東北社会人サッカー情報    ふくしまスポーツネットワークトップページへ 本文へジャンプ


 FCガンジュ岩手
 コバルトーレ女川
 FCプリメーロ
 バンディッツいわき
ブランデュー弘前
 FCシャイネン福島
 相馬SC
 仙台SASUKE
 いわき古河FC
 クレハサッカー部
東北リーグ開幕
<12節結果> 女川11連勝首位!富士クラブも続く
FCプリメーロ2−3ブランデュー弘前
新日鐵住金釜石5−1仙台SASUKE  
コバルトーレ女川3−0盛岡ゼブラ
バンディッツいわき3−3メリー 
富士クラブ5−0ガンジュ岩手 



プリメーロvsブランデュー(8月20日)
//////////////////////////////////////////
社会人組合せ決定 詳しくは全国社会人サッカー連盟HPで
富士クラブは矢崎バレンテといわきFCはエリース東京と1回戦
全国社会人サッカー東北予選大会速報!富士クラブが全国大会初出場
29日 メリー0−5FCSENDAI FCプリメーロ1−2新日鐵住金釜石
 いわきFC7−0ガンジュ岩手 バンディッツ3−4海自八戸
 コバルトーレ6−0パラフレンチ米沢 ブランデュー4−2盛岡ゼブラ
30日 いわきFC7-1仙台SASUKE FCSENDAI0-4ブランデュー弘前
新日鐵釜石2-3富士クラブ 海自八戸0-4コバルトーレ女川
31日代表決定戦 いわき4−0弘前  女川0−1富士
1部リーグで優勝争いをしている女川と富士クラブが対戦し富士クラブが1−0で女川を下し見事全国大会初出場を決めた。第1試合では福島県1部のいわきFCがブランデュー弘前を4−0で下し2年連続で全国を決めた。全国大会は10月14日から福井県で開催。

ニュース&トピックス

富士クラブと女川が対決!女川が首位に立つ
7節は18日に行われ首位の富士クラブと2位のコバルトーレ女川が対決し、女川が2−0で勝利し富士の7連勝を阻止し代わって首位に立った。バンディッツいわきは釜石に完勝し3位に浮上した。4位はガンジュ岩手。以下ゼブラ、弘前、メリー、釜石、仙台S、プリメーロ。

今年初の首位に立った女川(FBより)

富士クラブが開幕6連勝飾る!次節女川と対戦
1部6節は6月11日に行われ、富士クラブ2003が開幕6連勝を飾った。勝点18で首位、続いて女川が16で2位、18日には1位2位対決があり女川が勝てば首位が入れ替わる。3位以下10位まではあまり差がなく当分混戦が続きそうだ。
(写真は好調の富士クラブ。ツイッターより)


東北リーグ各地で開幕!女川が昇格の釜石と引き分ける

東北リーグ1部及び2部は5月7日開幕した。1部は昨年優勝のコバルトーレ女川は1部に昇格した新日鐵住金釜石と対戦し1対1で引き分け開幕戦を飾れなかった。同じくJFL昇格をめざすブランデュー弘前は昇格したメリーに3対1で勝利した。FCプリメーロはホームで富士クラブと対戦、1対1で引き分けるかと思われたがロスタイムに富士クラブに勝ち越し点を決められ黒星スタートとなった。
その他詳しい情報は東北リーグまたは各クラブの公式サイト等でご覧ください。








天皇杯情報 各県代表決定 全国1回戦は4月22日開幕
天皇杯全国サッカー選手権の各都道府県代表は4月9日に決定した。福島県では県リーグ1部のいわきFCがJ3福島を破り初出場を決めた。山形では東北2部所属のパラフレンチ米沢が出場する。
<東北チームの1回戦カード>
いわきFC対ノルブリッツ北海道  J3秋田vs国士館大
パラフレンチ米沢対栃木ウーヴァFC  ヴァンラーレ八戸対奈良クラブ
J3盛岡対ソニー仙台

<地域サッカーチャンピオンズリーグ速報> 女川来年も東北リーグ

11月11日に全国地域チャンピオンズリーグ2016一次ラウンドが開幕。東北代表のコバルトーレ女川は富山県で行われるBグループに参戦。女川は1日目アルティスタ東御と対戦し0−2で敗れた。12日は全国社会人優勝の三菱水島と対戦したが0−1で敗れ2敗となり一次ラウンド敗退が決定した。この結果来年も東北リーグ参戦が決まった。、13日はFC刈谷と対戦しPK戦で勝利した。
決勝ラウンド進出チーム:鈴鹿アンリミテッド(全社)、三菱水島FC(全社)、ヴィアティン三重(全社)FC今治(四国)
1部日程終了、猿田、古河降格。2部南メリーが優勝・昇格、
1部リーグは10月16日に全日程を終了、順位が確定した。1部成績は上記の通り。9位猿田興業、10位いわき古河は2部降格が決定。(ただしコバルトーレ女川がJFL昇格した場合は変更あり)2部南は福島のメリーが16日の勝利で初優勝を決め来年の1部昇格を決定した。2部北は1位は秋田カンビアーレ(日程終了)だが2位の新日鉄住金釜石が勝点2差で2試合(花巻、水沢)を残しており1試合でも勝利すれば逆転優勝となる。

女川が悲願の初優勝!地域チャンピオンズリーグでJFL昇格めざす

9月25日にリーグ戦が行われコバルトーレ女川がバンディッツいわきを下し2位以下との勝点差により優勝が決まった。女川は11月11日から山梨県などで行われる全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2016一次ラウンドに出場しJFL昇格をめざす。決勝ラウンドで上位入賞すると昇格が決まる。なお10月に行われる全国社会人選手権で上位入賞するとチャンピオンズリーグに出場できる。東北からはガンジュ岩手といわきFCが出場。

女川首位堅持、残り2勝でV。プリメーロ引き分ける。2部南はメリーが優勢
1部リーグ15節は9月10日に行われた。首位のコバルトーレ女川は富士クラブに6−0で圧勝し首位を堅持、2位のFCプリメーロは3位のガンジュ岩手とホームで対戦、1−2と勝ち越されるも本田兼任監督のPKで2−2と追いつき2位を守った。
これで首位女川は勝点34、2位プリメーロが30で4差となり女川が初の優勝に大きく前進した。女川は残り3試合で2勝すれば勝点40となり、2位プリメーロが3勝しても及ばないため最短で25日に優勝が決定する。
また2部南は首位のメリー(福島)が残り3試合で勝点6以上となると2位仙台中田が及ばないため初優勝と1部昇格が決まる。


