このページは福島県の体操(体操競技と新体操)に関する様々なニュースや大会情報などをご紹介していきます。皆さんからの情報,ご意見もお気軽にお寄せ下さい。メールはこちらまで。


県体操協会事務局 須賀川高校内 渡邉敏行(理事長)TEL0248-75-3325 メールはこちら

◇日本体操協会ホームページ  日本新体操連盟HP ◇全日本ジュニア体操連盟HP
*県内体操競技、新体操関係の皆様でホームページをお持ちの方へ。このページでリンク致します。ご希望の方はご連絡ください。
★福島県北体操協会ホームページ
(県内体操、新体操についての情報が掲載されています)
17年度予定は上記の県北体操協会のページに掲載されていますのでご参照下さい。
TOPICS&NEWS
20年度県体操協会行事予定表を掲載しました。こちら


東北高校選抜体操・東北選抜ジュニア体操の結果はこちら(岩手県体操協会)

▽兵庫国体新体操 少年女子個人第7位 福島選抜(福島成蹊高 大越・高田・小倉・瀬戸)
▽東北中学体操信夫中の菅野が総合2位
個人総合2位菅野誠(信夫)、6位福田隆太(四倉)
▽東北中学新体操郡山七中が団体3連覇
女子団体優勝郡山七中、個人総合2位湊有彩(福島一中)


東北選抜ジュニア(11/18・19秋田)新体操でリトルクィーンRG(郡山)が初優勝!


東北総体速報!(9月4日秋田県立体育館)
新体操で少年女子が2連覇。男子は3位。体操は少年男子3位、女子5位
新体操少年女子、体操少年男子、成年男子が国体出場
国体情報は岡山国体の公式サイトをごらんください。

第2回ピーチカップ新体操選手権 クラブ対抗シニアで成蹊優勝
第2回ピーチカップ新体操選手権は3月12日13日に13都道府県から43クラブが参加して福島市の福島成蹊高校で開催された。県勢はクラブ対抗シニアで福島成蹊が優勝した。主な結果は以下の通り。
クラブ対抗:ジュニア 5位LittleQueenRG、シニア 1位福島成蹊A、3位SEIKEI RG、4位成蹊B
チャイルド:5、6年生の部 5位大内友望(LittleQueenRG)
団体:チャイルド 4位会津ジュニア、6位LittleQueen
    ジュニア 2位福島新体操クラブ   シニア 2位福島成蹊高校


東北高校新体操選抜大会 福島成蹊が2位で全国大会出場。
東北高校新体操選抜大会は11月19日20日に福島国体記念体育館で行われ、地元福島市の福島成蹊が女子団体総合で1位の山形城北に次いで2位となり来年3月に行われる全国選抜大会出場を決めた。郡女大附属は6位、男子団体の会津工は6位だった。 
東北高校体操競技選抜大会 団体は女子5位に福島東稜。男子は11位須賀川
11月20日あづま総合体育館で開催。団体は女子で福島東稜が5位、郡女大附属が9位、男子は須賀川が11位、白河旭が12位だった。個人総合では男子湯本の相川智洋が6位に入った。女子では磐城桜が丘の若月亜弥が総合7位。  

国体情報 新体操で福島県少年女子が総合7位入賞 
詳細はさいたま秋季国体HPで。

県ジュニア体操競技選手権 中学生の個人総合でラビットクラブの安斎、斎藤がアベック優勝
県ジュニア体操競技選手権(東北大会選考会)は10月17日18日にいわき市のラビット体操クラブ体操場で開催された。小学生低学年から中学生までABCのクラス別で個人と団体で競技が行われ、中学生のCクラスの個人総合で男子は安斎峻(ラビット体操クラブ)、女子も同クラブの斎藤亜純がそれぞれ優勝を飾った。Cクラス団体は男子が竜胆体操クラブ、女子はラビット体操クラブが優勝。なお各クラス上位4名は11月21日に福島市で行われる東北ジュニア体操競技選手権に出場する。主な結果は以下の通り。
個人総合Cクラス
 男子1位安斎峻(ラビット)、2位橘内慎(竜胆)、3位菅野誠(竜胆)4位箱崎真(ラビット)
 女子1位斎藤亜純(ラビット)、2位手塚亜香杜(ラビット)、3位野口理菜(ラビット)、4位渡部裕佳(グリン体操ク)
個人総合Bクラス
 男子1位福田隆太(ラビット)、2位阿部誠(竜胆)、3位鈴木久登(ラビット)、4位斎藤誠也(ラビット)
 女子1位荒川莉紗(ラビット)、2位秋山紗希(ラビット)、3位長南佳菜子(グリン)、4位鈴木香菜(グリン)
個人総合Aクラス
 男子1位茂木瑠星(こみち)、2位菅野修輔(ラビット)、3位松本裕太(ラビット)、4位高橋崚太(こみち)
 女子1位中野奏(ラビット)、2位鈴木靖子(ラビット)、3位阿部綾香(こみち)、4位阿部稜香(こみち)
団体 男子C1位竜胆体操クラブ、B1位ラビット体操クラブ、A1位ラビット体操クラブ
    女子C1位ラビット体操クラブ、B1位ラビット体操クラブ



