC相模原
Cグループ(高知):HOYO AC ELAN、東京23FC、デッツォーラ島根、黒潮FC


全国社会人大会速報 ユナイテッド初戦でFC刈谷に敗退、G盛岡2回戦敗退
全国社会人大会は10月15日に岐阜県で開幕。東北から福島ユナイテッドとグルージャ盛岡が出場。
昨年大会4位のユナイテッドは初戦で元JFLのFC刈谷と対戦し1−4で敗れた。12日に天皇杯でJ1磐田と戦ったうえ、2人のGKの故障で急遽コーチの時崎悠が現役復帰、GKとして出場したが刈谷の攻撃を防ぎきれなかった。グルージャ盛岡も元JFLの三菱自動車水島と対戦したが1−0で勝利、2回戦に進んだ。16日はSC相模原と対戦し、延長戦の末、1−3で敗退した。この結果、グルージャ盛岡の地域リーグ決勝大会出場の可能性がなくなり、来シーズンも東北リーグに参戦することが決定した。
大会組合せ・結果


ユナイテッド初優勝!2節残しリーグ制覇。全国地域リーグ決勝大会出場。10月14日から全国社会人大会
9月18日に岩手県紫波町で福島ユナイテッドと盛岡ゼブラが対戦し、ユナイテッドが5−0でゼブラを下した結果、残り2節を残し1部リーグの初優勝を決めた。開幕から10連勝で勝点を30にしたユナイテッドに対し、2位のグルージャ盛岡は18日にNECトーキンに引き分け残り2試合を勝利しても勝点30に及ばないことでリーグ終了を待たず優勝が決まった。福島ユナイテッドは悲願のJFL昇格をかけ11月18日から福井県などで始まる全国地域リーグ決勝大会予選ラウンドに出場する。グルージャは10月14日から始まる全国社会人大会枠での地域リーグ大会出場をめざす。福島ユナイテッドも出場する。なお地域リーグ決勝大会の決勝ラウンドは12月2日から大阪で開催される。

プリメーロ、シャイネンなど福島県の4チームで復興支援チャレンジリーグ。2回総当たりで10月23日まで。
震災と原発事故の影響で東北リーグへの参加を辞退した1部のFCプリメーロと2部南のメリー、シャイネン福島、バンディッツいわきの4チームで復興支援チャレンジリーグを開催する。9月4日に第1節が行われた。日程:9月11日、9月25日、10月2日、10月16日、10月23日。2回総当たりのリーグ戦を実施し、リーグ2位は県リーグ1位とリーグ1位は福島ユナイテッドと10月30日に対戦する。会場は福島市、会津若松ほか。結果・対戦表

全国社会人サッカー東北大会結果速報 ユナイテッド、グルージャが全国大会出場
全国社会人サッカー大会の東北予選大会は8月20日から山形県総合運動公園で行われ、福島ユナイテッドとグルージャ盛岡が全国大会出場を決めた。2つのブロックでそれぞれ全国大会への代表を決定する大会、福島ユナイテッドは秋田カンビアーレに4−0で勝利。東北2部北のヴァンラーレ八戸はFCプリメーロに6−0で勝利し、22日にユナイテッドとヴァンラーレが代表をかけ対戦する。第二ブロックはグルージャ盛岡がマリソル松島に11−0で圧勝、また盛岡ゼブラはTDK親和会に2−0で勝利し代表決定戦を戦う。22日に勝利した2チームは10月14日から岐阜県で開催される全国大会に出場する。
第一代表決定戦 福島ユナイテッド1−0(延長)ヴァンラーレ八戸 第二代表決定戦 グルージャ盛岡3−0盛岡ゼブラ


天皇杯福島県大会 ユナイテッド、メリーが準決勝進出。
天皇杯福島県大会・県選手権は7月18日に準々決勝が会津といわきで開催された。準々決勝からは昨年上位の4チーム、福島ユナイテッド、バンディッツいわき、FCプリメーロ、メリーが登場。ユナイテッドをのぞく3チームも東北リーグ加盟チームだが今シーズンリーグ戦を辞退しており、今年初の公式戦。試合は福島ユナイテッドが会津オリンパスにPK戦の末、からくも勝利し準決勝に進出。メリーは富岡高校にPK戦の末、勝利した。FCプリメーロは福島大学に、バンディッツいわきはJFAアカデミー福島に敗退した。
準決勝は8月27日にユナイテッドvs福島大、メリーvsJFAアカデミーで開催される。決勝は28日西部サッカー場13時キックオフ。
なお東北2部所属のいわき古河FCとFCシャイネン福島は3回戦で敗退した。
組合せ及びこれまでの結果はこちら


6節終了 1部福島ユナイテッドが6連勝で首位。G盛岡と勝点8差つける。
東北リーグは6月26日までに6節を終了した。1部は初優勝をめざす福島ユナイテッドが開幕6連勝を飾り首位に立っている。昨年優勝のグルージャ盛岡は5試合で3勝1分1敗とふるわずユナイテッドに勝点8差をつけられている。一方同じ盛岡のゼブラは7試合で4勝をあげ2位と健闘している。6節終了時の順位。1位福島ユナイテッド、2位盛岡ゼブラ、3位グルージャ盛岡、4位NECトーキン、5位秋田カンビアーレ、6位富士クラブ2003、7位塩釜ヴィーゼ。(FCプリメーロは不参加)
2部統合は5試合全勝でヴァンラーレ八戸が首位、2位に同じく青森のラインメール青森が勝点2差で続く。J入りをめざすガンジュ岩手は3位、水沢クラブが4位。

東北リーグ5月15日開幕へ。福島県5チームが参加辞退。1部7チームで、2部南北11チームで開催
東北リーグは福島ユナイテッドをのぞく福島県のチームがリーグ戦を辞退となることが21日までに明らかになった。福島県サッカー協会と県内の加盟全チームでリーグ戦参加について協議を行ってきた結果、震災により会場確保が難しいこと、原発事故(放射線)の影響も大きいことから福島ユナイテッドをのぞく5チーム(1部のFCプリメーロ、2部南のFCシャイネン福島、メリー、バンディッツいわき、いわき古河FC)が参加しないことを決断した。Jリーグ入りをめざし今年JFL昇格が悲願となっている福島ユナイテッドについてはホーム試合を県外で行うなど対応しリーグ戦に参加する方針。開幕戦は秋田カンビアーレ戦に決まった。(会場未定)また2部については21日時点で宮城のコバルトーレ女川のほか福島県チームが参加しないため南北で参加できる11チームを一つに統合した変則リーグを行う予定。リーグ開幕は5月15日。なお今年不参加のチームは来年はそれぞれのリーグに無条件で参戦できる見通し。またシーズン終了後の1部からの降格、2部からの昇格などは行わない。その他詳しいことはわかり次第お伝えします。

東北サッカー協会が被災者支援センターを発足。物資を必要とする人へ配送
東北サッカー協会は各県のネットワークを駆使して地震・津波の被害を受けた人々に物資を送るための支援センターを発足する。小幡忠義宮城県サッカー協会会長(塩釜FC理事長)が中心となり、各県協会ほかJ1仙台やJFLソニー仙台のスタッフも参加する。被災地の状況を調査したうえでサッカー用品のほか全国から送られる支援物資を必要としている人々に送る方針。

コバルトーレ女川がリーグ戦出場を断念
2部南部のコバルトーレ女川(宮城)は今年のリーグ戦出場を断念することを明らかにした。女川町が大津波で甚大な被害を受けたことでチームとして地元の復興に尽力していく方針。なお同じく津波被害が大きかった塩釜を拠点にする塩釜ヴィーゼ、松島を拠点にするマリソル松島、岩手の釜石を拠点にする新日鉄釜石はリーグ戦出場については未定。

4月24日(日)グルージャ盛岡とヴァンラーレ八戸が復興支援チャリティマッチ開催
東北リーグでともにJリーグをめざしている1部のグルージャ盛岡と2部北のヴァンラーレ八戸が4月24日に東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチを開催する。会場は八戸市の南郷陸上競技場。試合前には前座試合として両チームの下部組織(U15)が交流試合を行う。またチャリティマッチ終了後に両チームによる義援金募金も行われる。詳しくはこちら

大震災のため東北リーグ4月開催は延期
東北社会人リーグは当初4月10日開催の予定だったがこのたびの大震災により各県に甚大な被害が出たほか、加盟チームの中にも被災している人たちがいるため4月開催は延期となった。リーグ開催時期は未定。詳しいことがわかり次第お伝えします。

東北リーグ参加チーム情報 被災地チームは活動停止し地元復興に尽力、相馬SCの安否確認
2011東北リーグは1部、2部南・北に以下のチームが参戦予定。しかしこのたびの大震災で宮城県及び岩手県太平洋沿岸地区で大きな被害を受けた地域で活動しているチームは現在活動を休止し、多くが地元地域の復興に尽力している。このうち塩釜ヴィーゼはチーム関係者全員の安否が確認でき、現在は他県のサッカー関係者などと協力し被害の大きい塩釜市内での復興活動に力を注いでいる。また同じく津波で大きな被害が出た女川のコバルトーレは全員の無事を確認、現在はメンバーの多くが地元復興に活動している。福島県でも大きな被害を受けたため福島ユナイテッドをはじめ多くのチームが活動を休止している。津波被害のあった相馬で活動している相馬SC(2部南から県リーグ降格)は全員の安否が確認された。県内や県外へ避難している模様。県リーグのフリーダムも全員の無事が確認された。(相馬市のワールドスポーツさん情報です)
1部 グルージャ盛岡、福島ユナイテッド、NECトーキン、盛岡ゼブラ、秋田カンビアーレ、FCプリメーロ、塩釜ヴィーゼ、富士クラブ2003
2部南 コバルトーレ女川、仙台中田、マリソル松島、FCシャイネン福島、バンディッツいわき、メリー、いわき古河、FCパラフレンチ米沢
2部北 ヴァンラーレ八戸、ラインメール青森、遠野クラブ、水沢クラブ、新日鉄釜石、大宮SC、FCガンジュ岩手、TDK親和会

福島ユナイテッド新運営会社発足、新体制で活動開始。11日からトレーニングマッチもスタート。
福島ユナイテッドFCを運営する新会社「AC福島ユナイテッド梶vが2月1日正式に発足した。代表には福島商工会議所副会頭の後藤忠久氏が就任した。また運営本部長には鈴木英寿氏が就任した。鈴木氏は仙台市出身でJリーグベガルタ仙台のマーケティングディレクターなどを経て昨年同クラブのマーケティングディレクター(アドバイザー)として活動した。
チームは新体制のもと2月2日からホーム練習場の十六沼公園サッカー場で練習を開始した。2月は通常の練習のほか、11日から練習試合もスタートする。11日スポルティーバつくば、12日富士大学(2試合と国見町)、19日聖光学院、20日FCシャイネン福島(2試合とも十六沼公園)また2月26日にはJFLの栃木ウーヴァと、28日には同じくブラウブリッツ秋田とトレーニングマッチを行う。
なお新加入選手としてコバルトーレ女川から小林大騎、立正大学から山口優樹がこのほど加入した。


福島ユナイテッド新運営会社へ
福島ユナイテッドFCを運営するふくしまスポーツマネジメントの横田篤代表と「Jリーグチームを福島県に作る会」後藤忠久発起人代表(福島商工会議所副会頭)が12月27日記者会見し、ふくしまスポーツマネジメントに代わる新運営会社を設立すると発表した。新会社は後藤代表ら県内経済界の有志が参加して1月中に発足される方針。福島ユナイテッドの前身福島夢集団を設立するなど約10年にわたり福島県にJクラブ誕生を呼びかけ活動してきた横田篤代表はクラブ運営から離れることになった。既に2011年の手塚聡監督の続投が決定しており悲願のJFL昇格へ向けクラブは新たな体制でスタートする。
なお福島ユナイテッドに国際武道大の阿部竜太(福島東卒)、佐藤貴一(聖光学院卒)選手が新しく加入した。また今年のチーム主将だった金基洙選手が現役引退し来季からアシスタントコーチに就任、柳原裕選手も引退し同クラブのスクールマスターに就任する。


1部入れ替え戦  FCシャイネン福島昇格ならず。塩釜ヴィーゼ残留
東北リーグ1部入れ替え戦は12月12日に宮城(松島サッカー場)で、19日に福島市(信夫ヶ丘陸上)で開催され、1勝1敗となったが得失点差で塩竈が上回り1部残留を決めた。。ホームアンドアウェイの2試合を行い、12日は5−2で塩釜が勝利、19日はシャイネン福島は3−2で勝利したが、得失点差で塩竈に及ばなかった。
この結果、来シーズンの1部はグルージャ盛岡、福島ユナイテッド、NECトーキン、盛岡ゼブラ、秋田カンビアーレ、FCプリメーロ、塩竈ヴィーゼ、富士クラブ2003の8チームでリーグ戦が行われる


全国地域リーグ決勝大会終了 優勝讃岐、2位長野がJFL自動昇格
全国地域リーグ決勝大会決勝ラウンドは12月5日に最終日を行い、カマタマーレ讃岐が全勝優勝、長野パルセイロが2位となり来季のJFL自動昇格を決めた。3位は三洋電機洲本でJFL17位のアルテ高崎と入れ替え戦を行う。

2010JFL終了 ブラウブリッツ秋田8位、ソニー仙台14位
2010年JFLは11月28日に全日程を終了した。今年からチーム名を変更し本格的にJリーグをめざし再スタートしたブラウブリッツ秋田は勝点51で8位だったが4位のホンダFCには勝点8差で来シーズンのリーグ4位以上でのJ2昇格の可能性が見えてきた。秋田は来季中にもJリーグ準加盟を行う方針。ソニー仙台は昨年の3位から大きく後退し14位に終わった。なおリーグ優勝のガイナーレ鳥取は来季のJ2昇格が決定した。一方3位の町田ゼルビアはスタジアムの未整備などでJ2昇格が見送られた。