プリメーロ7連勝で女川に勝点ならぶ

首位コバルトーレと2位プリメーロの今季2度目の対戦は女川のホームで行われ、終盤まで0−0で引き分けと思われたがロスタイムにプリメーロの本田選手兼任監督が決勝点をあげ見事7連勝を飾った。これで2チームは勝点28で並んだ。得失点差で女川が首位だがプリメーロは1試合少ない結果で優勝争いではプリメーロが有利。残り試合は女川5試合、プリメーロ6試合で直接対決がもうないため3位のガンジュ岩手(20)他との試合が大きく関わってくることになった。リーグ戦は24日のゼブラとプリメーロの試合をのぞき9月までお休みとなる。

7月10日速報 プリメーロ6連勝で女川に3差

10日の試合で2位のFCプリメーロがいわき古河との熱戦を制し見事6連勝を飾った。前半最下位の古河に1−2と劣勢となったプリメーロは後半、PKを伊東が決め同点になると直後途中出場の本田兼任監督が見事なヘディングで3点目をあげた。ねばる古河も再び同点に追いつくも、終盤にプリメーロDF渡部が勝ち越し点を決め勝利した。1位のコバルトーレが引き分けたため勝点3にまで差が縮まった。17日にはコバルトーレとプリメーロの直接対決が行われる。(女川運動公園第二多目的14時)

好調プリメーロ相手に3得点をあげ地元の意地をみせた古河イレブン

終盤DF渡部が4点目を決める。喜ぶ緑川選手と渡部選手。

FCプリメーロ5連勝で2位堅持!首位女川と17日対戦
1部リーグは7月3日までを終了しコバルトーレ女川が勝点27で首位に立っている。2位には5連勝で波にのるFCプリメーロ(22)、3位はガンジュ岩手(19)が続く。JFL昇格をめざすブランデュー弘前はプリメーロに敗れ4位に後退した。7月17日に女川とプリメーロの1位2位対決が行われる。(女川運動公園)
盛岡ゼブラが5位、バンディッツいわきは盛岡ゼブラに大敗し6位、以下富士クラブ、仙台SASUKE、猿田興業、いわき古河。


2016年リーグ戦開幕!バンディッツいわきが初の首位に
1部リーグは5節を終了し、バンディッツいわきが首位、2位にコバルトーレ女川が勝点1差で続く。バンディッツは開幕から4勝1敗でリーグ戦初めて首位と好調を続けている。昨年優勝したガンジュ岩手戦に勝利し勢いが出た。一方今年優勝をねらう女川はプリメーロ、弘前に引き分けるなど苦戦している。ガンジュ岩手は選手が大幅に入れ替わり昨年までの勢いはない。5月29日には首位バンディッツと女川が直接対決する。(いわきGF)また4位のFCプリメーロもガンジュに勝利するなど勢いが出てきた。


地域リーグ決勝大会ラインメール青森優勝の快挙。JFL昇格!
決勝ラウンドに出場したラインメール青森は初戦、2戦目で勝利し2位以上を確定したため来年のJFl昇格が内定した。3日目の浦安にも勝利し、初出場で優勝という快挙を達成した。2位はブリオベッカ浦安、3位サウルコス福井で3位までJFLに昇格する予定

1日目 ラインメール青森3−1FC刈谷  浦安2−0福井
2日目 ラインメール1−0福井  浦安4−1刈谷
3日目 ラインメール1−0浦安  福井1−0刈谷


2部リーグ全日程終了
2部北部および南部ブロックは11月22日までに全日程を終了した。北部は猿田興業、南部は仙台SASUKEが優勝し来年の1部昇格を決定した。一方北部の9位七戸SC、10位の北都銀行、南部9位の酒田琢友クラブ、10位の安積scorpionは各県リーグへ降格する。最終順位は以下の通り。
北部:1位猿田興業、2位FCFuji08、3位新日鐵住金釜石、4位TDK親和会サッカー部、5位秋田大学医学部、6位大宮サッカークラブ、7位水沢サッカークラブ、8位花巻フットボールクラブ、9位七戸サッカークラブ、10位安積scorpion
南部:1位仙台SASUKE、2位マリソル松島、3位FCパラフレンチ米沢、4位メリー、5位DUOPARK.FC、6位FCシャイネン福島、7位仙台中田サッカークラブ、8位相馬サッカークラブ、9位酒田琢友クラブ、10位安積scorpion


地域リーグ決勝大会 一次結果 青森決勝ラウンド進出!、岩手敗退
JFLへの昇格を決める全国地域リーグ決勝大会は11月6日に島根県などで開幕した。東北リーグからはガンジュ岩手とラインメール青森が出場。2チームは同じBグループに入った。(ガンジュ、青森、松江、刈谷)試合は前後半45分ハーフで同点の場合はPK戦を実施、PK勝利で勝点2、PKで敗れても勝点1が与えられる。
2試合を終えラインメールは勝点4、ガンジュは連敗で一次敗退が決まった。
3日目は青森と岩手の東北リーグ対決で2−2同点でPK戦となり青森が5−3で勝利し勝点を6にした。刈谷と松江が刈谷勝利で同じ勝点で並んだが得失点差で青森が上回り1位確定で決勝ラウンドへの進出が決まった。
決勝ラウンドは11月21日〜23日高知県で行われる。出場チーム:ラインメール青森、ブリオベッカ浦安、サウルコス福井、FC刈谷

<1日目結果> 
ラインメール1−1(PK4−5)松江シティ ガンジュ岩手0−1FC刈谷
<2日目結果>
ラインメール5−1FC刈谷  ガンジュ岩手0−2松江シティ
<3日目結果>
ラインメール2−2(PK5−3)ガンジュ岩手  松江シティ1−2FC刈谷
 