東北総体の主な成績

新体操 
 
少年女子優勝(国体出場)、男子3位。
個人種目別 男子ロープで沢田一典(若松一)優勝、
女子ボールで羽田真弓優勝(福島成蹊)
体操 少年男子団体 福島3位(国体出場)、女子団体福島5位(国体出場)
    成年は国体ならず(男子3位、女子4位)。個人総合で佐藤拓選手3位
(写真は新体操の沢田選手)


県総体 体操少年団体総合は男子は日大東北、女子は昌平が優勝。新体操は男子は会津工、女子は県選抜。
県総体体操(体操競技・新体操)は7月16日から18日まで国体記念体育館で開催された。体操競技少年総合では男子が日大東北が4年ぶりに優勝、女子は東日本国際大昌平が2年ぶりの優勝。成年の部では男子の佐藤拓(竜胆体操クラブ)、女子の桜木奈々枝(浅井学園)が2年連続で総合優勝を飾った。成年男子の上位6名、女子上位3名は東北総体に出場する。新体操団体少年は男子が会津工が4年連続優勝、女子は県選抜が優勝した。主な結果は以下の通り。
<体操競技成年>
男子A総合1位佐藤拓(竜胆体操クラブ)、2位須藤大地(日本大)、3位小林祐貴(竜胆体操クラブ)。
女子総合1位桜木奈々枝(浅井学園)、2位半澤由美(グリン体操クラブ)、3位酒井一理(グリン体操クラブ)
成年男子Bは若松功選手のみ出場(写真右)
*写真左:左から須藤、佐藤、小林。右写真:左から半澤、桜木、酒井。



<体操競技少年団体総合>
男子1位日大東北高校(写真)、2位湯本高校、3位須賀川高校。
女子団体1位東日本国際大昌平、2位福島東稜、3位郡山女子大附属。
<個人総合>
男子1位佐藤翔(福島西)、2位中野淳一(湯本)、3位カミル・マニヤラク(日大東北)。
女子1位佐藤香織(昌平)、2位佐藤沙織(昌平)、3位臼庭愛(磐城桜が丘)。
<新体操女子団体>
女子1位県選抜、2位郡女大附属、3位福島成蹊、4位磐城一、5位ザベリオ学園、6位葵高校。
女子個人種目別・フープ1位矢澤梨沙(県選抜)、クラブ1位宍戸瞳(県選抜)、ボール1位羽田真弓(県選抜)、リボン1位大越麻美(県選抜)
スポ少・小学の部 団体総合男子1位ラビット体操クラブ、2位竜胆体操クラブ、3位グリン体操クラブ。
中学団体男子1位竜胆体操クラブ。
 団体総合女子1位グリン体操クラブ、2位ラビット体操クラブ、3位原町コスモ体操クラブ。
中学団体女子1位ラビット体操クラブ 

<新体操男子団体>
1位会津工業高校(写真左)、2位会津選抜(写真右)。
男子個人種目別・スティック1位橋本繁樹(会津工)、リング1位根本勇也(会津工)、ロープ1位澤田一典(若松一)、クラブ1位木村功(葵)
<スポーツ少年団女子個人種目別>
ロープ1位大内友望(littleQueenRG)、2位柴田春花(福島ジュニア新体操)、3位高山陽加里(福島新体操ク)。ボール1位大内友望、2位高山陽加里、3位柴田春花。総合1位大内友望、2位柴田春花。3位高山陽加里。
スポ少・小学団体男子1位会津ジュニア、中学男子1位会津ジュニア。
新体操成年団体1位AIZU・RG


東北高校体操競技・新体操選手権 体操団体男子で湯本3位、新体操男子で会津工3位、女子成蹊が2位。
6月19日、20日秋田県で東北高校体操競技・新体操選手権大会が開催された。福島県勢は体操団体男子で湯本が3位、福島西が6位。女子は東日本国際大昌平が4位に入った。新体操では男子に会津工が3位、女子は福島成蹊が山形城北に次いで2位に、郡女大附属が3位に入った。個人では体操個人総合で福島西の佐藤翔の5位が最高位、女子は昌平の佐藤沙織の8位が最高。新体操個人総合では男子の会津工沢田一典が2位に、会津工の根本勇也が7位、女子総合は成蹊の羽田、大越、矢澤が2位3位4位と入った。