3県チャレンジリーグ、 ガンジュ岩手が東北2部北に、2部南パラフレンチ米沢決定
東北リーグ2部への昇格を決める北東北、南東北3県チャレンジリーグが各県リーグ1部優勝チームが参加し28日まで開催される。北3県は21日までに終了しFCガンジュ岩手が2勝をあげ来シーズンの2部北ブロックへの昇格を決定した。ガンジュ岩手はグルージャ盛岡の初代監督だった元Jリーガー武藤真一氏が創設したクラブで将来のJリーグ入りを目指している。現監督は長谷 篤氏。また南3県は28日にFCパラフレンチ米沢(山形)と南仙台FC(宮城)が対戦し米沢が勝利し2部南昇格うを決めた。米沢は前身のNEC米沢以来10年ぶりの東北リーグ復帰。福島県リーグ優勝のクレハは2敗で県リーグへの残留が決まった。
また1部の入れ替え戦、2部南優勝のFCシャイネン福島と1部7位の塩釜ヴィーゼの試合は12月に開催予定。


全国地域リーグ決勝大会速報!福島ユナイテッド、グルージャ盛岡ともに決勝ラウンド進出ならず
全国地域リーグ決勝大会は11月21日に茨城、静岡、高知の3会場で予選ラウンドが行われ、福島ユナイテッドとグルージャ盛岡が出場したがともに決勝ラウンド進出はならかった。この結果、両チームとも来シーズンも東北1部リーグに参戦することが決定した。なお決勝ラウンドにはY・S・C・C、三洋電機洲本、カマタマーレ讃岐、長野パルセイロが進んだ。
1日目 福島ユナイテッド0−1カマタマーレ讃岐、グルージャ盛岡(PK4−3)1−1藤枝MYFC
2日目 福島ユナイテッド0−0(PK7−8)長野パルセイロ グルージャ盛岡0−1札大GP
3日目 福島ユナイテッド4−0さいたまSC  グルージャ盛岡2−0三洋電機洲本

全国クラブチーム選手権でアンソメット岩手八幡平が優勝
第17回全国クラブチームサッカー選手権は11月3日に新潟県新発田市で決勝が行われ東北代表のアンソメット岩手八幡平が岐阜のFC川崎を2−0で下し見事優勝を飾った。同じく東北代表で福島県の安積scorpionは2回戦で敗退した。

東北2部優勝決定戦 富士クラブ2003が1部昇格。FCシャイネン福島は塩釜と入れ替え戦
東北2部リーグ南北優勝決定戦は10月31日に山形県で行われ2部北部の富士クラブ2003が2-0でFCシャイネン福島を下し優勝し来シーズンの1部昇格を決めた。敗れたシャイネン福島は1部7位の塩釜ヴィーゼと入れ替え戦を行う。日程未定。

福島ユナイテッドが11月13日にNECトーキンと壮行試合 11月3日はブラウブリッツとTマッチ
福島ユナイテッドFCは11月13日にあづま陸上競技場で地域リーグ決勝大会壮行試合を行う。対戦相手は東北リーグのNECトーキンFC。12時30分キックオフ。なお当日は有料試合(500円)とし決勝大会の遠征費にあてる予定。なお10月30日はJFLの流通経済大(竜ヶ崎)と、11月3日は同じくJFLのブラウブリッツ秋田(仁賀保)とトレーニングマッチを行う。

全国社会人大会 福島ユナイテッド4位で終了。全国地域リーグ決勝大会出場
全国社会人サッカー選手権は10月16日山口県で開幕。福島ユナイテッドFCは18日の準々決勝に勝利し4位以内を確定した。なお4強チームのうち3チーム(カマタマーレ讃岐、長野パルセイロ、SC相模原)がすでに地域決勝大会出場権を得ているため、大会規定により4位以上を決めた福島ユナイテッドの地域決勝大会出場が事実上決定した。19日準決勝は長野パルセイロと対戦したが2−4で敗れた。20日は3位決定戦でSC相模原と対戦し1−5で敗れる。決勝はカマタマーレ讃岐が長野パルセイロを2−0で下した。
◯グルージャ2−2(延長)PK4−5矢崎 ◯福島ユナイテッド6−0三洋電気洲本  
2回戦 福島ユナイテッドvsヴェルフェたかはら那須 終了:福島ユ1−0ヴェルフェ
 
準々決勝 福島ユナイテッド2−0阪南大クラブ 準決勝 福島ユナイテッド2−4長野パルセイロ  3位決定戦 福島ユナイテッド1−5SC相模原
 優勝 カマタマーレ讃岐、2位長野パルセイロ 3位SC相模原 4位福島ユナイテッド


全国地域リーグ決勝大会 一次ラウンドで福島は讃岐、長野と同じ組に。11月21日〜23日開催
JFLへの昇格を決める全国地域リーグ決勝大会に出場するチームが出揃った。東北からは4連覇のグルージャ盛岡が出場、またリーグ優勝をのがした福島ユナイテッドFCは全国社会人大会で4強入りし出場権を得た。一次ラウンドのグループ分けが20日決定し、福島ユナイテッドはグループC(高知)で全国社会人大会優勝の讃岐、準優勝の長野が同じグループに入った。予選勝ち上がりは非常に厳しい状況が予想される。グルージャ盛岡はグループB(静岡・藤枝)で札大GP、藤枝MYFC、三洋電機洲本と同じ組になった。各グループリーグの1位3チームと各リーグ2位の中で最も戦績の良いチーム1チームの計4チームが決勝ラウンドに進出する。決勝ラウンドで1位2位の2チームがJFLへ自動昇格、3位はJFL最下位チームと入れ替え戦を行う予定。
一次ラウンドグループ分け
A(ひたちなか):Y・S・C・C(関東)、レノファ山口(中国)、HOYO Atletico ELAN(九州)、SC相模原(特別推薦)
B(藤枝):札大GP(北海道)、グルージャ盛岡(東北)、藤枝MYFC(東海)、三洋電機洲本(関西)
C(高知):長野パルセイロ(北信越)、カマタマーレ讃岐(四国)、福島ユナイテッドFC(全社)、
さいたまSC(関東
決勝ラウンドは12月3日〜5日千葉県市原市で開催。大会公式HP


2部南はシャイネン福島が初V、2部北は富士クラブ2003。優勝決定戦は31日に山形総合運動公園で
2部南ブロックは10月3日最終節を迎え今年初参戦のFCシャイネン福島(渡邊剛充選手兼監督)がビアンコーネ福島を2−0で下し勝点32で見事初年度での優勝を飾った。シャイネン福島は福島ユナイテッドの前身の福島夢集団がチーム名を変更し(ユナイテッドから独立)県2部リーグからメンバーも一新し新たにスタートしたチームで発足3年で東北2部南の頂点に立った。また2部北は首位富士クラブ2003が2位ヴァンラーレ八戸との直接対決に勝利、最終節も勝利し2年連続優勝が決まった。17日リーグ終了予定。
各ブロック優勝チームは1部昇格をかけた南北優勝決定戦(10月31日山形県天童市・総合運動公園第二運動場・13時)に臨む。勝利したチームは1部に自動昇格、敗れた場合は1部7位の塩竈ヴィーゼと入れ替え戦を行う。(グルージャJFL昇格の場合は8位のコバルトーレ女川になる見込み)


2部南リーグ FCシャイネン福島初優勝!

グルージャ盛岡逆転優勝、ユナイテッド2年連続得失点差で2位
東北リーグ1部、2部南は10月3日最終節を行い全日程を終了した。1部は首位福島ユナイテッドと2位グルージャ盛岡が盛岡で対戦、ユナイテッドは引き分け以上で優勝、グルージャは勝利すると優勝となる大一番となったが、グルージャは前半終了間際にFKからゴール前から大原がヘディングで得点をあげると、後半にも追加点をあげた。後がないユナイテッドは村瀬がヘディングで1点を返すもののタイムアップとなりグルージャの4年連続5回目の優勝が決まった。グルージャは11月に行われる全国地域リーグ決勝大会に出場、悲願のJFL昇格をめざす。ユナイテッドは数少ないチャンスを生かすことができず昨年に続き同勝点ながら得失点差で下回り2位で終了した。全国社会人大会での地域リーグ決勝大会出場をめざす。なお1部8位のコバルトーレ女川は2部への降格、7位の塩釜ヴィーゼは入れ替え戦に臨む。(グルージャJFL昇格の場合は変更あり)


全国社会人サッカー組合せ決定 福島ユナイテッドは三洋電機洲本、G盛岡は矢崎バレンテと1回戦
全国社会人サッカー大会の組合せが決定した。1回戦で東北代表の福島ユナイテッドは三洋電機洲本と、グルージャ盛岡は矢崎バレンテと対戦する。同大会上位2チームはJFLへの登竜門となる全国地域リーグ決勝大会(1次リーグ11月21日〜23日茨城県、静岡県、高知県)に出場できる。地域リーグ決勝大会決勝ラウンドは12月3日から5日まで市原緑地運動公園で開催。
◎大会組合せ


天皇杯サッカー開幕 福島ユナイテッドはソニー仙台に惜敗。G盛岡は2回戦でJ2札幌と対戦
天皇杯サッカー1回戦は9月3日に行われた。福島県代表の福島ユナイテッドはJFLのソニー仙台と対戦、2−0とリードしたものの後半に同点に追いつかれ、延長戦の末3−2で敗れた。岩手代表のグルージャ盛岡は札幌大に3−2で勝利、2回戦はJ2コンサドーレ札幌と対戦。また2部北部青森代表のヴァンラーレ八戸は大学サッカーの強豪順天堂大と対戦、延長戦の末惜しくも敗れた。2回戦ソニー仙台はJ1ベガルタ仙台と、ブラウブリッツ秋田はJ1モンテディオ山形と対戦する。
天皇杯全日本サッカー選手権の各県代表決定戦決勝は8月29日に開催された。決勝戦の勝利チームは9月3日から開幕する全国大会1回戦に出場、また2回戦は9月5日に行われ、2回戦からJリーグクラブが出場する。
<東北各県結果・天皇杯組合せ>
福島県:29日決勝  福島ユナイテッド4−1バンディッツいわき 
天皇杯1回戦 福島ユナイテッド2−3(EX)ソニー仙台
宮城県:29日決勝 NECトーキン0−4ソニー仙台(JFL) 
天皇杯1回戦 ソニー仙台3−2福島ユナイテッド
山形県:29日決勝 日大山形高0−1山形大学 
天皇杯1回戦 山形大1−6ブラウブリッツ秋田
秋田県:28日決勝 秋田カンビアーレ0−6ブラウブリッツ秋田(JFL)  
天皇杯1回戦 ブラウブリッツ6−1山形大
岩手県:29日決勝 グルージャ盛岡2−0FCガンジュ岩手 
 天皇杯1回戦 グルージャ3−2札幌大
青森県:29日決勝 八戸大0−1ヴァンラーレ八戸  
天皇杯1回戦 ヴァンラーレ4−5(EX)順天堂大
  

全国社会人サッカー東北大会  福島ユナイテッド、グルージャ盛岡が全国大会へ 
8月21日から秋田県で開催される全国社会人サッカー東北大会の組合せが決定した。福島県からは東北1部リーグ枠の福島ユナイテッドとFCプリメーロ、県大会優勝のFCシャイネン福島が出場。大会は2ブロックに分かれトーナメントを行い東北代表2チームを決定する。23日は代表決定戦が行われた。福島ユナイテッド6−0コバルトーレ女川、グルージャ盛岡2−0NECトーキン。福島ユナイテッドとグルージャ盛岡が10月に行われる全国大会に出場する。
◎東北大会組合せ


福島ユナイテッド開幕7連勝で首位堅持、グルージャとの直接対決に勝利
1部リーグは前半戦7節まで終了。福島ユナイテッドが開幕7連勝を飾った。昨年優勝のグルージャ盛岡との最初の直接対決は6月6日に福島で行われユナイテッドがチームの得点王FW久野選手の先制点などで前半2点をあげ、後半はグルージャの猛攻をしのぎ2−1でグルージャを下した。これでグルージャとの勝点差が5となりユナイテッドが優勝争いで優位に立った。


福島ユナイテッド情報 J2クラブなどとトレーニングマッチ 3月7日水戸、14日草津と
福島ユナイテッドFCは4月の開幕へ向けトレーニングマッチを本格化させる。2月28にJヴィレッジでのブラウブリッツ秋田(JFL)を皮切りに3月は7日にJ2水戸ホーリーホック(水戸)、13日ヴェルフェたかはら那須(国見上野台))、14日J2ザスパ草津(群馬)、20日tonann前橋(群馬)。21日聖光学院高、27日福島工業高、28日福島大学とそれぞれ国見上野台公園で練習試合を行う。

Jリーグ3月7日、JFL3月14日に開幕
今年のJリーグは3月7日に開幕する。今年は東北の2クラブ、仙台と山形が初めてともにJ1を戦うこととなり国内最高峰のサッカーを東北でも楽しめる1年となる。JFLは3月14日の開幕でJリーグ入りをめざすブラウブリッツ秋田(旧TDK)が新チームで初のリーグ戦に臨む。昨年リーグ3位のソニー仙台はチーム初の優勝をねらう。

福島ユナイテッド、手塚監督ら新体制を発表 
Jリーグ入りをめざす福島ユナイテッドFCは1月22日(金)午前10時から午後1時まで福島市の十六沼公園サッカー場でゲーム形式による選手セレクションを開催。福島ユナイテッドは25日から十六沼公園で今年の練習を開始する。またJリーグ湘南ベルマーレから前田陽平選手がレンタル移籍、ファジアーノ岡山ネクストから青山俊輔選手が移籍した。また福島ユナイテッドは21日に記者会見を行い新体制を発表、新監督の手塚聡氏は「攻守ともアグレッシブなサッカーで目標のJFL昇格を実現したい」と抱負を語った。また新コーチに元カスタマーレ讃岐コーチの山田蔵氏が就任、主将のDF時崎悠選手はコーチ兼任となり今シーズン限りで現役を引退する予定。

