東北社会人サッカーリーグ情報 本文へジャンプ
TOHOKU LEAGUE
東北リーグ終了!1部女川優勝
2部北部奥州ユナイテッド、南部はUniversidad de sendai(仙台大)1部昇格
詳しい日程・結果は東北リーグHPで

リーグの結果・成績情報は 東北リーグ公式HP
1部チーム
ブランヂュー弘前、ボゴーレD津軽(旧筒木坂)・ガンジュ岩手、盛岡ゼブラ、大宮クラブ、富士クラブ、新日本製鉄釜石、猿田興業、コバルトーレ女川、七ヶ浜SC、SENDAI.UNIV、FCプリメーロ
※筒木坂SCは今年からボゴーレD津軽SCにチーム名を変更した。将来のJリーグ入りをめざす。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ニュース&トピックス速報!!
2部全日程終了 奥州ユナイテッド、仙台大が1部昇格
11月13日でリーグ戦全日程を終了。2部北部は奥州ユナイテッドが、南部は
La universidad de SENDAI(仙台大)が優勝し1部に昇格する。
なお南北の下位は自動降格、来年から10チームに戻る。また各県リーグ1部優勝チームが2部に参戦予定。


コバルトーレ地域CL一次ラウンドで敗退、来年も東北リーグで
全国地域チャレンジリーグは一次ラウンドが開催され、東北リーグのコバルトーレ女川は3試合を2分け1敗で一次で敗退した。来年も東北リーグで戦う。
この結果、1部9位だったFCプリメーロの2部降格が確定。


1部全日程終了 9位〜12位の4チーム2部降格

1部は10月9日に最終節を行い全日程を終了した。この結果9位から12位の4チームの2部降格が決定した。(なお女川がJFL昇格した場合は9位は残留の見込み)
<最終順位>
1位女川(45)、2位弘前(38)、3位SENDAO.UNIV(35)、4位七ヶ浜(29)、5位ガンジュ(27)、6位ゼブラ(20)7位釜石(19)、8位津軽(19)、9位FCプリメーロ(17)、10位富士クラブ(16)、11位大宮クラブ(5)、12位猿田興業(4)
規定により下位4チームが来年2部に降格し、来年から1部10チーム体制に戻る。2部は11月に終了予定・


コバルトーレ女川が5年ぶり優勝、地域CLでJFL再昇格めざす

9月25日に行われた女川とSENDAIUNIVの試合で女川が3−1で勝利し1試合を残し今シーズンの優勝を飾った。女川はJFLに昇格した
2017年以来の優勝。(去年はコロナでリーグ途中終了で暫定1位)
11月の地域チャンピオンズリーグで再昇格をめざす。また10月の全国社会人大会にも出場する。なお全社で地域CLの枠も決まるが、条件によりチームが不足する場合は輪番で東北リーグ2位がCLに出場できる。現在2位はブランデュー弘前



22年リーグ戦スタート!女川5発快勝!弘前も勝利。

5月15日にリーグ戦が開幕した。全6試合が予定通り行われ、今年もJFL昇格をめざすコバルトーレ女川がSENDAI.universityに5−0で快勝し好スタートを切った。同じく昇格をめざすブランデュー弘前はガンジュ岩手に3−1で勝利した。今年も2チームの優勝争いになりそうだ。チーム名を変えたボゴーレD津軽は日本製鉄釜石に1−1の引き分け、FCプリメーロと猿田興業も2−2で引きわけた。富士クラブと七ヶ浜は2−0で七ヶ浜の勝利。盛岡ゼブラは4−2で大宮クラブに勝った。
第2節は5月29日に開催される。なお試合は通常観戦が可能。




地域チャンピオンズリーグ弘前は一次ラウンド敗退
地域CL一次ラウンドAグループは栃木県で開催され、ブランデュー弘前は1勝2敗で一次敗退が決まった。この結果、弘前は来年も東北リーグに参戦する。来年は12チームでのリーグ戦になる予定。
1日目:弘前0−2栃木シティ 
2日目:弘前1−0ラランジャ京都
3日目:弘前1−3北海道十勝スカイアース
なお、決勝ラウンドには栃木シティ、FC刈谷、TIAMO枚方、北海道十勝スカイアースが出場しJFL昇格をめざす。(19日〜23日市原)