県高校体育大会 体操男子団体は湯本2連覇、東日本国際大昌平が2年ぶりV。
県高体体操競技・新体操は6月5日から7日までいわき市開催。体操競技では団体男子で湯本が2年連続、女子は東日本国際大昌平は2年ぶりの優勝を飾りインターハイ出場を決めた。個人総合では男子は湯本の中野淳一、女子は磐城桜ヶ丘の昌平の佐藤沙織が優勝。新体操は団体男子会津工、女子は成蹊が優勝した。個人総合は男子が沢田一典(若松一)と根本勇也(会津工)が同点優勝。女子は成蹊の羽田真弓が優勝。
体操団体男子:1位湯本、2位福島西、3位日大東北、4位須賀川、5位白河旭、6小高工
女子:1位東日本国際大昌平、2位福島東稜、3位磐城桜が丘、4位郡女大附属、5位白河旭、6位橘
個人総合男子:1位中野淳一(湯本)、2位佐藤翔(福島西)、3位相川智洋(湯本)
女子1位:佐藤沙織(昌平)、2位若月亜弥(桜ヶ丘)、3位臼庭愛(桜が丘)
新体操団体男子:1位会津工、女子:1位福島成蹊、2位郡女大附属、3位磐城一、4位ザベリオ学園、5位桜の聖母、6位橘。
個人総合男子:1位沢田一典(若松一)、1位根本勇也(会津工)、3位木村功(葵)
女子:1位羽田真弓(成蹊)、2位大越麻美(成蹊)、3位矢沢梨沙(成蹊)。
 

◆3月13日、14日に福島成蹊女子高校でピーチカップ新体操大会
3月13日(土)、14日(日)に福島成蹊女子高校でピーチカップ新体操大会が開催される。福島成蹊女子高校の主催で開催するもので競技種目はクラブ対抗(ジュニア、シニア)、チャイルド、団体選手権で行われる。県内各クラブのほか県外からの参加も予定されている。問い合わせは同校の高木弘美先生まで。(024−522−2049)
詳しい要項は県北体操協会のホームページに掲載されています。

大会結果
チャイルドの部:1位山形ジュニアRG、2位みなみ新体操クラブ、3位LittleQueenRG,4位RGひろさきジュニア、5位会津ジュニア新体操クラブ、6位キューブ新体操
ジュニアの部:1位フェアリーRGクラブ、2位北上新体操クラブ、3位キューブ新体操、4位ピュアRG、5位みなみ新体操クラブ、6位国分寺ジュニア新体操クラブ
シニアの部:1位福島成蹊女子、2位聖和学園、3位郡女大附属、4位桜の聖母学園、5位上山明新館高、6位磐城一

◆東北高校選抜大会 体操競技 男子団体で日大東北4位。新体操団体で福島成蹊女子が優勝
東北高校選抜大会 体操競技は盛岡市で、新体操が北上市で11月21日、22日に開催された。体操競技は団体では日大東北が4位、個人総合では福島西の佐藤翔が4位に、湯本の相川智洋が5位に入った。また種目別でつり輪で佐藤翔が1位になった。女子は団体で福島東稜が5位。新体操では女子団体で福島成蹊女子が優勝、郡山女子大附属が4位に入った。また男子個人で若松一の沢田一典が2位に入り、団体女子の福島成蹊女と男子の沢田選手は来年3月の全国高校選抜大会に出場する

◆県ジュニア新体操 女子団体はいわきキャロット新体操クラブ優勝
県ジュニア新体操は11月2日、3日に会津若松市鶴ヶ城体育館で開催された。団体では男子小学、中学各部門とも会津ジュニアが優勝、女子はいわきキャロット新体操クラブが優勝、2位はLittle queen RG。個人部門では小学男子A個人総合で福島新体操の星山大地が優勝、2位は会津ジュニアの島影公平、3位は会津ジュニアの舟木祐司。小学男子個人B個人総合は福島新体操の籠島遼が優勝、2位は会津ジュニアの田中大希、同じく2位に会津ジュニアの弓田速未。
女子個人Sクラス徒手は会津ジュニア新体操クラブの坂内優花が優勝、2位は渡部花菜(Star RGクラブ)、3位芳賀妃奈野(Little queen RG)。