JFLブラウブリッツ秋田(旧TDK)の公式サイトがオープン、J2昇格めざす
JFLで今シーズンから秋田初のJリーグ入りをめざすプロクラブとして再スタートするブラウブリッツ秋田の公式サイトがこの1月18日オープンした。B秋田は2012年のJ2昇格をめざす方針。秋田の象徴なまはげをシンボライズしたクラブエンブレムも発表された。
・ブラウブリッツ秋田公式サイト


2部入れ替え戦 南部の相馬SC、北部のラインメール青森残留決定
2部リーグ(南北)の入れ替え戦は12月27日に行われ、南部は相馬SCが酒田琢友クラブ(山形)を下した。北部はラインメール青森が北都銀行を下し、それぞれ2部残留を決めた。また北部最下位のFC紫波、南部最下位の中新田SCは各県リーグに降格。

1部入れ替え戦 塩釜ヴィーゼが残留決定。 富士クラブ2003昇格ならず
東北リーグ1部の入れ替え戦は1部7位の塩釜ヴィーゼと2部北部1位の富士クラブ2003の間で12月13日、20日に行われ、初戦は4−2でヴィーゼが、2試合目は4−2で富士クラブ2003が勝利したが、ともに勝点、得失点差が同じとなり規定により1部の塩釜が残留することが決まった。これで2010年の1部リーグ参加8チームは確定した。

元ビアンコーネ福島の足立原選手がシンガポールリーグのベストイレブンに選ばれる
ビアンコーネ福島に07年の1年間在籍しチームの1部昇格や天皇杯県大会優勝に貢献したFW足立原健二選手が今年のシンガポールリーグのベストイレブンに選出されたことがわかった。足立原選手は神奈川県出身で流通経済大学サッカー部時代にJFLにも出場、卒業後Jリーグ入りをめざしたビアンコーネに入団、高い個人技とスピードでエースFWとして活躍したが同年末に退団、08年に北信越リーグのJAPANサッカーカレッジに在籍。今年はシンガポールのSリーグに所属するアルビレックス新潟シンガポールに移籍しチーム一の得点をあげる活躍を見せSリーグのベストイレブンに選出された。足立原選手はシーズン途中の10月にその活躍ぶりを評価されインドネシアのトップリーグにあたるスーパーリーグのボンタンFCにスカウトされプロとして入団した。

福島ユナイテッドの新監督にJ2岡山監督の手塚氏決定
福島ユナイテッドFCは12月6日に来シーズンの監督に今シーズンJ2のファジアーノ岡山で監督を務めた手塚聡氏(51歳)が決定したと発表した。手塚氏は栃木県出身で、中央大・フジタ工業でプレー、日本代表としても活躍。現役引退後は旧ベルマーレ平塚、湘南ベルマーレでヘッドコーチを務め、05年にはJ2ザスパ草津の監督に、06年から今年まで岡山の監督を3年間努めた。

Jリーグ終了 J1山形残留、J2仙台はリーグ優勝飾る
12月5日にJリーグの全日程が終了した。J1では今年J1昇格したモンテディオ山形は15位となり来季1部残留を決めた。なお山形はいわき市出身MF渡辺匠選手と来季の契約更新をしないと発表した。渡辺選手は合同トライアウトで他クラブへの移籍を目指す。J2仙台は最終節を終え2位のセレッソ大阪を抑え首位を確定、堂々の優勝でJ1昇格に花を添えた。来季は東北の2クラブがJ1に参戦、初のJ1での東北ダービーが実現する。

JFL終了 ソニー仙台が初の3位入賞、TDKは10位
JFLの09シーズンは11月29日に全日程を終了した。東北から参戦しているソニー仙台は勝点59でチーム初の3位入賞を果たした。また今シーズン限りで親会社が撤退しクラブ化が決定しているTDK(秋田)は勝点46の10位だった。来シーズンからはブラウブリッツ秋田として心機一転、Jリーグ入りをめざす。なおJFLで4位になったニューウェーブ北九州のJ2昇格がほぼ決定。同じくJ昇格をめざしたガイナーレ鳥取は5位で来季昇格を逃した。

全国地域リーグ決勝大会1次ラウンド。グルージャ盛岡決勝ラウンド進出ならず。松本、日立栃木がJFL昇格
JFLへの昇格を決定する全国地域リーグ決勝大会の1次ラウンドの一部(Aグループ)がいわき市のいわきグリーンフィールドで開催された。11月21日〜23日に総当りのリーグ戦を行い東北リーグ1位のグルージャ盛岡は1日目2日目に勝利したが23日にNPO横浜スポーツ&カルチャークラブと対戦し0−2で敗れ予選ブロック2位となり決勝ラウンド進出はならず悲願のJFL昇格はまたも来年に持ち越しとなった。決勝ラウンドは12月4日〜6日に長野県松本市で行われ1位松本山雅FC,2位日立栃木ウーヴァスポーツクラブがJFL自動昇格を果たした。3位のツェーゲン金沢はJFL17位のFC刈谷と入れ替え戦を行う。
【1次ラウンド】 Aグループ/いわきグリーンフィールド陸上競技場(いわき市)
 11月21日(土)11:00〜 グルージャ盛岡 1−0札大GOAL PLUNDERERS
 11月22日(日)11:00〜 グルージャ盛岡 4−1 NTN岡山(株)岡山製作所サッカー部
 11月23日(月)11:00〜 グルージャ盛岡 0−2  NPO横浜スポーツ&カルチャークラブ


南東北、北東北3県チャレンジリーグ情報。FCシャイネン福島、大宮クラブが2部昇格決定。
来シーズンの東北リーグ2部南への昇格を決定する南東北3県チャンレジリーグは11月8日、15日、22日開催の予定。1位チームが東北2部南へ自動昇格する。福島県からは県リーグ1部優勝のFCシャイネン福島が出場、8日、15日に勝利し1位が確定、来年の2部南への昇格を決定した。宮城県は東北リコー、山形県は酒田琢友クラブが出場。 北東北3県はリベロ津軽SC(青森)、大宮クラブ(岩手)、北都銀行(秋田)が同じ日程で開催、大宮クラブが1勝1分けで1位となり2部北部への昇格を決めた。
11月8日結果 酒田琢友クラブ1−4FCシャイネン福島
11月15日 東北リコー0−2FCシャイネン福島 11月22日 東北リコーvs酒田琢友クラブ


J2仙台が来季J1昇格決める
J2で2位のベガルタ仙台は11月8日のリーグ戦(水戸戦)に勝利、この日3位の甲府が敗れ、4位湘南が引き分けたため、今シーズンの3位以上が確定し来季のJ1昇格が決定した。仙台は02年J1へ初昇格したが04年J2に降格。今シーズンは上位3位までが自動昇格することになっており仙台は7シーズンぶりのJ1復帰を果たした。

2部優勝決定戦 コバルトーレ女川が富士クラブ2003下し1部昇格決める
2部北部と南部の優勝チームによる優勝決定戦が10月25日に行われ、宮城のコバルトーレ女川が岩手の富士クラブ2003を2−0で下し優勝、来季の1部昇格を決めた。敗れた富士クラブ2003は1部7位の塩釜FCヴィーゼと入れ替え戦を行う予定。(日程未定)なおグルージャ盛岡がJFL昇格を決めた場合は変更あり。


全国社会人サッカー速報 福島ユナイテッド2回戦敗退、地域L決勝大会出場ならず
全国社会人サッカー選手権は10月17日から千葉県で開幕した。東北代表の福島ユナイテッドFCは1回戦で東海リーグの静岡FCと対戦し2−1で勝利し2回戦へ進出した。2回戦は関東リーグ1部の横浜スポーツ&カルチャークラブと対戦したが0−1で惜しくも敗れた。この結果、JFL昇格への登竜門となる全国地域リーグ決勝大会への出場がなくなり、JFL入りは来年以降に持ち越しとなった。同時にらいシーズンの東北1部リーグ参戦が決まった。なお同大会準決勝が20日に行われ、松本山雅FC(長野)とツェーゲン金沢(石川)の2クラブが決勝に進出、地域リーグ決勝大会出場を決めた。
1回戦 福島ユナイテッド2−1静岡FC 2回戦 福島ユナイテッド0−1Y・S・C・C

1部、2部南部全日程終了 仙台中田は2部降格、塩釜ヴィーゼは入れ替え戦
東北リーグ1部と2部南部は10月11日に全日程を終了した。(2部北部を除く成績は上記参照)この結果、1部最下位の仙台中田SCは2部南部への自動降格が決定。1部7位の塩釜FCヴィーゼは2部優勝決定戦で敗れたチームとの入れ替え戦を行う予定。なお2部北部は一部試合が残っている。

天皇杯2回戦で福島ユナイテッドがJ2セレッソ大阪破る!11月1日J1横浜Fマリノスと対戦
天皇杯サッカー2回戦が10月11日に行われ、福島ユナイテッドFCがJ2のセレッソ大阪と対戦し2−1で勝利する金星をあげた。福島市出身のFW時崎塁選手が終了間際に決勝点をあげた。福島県チームの3回戦進出は1997年の福島FC(JFL)以来のこと。福島ユナイテッドは11月1日に3回戦でJ1の横浜Fマリノスと対戦する。(日産スタジアム15時)
なお同2回戦ソニー仙台は大宮アルディージャに敗れた。


2部優勝決定戦10月25日 富士クラブ2003vsコバルトーレ女川
2部優勝決定戦は10月25日に山形県総合運動公園で13時から行われる。北部優勝の富士クラブ2003と南部優勝のコバルトーレ女川が対戦し勝利したほうが来季1部に昇格する。敗れたチームは入れ替え戦を行う予定

TDKクラブ化「ブラウブリッツ秋田」と東北1部秋田カンビアーレが合併へ。2012年J入りめざす
JFLのTDK(秋田)は今シーズン限りで親会社が撤退するため来季からのクラブチーム化を進めていたが先月運営会社として秋田フットボールクラブ鰍ェ発足、新チーム名を「ブラウブリッツ秋田」(ドイツ語で青い稲妻)に決定した。GMには元J2湘南元監督の松田氏が内定した。また5日までに東北1部のFC秋田カンビアーレが同クラブと合併することがわかった。合併後はブラウブリッツをトップチームに、カンビアーレはセカンドチームとしてそれぞれ独立させリーグ戦に参戦する。クラブでは2011年Jリーグ加盟、12年からのJ2参入をめざす。

1部優勝はグルージャ盛岡、福島ユナイテッド初Vならず。2部北は富士クラブ2003優勝
東北1部最終節は10月4日に行われ、1位のグルージャ盛岡がNECTOKINを7−2で、2位の福島ユナイテッドが6−0で秋田カンビアーレに勝利した。この結果、両チームとも勝点32で並んだが得失点差はグルージャが44、ユナイテッドが43となりグルージャがわずか1点上回りリーグ優勝を決めた。グルージャ盛岡は3年連続優勝を果たし11月に行われる地域リーグ決勝大会に東北代表として出場し悲願のJFL昇格をめざす。一方優勝を逃した福島ユナイテッドは今月行われる全国社会人サッカー選手権に出場し社会人大会枠(上位2チーム)での地域リーグ決勝大会出場をめざすことになった。なお東北2部北部は10月4日時点で富士クラブ2003が優勝した。(2部優勝決定戦の日程は未定)
<2010リーグ最終成績>
1部 1位グルージャ盛岡 2位福島ユナイテッド 3位NECトーキン 4位盛岡ゼブラ 5位秋田カンビアーレ 6位FCプリメーロ 7位塩釜ヴィーゼ 8位コバルトーレ女川
2部南 1位FCシャイネン福島 2位仙台中田SC 3位バンディッツいわき 4位メリー 5位いわき古河 6位マリソル松島 7位ビアンコーネ福島 8位相馬SC *2部北は10月17日終了予定。

全国クラブチーム選手権東北大会 第1代表はアンソメット岩手八幡平、第2位代表にガンジュ岩手
9月20日から22日まで宮城県で開催され、第1代表にアンソメット岩手八幡平、第2代表にFCガンジュ岩手が決定した。福島県から出場したアビラーションは準決勝でアンソメットと対戦、0−0でPK戦となり惜しくも敗れた。NC倶楽部は1回戦、準々決勝に勝利し第2代表決定戦に進んだがガンジュ岩手に0−4で敗れた。

1部優勝争いは最終節へ 得失点差でグルージャ首位に。
東北1部は9月13日に13節を行い福島ユナイテッドは9−1で盛岡ゼブラを、グルージャ盛岡は14−0で秋田カンビアーレを下した。12節時点で勝点29(得失点差でユナイテッド1位)で並んでいたが13日の結果、勝点32で同じながらグルージャが14点の大量得点をあげたため得失点差でグルージャがユナイテッドを2点上回り首位に立った。10月4日最終節はユナイテッドは秋田と、グルージャはNECTOKINと戦うが、両チーム勝利した場合は得失点差で優勝が決する。

天皇杯1回戦速報 福島ユナイテッド2回戦進出!Jクラブと初対戦!大阪長居で福島vsセレッソ 
天皇杯全日本サッカー選手権は9月19日・20日に1回戦が行われ東北ではJFLのソニー仙台が同じくJFLのTDKに2−1で勝利した。東北1部の福島ユナイテッドFCは尚美学園大に延長3−3からPK戦の末勝利し2回戦に進んだ。グルージャ盛岡は明治大に2−4で、FCパラフレンチ米沢は流通経済大に0−5で、八戸大はヴェルフェたかはら那須に3−4で敗退した。福島ユナイテッドは2回戦でJ2のセレッソ大阪と対戦する。将来のJリーグ入りをめざすチームにとってJクラブとの初対戦となり注目される。またソニー仙台はJ1大宮アルディージャと10月11日に対戦する。

東北リーグ終盤へ 9月6日福島ユナイテッドとグルージャ引き分ける。2部南コバルトーレ女川優勝決める
東北リーグは9月6日に再開、13日、10月4日の残り3節となった。1部はともに勝点29で並んでいる福島ユナイテッドとグルージャ盛岡が9月6日に直接対決、前半終了間際に福島は天皇杯県大会でも活躍したFW時崎塁が先制弾を決め優位にたったが後半開始直後に盛岡に決められ同点に。その後は両チーム決定力を欠き引き分けた。13日は福島がゼブラと、グルージャは秋田と対戦、10月4日最終節は福島が秋田と、グルージャはNECTOKINと対戦する。3位のNECTOKINは6日に塩釜に敗れ優勝争いから後退した。
2部南は1位コバルトーレ女川と2位バンディッツいわきが9月6日に対戦し女川が3−0で勝利し残り2試合にバンディッツが勝利しても勝点で女川が上回るため6日時点での女川の優勝が決定した。