2部南部 仙台SASUKE初優勝1部昇格、2部北部は猿田興業初優勝
2部南部ブロックはリーグ戦1位の仙台SASUKE FCが1試合を残し初優勝を決めた。2位マリソル松島が最終戦に勝利しても仙台に勝点で及ばないため25日での優勝が決定した。仙台SASUKEは来年の1部昇格を決定した。また2部北部は猿田興業サッカー部が優勝し、1部昇格を決めた。東北リーグは15日に残り試合を行い全日程を終了する。

地域リーグ決勝大会情報
 ガンジュとラインメールが同じグループに!
全国地域リーグ決勝大会の組合せ抽選は10月24日に開催され、ガンジュ岩手とラインメール青森は同じグループBに入った。大会は各グループ1位と各グループ2位で最も勝点が多い1チームの計4チームが決勝ラウンドに進出する。
(グループB:G岩手、R青森、松江シティ、FC刈谷)

1次リーグ(3グループ)11月6日〜8日島根県他。決勝ラウンド11月21日〜23日高知県
出場チーム 北海道:札幌蹴球団、東北:FCガンジュ岩手、関東:ブリオベッカ浦安

北信越:サウルコス福井、東海:FC刈谷、関西:アルテリーヴォ和歌山、中国:松江シティFC
四国:FC今治、九州:新日鐵住金大分、全社枠:阪南大クラブ、バンディオンセ加古川、ラインメール青森  


全国社会人大会速報 ラインメール青森4強、地決出場へ。女川は初戦敗退
全国社会人サッカー大会は10月17日から岩手県で開幕。東北から出場したラインメール青森は1回戦で新日鉄住金大分に8−1で快勝、2回戦は元日本代表監督の岡田武史氏がオーナーを務めるFC今治に1−0で勝利し準々決勝に進んだ。19日は三菱自動車水島と対戦し延長の末、2−1で勝利しベスト4入りを決めた。この結果、ラインメールの地域リーグ決勝大会出場が事実上決まった。(ベスト4のうちアルテリーヴォ和歌山は関西リーグ優勝で地決出場資格があるため他の3チームが全国社会人枠で出場)20日は和歌山と対戦。(青森1−2和歌山)
コバルトーレ女川は初戦でアルテリーヴォ和歌山に延長の末2−1で敗れた。


ガンジュ岩手2年連続優勝!女川初優勝ならず
リーグ最終節は10月4日に行われ、1位のガンジュ岩手と2位のコバルトーレ女川が直接対決しガンジュが1−0で勝利し2年連続優勝を決めた。女川の悲願の初優勝はならなかった。また3位のラインメール青森は1試合残しているがガンジュが勝ったため逆転優勝はなくなった。ガンジュ岩手は11月に行われる地域地域リーグ決勝大会に出場しJFL昇格をめざす。なお女川と青森は10月下旬に行われる全国社会人大会に出場、上位入賞した場合に地域リーグ決勝大会への出場の可能性がある。またいわき古河と秋田カンビアーレの2部降格も事実上決まった。(JFL昇格チームが出た場合は変更あり)

優勝争いは最終戦へ

9月27日に首位のガンジュ岩手と3位のラインメール青森が対戦し3−3で引き分けた。また2位のコバルトーレ女川は勝ったため、ガンジュとコバルトーレは勝点44で並んだ。得失点差でガンジュが首位。この結果、優勝争いは次節10月4日のガンジュとコバルトーレの最終戦に持ち込まれた。勝ったほうが優勝を決める。ただし引き分けた場合は3位のラインメールに優勝の可能性が残る。


ガンジュ首位、3位ラインメール残り3勝で逆転優勝の可能性、27日直接対決
1部リーグは9月13日に15節を行い首位の女川が青森に敗れ2位に後退、ガンジュ岩手が同勝点40で・得失点差で再び首位に立った。3位青森も勝点4差で3チームでの優勝争いとなった。プリメーロも弘前に快勝し4位となった。
9月20日にはガンジュが秋田に勝利、女川はプリメーロに1−1で引き分けたためガンジュ(43)と女川(41)は勝点で2差ついた。ガンジュと女川は10月4日に直接対決しガンジュが勝つと優勝に大きく前進。3位のラインメール(39)は残り3試合でガンジュ戦を含む3試合に全勝すると逆転優勝の可能性がある。27日に青森とガンジュが直接対決する。

天皇杯各県代表が決定
天皇杯全日本サッカー選手権の各県代表決定戦が8月23日に行われた。各県代表は8月29日・30日から始まる全国大会に出場する。大会公式サイ
<結果>
福島県:福島ユナイテッド4−0FCプリメーロ  宮城県:仙台大3−1ソニー仙台
岩手県:グルージャ盛岡1−0ガンジュ岩手  山形県:山形大医学部6−2酒田琢友クラブ
秋田県:ブラウブリッツ秋田9−0TDK親和会  青森県:ラインメール青森3−1八戸学院大
<天皇杯1回戦組合せ>
ラインメール青森vs水戸ホーリーホック(J2) 山形大医vsモンテディオ山形(J1)
ブラウ秋田vs福島ユナイテッド(30日13時秋田) ヴァンラーレ八戸(JFL)vs仙台大(八戸)
グルージャ盛岡vsJ3町田(岩手)


全国社会人サッカー東北予選大会 8月8日〜10日(弘前)
ラインメール青森とコバルトーレ女川が全国大会出場!
8日結果:ラインメール青森4−1FC SENDAI ガンジュ岩手4−0七戸SC
     八幡平トーレゾーレ6−2プリメーロ  秋田カンビアーレ2−0バンディッツ
     いわき古河9−1金井クラブ  ブランデュ弘前2−0富士クラブ
     コバルトーレ女川3−1TDK親和会 相馬SCー盛岡ゼブラ
9日 ラインメール青森2−1ガンジュ岩手  コバルトーレ女川2−1相馬SC
    いわき古河3−0ブランデュ弘前
10日 ラインメール6−2八幡平  コバルトーレ4−1いわき古河

コバルトーレ首位に。直接対決でガンジュに勝利

6月7日に1位のガンジュ岩手と2位のコバルトーレ女川が対戦し、後半1点をあげた女川が1−0でガンジュを下した。女川はこれで勝点25になり単独首位に立った。ガンジュは勝点3差で2位。両チームの直接対決は10月4日の最終戦に行われる。