◆県高校新人体操競技・新体操
県高校新人体操大会(体操競技・新体操)は11月1日、2日に会津総合体育館で開催された。体操競技の団体では男子が日大東北、女子が福島東稜が優勝した。団体・個人の主な結果は以下の通り。
(体操競技)
男子団体総合 1位日大東北、2位福島西、3位須賀川、4位白河旭、5位清陵情報、6位小高工
女子団体総合 1位福島東稜、2位東日本大昌平、3位磐城桜が丘、4位郡女大附属、5位白河旭
男子個人総合 1位佐藤翔(福島西)、2位中野淳一(湯本)、3位相川智洋(湯本)、4位カミル・マニヤラク(日大東北)、5位菊地寛(日大東北、6位相楽昇(日大東北)
女子個人総合 1位若月亜弥(磐城桜が丘)、2位佐藤沙織(昌平)、3位佐藤香織(昌平)、4位阿部真理子(橘)、5位武藤奈々(福島東稜)、6位過足咲恵子(福島東稜)
(新体操)
男子団体 総合1位会津工業
女子団体 総合1位福島成蹊女、2位郡女大附属、3位磐城一、4位葵、5位桜の聖母、6位橘
男子個人総合 1位根本勇也(会津工)、2位木村巧(葵)、3位沢田一典(若松一)、4位大関光(会津工)、5位鈴木健一(会津工)
女子個人総合 1位羽田真弓(福島成蹊女)、2位佐藤友美(成蹊女)、3位矢沢梨沙(成蹊女)、4位橋本絵美(郡女大)、5位宍戸瞳(成蹊女)

◆県ジュニア体操競技選手権 Cクラス男子は安斎峻、女子は薗辺紀美子が総合優勝
県ジュニア体操競技選手権は10月19日にいわき市のラビット体操クラブ体操場で行われた。小中学生46名が学年別に出場した。中学生Cクラスは男子が安斎峻(ラビット)、女子もラビットの薗辺紀美子が優勝した。Bクラス男子は平沢王旭(ラビット)、女子は荒川莉紗(ラビット)、Aクラス男子は鈴木久登(ラビット)、女子は長南佳菜子(グリン体操クラブ)が優勝。各クラス上位4名は11月22日23日に盛岡で行われる東北ジュニア体操競技選手権に出場する。



◆静岡国体選手団(体操競技・新体操)
少年男子 監督 駒利夫(湯本高教諭)、選手:須藤地平(日大東北)、泉 裕、江尻智彦(湯本)、佐藤翔(福島西)、相川智洋(湯本)
少年女子:監督 高木弘美(福島成蹊女高教諭)、選手:佐藤由佳、宍戸瞳、矢澤梨沙、羽田真弓、佐藤友美(福島成蹊女)
協会派遣:コーチ 田中邦宏(本宮一中教諭)、選手:中野淳一(湯本)、コーチ 佐藤恵子(会津若松ザベリオ学園中教諭)、選手:佐藤可苗、沼崎まどか(福島成蹊女) 


◆東北総体 国体は体操競技少年男子と新体操少年女子が出場
東北総体体操競技・新体操は8月22日から24日まで青森市で開催された。体操競技では成年男子が団体総合で5位(143.250点)、成年女子が5位(84.750点)に終わった。少年は団体総合で4位(157.300点)で国体出場を決めた。少年女子は5位(89.050点)。
新体操は種目別のフープで福島成蹊女の矢沢梨沙が17.100点で優勝した。


◆県総体 体操競技 少年男子は須藤地平(日大東北)、女子は佐藤沙織(東日本国際大昌平)
スポ少・中学はいわきラビット体操クラブ

県総体体操競技は7月10日から13日まで郡山市総合体育館で開催された。成年の部総合男子は竜胆クラブの佐藤拓が優勝、2位は日大東北OBの須藤大地。女子は浅井学園の桜木奈々枝が優勝、2位はグリン体操クラブの斎藤恵理子。団体は男子がラビット体操クラブ、女子はグリン体操クラブが優勝。少年の部総合優勝は日大東北の須藤地平、2位は湯本の泉 裕、3位は湯本の江尻智彦。少年女子総合は東日本国際大昌平の佐藤沙織が優勝、2位は磐城桜が丘の臼庭愛、3位も磐城桜が丘の若月亜弥。団体は男子優勝は湯本、2位は日大東北、3位は福島西。女子は優勝は福島東稜、2位磐城桜が丘、3位東日本国際大昌平。
スポーツ少年団・中学生の部では、男子総合優勝はラビット体操クラブの平澤王旭、2位は竜胆体操クラブの菅野誠、3位はラビット体操クラブの福田隆太。スポ少中学生の部男子はラビットクラブの中野 郁が優勝、2位は安斎峻、3位は富樫祐介。女子のスポ少総合優勝はラビット体操クラブの斉藤亜純、2位は同じくラビットクラブの手塚亜香杜、3位もラビットクラブの秋山彩奈。スポ少中学生の部はラビットクラブの薗部紀美子が優勝、2位は野口理菜、3位は岩尾奈緒美。いわきラビットクラブはスポ少団体男女、中学生男女の4部門で団体優勝を飾った。
*各部門の種目別の結果については県体操協会までお問い合わせ下さい。