全日本サッカー選手権各県予選結果 福島ユナイテッド大勝V2、FCパラフレンチ米沢初優勝
天皇杯全日本サッカー選手権への出場を決める各県予選決勝は8月30日に行われた。東北リーグ関係では1部の福島ユナイテッドFCが2部のバンディッツいわきを10−0で下し2連覇を果たした。岩手は1部のグルージャ盛岡が富士大を2−0で下し3回目の優勝。JFLのTDK(秋田)は10−1で秋田大を、ソニー仙台(宮城)は東北学院大を3−1で下した。山形ば県リーグ1部のFCパラフレンチ米沢が山形大をPK戦の末下し初優勝を飾った。青森は八戸大が青森山田高を1−0で下した。この結果、9月20日に開幕する天皇杯1回戦の対戦は以下の通りに決まった。また10月11日に行われる2回戦からはJリーグクラブが出場する。天皇杯組合せ
<天皇杯1回戦組合せ(9月20日各地)>
青森:八戸大vs栃木代表、岩手:グルージャ盛岡vs東京代表(明治大)、秋田・宮城:TDKvsソニー仙台、福島:福島ユナイテッドvs埼玉代表(尚美学園大)、山形:FCパラフレンチ米沢vs茨城代表

福島県大会優勝の福島ユナイテッドFC

社会人東北大会結果速報、福島ユナイテッド初優勝!全国大会出場 
全国社会人サッカー東北大会は8月22日から25日まで青森県八戸市などで開催され福島ユナイテッドFCが決勝でグルージャ盛岡を2−0で下し初優勝を飾った。10月に行われる全国大会に出場する。大会組合せはこちら(青森県協会)
22日結果 福島ユナイテッド7−0TDK親和会、FCプリメーロ0−2コバルトーレ女川、バンディッツいわき0−5グルージャ盛岡
23日結果 福島ユナイテッド4−0酒田琢友クラブ、NECTOKIN2−0ヴァンラーレ八戸、秋田カンビアーレ2−0コバルトーレ女川、グルージャ盛岡4−0水沢SC
24日結果 福島ユナイテッド7−0秋田カンビアーレ、グルージャ盛岡4−3NECTOKIN
25日結果 福島ユナイテッド2−0グルージャ盛岡


天皇杯全日本サッカー選手権各県大会決勝は8月30日に開催。
福島県決勝 いわきGF(13:00)
天皇杯福島県大会準決勝は8月29日にいわきグリーンフィールドで福島ユナイテッドvs福島大学、FCプリメーロvsバンディッツいわき。決勝は30日午後1時からいわきグリーンフィールドで開催。なお決勝は毎年NHKで放送していたが今年は衆議院選挙のため放送は行わない。福島を含む各県決勝の結果はわかり次第掲載します。

東北総体サッカー 成年男子は宮城、女子は福島が新潟国体出場
東北総体サッカー競技は8月14日から16日まで青森県で行われ、成年男子は代表決定戦で宮城が秋田を下し優勝、国体出場を決めた。FCプリメーロ主体で臨んだ福島県は1回戦で宮城に敗れた。また女子はマリーゼ主体の福島県が代表決定戦で宮城を下し優勝、国体出場を果たした。なお国体は9月26日から新潟県で開催される。

リーグ戦1部はユナイテッドとグルージャ勝点で並ぶ、3差でNECTOKIN続く。3強での優勝争いへ。9月6日再開
1部は7月12日までに11節を終了し、福島ユナイテッドとグルージャ盛岡がともに勝点29で並んだ。得失点差でユナイテッドが上回り現時点での首位は変わらず。またNECTOKINが勝点26で3位につけている。4位は勝点17の秋田カンビアーレで上位3チームによる優勝争いの様相を呈してきた。リーグ戦は天皇杯や社会人大会などで一時中断、9月6日から再開する。(7月26日仙台中田vsFCプリメーロ)

前半戦終了 1部は福島ユナイテッドが単独首位に!2位グルージャ盛岡、3位NECTOKIN。21日後半戦スタート
東北リーグは6月7日で前半戦を終了、1部は福島ユナイテッドFC(石田学監督)が6勝1分けの勝点19で単独首位に立った。6月7日のカンビアーレ戦では後半攻撃力が爆発、7−0で圧勝した。2位は勝点17でグルージャ盛岡、16でNECTOKINは3位、以下4位秋田カンビアーレ、5位FCプリメーロ(2連勝)、6位塩釜ヴィーゼ、7位盛岡ゼブラ、8位仙台中田。後半戦は6月21日からスタート、首位の福島ユナイテッドはホームでFCプリメーロとの福島ダービーに臨む。(写真は首位立った福島ユナイテッド・カンビアーレ戦)


TDKサッカー部のクラブ化・8月にも運営母体設立、Jリーグ加盟めざすことを正式に発表
JFL参戦中のTDKサッカー部(秋田)は5月14日に今シーズン中のクラブ化と来年以降のJリーグ加盟をめざすことを発表した。8月をめどにTDKに代わる運営母体となる法人を設立させる方針。また新クラブ名の名称も一般公募する。現在チームは運営費不足のため広く募金を募っている。詳しくは秋田県サッカー協会のホームページで。

リーグ開幕 1部はグルージャ、NECTOKIN、福島ユナイテッドが3連勝!5月3日ユナイテッドvsNECTOKIN
リーグ戦は4月12日に開幕。1部は初参戦で福島県初のJリーグ入りをめざす福島ユナイテッドFCが3連勝し好スタートを切った。昨年優勝のグルージャ盛岡、クラブチーム化を図り再スタートしたNEC TOKIN FCも昨年と遜色ない強さを発揮、ともに3連勝を飾った。5月3日には福島ユナイテッドとNEC TOKIN FCが初対戦する。(あづま陸上競技場13時30分キックオフ)当日は福島ユナイテッドのホーム開幕戦となり抽選会など各種イベントも予定されている。また2部南部はビアンコーネ福島、バンディッツいわき、コバルトーレ女川の3チームが開幕3連勝を飾った。
*写真は福島ユナイテッドFC


J2仙台FW鈴木弾(いわき出身)がグルージャ盛岡にレンタル移籍
J2ベガルタ仙台は4月14日にFW19鈴木弾選手(20歳)の東北1部グルージャ盛岡へのレンタル移籍を発表した。移籍期間は来年1月31日まで。鈴木選手はいわき市出身でジュニアクラブのいわきエスペランサから尚志高に進学、その後ベガルタ仙台ユースに入団、07年トップチームに昇格、Jリーガーとして活動していた。(J2リーグ戦出場はなし)


JFL,Jリーグ開幕。 TDKが来季クラブ化で存続めざす。秋田カンビアーレが2016年J入り宣言 
09年のJFLは3月15日、Jリーグは3月7日に開幕した。JFL開幕戦ソニー仙台はFC琉球に2−1で勝利、TDKは佐川SHIGAと0−0で引き分けた。Jリーグは初のJ1昇格を決めたJ1山形がアウェイの磐田戦で6−2で圧勝、14日のホーム名古屋戦では強豪相手に0−0で引き分けた。2試合ながらリーグ3位で好スタートを切った。J2仙台も1勝1分けのスタート。
JFLのTDKはこのほど親会社の業績悪化を理由に現体制でのJFLでの活動を今シーズン終了とともに休止することがわかった。チームは来季以降はクラブチーム化を図りJFL参戦をめざす予定だが今後秋田初のJリーグ入りをめざすかは未定。また東北1部のFC秋田カンビアーレはこのほど2016年のJリーグ入りを正式に表明した。FC秋田カンビアーレ公式サイト


東北リーグ1部2部4月12日開幕  プリメーロvs福島ユナイテッド“福島ダービー”に注目
09年の東北リーグは1部2部ともに4月12日に開幕することが決定した。1部で福島県から参戦しているFCプリメーロと1部初昇格の福島ユナイテッドFCが初戦で対決する。(鳥見山運動公園13時)シーズンは10月中旬まで行われる予定。またリーグ戦参加チームも確定した。以下の通り。
1部:グルージャ盛岡、NEC TOKIN FC、FCプリメーロ、秋田カンビアーレ、塩釜ヴィーゼ、仙台中田SC、福島ユナイテッドFC,盛岡ゼブラ
2部南:ビアンコーネ福島、古河電池、相馬SC,バンディッツいわき、マリソル松島、中新田SC,コバルトーレ女川、メリー
2部北:水沢クラブ、新日鉄釜石、ヴァンラーレ八戸、富士クラブ2003、遠野クラブ、FC紫波、ラインメール青森、グルージャイストリア


福島ユナイテッドがJFLチームと練習試合スタート
東北1部の福島ユナイテッドFCは2月8日からリーグ開幕へ向け練習試合をスタートする。2月8日はJFLのアルテ高崎(矢板)、15日は関東リーグ1部の
日立栃木UVA SC(那須)、28日はJヴィレッジでJFLのTDKと試合を行う。3月1日は地元十六沼サッカー場で東北2部南のコバルトーレ女川と、8日は伊達市国見上野台運動公園で福島大学と試合予定。詳細は公式サイトで。なおリーグ戦は4月中旬開幕予定。

NECトーキンサッカー部がNEC TOKIN FCとして活動再開、東北1部参戦
昨年11月突然の休部・解散を発表したNECトーキンサッカー部はこのほどNEC TOKINフットボールクラブ(佐藤健一代表)として活動を再開した。一部離脱した選手を除く旧NECトーキンのスタッフ、選手らでクラブチーム化を果たし、今年の東北1部リーグに参戦する。新クラブの主将には元FCプリメーロ(福島東高卒)の寺内雄基選手が就任した。またクラブのホームページも開設した。
NEC TOKIN FC公式ホームページ


福島ユナイテッド入退団情報 J2水戸の大橋、元ジェフ千葉の川淵らが移籍。2月7日セレクション
Jリーグ入りをめざしている福島ユナイテッドFCは所属選手の退団と入団・移籍を発表した。昨年までリーグ戦などで出場していた藤本、小倉、岡本ら14選手がこのほど退団した。一方でJ2水戸ホーリーホックから大橋直矢が移籍したほか、県リーグ2部優勝のアビラーションから原 裕貴、宮本祐樹、絹巻悟、下田和麻、解散したNECトーキンから角田充広、流通経済大から金 功青、吉渓亘選手らが加入した。さらに元ジェフユナイテッド市原千葉の川淵勇佑選手の加入も決まった。ユナイテッドは1月25日と2月7日にセレクションを開催する。なお福島県サッカー協会は将来のJリーグ入りをめざす同クラブについて来年以降JFLに昇格した場合に協会として積極的にサポート、協力していく方針を明らかにした。また本拠地の福島市も同クラブを今後も支援していく方針。

1部入れ替え戦 盛岡ゼブラが1部復帰、ビアンコーネ福島は2部降格決定
1部リーグ入れ替え戦は12月7日と14日に宮城県の七ヶ浜サッカー場で開催される。1部7位のビアンコーネ福島と2部北優勝の盛岡ゼブラが対戦。7日は盛岡ゼブラが1−0で勝利した。14日の試合で盛岡はビアンコーネと2−2で引き分けたためゼブラが勝点で上まわり来季の1部昇格が決まった。ビアンコーネ福島は1年で2部に逆戻りとなった。
7日結果 盛岡ゼブラ1−0ビアンコーネ福島、14日 盛岡ゼブラ2−2ビアンコーネ福島

東北2部南にメリー、北にグルージャ盛岡イストリア、ラインメール青森が昇格決定。
12月14日に1部入り替え戦が行われ、盛岡ゼブラ(北)が1部昇格、ビアンコーネ福島(南)が2部降格が決まったことにより2部チームの降格と入れ替えが決まった。2部南には南3県チャレンジリーグ1位のメリー(福島)、2部北には同北1位のグルージャ盛岡イストリアが自動昇格した。2部南は1部からビアンコーネ福島、古河電池が降格、これに伴い2部南はリーグ戦7位の七ヶ浜SC、8位のクレハが県リーグへ降格となった。(南3県チャレンジリーグ2位のFCパラフレンチ米沢は入れ替え戦を行わないため山形県リーグ残留)2部北は8位のFC紫波が県リーグに降格。12月21日に7位の猿田興業と北3県チャレンジリーグ2位のラインメール青森で入れ替え戦を行った結果、ラインメール青森が2−1で勝利し来季の東北2部北への昇格を決めた。猿田興業は県リーグ降格。


J2山形が悲願のJ1昇格へ。J2仙台は磐田と入れ替え戦へ。JFLソニー9位、TDK13位
J2のモンテディオ山形は11月30日に愛媛と対戦し勝利し今シーズンの2位が確定、Jリーグ参戦以来初となるJ1昇格が決定した。山形は前身のNEC山形時代平成2年から5年まで東北リーグに参戦、6年JFLに昇格、10年にJFLで3位になり翌年J2に参戦した。一方J2ベガルタ仙台は12月6日の最終節草津戦で勝利し3位になりJ1入れ替え戦で16位のジュビロ磐田と戦うことが決まった。
JFLは全日程を終了し、ソニー仙台は9位、TDKは13位の成績だった。



福島ユナイテッドの新監督にアビラーションの石田氏
福島ユナイテッドFCは11月27日に同チームの監督として石田学氏と仮契約を結んだと発表した。石田氏は横浜Fマリノスの育成コーチを経て今年県リーグ2部所属のアビラーションの監督に就任、県リーグでは全勝優勝で1部昇格を果たした。またクラブチーム選手権では初の全国大会出場も果たしたが初戦敗退した。リーグ戦終了後チームを離れ、来シーズンから福島ユナイテッドの指揮に当たることになった。福島ユナイテッドは昨年までは元J2水戸の時崎悠氏が選手兼任監督を務め、今年は元ビアンコーネ福島監督の齋藤誠氏が指揮をとっていたが8月の全国社会人東北大会終了後、齋藤氏が突然辞任、リーグ終了まで時崎氏が代理を務めていた。なおアビラーションの後任は未定。