ガンジュ7連勝首位。コバルトーレ2位
東北リーグは7節を終了し、ガンジュ岩手が開幕7連勝を飾り首位に立っている。ガンジュは1試合平均7得点と圧倒的な得点力で他を圧倒している。ガンジュとともに開幕から連勝を続けていたコバルトーレ女川は17日にラインメール青森と引き分け2位に後退した。青森は3位。東北リーグの古豪盛岡ゼブラは現在4位と健闘している。初参戦のブランデュー弘前は5位。福島県チームはバンディッツいわきが6位、今年1部に復帰したいわき古河は8位、FCプリメーロは9位。


2015シーズン4月5日1部2部同時に開幕!
東北リーグは4月5日に1部、2部南北ともに開幕する。1部は昨年優勝のガンジュ岩手は今年昇格したブランデュー弘前と対戦、今年初優勝をめざすコバルトーレ女川は同じく昇格したいわき古河と対戦する。FCプリメーロはバンディッツいわきと福島ダービーを戦う。ラインメール青森は盛岡ゼブラと、秋田カンビアーレは富士クラブと対戦する。詳しい日程は東北リーグの公式サイトをご覧ください。

地域リーグ決勝大会 11月7日に一次ラウンド開幕 ガンジュ岩手は予選ラウンド敗退
JFLへの昇格を決める地域リーグ決勝大会は11月7日から9日まで各地で開催され東北リーグ優勝のガンジュ岩手は茨城県のひたちなか市で4チームでのリーグ戦を戦った。初戦に大勝したが浦安SC,FC大阪に敗れ1勝2敗で予選敗退した。これでガンジュ岩手は来シーズンの東北リーグ参戦が決まった。
7日 ガンジュ9−0十勝フェアスカイ、8日 ガンジュ0−2浦安SC、9日 ガンジュ2−4FC大阪


東北リーグ終盤 優勝はガンジュ岩手、女川は最終戦破れる
東北リーグ1部は10月5日にラインメール青森と2位のコバルトーレ女川がt対戦し青森が3−0で勝利した。
この結果、女川は勝点47のままで勝点50のガンジュ岩手に及ばず岩手の初優勝が決まった。
なおFCプリメーロの延期試合は10月12日と26日に行われる予定。


東北リーグ1部は終盤を迎える。14日時点で1位のガンジュ岩手と2位のコバルトーレ女川は21日に直接対決する。(盛岡・ガンジュは最終戦)ガンジュが勝利すると勝点52で残り試合で1試合多いコバルトーレが最終戦で勝利しても52に達しないためガンジュの優勝が決まる。コバルトーレはガンジュ戦に勝ち最終戦で引き分け以上で優勝する。
21日のガンジュとコバルトーレの試合は0−0で引き分けた。この結果、コバルトーレが最終戦に勝つと勝点で並ぶが得失点差でガンジュが大量リードしているためガンジュの優勝の可能性が高い。


社会人サッカー東北大会 ラインメール青森とコバルトーレ女川が全国大会出場

全国社会人サッカー東北大会は8月はじめに行われ、2つのブロックで1位になったラインメール青森とコバルトーレ女川が全国大会出場を決めた。第1代表決定戦は東北リーグ1位のガンジュ岩手と4位のラインメールが対戦したが延長0−0からPK戦までもつれラインメールが勝利した。第2代表決定戦はリーグ2位のコバルトーレと2部北所属のTDK親和会が対戦し3−0でコバルトーレが勝利した。全国大会は9月下旬に和歌山県で行われ優勝チームは地域リーグ決勝大会への出場資格を得る。
大会結果

ガンジュとコバルトーレ引き分ける
1部第9節が5月25日に行われ、開幕から連勝を続けていたガンジュ岩手とコバルトーレ女川が直接対決したが0−0で引き分けた。ともに勝点25で(得失点差でガンジュが首位)首位争いはしばらく続きそうだ。FCプリメーロとメリーの福島県内チーム同士の試合はプリメーロが3−0で勝利した。

東北1部 ガンジュ、コバルトーレが開幕5連勝
1部はFCガンジュ岩手とコバルトーレ女川がともに開幕から5連勝した。得失点差でガンジュが首位。1部昇格したラインメール青森は3勝2敗で3位、福島のメリーは1勝4敗で8位。4位に富士クラブ、5位はプリメーロ。6位盛岡ゼブラ、7位バンディッツいわき、9位秋田カンビアーレ、10位塩釜ヴィーゼ。(メリーを除く4位以下のチームは4試合での成績)

東北リーグ1部は3月23日に開幕、2部は4月6日
東北リーグの2014シーズンは1部は3月23日に開幕することが決定した。今年は1部にラインメール青森とメリー(福島)が参戦する。1部ではともに将来のJリーグ入りをめざすFCガンジュ岩手とラインメール青森が23日の開幕戦でいきなり対戦する。(会場岩手)なお23日に予定されていたFCプリメーロとバンディッツいわきの試合は延期された。プリメーロは30日にアウェイで秋田カンビアーレと、バンディッツは盛岡ゼブラと対戦する。リーグ戦日程については東北リーグ公式サイトをご参照下さい。なお2部リーグは4月6日開幕の予定。
23日結果 コバルトーレ女川 7−1メリー  ガンジュ岩手 3-0ラインメール青森、 


J3開幕戦日程発表 ユナイテッドはアウェイで長野戦、15日ホームで盛岡、23日アウェイ秋田
新しくスタートするJ3リーグの開幕戦他日程が29日に発表された。福島ユナイテッドは3月9日の開幕戦はアウェイで昨年JFL優勝の長野パルセイロと対戦する。15日はホームのとうほうみんなのスタジアム(あづま陸上競技場)で東北リーグからのライバル、グルージャ盛岡と対戦、23日はアウェイでブラウブリッツ秋田と対戦する。
。第1節結果 長野1−0福島 
J3公式サイト