(写真左:スポ少男子総合右から1位の平澤、2位菅野、3位福田。写真中央:スポ少女子総合右から1位の斉藤、2位の野口、3位の岩尾。写真右:中学生総合男女優勝の中野と薗部)

◆県総体 新体操 少年女子団体は福島成蹊、男子は会津工が優勝
県総体新体操競技は7月10日から13日まで郡山西部体育館で開催された。各部門の主な結果は以下の通り。
少年女子個人
フープ1位羽田真弓(成蹊)、2位石田悦子(郡女大附属)、3位三森麻由(磐城一)
ボール1位佐藤由佳(成蹊)、2位宗像若菜(郡女大附属)、3位高橋あゆみ(磐城一)
クラブ1位宍戸瞳(成蹊)、2位成沢多恵子(郡女大附属)、3位中村ひとみ(若松一)
リボン1位佐藤友美(成蹊)、2位橋本絵美(郡女大附属)、3位平山瑛莉子(葵)
少年女子団体 1位成蹊、2位郡女大附属、3位磐城一、4位桜聖母、5位葵、6位橘
成年女子個人
フープ1位 樋口杏美(成蹊OG)

スポ少男子個人
徒手1位籠島遼(福島新体操クラブ)、2位田中大希(会津ジュニア)、3位弓田速未(会津ジュニア)
スティック1位籠島遼(福島新体操)、2位田中大希(会津ジュニア)、3位弓田速未(会津ジュニア)
中学生個人
クラブ1位田辺浩仁(会津ジュニア)、2位柴田翔平(福島新体操)、3位五十島洋(会津ジュニア)
スティック1位田辺浩仁(会津ジュニア)、2位柴田翔平(福島新体操)、3位五十島洋(会津ジュニア)

少年男子個人
スティック1位根本勇也(会津選抜)、2位外島圭介(会津工)、3位橋本繁樹
リング1位沢田一典(会津選抜)、2位大関光(会津工)、3位佐瀬雅樹(会津工)
クラブ1位徳永武史(会津工)、2位小林優太(会津選抜)、

◆インターハイ県代表選手 体操競技 男子団体は湯本、女子福島東稜、
新体操男子団体は会津工、女子団体は成蹊女子
7月30日から8月1日まで長崎県で行われるインターハイに出場する県代表選手団は次の通り。
体操競技
男子団体 湯本高校 個人 男子 須藤地平(日大東北)、佐藤 翔(福島西)
女子団体 福島東稜 個人女子 臼庭 愛(磐城桜が丘)、佐藤沙織(東日本国際大昌平)
新体操
男子団体 会津工業 個人 徳永武史(会津工)
女子団体 成蹊女子 個人 柄澤真希(成蹊)

高校最後の夏に念願の予選突破めざす 須藤地平選手(日大東北3年)
この夏、最後のインターハイに望むのが日大東北高3年の須藤地平選手。須藤選手は1年、2年とインターハイに出場した県トップ選手だが、過去2回は無念の予選落ち。3回目の今年は予選突破を合い言葉に青木文次先生と取り組んできた。須藤選手は兄の須藤大地選手(現在日本大学3年)が体操をしているのを見て小学6年(須賀川二小)のときに体操を始める。須賀川二中卒業後、兄の大地選手と同じく県内高校では体操強豪校として知られる日大東北に進学した。「種目では吊り輪が好きで、鞍馬は苦手なんですがインターハイでは種目別では難しいので総合で何とか良い成績を出して予選を通過したいですね」。青木先生は体操部では各選手が各人の体操を見つけるという指導法を実践し、20年にもわたり県大会で常に優勝を飾ってきた。しかし団体では昨年は福島西、今年は湯本高に県代表の座を明け渡したがこれまで多くの優秀な体操選手を輩出し続けている。「須藤はどの種目も偏りなく平均していい演技ができているので今回は楽しみですよ。ぜひ予選通過してほしいですね」と期待を寄せる青木先生。インターハイ後には国体(東北総体)も控えているだけにインターハイで良い成績を残し国体へつなげたいところだ。(上写真)


ふくしま体操ニュース