全国地域リーグ決勝大会 グルージャ盛岡予選敗退。決勝ラウンド進出・JFL昇格ならず。
地域リーグ決勝大会予選ラウンドは11月22日開幕、東北リーグ代表のグルージャ盛岡はCグループに出場したが1日目は松本山雅に、2日目はレノファ山口に敗れ2敗を喫し3日目勝利した場合でも山口、松本山雅がともに2勝したため勝点で及ばず予選ラウンドでの敗退が決まった。この結果決勝ラウンド進出はならず、グルージャ盛岡は来シーズンも東北リーグ1部で戦うことが決まった。
予選ラウンドCグループ結果(鳥取・とりぎんバード)
11月22日 グルージャ盛岡2−3松本山雅 レノファ山口2−1静岡FC
11月23日 グルージャ盛岡1−2レノファ山口、松本山雅2−1静岡FC
11月24日 グルージャ盛岡6−0静岡FC、松本山雅1−1(PK3-5)レノファ山口
*レノファ山口、ホンダロック、V・ファーレン長崎、FC町田ゼルビアの4チームが決勝ラウンドに進出。総当りのリーグ戦の結果、1位FC町田ゼルビア、2位V・ファーレン長崎、3位ホンダロック、4位レノファ山口。町田、長崎のJFL昇格、3位ホンダロックまでの昇格が内定。
(JFL昇格について〜今年はJFL上位4チームまでがJ2昇格条件。1位のHondaFC以外のJリーグ準加盟している2位栃木SC、3位カターレ富山、4位ファジアーノ岡山の3チームのJ2昇格が決定。)


3県チャレンジリーグ 南1位はメリー、北1位はグルージャ盛岡イストリア。
東北リーグ2部への参入を決める南・北3県チャレンジリーグは11月23日までに行われ順位が決定した。
南部1位メリー(福島)、2位FCパラフレンチ米沢(山形)、3位電力ノスタルジア(宮城)。
北部1位グルージャ盛岡イストリア(岩手)、2位ラインメール青森(青森)、3位北都銀行(秋田)。
*昇格、入れ替え戦等の詳細はわかり次第お伝えします。


青森のヴァンラーレ八戸が2016年Jリーグ入りを宣言
青森県八戸市を拠点に活動しているヴァンラーレ八戸フットボールクラブはこのほどトップチームが2016年のJリーグ入りをめざすことを公式に宣言した。ヴァンラーレ八戸トップは現在東北2部北に所属、今シーズンは4位の成績だったが、青森県初のJリーグチームの創設をめざし来年から本格的に活動していく方針。選手セレクションも近く予定している。同クラブは小学生から中学生、サテライトまで各年代でチームを有する総合型地域スポーツクラブ。公式サイト

地域リーグ決勝大会予選ラウンド22日開幕 グルージャ盛岡予選Cグループ、決勝R進出・JFL昇格めざす
全国地域リーグ決勝大会予選ラウンドは11月22日から開催される。東北リーグ優勝のグルージャ盛岡は予選Cグループ。Cグループは静岡FC(東海リーグ)、レノファ山口(中国リーグ)、出場辞退したNECトーキンに代わる松本山雅FC(長野・全社枠)が出場、4チームで総当たりのリーグ戦を行い、グループ1位1チームのみが決勝ラウンドに進出。グルージャは昨年予選ラウンドで敗退しただけに決勝ラウンド進出・JFL昇格が最大目標。予選の開催地は鳥取県。決勝ラウンドは11月28日から沖縄石垣島で行われる。


福島ユナイテッドFCが1部昇格祝賀会・サポーターの集いを11月30日に開催。29日にはセレクション
来シーズンの1部昇格を決めた福島ユナイテッドFCは11月30日に福島市のホテル福島グリーンパレスで1部昇格祝賀会・サポーターの集いを開催する。現在参加者を募集中。当日はセレモニー、アトラクションなどが予定されている。申込みは11月24日まで。詳しくは公式サイトで。なお29日には十六沼公園サッカー場で選手セレクションを実施する。

NECトーキン突然の休部・解散。クラブチーム化模索も存続未定。地域リーグ決勝大会は出場辞退
東北リーグ1部所属で全国社会人大会で準優勝したNECトーキンは11月2日付けで休部・解散し事実上東北リーグを脱退したことが明らかになった。NECトーキン本社が明らかにしたもので休部の理由は会社の業績悪化によるものという。これを受け出場が決まっていた全国地域リーグ決勝大会は出場を辞退した。来季JFL参戦をめざしていたチームにとってまさかの休部で、所属選手は今後それぞれの活動場所を探すことになる。監督や一部選手の間では既にクラブチームを発足させる話も出ており現在スポンサー探しなどを進めているいるという。NECトーキンとして来年東北リーグへの参戦は残念ながらなくなった。(新しい情報がわかり次第お伝えします)
なお地域リーグ決勝大会辞退によりグルージャ盛岡が出場する予選CグループにはNECトーキンに代わり松本山雅FCが出場する。

写真は全国社会人大会でのNECトーキン。

全国クラブチームサッカー選手権 福島のアビラーション、岩手のガンジュ岩手ともに初戦敗退
全国クラブチームサッカー選手権は11月1日に秋田県で開幕した。東北からは福島のアビラーションと岩手のFCガンジュ岩手が出場した。ともに将来のJリーグ入りをめざしているチームだが、アビラーション、ガンジュ岩手ともに初戦でPK戦の末敗れた。
アビラーション1−1(PK6−7)久御山FC、ガンジュ岩手0−0(PK3−4)岩見沢FC北蹴会


福島ユナイテッド1部昇格決める
リーグ2部優勝決定戦は10月26日に秋田県で行われ、南部優勝の福島ユナイテッドFC(時崎悠監督)が北部優勝の盛岡ゼブラを2−0で下し来シーズンの1部昇格を決めた。敗れた盛岡ゼブラは1部7位のビアンコーネ福島と入れ替え戦を行う予定。(ただしグルージャ盛岡、NECトーキンがJFL昇格を決めた場合は変更あり)

全国社会人サッカー速報! NECトーキン堂々の準優勝で地域リーグ決勝大会出場へ
10月18日から新潟県で全国社会人サッカー選手権が開幕。東北代表のNECトーキンは1回戦でNTN岡山に3−1で勝利、2回戦も浜松大学FCに3−0で勝利し準々決勝に進出した。20日はV・ファーレン長崎と対戦し2−1で勝利。21日は決勝進出をかけ松本山雅FCと対戦し1−1のまま延長戦に入り1点をあげ勝利し堂々の決勝進出を決めた。22日の決勝はAC長野パルセイロと優勝をかけ対戦し惜しくも1−2で敗れ準優勝に終わった。長野パルセイロが既に地域リーグ大会出場を決めているためNECトーキンは全国社会人大会枠で11月22日から行われる地域リーグ決勝大会予選ラウンドへの出場がほぼ決定した。同大会にはグルージャ盛岡も出場するため東北リーグから2チームが悲願のJFL昇格をめざす。なおFC秋田カンビアーレは1回戦でサウルコス福井に延長3−2で勝利したが2回戦で佐川急便中国に3−2(延長)で敗れた。

1回戦で勝利したNECトーキン

リーグ戦1部順位確定 FCプリメーロ3位、古河電池は2部降格、ビアンコーネは入れ替え戦へ
1部リーグは19日までに全日程を終了した。福島県の3チームのうちFCプリメーロは最終戦でビアンコーネに勝ちFC秋田カンビアーレを抜き3位に浮上、リーグ戦を終了した。古河電池は最下位で来年は2部降格、7位のビアンコーネ福島は2部優勝決定戦で敗れたチームと入れ替え戦を戦う。1部と2部の最終順位は以下の通り。なお各県リーグ1位によるリーグ2部参入チャレンジリーグ及び2部最下位との入れ替え戦についてはわかり次第お伝えします。
1部:1位グルージャ盛岡、2位NECトーキン、3位FCプリメーロ、4位FC秋田カンビアーレ、5位塩釜ヴィーゼ、6位仙台中田SC、7位ビアンコーネ福島、8位古河電池
2部南部:1位福島ユナイテッドFC,2位コバルトーレ女川、3位相馬SC、4位バンディッツいわき、5位マリソル松島、6位中新田SC,7位七ヶ浜SC,8位クレハ
2部北部:1位盛岡ゼブラ、2位水沢クラブ、3位新日鉄釜石、4位ヴァンラーレ八戸、5位富士クラブ2003、6位遠野クラブ、7位猿田興業、8位FC紫波


福島ユナイテッドFCが11月29日セレクション開催
2部南部優勝を決めた福島ユナイテッドFCが11月29日に来シーズンの選手セレクションを開催する。対象は18歳以上で来シーズン同チームに選手登録できる人。会場は福島市十六沼公園サッカー場。参加要項など詳細は公式サイトで。

1部グルージャ盛岡が最終戦でNECトーキン下し2年連続優勝決める!地域リーグ決勝大会でJFL昇格めざす
10月12日に行われたNECトーキンとグルージャ盛岡の試合は2−1でホームのグルージャが勝利し1部リーグの逆転優勝を飾った。NECトーキンは勝点で1及ばず優勝を逃した。優勝したグルージャ盛岡は11月下旬に行われる地域リーグ決勝大会に東北代表として出場しJFL昇格をめざす。なおNECトーキンと秋田カンビアーレは10月18日から新潟県で開催される全国社会人大会に出場する。

2部南部は福島ユナイテッド初優勝、 2部北部は盛岡ゼブラが優勝 優勝決定戦は10月26日秋田県鹿角市で開催
2部南部の福島ユナイテッドFCは9月28日にバンディッツいわきと対戦し7−1で勝利した。この時点で12勝0敗・勝点36となり、2位のコバルトーレ女川が残り試合に全勝しても勝点で追いつかないため、福島ユナイテッドの2試合残しての優勝が決まった。また2部北部は最終戦を待たず盛岡ゼブラが優勝を決めた。福島ユナイテッドと盛岡ゼブラは10月26日に秋田県鹿角市で行われる2部優勝決定戦に出場し来年の1部昇格をめざす。(優勝チームは1部に昇格、敗れたチームは1部7位のチームと入れ替え戦を行う。ただしグルージャ盛岡がJFLに昇格した場合は変更あり)

全国クラブサッカー選手権東北大会 ガンジュ岩手、いわきのアビラーションが全国大会出場決める
全国クラブチームサッカー選手権東北大会は9月20日から22日まで鏡石町の鳥見山運動公園で開催され、岩手のFCガンジュ岩手といわきのアビラーションが東北代表に決定、全国大会出場(11月秋田)を決めた。両チームともに将来のJリーグ入りをめざしている。
1日目結果 ラスティング郡山2−0米沢蹴友クラブ、磐井FC1−0FC上大
2日目結果 FCガンジュ岩手6−0ラスティング郡山、リベロ津軽SC1−0桑原FC、FCロッソル2−1AZ’CORSALE、アビラーション2−1磐井FC

代表決定戦 ガンジュ岩手2−1リベロ津軽 アビラーション6−1FCロッソル

天皇杯全日本サッカー選手権東北各県代表決まる ソニー仙台、グルージャ盛岡2回戦進出、TDK,、福島ユナイテッド敗れる
天皇杯の各県代表決定戦決勝は8月31日に開催され各県代表が決定。本大会1回戦は9月13日・14日に各地で行われた。
各県決勝結果 青森:青森山田高4−0八戸大、岩手:グルージャ盛岡1−0岩手大、 秋田:TDK1−0秋田カンビアーレ、山形:山形大2−0新庄東高、宮城:ソニー仙台2−0仙台大、福島:福島ユナイテッドFC 4−1バンディッツいわき
天皇杯1回戦の結果 青森:青森山田0−2日立栃木(栃木)、岩手・山形:グルージャ盛岡5−1山形大(盛岡)、秋田:TDK2−3大体大(秋田)、宮城:ソニー仙台10−0玉穂FC(韮崎),福島:福島ユナイテッド1−4国士舘大(Jヴィレッジ

 

福島ユナイテッドvs国士舘大(Jヴィレッジスタジアム)

リーグ戦情報! 1部G盛岡首位も2位トーキンも逆転可能性あり。2部南は福島ユナイテッド独走、2部北ゼブラ首位
東北リーグは後半戦へ突入する。9月1日時点で1部はグルージャ盛岡が勝点29で首位を独走中で残り試合は3試合だが2位のNECトーキンは残り7試合を残し勝点19で2位。グルージャが残し3試合全勝した場合、トーキンは7試合全勝しないと逆転優勝はできない。両チームの直接対決は10月12日。1部3位はFCプリメーロ(勝点18)、4位秋田カンビアーレ(13)、5位塩竃ヴィーゼ(12)、6位仙台中田(9)、7位ビアンコーネ福島(9)、8位古河電池(3)。2部南は天皇杯出場も決めた福島ユナイテッドが勝点27で独走中、2位はコバルトーレ女川(15)、3位相馬SC(14)、4位七ヶ浜SC(11)、5位中新田(10)、6位マリソル松島(10)、7位バンディッツいわき(8)、8位クレハ(0)。2部北1位盛岡ゼブラ(20)、2位水沢クラブ(16)、3位ヴァンラーレ八戸(16)、4位新日鉄釜石(14)、5位富士クラブ2003(13)、6位遠野クラブ(12)、7位猿田興行(2)、8位FC紫波(1)。