東北2部に各県優勝チームが昇格、福島はクレハが復帰
2014年の東北リーグ2部の南北ブロックは南北各1位が1部昇格、下位2チームが降格となるため東北6県各県リーグの優勝チームがそれぞれ参戦する。福島県はクレハが2部南に復帰する。なお南北各8位9位は自動降格。2部南の「中新田SC」「酒田琢友クラブ」、2部北の「花巻クラブ」「遠野クラブ」が各県リーグに降格した。

ユナイテッド監督に栗原氏就任 福島出身杉山ら移籍選手情報 J3は3月9日開幕
今年J3に参戦する福島ユナイテッドは1月8日に新監督の栗原圭介氏の就任を発表した。栗原氏40歳では桐蔭学園〜駒沢大からFWとして当時のヴェルディ川崎に入団、以後湘南や新潟、神戸、栃木などでプレーした。2010年から神戸の下部組織コーチを担当していた。S級コーチライセンスは昨年取得した。湘南時代には時崎前監督とも選手としてプレーしていた。またユナイテッドの竹鼻GMも湘南にいたことから今回の招聘が実現した。なおJ3は3月9日(日)に開幕する予定。
新加入選手:GK植村慶(ジュビロ磐田)、DF杉山拓也(福島市出身・Vファーレン長崎・期限付)、MF堀米悠斗(コンサドーレ札幌・期限付)


ヴァンラーレ八戸がJFLに昇格

東北リーグ1部で2位だったヴァンラーレ八戸が12月4日に行われたJFL理事会で来シーズンのJFL参戦が発表された。ヴァンラーレは地域リーグ決勝大会には出場していなかったが、J3入りをめざしJリーグ準加盟は果たしていた。一方でJFLの加盟申請も行っておりこの度承認された。JFLには来年6クラブが新規参戦する。ヴァンラーレの昇格に伴い1部最下位のカンビアーレ秋田の残留も決定した。

地域リーグ決勝大会決勝ラウンド グルージャ盛岡優勝。J3参入が決定。

地域リーグ決勝大会の決勝ラウンドが新潟県で行われ東北リーグのグルージャ盛岡が2勝1敗で4チーム中最上位の成績をあげ見事優勝を飾った。グルージャはJ3ライセンスの承認を受けておりこの結果により12月2日の理事会で正式決定し来年からのJ3入りが決定した。
J3に参戦するチームは12月8日にすべて決定した。JFLとJ2入れ替え戦でカマタマーレ讃岐がガイナーレ鳥取を下しJ2昇格を決めたため鳥取がJ3に降格した。全12チームは以下の通り。
<ブラウブリッツ秋田、福島ユナイテッドFC、FC町田ゼルビア、横浜スポーツ&カルチャークラブ、SC相模原、藤枝MYFC、AC長野パルセイロ、ツェーゲン金沢、FC琉球、Jリーグ22歳以下選抜、ガイナーレ鳥取、グルージャ盛岡>

福島ユナイテッド J3参入決定!悲願のJリーグ入り果たす!

11月19日のJリーグ理事会にて、福島ユナイテッドFCが来年から新設されるJリーグ3部(J3)への参入が正式に承認された。2002年に福島夢集団として福島県初のJリーグチームをめざす活動がスタートしてから12年、福島県に初めてのJリーグクラブがついに誕生する。理事会では福島ユナイテッドのほかブラウブリッツ秋田や町田ゼルビアなどJFLの9クラブを承認した。(JFLで優勝したカマタマーレ讃岐はJ2審査の承認を受けたため12月にJ2最下位のガイナーレ鳥取と入れ替え戦を行い2試合で勝点が上回ればJ2へ昇格、下回った場合はJ3参戦となる)
またJ3にはJリーグの22歳以下選抜チームも参戦することが決まった。これによりJ3を構成する12チームのうち10チームが決定した。残り2枠についてはうち1枠は讃岐か鳥取のどちらかで最後の1枠は地域リーグから参戦チームを決定する見込みで12月の理事会で決定される。東北リーグのグルージャ盛岡がJ3参戦の可能性が高い。

JFL福島ユナイテッドホーム最終戦飾れず。時崎監督今季で退任へ
JFLの福島ユナイテッドは11月17日に信夫ヶ丘競技場で今シーズンのホーム最終戦を行った。
2000人を超すファン、サポーターの応援を受け昨年までJ2の町田ゼルビアと対戦、前半互角のまま、
後半に入ると積極的な攻撃も増え久野選手ら相手ゴールをねらったシュートも放ったがなかなか得点できない。
後半39分に先制を許すも直後にPKを得てMF吉浜が冷静に決め同点に追いついた。そのまま引き分けかと思われたがロスタイムにカウンターで失点しまさかの敗戦となった。信夫ヶ丘ではホーム開幕戦に勝利したのみで、9連敗を喫した。最終戦は24日に横河武蔵野とアウェイで対戦する。なお時崎悠監督は試合後リーグ戦の成績不振を受け止め今年限りで退任する意向を明らかにした。時崎氏はJリーグの監督ができるS級ライセンスを持っていないため参戦予定のJ3では指揮がとれないという理由もある。また時崎氏は今後S級を取得する方針で将来は再びチームの指揮をとりたいとも語った。チームは来年は新たな指揮官の下でJ3を戦う見込み。
なおユナイテッドは金基洙、柳原、伊藤の3選手の引退を発表した。



地域リーグ決勝大会開幕 グルージャ盛岡決勝ラウンド進出。
地域リーグ決勝大会一次ラウンドは11月8日に全国3会場で開幕。グルージャ盛岡は秋田県十和田のグループAで、8日はFC KOREAと対戦し3−0で快勝した。9日はFC KAGOSHIMAに2−0で勝利、、10日はノルブリッツ北海道と1−1同点でPK戦となり敗れたが規定により勝点1を得て総勝点7でグループ1位が決定。決勝ラウンド進出を決めた。なおこの結果、グルージャは大会上位4チームに入り来年のJFL昇格は事実上決まった。JFLは来年14クラブで再編されるため最低4チーム以上で最大6チームの新規昇格が行われる見込み。またグルージャは上位チームで唯一J3審査の承認を受けており、11月19日のJリーグ理事会でJ3参加チームが決定し、なお枠が空いた場合にJ3参戦の可能性が出る。最終的には12月の理事会で決定される。
8日グルージャ3−0FC KOREA  9日グルージャ2−0FC KAGOSHIMA 10日グルージャ1-1(PK1−4)ノルブリッツ