ブランデュー弘前無敗優勝飾る! 
東北リーグは一部を除き10月4日に日程を終了した。ブランデュー弘前が8勝1分けで優勝を飾った。弘前は11月の地域チャンピオンズリーグに出場する。2部は11月まで行われる。
地域CL出場チーム:北海道十勝スカイアース、ブランデュー弘前、栃木シティ、福井ユナイテッド、FC刈谷、TIAMO枚方、SRC広島、FC徳島、沖縄SV。輪番枠:ラランジャ京都、ブリオベッカ浦安、JFC−MIYAZAKI
一次ラウンド11月6日〜8日栃木県、兵庫県、佐賀県で開催。決勝ラウンド11月19日〜23日市原市


天皇杯3回戦は富士大学vsラインメール青森
天皇杯速報!いわきFCは青森に完敗!富士大は強豪ソニーに競り勝ち
天皇杯東北各県代表が決定!1部から猿田興業(秋田)、2部から大山SC(山形)が初出場!3回戦まで東北・北海道同士で対戦
9月16日から開幕する第100回全日本サッカー選手権の全国代表と3回戦までの組合せが決まった。東北各県はラインメール青森(青森・JFL)富士大学(岩手)猿田興業(秋田)ソニー仙台(宮城・JFL)大山SC(山形)いわきFC(福島・JFL)
3回戦までは東北及び北海道代表で戦う。
1回戦ソニーvs猿田 ※2回戦は勝者と富士大学
1回戦いわきvs大山、ラインメールvs札幌大 ※2回戦は勝者同士で対戦

2回戦勝者が3回戦で対戦(会場未定)4回戦は関東地区勝ち上がりチームと対戦。5回戦は北信越・東海地区勝ち上がりチームと対戦。準々決勝はJ3首位チームと対戦。(12月23日)準決勝はJ1首位と対戦。決勝はJ1の2位チームと西日本を勝ち上がったチームの勝者と対戦(1月1日新国立競技場)

全社東北予選が中止に。地域CLは開催

7月24日〜26日に秋田で予定されていた全社東北予選が全国大会中止に伴い急遽中止になった。また10月11月開催予定の地域チャンピオンズリーグは全社枠なしで開催する見込み。9地域リーぐから12チームを選出する。詳細はJFAで。

JFL昇格決定!地域CLでいわき優勝!
JFL昇格をかけた全国地域CL決勝ラウンドはJヴィレッジで行われ、いわきFCが2勝1分けで大会優勝を果たすとともに、来年からのJFL参入を決めました。
いわきFCおめでとうございます!
決勝ラウンド20日〜24日Jヴィレッジスタジアム
20日いわき3−0高知22日いわき1−0京都24日いわき1−1福井

いわきFC初優勝!JFL昇格挑戦、弘前も出場!
 
地域チャンピオンズリーグ11月8日から一次ラウンド。規定で弘前も出場へ
いわきFCは10月6日ホームでガンジュ岩手岩手と対戦し4−0で勝利し今期無敗での初優勝を飾った。2位弘前には2試合とも引き分けたが圧倒的な攻撃力を発揮し18試合で104得点、失点4という固い守備力もリーグ制覇につながった。
いわきFCは11月8日〜10日(秋田、石川、高知)に全国地域チャンピオンズリーグ一次ラウンドに出場する。決勝ラウンド(Jヴィレッジ )で上位2チームになるとJFLに昇格となる

なお全国社会人の結果により地域CLの枠が2つ足りないため規定により地域リーグ2位のチームが輪番で出場の見込み。今回は東北と四国のためブランデュー弘前が出場する予定。組合せ抽選は19日に行われる