全国社会人サッカー選手権東北予選大会 第1代表にNECトーキン、第2代表に秋田カンビアーレ
大会は8月23日に岩手県奥州市他で開幕。東北リーグ1部の全チームと各県予選大会優勝チームが参加して行われた結果、第1代表に宮城のNECトーキン、第2代表にFC秋田カンビアーレが決定した。両チームは10月に行われる全国大会に出場する。
23日結果 FCプリメーロ3−1盛岡ゼブラ、福島ユナイテッド14−0塩竃ヴィーゼ、コバルトーレ女川3−2古河電池、ビアンコーネ福島1−0FCパラフレンチ米沢、秋田カンビアーレ2−1ヴァンラーレ八戸
24日結果 NECトーキン1−0福島ユナイテッド、ビアンコーネ福島0-1コバルトーレ女川、秋田カンビアーレ2−1猿田興業、FCプリメーロ2−1グルージャ盛岡
25日代表決定戦 NECトーキン5−0コバルトーレ女川、FCプリメーロ0−1秋田カンビアーレ


ビアンコーネ福島がボランティアチームスタッフを募集
リーグ1部のビアンコーネ福島はホームゲームの運営を手伝ってくれるボランティアチームスタッフを募集している。運営の内容は試合当日の会場準備、試合中のボールボーイ、片づけ、清掃等。中学生以上なら誰でもOKで、泉崎さつき公園陸上競技場まで自力で行ける人。スタッフはチームTシャツ又はジャンパー、当日の昼食が支給される。(日当、交通費はなし)詳しくは事務局まで。(TEL024-933-9866) メール

ビアンコーネ福島 代表に松立氏、監督兼任選手に宗像氏就任。4月30日に励ます会を郡山商工会議所で開催
将来のJリーグ入りをめざし今年1部に参戦するビアンコーネ福島はチームを運営していた郡山フットボールクラブが事実上倒産したため運営母体がなくなったことで今年はチームの主体だった旧ノーザンピークス郡山のメンバー、スタッフらで1部リーグに参戦する見通しとなった。2月7日に郡山市内で会見し新しいクラブの代表にノーザンピークス時代監督を務めた松立文雄氏が就任、また郡山北工高出身で福島FC、FCプリメーロで活躍したMF宗像 洋氏が選手兼任監督となることも決まった。当面は運営母体を持たないアマチュアクラブとして活動していくがスポンサーには引き続き協力を継続するよう求める方針。また今年も昨年と同じく泉崎村のさつき公園陸上競技場をホームグラウンドとする予定。ビアンコーネは既に監督だった齋藤誠氏が福島ユナイテッドFC(旧ペラーダ福島)の監督に就任、複数の選手も既にチームを退団した。なお4月30日にビアンコーネ福島を励ます会が郡山商工会議所大ホールで開催。参加費1名2000円。詳しくはビアンコーネ福島まで。TEL/FAX024−933−9866 Email viancone@multi.ne.jp

2部南部に参入するバンディッツいわきが選手セレクション

2月3日に平工業高校グラウンドで選手セレクションを開催する。(午後1時)詳しくは公式サイトで。


FCペラーダ福島から福島ユナイテッドFCへ名称変更。J2水戸から金選手、J1札幌から桑原選手ら移籍
NPO法人福島夢集団のトップチームで将来のJリーグ入りをめざすFCペラーダ福島は昨年までビアンコーネ福島の監督を務めた斎藤誠氏を監督に迎えるとともに新しいチーム名を公募により「福島ユナイテッドFC」に決定したと発表した。齋藤氏はビアンコーネ福島で昨年2部から1部への昇格を決めたばかりだったが昨年末でビアンコーネを退団していた。(ビアンコーネの新監督は未定)ペラーダ福島は昨年のリーグ戦ライバルチームの監督を新監督に迎えることになったが昨年まで監督だった時崎悠氏は今年は選手に専念する方針。またJ2水戸ホーリーホックからMF金 基洙選手、J1コンサドーレ札幌からMF桑原 剛選手、東北1部グルージャ盛岡からDF渡部正彰選手が移籍した。なお1月26日に福島市で選手セレクションを開催する。
☆福島ユナイテッドFC公式サイト


1部入れ替え戦 ビアンコーネ福島が1勝1分けで来季1部昇格決定。盛岡ゼブラは2部へ降格。
<12月16日>1部入れ替え戦(2)盛岡ゼブラ1−5ビアンコーネ福島
<12月9日> 1部入れ替え戦(1) 盛岡ゼブラ0−0ビアンコーネ福島1部入替え戦予定 宮城県七ヶ浜サッカー場 盛岡ゼブラ(1部7位)vsビアンコーネ福島(2部南部優勝)

JFL終了 ソニー仙台11位、初参戦のTDKは13位
JFLの07年シーズンは12月2日に全日程を終了した。宮城のソニー仙台は13勝5分16敗で18チーム中11位、今年初参戦した秋田のTDKは11勝9分14敗で13位だった。優勝は佐川急便SC。2位のロッソ熊本と3位のFC岐阜は来季のJ2昇格が決定した。また地域リーグ決勝大会の上位3チーム(ファジアーノ岡山、ニューウェーブ北九州、FC MI-Oびわこ草津)のJFLへの参入も決定した。


2部北部にFC紫波(岩手)が昇格
北東北3県チャレンジリーグが11月25日まで行われ岩手県1部リーグ1位のFC紫波が2勝をあげ3チーム中1位となり来季北部ブロックへの昇格を決めた。

地域リーグ決勝大会1次ラウンド速報!グルージャ盛岡、NECトーキンともに1次ラウンド敗退
全国地域リーグ決勝大会は11月23日に開幕し東北リーグからグルージャ盛岡とNECトーキンが出場中だが2日目を終了し2チームの予選ラウンド敗退が決まった。グルージャは2敗、NECトーキンは初戦敗戦、25日も敗れたため1次ラウンドでの敗退が決まった。
この結果両チームの来シーズン東北1部への参戦が決まったことで1部7位の盛岡ゼブラと2部南部ビアンコーネ福島との入れ替え戦が12月に行われる。(日程・会場未定)

11月23日広島 グルージャ盛岡1−2ファジアーノ岡山、矢崎バレンテ1−1(PK2−4)ニューウェーブ北九州
11月24日広島 グルージャ盛岡0−3ホンダロック、NECトーキン1−2矢崎バレンテ
11月25日広島 NECトーキン0−1ニューウェーブ北九州、ファジアーノ岡山3−1ホンダロック
*1次ラウンドの結果、4グループで1位が決定し、ファジアーノ岡山、ニューウェーブ北九州、バンディオンセ神戸
FCMI-Oびわこ草津の4チームが決勝ラウンドへの進出を決めた。決勝ラウンドで上位2チームがJFLへ自動昇格、3位はJFL最下位と入れ替え戦に臨む。
ファジアーノ岡山優勝、2位ニューウェーブ北九州、3位FC MI-Oびわこ草津、4位バンディオンセ神戸
岡山、北九州、びわこ草津の3チームのJFL昇格決まる!(FC岐阜のJ2昇格により入れ替え戦は行わない)
 


2部南部に宮城のコルバトーレ女川と福島のバンディッツいわきが昇格。金井クラブ脱退
宮城、山形、福島の各県リーグ1部優勝チームによる東北2部南部ブロックへの昇格を決める南東北チャレンジリーグは11月4日11日18日に行われ、宮城のコルバトーレ女川が1勝1分で1位となり来季2部南部への昇格を決めた。福島県のバンディッツいわきも1勝1分だったが得失点差で2位となり11月25日に2部南部最下位のクレハサッカー部と入れ替え戦を行い4−1でバンディッツが勝利し来季の2部南昇格を決めた。なお今年2部南部で7位だった山形の金井クラブが東北リーグから脱退することがわかった。

地域リーグ決勝大会 23日から1次ラウンド グルージャ盛岡、NECトーキン出場。JFL昇格めざす。組合せ決定
全国地域リーグ決勝大会は1次ラウンドが11月23日から25日まで広島、愛知、松本を会場に4つのブロックに分かれ開催される。東北リーグからは1部1位のグルージャ盛岡と2位のNECトーキンが出場する。決勝ラウンドは埼玉県熊谷市で11月30日から12月2日まで各ブロック1位の4チームのリーグ戦で行われ優勝、準優勝の2チームはJFLに自動昇格する。(3位はJFL最下位との入れ替え戦の予定)東北以外の地域リーグ参加チームは以下の通り。なお中国リーグ2位のFCセントラル中国の出場も決まった。多くのチームが将来のJリーグ入りをめざしており混戦が予想される。予選ラウンドの組合せはこちら
出場チーム:北海道リーグ代表 ノルブリッツ北海道、東北リーグ グルージャ盛岡、NECトーキン、関東リーグ代表 FC町田セルビア、北信越リーグ代表 松本山雅FC、東海リーグ代表 静岡FC、矢崎バレンテ、関西リーグ代表 バンディオンセ神戸、中国リーグ代表 ファジアーノ岡山、FCセントラル中国、四国リーグ代表 徳島ヴォルティス・アマチュア、九州リーグ代表 ニューウェーブ北九州、ホンダロック。全国社会人大会優勝チーム FCMI-Oびわこ草津。


全国クラブチーム選手権で将来のJ入りめざすFCガンジュ岩手が優勝飾る
全国クラブチームサッカー選手権の決勝が10月30日に北海道で行われ、東北代表で出場した岩手県のFCガンジュ岩手(武藤真一監督)が神奈川の六浦FCを6−0で下し初優勝を飾った。ガンジュ岩手は現在岩手県4部リーグに所属しているが今年から元Jリーガーなどを補強、今後はJリーグ準加盟申請を行う予定で将来のJリーグ入りをめざす。今年夏の天皇杯岩手県大会準決勝では東北リーグ1部のグルージャ盛岡を下し決勝に進出、優勝している。

東北リーグ1部2部終了 最終成績 1部最下位の新日鐵釜石は2部降格へ。
東北社会人サッカーリーグは10月21日に1部及び2部北部、南部がずべて日程を終了した。この結果1部で最下位になった新日鐵釜石の来季2部降格が決定した。(地域リーグ決勝大会でグルージャ盛岡及びNECトーキンがJFL昇格を決めた場合は変更あり)各部の成績は以下の通り。なお2部優勝決定戦は10月28日に岩手県花巻市でFC秋田カンビアーレとビアンコーネ福島との間で行われる。勝利したチームは1部へ自動昇格、敗れたチームは1部7位の盛岡ゼブラと入れ替え戦を行う予定。(入れ替え戦日程未定)
1部:1位グルージャ盛岡、2位NECトーキン、3位FCプリメーロ、4位塩釜ヴィーゼ、5位仙台中田、6位古河電池、7位盛岡ゼブラ、8位新日鉄釜石
2部北:1位秋田カンビアーレ、2位水沢SC,3位遠野クラブ、4位富士クラブ2003、5位猿田興業、6位ヴァンラーレ八戸、7位大宮クラブ、8位北都銀行
2部南:1位ビアンコーネ福島、2位ペラーダ福島、3位相馬SC.4位マリソル松島、5位七ヶ浜SC,6位中新田SC,7位金井クラブ、8位クレハサッカー部


東北2部リーグ優勝争い 南部はビアンコーネ優位、北部はカンビアーレと水沢が最終決戦。
東北リーグ2部は南部はビアンコーネ福島が2位のペラーダ福島に勝点3差をつけ最終戦を戦う。ビアンコーネはホーム泉崎でマリソル松島と、ペラーダはホームの十六沼でクレハと対戦する。両チームとも勝利した場合は勝点3差のままでビアンコーネ福島の優勝が決まる。(ビアンコーネは引き分けでも優勝。敗れた場合でも得失点差で優位)北部はFC秋田カンビアーレと水沢クラブが勝点29で並んでおり最終戦での直接対決で優勝が決まる。なお南北優勝決定戦の日程・会場は未定。決定戦で勝利したチームは1部へ自動昇格、敗れた場合は1部7位との入れ替え戦を行う予定。

全国社会人サッカー速報  東北代表のNECトーキンは2回戦敗退
大分県で10月13日開幕した全国社会人大会に東北代表で出場したNECトーキンは1回戦で図南SC群馬に4ー1で勝利したが2回戦でアイン食品に0−4で敗れた。

全国地域リーグ決勝大会 優勝のグルージャ盛岡と2位確定のNECトーキンの2チームが出場へ。JFL昇格めざす
11月23日から広島、愛知、松本を会場に行われる全国地域リーグ決勝大会1次ラウンドに東北リーグからグルージャ盛岡とNECトーキンの2チームが出場することが決定した。10月7日のリーグ戦の結果よりグルージャ盛岡が残り2試合を残し優勝、2位のNECトーキンの2位が確定したことによるもの。またFCプリメーロの3位も確定した。今年は昨年TDKが地域リーグ決勝大会で優勝しJFL昇格を果たしたため東北リーグの上位2チームが出場できる。ともにJFL昇格をめざしている両チームの決勝大会での戦いが注目される。

国体サッカー 成年男子 秋田(TDK)準々決勝敗退、福島選抜は初戦で富山に惜敗。
秋田わかすぎ国体サッカー競技は9月30日に開幕。成年男子は地元秋田県(TDK・JFL)は1回戦で岐阜(FC岐阜・JFL)に3−1で勝利したが準々決勝8では京都(佐川印刷・JFL)に0−1で敗退した。福島県選抜は初戦で富山選抜と対戦し、1−1で決着つかず延長に突入したが1点を奪われ1−2で惜しくも敗れた。

国クラブチームサッカー選手権東北大会 FCガンジュ岩手初優勝、メリーが準優勝
全国クラブチームサッカー選手権大会東北大会は9月22日から24日まで宮城県で行われ、決勝で福島県第1代表のメリーと岩手のFCガンジュ岩手が対戦し、ガンジュ岩手が4−0でメリーを下し初優勝を飾った。メリーは2回戦で山形の琢友クラブを、準決勝で岩手の磐井FCに勝利し決勝に進んだ。福島県第2代表のFC E-STARは1回戦で秋田の男鹿FCに1−2で敗れた。優勝したガンジュ岩手は昨年将来のJリーグ入りをめざし発足したチームで今年は元Jリーガーなどを補強し県4部リーグからスタート、天皇杯1回戦にも出場した。全国大会は10月下旬に札幌で行われ東北代表としてFCガンジュ岩手が出場する。。