1部全日程終了。順位確定。2部南でメリー優勝
1部リーグ戦は4日にFCプリメーロと塩釜ヴィーゼの試合(3−3)が行われ全日程を終了した。最終順位は以下の通り。
1位グルージャ盛岡(49)2位ヴァンラーレ八戸(49)3位ガンジュ岩手(40)4位コバルトーレ女川(32)5位富士クラブ(17)6位FCプリメーロ(16)7位盛岡ゼブラ(16)8位塩釜NTFCヴィーゼ(15)9位バンディッツいわき(13)10位秋田カンビアーレ(13)*同勝点の場合は得失点差で順位決定。
なお2部南ブロックは福島のメリーが最終戦でパラフレンチ米沢に勝利し仙台中田を抜き初優勝を決めた。メリーは来季1部に昇格する。


1部最終戦は11月4日。秋田、バンディッツが2部降格、2部南メリー優勝なるか
1部リーグ戦は11月4日の塩釜ヴィーゼとFCプリメーロの試合で全日程を終了する。最終戦は松島で開催される。
なおリーグ戦9位のバンディッツいわき、10位の秋田カンビアーレは来季2部に降格する。ただしグルージャ盛岡がJFL又はJ3に昇格した場合は9位のバンディッツは残留する見込み。また来季1部にラインメール青森の昇格が決まっている。2部南は1位の仙台中田が全節終了、2位のメリー(福島)が勝点1差のためメリーは最終戦(11月3日)のパラフレンチ米沢戦で引き分け以上(得失点差で優位)で優勝・1部昇格が決まる。


全国地域リーグ決勝大会組合せ決定 グルージャはグループA(十和田)
全国地域リーグ決勝大会一次ラウンドの組合せが決定した。東北代表のグルージャ盛岡はグループA(十和田市)に決まった。グルージャのほかはFC KOREA,FC KAGOSHIMA、ノルブリッツ北海道の4チームとなり、グループ1位または各グループの2位で最上位になった4チームは決勝ラウンドに進出できる。一次ラウンドは11月8日から10日まで3会場で、決勝ラウンドは11月22日から24日まで新発田市で行われる。
なおJFLは地域リーグ決勝大会での上位チームの自動昇格を発表した。来年のJFLはJ3発足で10チームが離れる見込み。また14チームでのリーグ戦を予定していることから地決大会の結果により最大6チームが昇格すると思われる。最終決定は12月のJFL理事会で決定する予定。

全国社会人 グルージャ準優勝、ヴァンラーレ2回戦敗退
全国社会人選手権は19日に長崎県で開幕。東北代表でグルージャ盛岡とヴァンラーレ八戸が出場。
19日結果 グルージャ13−0トヨタ自動車北海道  ヴァンラーレ八戸1−0デッツォーラ島根
20日結果 グルージャ3−0レイジェンド滋賀FC  ヴァンラーレ八戸0−1ヴォルカ鹿児島
21日結果 グルージャ1−0サウルコス福井 22日準決勝結果 グルージャ2−1ジョイフル本田つくばFC
23日決勝結果 グルージャ(PK4−5)1−1レノファ山口
ヴァンラーレが敗退で地域リーグ決勝大会出場はなくなりJFL昇格も消え東北1部への残留が決定。また申請していたJ3スタジアム審査で不可となり来年からのJ3参戦もなくなった。なお全国地域リーグ決勝大会に出場する全チームも決定した。東北代表で出場するグルージャは地決大会で上位入賞すれば来年からのJ3参戦の可能性が出てきた。

リーグ最終節13日 グルージャ盛岡3年ぶり優勝。2部北ラインメール青森優勝・昇格
1部リーグ戦は10月13日に最終節を迎えた。1位のヴァンラーレ八戸は既に日程を終了、2位のグルージャ盛岡は13日に塩釜ヴィーゼと対戦し3−0で勝利した。勝点で八戸に並び得失点差で大きく上回っているため3年ぶりの優勝が決まった。グルージャは11月8日から行われる全国地域リーグ決勝大会に出場する。
なお延期になっていた塩釜対プリメーロ、塩釜対バンディッツは未定。
東北2部は北部ブロックで1位のラインメール青森が残り3試合で2位ブランデュ弘前に勝点10以上をつけ優勝を飾った。ラインメールは来季1部昇格を決めた。

全国社会人大会 10月19日から長崎で開催 地域L決勝大会に全社3枠
全国社会人サッカー選手権は10月19日から長崎県で開幕する。東北からはヴァンラーレ八戸とグルージャ盛岡が出場。1回戦でヴァンラーレはデッツォーラ島根と、グルージャはトヨタ自動車北海道と対戦する。今年は全国地域リーグ決勝大会の全社枠は3つで、上位入賞すればJFL昇格をかけた大会に出場できる。八戸、盛岡どちらかがリーグ優勝を逃した場合はこの大会で上位に入れば地域リーグ決勝大会に参戦できる。
地域リーグ決勝大会一次ラウンドは11月8日〜10日に青森、兵庫、山口で開催、決勝ラウンドは11月22日〜24日に新潟県新発田市で開催される。来年のJFLはJ3の発足で多くのJ準加盟チームが抜けるため地域リーグ決勝大会の上位チームがそのまま昇格する可能性が高い。

東北リーグ残り3節 ヴァンラーレ痛いドローでグルージャ盛岡が有利に

東北リーグ1部は残り3節となり終盤を迎える。現在1位はヴァンラーレ八戸で勝点46、2位は勝点43でグルージャ盛岡だが八戸は残り1試合、グルージャは残り2試合で両チーム全勝すると勝点49で並ぶことになった。。ヴァンラーレは9月22日にバンディッツに勝利したが29日にガンジュ岩手と0−0で引き分けたため、グルージャが2連勝した場合は勝点が同じになるが得失点差でグルージャが20以上リードしているためグルージャの優勝の可能性が出てきた。