全国社会人東北大会速報! 代表はいわきとSENDAIUNIV
全国大会は10月11日から鹿児島県で開催

29日第1代表 いわき5-1弘前 第2代表 富士クラブ0-3SENDAIUNIV
28日 いわき10−1ガンジュ  弘前2−2(PK5−4)釜石
富士クラブ1−0コバルトーレ女川 
27日:いわき14−0パラフレンチ米沢 弘前6−0TDK親和会
SENDAIUNIV7−1プリメーロ 女川2−0猿田興業
富士クラブ3−0クレハ  ガンジュ2−1ゼブラ



いわき初失点もガンジュに圧勝!弘前が女川に完勝、2部南七ヶ浜全勝1位
9節は14日行われた。首位のいわきはガンジュと対戦、今季初失点を喫すもその後は怒涛の攻撃を見せ前半3点、後半5点を奪い8−1で圧勝した。弘前と女川は前半弘前が先制、後半も2点をあげ3−0で勝利した。弘前2位、女川3位に後退。FCプリメーロは連勝で6位に浮上した。
2部は北部は海自八戸が首位で大宮が1差で続く。南部は七ヶ浜SCが7戦全勝で首位、2位はSENDAI .UNIV。
なおリーグ戦は21日で前半終了、社会人東北大会と東北総体をはさみ後半は8月18日から再開する。


いわき6勝1分けで首位快走、弘前とガンジュ痛い黒星、女川2位浮上
7節終了しいわきが6勝1分けで2位女川に勝点6差をつけ首位に。弘前とガンジュは痛い黒星を喫し首位争いから一歩後退した。女川はホーム4連勝で2位に浮上した。

リーグ戦本格化 いわきと弘前引き分ける、女川も釜石にドロー

リーグ1部は5月19日に4試合を行った。注目のいわきFCと昨年優勝のブランデュー弘前との試合はいわきのホームで行われたが0−0で引き分けた。いわきは弘前の早いプレスと固い守備になかなか打開できない展開が続き後半吉田のシュートの決定機を生かせなかった。弘前もカウンターからの決定的チャンスがあったがGKの好セーブに阻まれた。いわきは県リーグ以降リーグ戦はすべて勝ってきたが初めて引き分けた。依然黒星はゼロ。JFL復帰めざすコバルトーレ女川は釜石と対戦、後半10分に釜石が先制、すぐあとに女川も同点に、しかし直後釜石にPKを与え勝ち越される。すると7分後に釜石のオウンゴールで同点に。結局2−2で引き分けた。天皇杯岩手決勝でJ3盛岡相手に善戦したガンジュは1部復帰の猿田興業と対戦、開始早々に先制するも30分に猿田も追いつく。しかしそれ以降は後半までガンジュが4点を奪い結局5−2で勝利した。FCプリメーロはホームで富士クラブと対戦、前半0−0のあと79分に本田選手が決め逃げ切った。

4月14日開幕。コバルトーレ女川といわきFCが復興支援マッチ

2019年のリーグ開幕は4月14日で今年JFLから降格したコバルトーレ女川と2部から昇格したいわきFCが開幕戦を東日本大震災復興支援マッチとして試合を行う。ともにJFL昇格をめざすチーム同士の対戦で優勝候補として注目される。会場は女川町総合運動公園第二多目的広場。午前11時キックオフ。入場無料。
女川0−1いわき
女川といわきFCの試合は前半お互いに決め手を欠き0−0で折り返すと後半15分にスローインのボールを今年新加入のFW赤星が見事に決め先制した。その後も両チーム点は奪えずいわきの1点が決勝点となり開幕戦を飾った。次節は5月19日に行われる。.


いわきFCが5対0で快勝!
2019年の開幕前のプレシーズンマッチとして福島ユナイテッドといわきFCの試合がJヴィレッジで行われ、いわきが5点を奪う猛攻で格上の福島を下した。前半14分にFW宮澤が先制点をあげると前半終了間際に地元出身のFW吉田知樹がゴール、後半も平岡、金、片山が得点をあげ最後まで福島を好守で圧倒した。去年、一昨年の天皇杯決勝でもいわきが勝っており福島は3連敗となった。3月のJ3開幕へ向け不安が残る結果となった。なお東北リーグは4月開幕予定。