天皇杯東北6県代表決定 東北で唯一TDK3回戦進出!10月7日J2札幌と対戦
天皇杯全日本サッカー選手権に出場する東北各県の代表が9月2日に決まった。1回戦は9月16日、2回戦は9月23日に各地で開催される。県内はJヴィレッジスタジアムで1回戦、2回戦を開催する。各県代表と1回戦の対戦相手(カッコ内)は以下の通り。
青森:八戸大(大原学園JaSRA)、岩手:FCガンジュ岩手(埼玉SC)、秋田:TDK(韮崎アストロス)、
宮城:ソニー仙台(レノファ山口)、山形:山形大(バンディオンセ神戸)、福島:ビアンコーネ福島(V・ファーレン長崎)

1回戦結果速報!八戸大5−4大原学園JaSRA、ガンジュ岩手2−3埼玉SC、TDK8−0韮崎アストロス、ソニー仙台2−1レノファ山口、山形大0−5バンディオンセ神戸、ビアンコーネ福島0−1V・ファーレン長崎
2回戦結果 V・ファーレン長崎5−0八戸大、TDK2−0三菱自動車水島、明治大3−2ソニー仙台


全国社会人サッカー選手権東北予選大会速報  NECトーキンが優勝、相馬SC準優勝
東北大会は8月25日から28日まで宮城県利府町の宮城県サッカー場他で開催され宮城県のNECトーキンが決勝で福島県の相馬SCを5−0で下し優勝、全国大会出場を決めた。福島県からは東北リーグ1部のFCプリメーロ、古河電池、県大会優勝の相馬SCが出場したが1部のプリメーロは準決勝で相馬SCに敗退、古河電池は準々決勝でグルージャ盛岡に敗れた。
1回戦結果
FC秋田カンビアーレ2−0新日鐵釜石、相馬SC2−1盛岡ゼブラ、塩竈FCヴィーゼ5−1酒田琢友クラブ、古河電池2−0コバルトーレ女川、グルージャ盛岡13−0リベロ津軽SC、仙台中田7−0水沢クラブ
準々決勝 FCプリメーロ2−1FC秋田カンビアーレ、相馬SC1−0塩竈ヴィーゼ、グルージャ盛岡3−0古河電池、NECトーキン4−1仙台中田
準決勝 相馬SC3−1FCプリメーロ、NECトーキン3−0グルージャ盛岡
決勝 NECトーキン5−0相馬SC
 

ペラーダ福島にJ2仙台からブラジル人2選手が期限付き移籍
ペラーダ福島を運営するNPO法人福島夢集団は6月20日にJ2ベガルタ仙台からブラジル人選手2名の期限付き移籍について決定したと発表した。移籍するのは今年2月にアメリカFCから仙台に移籍したDFレアンドロ選手とFWフェリッペ選手の2名。契約期間は7月1日から12月31日まで。両選手とも19歳で今年のJリーグ公式戦の出場はない。

ビアンコーネ福島のメインスポンサーにBIG RENTAL(ビッグレンタル)が決定
将来のJリーグ入りをめざすビアンコーネ福島を運営する郡山フットボールクラブ(佐藤暁代表)は6月4日に郡山市役所で記者会見を行い、郡山市に本社がある建設機械・資材リース会社のビッグレンタル(四家千佳史社長)とスポンサー契約を結んだと発表した。契約期間は3年間で今後チームの運営や選手補強などをバックアップしていくことになる。これに伴いユニフォームの胸部にBIG RENTALのロゴマークが標記される。

リーグ開幕戦情報 1部FCプリメーロはゼブラと鳥見山で対戦。ペラーダ、ビアンコーネはアウェイ開幕
東北リーグは4月29日に1部2部ともに開幕する。福島県チームは1部のFCプリメーロがホームの鳥見山競技場で盛岡ゼブラと対戦する。同じく1部の古河電池は5月6日が初戦でアウェイで盛岡ゼブラと対戦。2部南部はペラーダ福島が七ヶ浜SCと、ビアンコーネ福島は中新田SCとそれぞれアウェイで初戦を迎える。クレハはホームで金井クラブと対戦。初参戦の相馬SCは5月6日にクレハと対戦する。なおともに将来のJリーグ入りをめざすペラーダ福島とビアンコーネ福島は5月6日に泉崎運動公園で直接対決する。
詳しい日程・対戦表は県サッカー協会1種委員会のホームページを参照。


2部南部ビアンコーネ福島のホーム会場は泉崎村陸上競技場に決定。5月6日ペラーダ福島と
2部南部ビアンコーネ福島は今年のリーグ戦のホームゲームの会場決定を発表した。今年は泉崎村のさつき公園(陸上競技場)を使用する。泉崎村と3月28日に調印したもので、ホームゲーム7試合すべてを泉崎で行う。5月6日のホーム初戦は同じくJリーグをめざすペラーダ福島との直接対決。Jをめざす県内チーム同士の対決だけに注目される。

JFL開幕 初参戦のTDKは強豪佐川急便に惜敗、ソニー仙台との直接対決は5月19日
JFLの07年シーズンが3月18日に開幕した。今年から参戦したTDK SCはアウェイで強豪の佐川急便と対戦し惜しくも0−1でやぶれた。21日にはホームの仁賀保市で昨年優勝のHONDA FC戦に挑む。またソニー仙台は18日に仙台でジェフリザーブズと対戦し0−1で敗れた。TDKとソニー仙台の直接対決は5月19日(七ヶ浜)と8月19日(仁賀保)で行われる。リーグ戦の情報はJFLの公式サイトで。なおTDKは将来のJリーグ入りも視野に入れ活動していく予定だ。TDKは4月1日の三菱自動車水島戦に勝ちJFL初勝利をあげた。

ペラーダ福島の監督兼選手にJ2水戸の時崎 悠(福島市出身)が就任。Jリーグ準加盟は認められず

東北社会人2部南部のペラーダ福島を運営する福島夢集団は2月2日チームの新監督兼選手として昨年までJ2水戸ホーリーホックに所属していたDF時崎 悠選手と契約を結んだと発表した。時崎監督兼選手は福島市出身で蓬莱中から作新学院に進学、卒業後はベルマーレ平塚(現湘南ベルマーレ)に入団、J2湘南を経て05年から水戸でプレーしていた。なおペラーダ福島は1月にJリーグ準加盟申請を行ったがこのほどJリーグ理事会が開催され2月20日ペラーダ福島の準加盟を承認しないことを発表した。(同じく申請していたJFLの栃木SC、ガイナーレ鳥取は承認、FC岐阜は継続審議となった)準加盟見送りについて福島夢集団(横田篤代表)では経営面の課題をクリアし来年度の準加盟を目指す方針だ。

ビアンコーネの監督に元マリーゼGMの齋藤誠氏。2月12日、3月11日にセレクション
来年から名称をビアンコーネ福島として将来のJリーグ入りをめざす2部南部ブロックのノーザンピークス郡山(郡山フットボールクラブ)は来季の新監督になでしこリーグ東京電力マリーゼ(Jヴィレッジ)のゼネラルマネージャーを務めた齋藤誠氏が就任すると発表した。齋藤氏は習志野高校、明治大学、東芝などで選手として活躍、女子日本代表のGKコーチも務めた。またビアンコーネの新ロゴ、エンブレムも決定した。なお郡山市で活動しているジュニアサッカークラブのFCゴデーレをビアンコーネの下部組織とすることも決まった。なお2月12日に県内選手向けセレクションを、3月4日(11日に変更)には県外選手を対象にしたセレクションを実施する予定。詳しくは郡山フットボールクラブまで。公式サイト

2部南部のペラーダ福島が福島夢集団のトップチームとしてJめざす。Jリーグ準加盟申請。2月セレクション
ペラーダ福島を運営するNPO法人福島夢集団はこのほどホームタウンとなる福島市からの支援が正式に得られたことで1月10日にJリーグと日本サッカー協会にJリーグ準加盟申請を行う。申請が認められるとJリーグクラブ誕生へ向けJリーグからのアドバイスなどが受けられる他、昇格などで特例を受けられる場合もありJリーグ入りへの環境作りが急ピッチで進められることになる。J2入りするにはJリーグ準加盟が必要で準加盟にはホームタウンとなる自治体の正式な支援が得られるほかスタジアムの有無、法人化などの資格が不可欠。夢集団では昨年2万3千人以上の署名を集めこれを福島市に提出、市の支援を要請していたが福島市でのサッカー熱が高まっていることから市も支援を約束した。夢集団では準加盟の資格は十分と判断、申請を行うことにしたもの。今後はJリーグによる詳しい審査を経て申請が受理されればJ2入りの条件の一つが早期にクリアされることになるが、経営面、事業面、強化面など今後の課題も多いのが現実。
(Jリーグ準加盟についてはJリーグのHPを参照のこと)
将来のJリーグ入りをめざし活動しているNPO法人福島夢集団(横田篤代表)は12月14日に福島市で会見し、現在東北2部南部ブロックに参戦しているFCペラーダ福島(阿蘇和二監督)の運営を譲り受けペラーダ福島でJリーグをめざすことを明らかにした。夢集団は今年までトップチームのユンカースでJリーグ入りめざし活動中で来年県リーグ1部に昇格するが、来年からはペラーダ福島をトップチームに、ユンカース(名称変更予定))を選手育成のサテライトチームに位置づけ2つのチームを運営していく方針。ペラーダ福島は04年に発足25年目にして初めて県サッカーリーグ1部で優勝、去年から東北リーグ2部南部に参戦中で今シーズンは6位だった。ペラーダ福島は福島市を拠点として最短で2010年のJリーグ昇格をめざす。2月にセレクションも実施する。
福島夢集団公式サイト


入れ替え戦新日鐵釜石が1部残留、カンビアーレ昇格ならず
1部の入れ替え戦が12月9日と10日に宮城県で行われ1部最下位の新日鐵釜石と2部優勝決定戦で古河電池に敗れたFC秋田カンビアーレは2試合とも引き分けた結果、規定により釜石の1部残留が決定した。これで来シーズンの1部はJFLに昇格するTDKをのぞき2部から1部に昇格する古河電池を加えた8チーム(グルージャ盛岡、NECトーキン、FCプリメーロ、ヴィーゼ塩竈、仙台中田SC、盛岡ゼブラ、新日鐵釜石、古河電池)が参戦することになった。
9日 釜石2−2カンビアーレ、10日 釜石0−0カンビアーレ


2部北部ブロック 来季は猿田興業(秋田)と大宮クラブ(岩手)が昇格・参戦
2部北部ブロックへの参入を決める北東北3県リーグチャンピオン決定戦が11月に行われた。猿田興業(秋田)、大宮クラブ(岩手)、リベロ津軽SC(青森)の3チームで争った結果、2勝した猿田興業が東北2部北部へ自動昇格、1勝1敗で2位の大宮クラブは12月10日に2部北部8位のTDK親和会と入れ替え戦を行い勝利したため来季の2部北部への昇格を決めた。TDK親和会は秋田県リーグへ降格。

2部北部のアステール青森が解散 青森の雄が姿を消す
2部北部に参戦していたアステール青森が11月18日に解散記念試合を行いチームの歴史にピリオドを打った。アステール青森は平成9年の2部リーグ初年度に青森代表として参戦、いきなり北部優勝を果たし翌年1部に昇格、4年連続で3位に入るなど東北リーグを代表するチームとして活躍したが16年に2部に降格し今年は7位と低迷した。青森の雄アステールの解散は非常に残念。これで東北リーグに青森県から参加しているのはヴァンラーレ八戸1チームだけとなった。なおアステールの脱退で2部北部は1チーム減ったため昇格を参入を決める北3県リーグチャンピオン決定戦の1位が自動昇格、2位は入れ替え戦を行う。

全国地域リーグ決勝大会決勝ラウンド速報!おめでとう!TDK秋田、JFLへ自動昇格決定!
決勝ラウンドでTDK(小松勉監督)は1日FC岐阜に1−0で勝利、2日はVファーレン長崎に0−0の後、PK戦を制し2勝をあげJFL昇格に大きく前進した。3日のファジアーノ岡山は前半1−0で優位にたったが後半同点になりPK戦に。PK戦を4−3で制し堂々の勝利と1位を確定(勝点7)悲願のJFL初昇格を決めた。(TDKは85年、86年に旧日本リーグ2部に所属したが現在のJFLは初参戦となる。東北リーグからのJFL昇格は97年のソニー仙台以来)なおTDKのJFL昇格により東北リーグ1部で今年最下位になった新日鐵釜石は2部FC秋田カンビアーレとの入れ替え戦を行い7位の盛岡ゼブラは1部残留となる。

決勝ラウンド速報!12月1日 TDK1−0FC岐阜、ファジアーノ岡山3−1Vファーレン長崎
12月2日 TDK(PK7−6)0−0Vファーレン長崎、FC岐阜2−0ファジアーノ岡山
12月3日 TDK(PK4−3)1−1ファジアーノ岡山、FC岐阜2−1Vファーレン長崎
☆地域リーグ決勝大会の結果と写真はこちらのサイト


*悲願のJFL入りを決めたTDK秋田(写真は以前のものです。ご了承下さい)

全国地域リーグ決勝大会の予選ラウンドが11月24日から26日まで各地で開催され、東北リーグ代表のTDKは新日鐵大分戦でPK戦で敗れたものの勝点1をあげ26日の試合で勝利し勝点4でブロック1位になり12月の決勝ラウンド進出を決めた。決勝ラウンドにはTDKのほかファジアーノ岡山、FC岐阜、Vファーレン長崎が出場し優勝チームはJFLに自動昇格する。(JFLのロッソ熊本がJ2に昇格した場合上位2チームがJFLに昇格する。ロッソ昇格がない場合は2位は入れ替え戦の予定)