福島ユナイテッド、ヴァンラーレ八戸Jリーグ準加盟承認。ユナイテッドJ3参戦へ大きく前進
Jリーグは9月16日に理事会を開きJリーグ準加盟申請を行っていたチームについて審査結果を発表した。東北ではJFLの福島ユナイテッドFCと東北リーグ1部のヴァンラーレ八戸の準加盟が承認された。ユナイテッドは今後J3参戦の条件となるJ3スタジアム審査、同ライセンス審査の書類を提出する。審査は10月中にも終了し11月にはJ3参戦の可否が決定される予定。懸案になっていたスタジアム問題(リーグ戦8割以上の開催)も県の協力が得られることも確実になったため審査は承認される見込みでユナイテッドの来年からのJ3入りに大きく前進した。
なおJ3リーグは既に12チームでの構成が決定しており、現在準加盟済みのJFLクラブ10クラブ及びJリーグ特別枠(若手選抜チーム)の11チームの参戦は実現する可能性が高い。(栃木ウーヴァFCとMIOびわこ草津のJFL2チームは審査継続となった)J3の残り1枠については他のJFLクラブまたは地域リーグからの参戦が予想される。東北リーグのヴァンラーレ八戸、グルージャ盛岡は準加盟承認を受けたが来年からのJ3に参戦するには地域リーグ決勝大会での優勝が条件となると思われる。
(準加盟済みのJFLチーム:町田、金沢、讃岐、秋田、相模原、長野、福島、YSCC、藤枝、琉球)

天皇杯サッカー 2回戦でユナイテッド、ヴァンラーレなど敗退。仙台、山形3回戦へ

天皇杯全日本サッカー選手権の1回戦が8月31日、9月1日に各地で開催された。
東北6県では福島ユナイテッド、ヴァンラーレ八戸、ソニー仙台、ブラウブリッツ秋田が2回戦に進出。2回戦は9月7日・8日・11日に行われ、東北6県代表は2回戦までですべて敗退した。Jリーグの仙台、山形は3回戦進出。
<1回戦結果>
福島ユナイテッド2-1山梨学院大ペガサス  ヴァンラーレ八戸1−0桐蔭横浜大
ソニー仙台1−0グルージャ盛岡  ブラウブリッツ秋田2−0レノファ山口
羽黒高1−2北海道教育大岩見沢
<2回戦結果>
福島ユナイテッド 0−1J1甲府(甲府7日) ヴァンラーレ八戸 1−5 J1横浜Fマリノス(横浜11日)
ソニー仙台 0−3 J1鹿島アントラーズ(鹿島7日) ブラウブリッツ秋田 0−3 J1ベガルタ仙台(仙台7日)  
<天皇杯各県代表決定戦>
福島:福島ユナイテッド3-1相馬SC  宮城:ソニー仙台1-0仙台大 岩手:グルージャ3−0岩手大
山形:羽黒高3-0山形大 青森:ヴァンラーレ2-0八戸学院大 秋田:ブラウブリッツ9-1カンビアーレ


グルージャ盛岡がJ準加盟承認。福島U、八戸は9月理事会で承認か
Jリーグは8月20日にJリーグ準加盟申請していた3クラブについて承認したと発表した。
東北では東北リーグ1部のグルージャ盛岡が承認されたほか、JFLのY・S・C・C(横浜)、中国リーグのレノファ山口が承認された。東北では既にJFLの福島ユナイテッドと東北1部のヴァンラーレ八戸が準加盟申請を行っており、9月17日のJリーグ理事会で承認の可否が発表される予定。準加盟が承認された場合、来季からスタートするJ3参戦が濃厚となる。J3の参戦クラブは11月までに正式決定される見込み。なおグルージャやヴァンラーレなど地域リーグのチームは地域リーグ決勝大会での上位入賞がJ3参戦の条件となる模様でJFLを経ずにJ3参戦がなるか注目される。

全国社会人選手権東北大会 グルージャ、ヴァンラーレ全国大会出場
全国社会人サッカー選手権東北大会は8月17日から19日まで岩手県奥州市などで開催。
8月19日は代表決定戦が行われた。
グルージャ盛岡7−0秋田カンビアーレ、ヴァンラーレ八戸2−1コバルトーレ女川
それぞれ勝利した2チームは全国大会に出場する。
組合せ表はこちら

ユナイテッド7戦ぶり勝利で12位に浮上

JFL第17節は6月23日に田村市陸上競技場でユナイテッドと藤枝MYFCの試合が行われ、ユナイテッドが2−1で勝利した。5月はじめに会津で行われた金沢戦以来となる7試合ぶりの勝利。前半0−0のあと後半に入り藤枝に先制を許すもユナイテッドは後半21分に久野のPKを金功責が決めの同点にした5分後にJ1湘南から期限付き移籍したMF白井が決勝点をあげ逃げ切った。ユナイテッドはこれで6勝3分8敗となり18チーム中12位に浮上した。
次節は30日に提携関係にあるJ1湘南のホームスタジアム(平塚)でホームゲーム佐川印刷戦を行い、震災で避難している子供たちを招待する予定。

ヴァンラーレ八戸初黒星。グルージャ、ガンジュとの首位争いに

東北1部は6月16日9連勝中のヴァンラーレ八戸が16日に2位のグルージャ盛岡と直接対決がありグルージャが2−0で八戸に勝利した。グルージャは敗れると勝点差が8に広がりリーグ優勝が難しくなるところだったが勝利で八戸との勝点差は2となり優勝争いにふみとどまった。なお3位は勝点21(9試合)のガンジュ岩手で三つ巴の優勝争いとなってきた。

(写真は6月9日プリメーロ対八戸戦)


東北リーグ開幕1ヶ月
リーグ1部は6試合を終え、今年昇格したヴァンラーレ八戸が開幕から6試合6連勝で首位。5月26日に同じく昇格したFCガンジュ岩手とヴァンラーレが対戦、ヴァンラーレが勝利した。ガンジュは4勝2敗で3位に後退。優勝候補で来年のJ3参戦をめざすグルージャ盛岡は4勝1分1敗で2位浮上。2部南は仙台中田が1位、マリソル松島が2位、同勝点でいわき古河、4位に相馬SCが続く。2部北はラインメール青森とブランデュー弘前の青森県チームがともに3連勝で1位、2位に。くわしくは東北リーグの公式サイトで。