2部南部3県チャレンジリーグ 相馬SCと中新田SCの東北南部昇格決定
来年の東北2部南部ブロックへの参入をめざす南東北3県チャレンジリーグが11月5日スタート。5日相馬vs山形県リーグ1位(酒田琢友クラブ)、11月12日琢友クラブvs宮城県リーグ覇者(中新田SC)、19日相馬SCvs宮城県リーグ覇者。古河電池が1部昇格を決めたため上位2チームが東北2部へ参入できる。5日と12日の試合で山形の酒田琢友クラブが連敗した結果、相馬SC、中新田SCの来季2部南部への昇格が決定した。
5日結果 相馬SC2−0酒田琢友クラブ  12日酒田琢友クラブ0−2中新田SC(宮城)19日相馬1−2中新田

全国地域リーグ決勝大会組み合わせ決まる TDKはDグループ(熊谷)で決勝Rめざす
第30回全国地域リーグ決勝大会は11月24日から3会場で開催されるが組み合わせが決まった。東北リーグ代表のTDKはDグループ(熊谷スポーツ公園陸上競技場)となり、24日に新日鐵大分と、26日にNPO 横浜スポーツ&カルチャークラブと対戦する。4つのグループ各1位のみが12月の決勝ラウンドに進出できる。今年は静岡FCやVファーレン長崎などJリーグをめざすチームが多数参加しており激戦が予想される。優勝チームはJFLへ自動昇格、2位は入れ替え戦を行い予定。詳しくは日本サッカー協会HPで。

2部優勝決定戦 古河電池がFC秋田カンビアーレを下し悲願の1部昇格決める
2部優勝決定戦は10月29日に岩手県で行われ、南部ブロック優勝の古河電池FCが北部優勝のFC秋田カンビアーレに4−2で勝利し、来シーズンの1部昇格を決めた。敗れたカンビアーレは1部7位盛岡ゼブラと入れ替え戦を行う予定。


Jリーグめざすノーザンピークスの新名称は「ビアンコーネ福島」
東北2部南部のノーザンピークス郡山を運営する褐S山フットボールクラブは10月25日に郡山市で福島県にJリーグクラブを作る会を発足し、ノーザンピークス郡山に代わるトップチームの新名称を「ビアンコーネ福島」に決定したことを発表した。詳しくはふくしまフットボールニュースで。ビアンコーネ福島は来年からJクラブの監督経験があるS級ライセンス監督を監督に招聘するほか、5名前後のプロ契約選手を入団させる予定。またサテライトチームも発足し08年から県リーグに参加させる予定。クラブでは早期にJリーグ準加盟を実現する方針だ。

1部2部南北リーグ戦全日程を終了
東北リーグは10月22日に1部2部ともに全日程を終了した。最終成績は以下の通り。2部リーグの入れ替えについては情報がわかり次第掲載します。なおリーグ戦の詳しい成績などは福島県サッカー協会1種委員会、岩手県サッカー協会のHPを参照のこと。
1部:1位TDK、2位グルージャ盛岡、3位NECトーキン、4位FCプリメーロ、5位仙台中田クラブ、6位ヴィーゼ塩竈、7位盛岡ゼブラ、8位新日鐵釜石
*8位の新日鐵釜石は2部へ自動降格。7位の盛岡ゼブラは2部南北決定戦の敗者と入れ替え戦。ただしTDKが地域リーグ決勝大会で上位に入りJFLへの昇格を決めた場合は変更あり。
2部北部:1位FC秋田カンビアーレ、2位水沢クラブ、3位遠野クラブ、4位富士クラブ2003、5位ヴァンラーレ八戸、6位北都銀行、7位アステール青森、8位TDK親和会
2部南部:1位古河電池、2位マリソル松島、3位ノーザンピークス郡山、4位金井クラブ、5位七ヶ浜SC、6位ペラーダ福島、7位クレハサッカー部


2部南部は古河電池がノーザンピークス下し優勝決める!南北決勝戦は10月29日岩手金ヶ崎で
2部南部ブロックは10月15日に1位の古河電池と3位のノーザンピークス郡山が対戦し、4−2で古河が勝利し勝点を31(10勝1分)とした。この結果2位のマリソル松島が最終戦で勝利しても31に及ばず、3位のノーザンピークスも敗れたことで最終試合を待たずに古河電池の優勝が決定した。なお南北ブロックの優勝決定戦は10月29日(日)13:00より岩手県金ヶ崎町森山総合公園で開催予定。

全日本社会人サッカー選手権速報!NECトーキン、TDK2Rで敗退、プリメーロ初戦延長戦で敗れる
全日本社会人サッカー選手権大会は10月14日秋田県で開幕した。1日目1回戦で東北から出場した3チームのうち、NECトーキン、TDKが初戦に勝利した。FCプリメーロは静岡県教員団扶養クラブに3−3の同点から延長戦で2点を奪われ3−5で敗れた。詳しくは大会公式ホームページで。
1回戦結果 NECトーキン3−1佐川急便中国、TDK4−1三洋電機洲本、プリメーロ3−5(延長)静岡県教員団扶養クラブ
2回戦結果 NECトーキン1−4FC町田セルビア、TDK2−2(PK2−3)沖縄かりゆしFC


東北2部リーグ 北部はFC秋田カンビアーレが優勝、南部は電池、ノーザン、マリソルが三つ巴
2部リーグ北部ブロックでFC秋田カンビアーレが9月24日のTDK親和会に勝利し06年のリーグ戦優勝を早くも決めた。南部ブロックは10月8日時点で1位古河電池、2位マリソル松島、3位ノーザンピークス郡山の順で優勝争いは上位3チームに絞られたが勝点、残り試合で電池が優位。10月15日に電池vsノーザン、22日に電池vsマリソルの直接対決が行われる。

全国クラブチーム選手権東北大会 FCガンジュ岩手優勝、2位は相馬SC
クラブ選手権東北大会は9月23日24日に青森県で行われ、決勝戦で初出場の岩手のFCガンジュ岩手が福島代表の相馬SCに2−2(PK4−3)で勝利、初優勝を飾り全国大会出場を決めた。FCガンジュ岩手は今年春に将来のJリーグ入りをめざしグルージャ盛岡前監督の武藤真一氏が創設したチーム。福島県チームでは相馬SCが準優勝、会津サントスFCは準決勝でガンジュ岩手に敗れベスト4。
準決勝 相馬SC2−0中山SC、会津サントス1−2FCガンジュ岩手  決勝 FCガンジュ岩手2−2(PK4−3)相馬SC


TDK5年連続優勝決める
東北リーグ1部は9月10日に各地で行われ、TDKが新日鐵釜石を6−0で下し開幕からの12連勝で勝点を36とし圧倒的強さで5年連続優勝を飾った。2位のグルージャ盛岡は10日にプリメーロに2−1で勝利したが勝点24で残り試合全勝してもTDKに追いつかずTDKの優勝が早くも決まった。TDKは全国地域リーグ決勝大会(11月・12月)に東北リーグ代表として出場し悲願のJFL昇格をめざす。

天皇杯全国大会出場チームが決定 プリメーロはJFL三菱自動車水島とJヴィレッジで対戦
9月17日に開幕する天皇杯全日本サッカー選手権に出場する東北6県のチームが決定した。各県代表チームと1回戦の対戦予定は以下の通り。
福島県 FCプリメーロ:vs三菱自動車水島、宮城県 ソニー仙台:vsSC鳥取、山形県 山形大学:vs韮崎アストロス
岩手県 岩手大学:vs高知大学、秋田県 TDK:vsJAPANサッカーカレッジ、青森県 八戸大学:vs初芝橋本高校


全国社会人サッカー選手権東北大会 FCプリメーロ第1代表、NECトーキン第2代表として全国大会へ
全国社会人サッカー選手権東北大会は9月2日から4日まで福島市のあづま運動公園で開催され東北第1位だ表にFCプリメーロ、第二代表にNECトーキンが決定した。全国大会は10月14日から秋田県で開催される(秋田県開催地としてTDKも出場する)。
全国大会組合せ表はこちら
また全国クラブチーム選手権東北大会は9月22日から24日まで青森県で開催される。
9月2日結果 プリメーロ1−0マリソル松島、仙台中田3−1遠野クラブ、ヴィーゼ塩竈1−0FC秋田カンビアーレ
NECトーキン8−0酒田琢友クラブ、ラスティング郡山2−1盛岡ゼブラ、相馬SC3−1ヴァンラーレ八戸、
3日の結果 プリメーロ5−3新日鐵釜石、仙台中田3−0ヴィーゼ塩竈、NECトーキン4−1ラスティング郡山、グルージャ盛岡4−2相馬SC
4日結果 第1代表決定戦 プリメーロ2−0仙台中田、第2代表決定戦 グルージャ盛岡0−2NECトーキ



左はラスティングvsトーキン、右は相馬vsグルージャ戦より

2部南部のノーザンピークス郡山がJリーグ入りめざしスタート 新名称など公募
2部南部(福島)のノーザンピークス郡山(松立文雄監督)は今年3月に郡山を拠点にサッカー振興と普及を目的に設立された株式会社郡山フットボールクラブ(佐藤暁社長)と提携し、2009年のJリーグ入りをめざすことになった。今後は郡山FCを運営母体にしてスポンサーやサポーターを募っていく予定。ノーザンピークス郡山はこれまで郡山北工業高校OBだけで組織されてきたが今年からはOBに関係なく選手を受け入れていく方針で既に昨年まで1部FCプリメーロに所属していたMFA澤一弘選手が移籍済み。郡山FCの佐藤氏は元J2水戸ホーリーホックのGMを務めジュニアユースの指導者でもあり、5月以降はジュニアスクールの指導のほかノーザンピークスのコーチとしてもチームの強化を図る。今後の詳しい情報はわかり次第お伝えします。
ノーザンピークス郡山の新名称、エンブレム、Yデザインを一般公募!詳細はこちら
ノーザンピークス郡山(郡山FC)のホームページ



古河電池FCのホームページがリニューアル

東北2部南部(福島)の古河電池FCの公式サイトがこのほどリニューアルした。今年こそ1部昇格をめざす古河電池は5月7日の開幕戦ペラーダ福島に2−0で勝利した。
新ホームページ


1部グルージャ盛岡2010年Jリーグ参入めざし再スタート。元監督の武藤氏もJめざす新チーム新たに結成

昨年リーグ戦終了後にスタッフ、選手の賃金未払いが発覚、ほとんどのプロ契約選手が退団・移籍しチームの運営と存続問題で揺れていた1部のグルージャ盛岡は2月18日に選手会、サポーター、協賛企業の代表が出席し臨時総会を開き、新しい理事を選出し従来の「NPO法人盛岡にJリーグを作る会」を運営母体にトップチームを存続する方向でほぼ決着した。チームは退団した選手を除く選手で定期練習を行っているほか、下部組織は従来通りの活動を行っている。またこのほど新監督に元JFLソニー仙台の監督を務めた吉田 暢氏が内定した。吉田氏は40歳で地元盛岡商業高校出身。J1ジェフ市原〜ソニー仙台で選手として活動後、ソニー仙台の監督も務めた。チームは改めて2010年Jリーグ参入をめざす再スタートを切った。また元Jリーガーなどの補強も今後行う予定。(地元岩手出身で元サガン鳥栖のMF佐藤大実選手、元モンテディオ山形のFW堀内大輔選手が移籍・入団した)

一方昨年までグルージャ盛岡を率いシーズン終了後に退団した武藤真一元監督兼任選手はこの3月に将来のJリーグ入りをめざす「FCガンジュ岩手」を発足した。チームは既にセレクションも実施、ブラジル人選手2名も移籍・入団することも決まった。(県リーグ又は東北リーグ加盟は未定)

2部北部は新規3チーム含む8チームで、南部は7チームでリーグ戦。
06年の2部リーグはこのほど北部に参加する8チームと南部に参加する7チームが決まった。北部は北部3県によるチャンピオンズリーグの上位3チーム・富士クラブ2003(岩手)、八戸工業SC(青森)、TDK親和会(秋田)が新たに参加する。秋田の山王クラブは県リーグ降格。南部ブロックの山形県は山形FCがチーム事情により東北リーグから脱退、新体制で新たに山形県リーグに参加するため、昨年山形県リーグ1部優勝の金井クラブのみの参加となる。宮城からは県リーグ優勝の七ヶ浜サッカークラブ、福島県からはペラーダ福島が新規加盟する。加盟全チーム名は上記参照。

1部2部北部入れ替え戦 盛岡ゼブラが遠野クラブに連勝し1部残留
今シーズン1部7位の盛岡ゼブラと2部北部優勝の遠野クラブとの入れ替え戦は11月20日と27日に行われ、ゼブラが2試合2勝して来シーズンの1部残留を決めた。来年の1部リーグは昇格を決めた仙台中田をのぞいて今年参加した7チームがそのままリーグ戦に参戦する。11月20日ゼブラ1−0遠野、27日ゼブラ3−0遠野


<2009リーグ戦最終成績>
1部 1位グルージャ盛岡 2位福島ユナイテッド 3位NEC TOKIN 4位FCプリメーロ 
   5位秋田カンビアーレ 6位盛岡ゼブラ 7位塩釜ヴィーゼ 8位仙台中田
2部北部 1位富士クラブ2003 2位新日鉄釜石 3位ヴァンラーレ八戸 4位水沢SC 5位グルージャイストリア 6位遠野クラブ 7位ラインメール青森 8位FC紫波
2部南部 1位コバルトーレ女川 2位バンディッツいわき 3位ビアンコーネ福島 4位いわき古河
   5位メリー 6位マリソル松島 7位相馬SC 8位中新田SC

(東北リーグ08最終成績)
1部:1位グルージャ盛岡、2位NECトーキン、3位FCプリメーロ、4位FC秋田カンビアーレ、5位塩釜ヴィーゼ、6位仙台中田SC、7位ビアンコーネ福島、8位古河電池
2部南部:1位福島ユナイテッドFC,2位コバルトーレ女川、3位相馬SC、4位バンディッツいわき、5位マリソル松島、6位中新田SC,7位七ヶ浜SC,8位クレハ
2部北部:1位盛岡ゼブラ、2位水沢クラブ、3位新日鉄釜石、4位ヴァンラーレ八戸、5位富士クラブ2003、6位遠野クラブ、7位猿田興業、8位FC紫波

ふくしまスポーツネットワーク