ユナイテッドに吉濱期限付き移籍。金沢に勝利

ユナイテッドは開幕2連勝とさい先のよいスタート切ったが、その後は決定力不足と守備の甘さが出て連敗したが、アウェイで2試合に勝ち、勝敗を五分に戻した。試合ごとに波があるチーム状態だが修正もできはじめており、今後はいかに負けないゲームができるかが課題。FWの久野や金も得点するなど攻撃陣の調子も徐々に上向きだ。
そして5月12日は新装なったあいづ陸上競技場(総合運動公園)でツェーゲン金沢と対戦した。前半38分に益子が先制すると後半35分に期限付き移籍(8月末まで)でJ1湘南からやってきたFW4吉濱遼平選手が現役Jリーガーならではの動きを見せまさかのロングゴールを決めると2分後にも鋭いドリブルで切り込みゴールを決め後半2得点した。決定力不足に悩んでいたチームに強力な選手が加わった。19日はアウェイでホンダFC戦、また雪で中止になったホンダロック戦は22日に信夫ヶ丘で開催される。



2013東北リーグは4月7日に開幕
このほど試合日程がぼほ決定した。今年は1部、2部南北とも各10チームづつという過去最多チームでのリーグ戦となる。4月7日から10月20日までの予定。(日程等変更の可能性あり)
1部ではFCプリメーロと1部昇格のバンディッツいわきが初戦で直接対決する。会場は信夫ヶ丘からいわきのクレハグラウンドに変更。
プリメーロは2節14日はアウェイで1部昇格したFCガンジュ岩手と対戦。また同じ岩手県でそれぞれJリーグをめざすグルージャ盛岡とガンジュ岩手は5月5日に直接対決する。なお詳しい情報は東北サッカー協会公式サイト、各チーム公式サイトなどをご参照下さい。


JFL開幕!ユナイテッド ホームで横河武蔵野にも勝利!3節はライバル相模原と
JFL2013リーグ戦が3月10日に開幕した。初参戦の福島ユナイテッドFCはアウェイで町田ゼルビアと対戦、前半ユナイテッドは鴨志田がリーグ初ゴールを決めた。後半も失点せず記念すべき初戦を見事1−0で勝利した。第2節は17日にホーム信夫ヶ丘陸上競技場で横河武蔵野と対戦、サポーターの大声援を受けた福島は前半好調の鴨志田が先制弾を決めると、後半PKを金功青が決め2−0で勝利、連勝を飾った。



J3 2014年スタート確定、福島ユナイテッド参入の可能性高まる、G盛岡も参入希望

Jリーグが2014年から開催を計画しているJ2下部リーグとなるJ3(仮称)リーグの実施がこのほど確定、近く正式に発表される。
2月19日にJリーグ実行委員会が開催され、非公式ながらJ3に参戦するクラブが明らかになった。それによると現在JFLに所属している6クラブ(町田ゼルビア、長野パルセイロ、SC相模原、カマタマーレ讃岐*以上4クラブはJ準加盟済、ブラウブリッツ秋田、ツェーゲン金沢*以上2クラブは準加盟承認見込み)がJ3初年度のリーグに参戦することがほぼ固かった。(JFLで優勝した場合J3ではなくJ2に昇格できるのか、またJ2からJ3への降格などは未定))
今年JFLの福島ユナイテッドは既にJリーグからのヒアリングを受けておりJ3参戦の可能性が高いこともわかった。J準加盟申請を行えば早期に承認されると予想される。クラブでもJ3参戦について検討していくという。また東北リーグのグルージャ盛岡も来年からのJ3参戦を希望しており現在Jリーグがヒアリングを行っている。J3のリーグ戦は初年度は8チームから10チーム構成となる模様。なお参入クラブは9月に正式に決定される。


福島ユナイテッド 3月10日町田戦、17日ホーム信夫ヶ丘で横河武蔵野戦。全日程決定。
今年初のJFLに参戦する福島ユナイテッドは昨年指揮をとった時崎悠監督の続投を決定した。今年も時崎監督のもと、JFLにチャレンジする。また新戦力として今年湘南ベルマーレに入団した大阪桐蔭高校のMF白井康介選手が1年間の期限付きで移籍した。
なおJFLの開幕戦、2節の予定が発表され、ユナイテッドは初戦はアウェイでJ2から降格した町田ゼルビアと対戦する。2節はホーム(信夫ヶ丘陸上13:00)で横河武蔵野と対戦する。なおリーグ戦全日程も決定した。今年は昨年までホームスタジアムだったあづま総合陸上競技場(総合運動公園全体)が放射線の除線作業を行うため26年春まで使用できないため、同じ福島市の信夫ヶ丘陸上競技場がホームとなる。また福島以外でも郡山や会津でも試合を行う予定。公式サイト参照。

おめでとう!JFL昇格 福島ユナイテッド 
福島ユナイテッド最終2位、SC相模原が優勝
 
決勝ラウンド1日目は30日に開幕。福島ユナイテッドはノルブリッツ北海道と対戦し90分で0−0となりPK戦の末、勝利した。大会ルールにより勝点2をあげた。第2試合ではSC相模原がファジアーノ岡山ネクストに2−1で勝利した。2日目福島はファジアーノネクストと対戦、後半FW久野が先制すると終盤に2点を追加し3−0で完勝した。続く第2試合でSC相模原がノルブリッツ北海道を下したため、2日終了時点で福島と相模原の上位2位以上が確定、2チームのJFL昇格が決まった。12月5日にJFL理事会で昇格が正式に承認された。JFL2013シーズンは来年3月10日開幕予定。
最終成績:1位相模原(勝点9)2位ユナイテッド(5)3位北海道(2)得失点差で3位、4位ファジアーノ(2)
11月30日:10:45 福島ユナイテッド0−0(PK8−7)ノルブリッツ北海道  13:30 ファジアーノ岡山1−2相模原
12月1日:10:45 福島ユナイテッド3−0ファジアーノ岡山  13:30 ノルブリッツ北海道0-2相模原
12月2日:10:45 福島ユナイテッド0−1相模原  13:30 ノルブリッツ北海道1-1(PK3-4)ファジアーノ岡山


2012年12月より前の情報はこちら