SOFT TENNIS NEWS
日本ソフトテニス連盟HP
各種大会予定・最新結果等は県ソフトテニス連盟のホームページをご覧下さい。

福島県ソフトテニス連盟事務局 
福島市町庭坂字一本杉1-38(パートナー保険内)メール
TEL 024−591−4124 FAX 024−591ー2978

福島県中学生ソフトテニスのHP

ソフトテニスニュース  2003年9月以前のニュース 2002年はこちら

最新情報は福島県ソフトテニス連盟のホームページをご覧下さい。


*現在等ページは更新を中止しております。最新の情報は県ソフトテニス連盟のHPでご覧下さい。

郡山出身の古宮茉衣さんが関東高校選手権で2年連続優勝の快挙
郡山四中から群馬の高崎健康福祉大付属高校に進学した古宮茉衣さん(2年)が6月3日から4日に宇都宮市で行われた関東高校選手権で昨年に続き2年連続優勝の快挙を達成した。古宮選手は昨年と同じく宮下選手とコンビを組んで大会に出場、決勝では同じ健大付属の中野・山本組に4−3で勝利した
大会結果・写真はこちらを参照

県高校体育大会 団体は男女とも田村
県高校体育大会は6月5日まで行われた。団体は男女とも決勝リーグが行われ、男子は田村が3年連続13回目、女子も田村が2年連続4回目の優勝を飾った。団体結果:男子1位田村、2位東日本国際大昌平、3位二本松工、4位安積。女子1位田村、2位福島西、3位平商、4位郡山商。高校総体近畿は女子が8月1日から、男子は5日からマリンテニスパーク北村(大阪)で開催される。
個人戦は男子が草野・木村(東日本国際大昌平)、女子は渡辺瑛子・渡辺智子(双葉)が優勝した。
男子1位草野・木村、2位横山・村井(田村)、3位遠藤・中山(平工)、玉橋・尾形(東日本国際大昌平)
女子1位渡辺・渡辺、2位三浦・菅野(安達)、3位中家・渡辺(田村)、阿久津・橋本(田村)



県連盟表彰 10年連続国体出場小椋選手に特別功労賞を授与

平成17年度福島県ソフトテニス連盟表彰は3月4日にサンパレス福島で開催された。連盟表彰に先立ち福島県体育協会スポーツ功労賞藤田晴史氏(会津)、日本ソフトテニス連盟の優良団体賞として会津高田クラブ(会津)、支部功労賞に松田庄司氏(県北)、小鍛冶昇氏(会津)の表彰が行われた。また連盟表彰では10年連続で国体に出場した小椋こずえ選手(写真・桑野クラブ)が特別功労賞を受賞した。
◆県ソフトテニス連盟表彰
◎特別功労賞
小椋こずえ(桑野クラブ10年連続国体出場)
◎功労賞 
常木武志県(県北)坂本孝夫(県中)外山隆吉(県南)馬場春夫(会津)西山勢子(相双)鈴木洋子(いわき)牧野道代(ザベリオ学園高校)、
◎優秀選手賞(個人)
薄葉彩(西郷ジュニア)大槻麗(西郷ジュニア)穂積洋子(白河レディース)東北選手権大会シニア女子45優勝。武山上雄(原町クラブ)東北選手権大会シニア男子55優勝、西山勢子(浪江花クラブ)、三石文子(泉クラブ)、石田美紗稀・金内真里(西郷ジュニア)東北小学生インドア大会女子優勝。岩東美里・横山由佳(双葉高校)東北高校選手権大会女子個人優勝。大槻桜・石田絵梨香(西郷第一中学校)東北中学校選手権大会 女子個人優勝。小山尚粋・永山太陽(西郷ジュニア)東北小学生学年別大会5年男子優勝。小谷貴博・大吉正之
(桑野クラブ)東北インドア選手権大会成年男子優勝。
◎優秀選手賞(団体)
井戸川美南(小高商業高校)、今村瑠美・鹿又夏美・山田佳奈(田村高)渡邉智子(双葉高)・鈴木美和子(福島西高)東北総合体育大会少年女子優勝。塩田咲江(二本松クラブ)・石田晴美(白河レディース)・小椋こずえ(桑野クラブ)・間友恵(桑野クラブ)・古宮愛未(筑波大学)・掛端奈保美(日本女子体育大学)東北総合体育大会成年女子優勝。
◎優秀指導者賞
白井詞明(郡山北高校)東北総合体育大会少年女子優勝。斎藤弘一(福島テニス研究会)東北総合体育大会成年女子優勝。蛭田吉里應(双葉高校)東北高校選手権大会女子個人優勝。薄井幸恵(西郷第一中学校)東北中学校選手権大会女子個人優勝。
高崎幸夫・石田良美・小山伸行(西郷ジュニア)東北小学生インドア大会女子優勝、東北小学生選手権大会女子優勝、東北小学生学年別大会5年優勝。
ランキング表彰・中学生の大槻桜さんがシングルス一般女子1位に
 県連盟はランキング表彰者も発表、ダブルス小学生男子では鈴木琢己・鈴木美貴男(西郷ジュニア)、同女子では増子裕香・宗像葉鈴(三春船引ジュニア)が1位に輝いた。また昨年初開催された県シングルス選手権で中学生女子ながら一般選手を下し優勝した大槻 桜さん(写真・西郷一中)は一般女子の初代ランキング1位に輝いた。一般男子は鈴木忠賢(西郷ソフトテニス協会)。その他のランキング表彰受賞者については県ソフトテニス連盟HPを参照。


東北高校インドア(全日本高校団体選抜大会予選)で田村男子が3位入賞で全国大会へ
東北高校インドア選手権が1月27日から29日まで秋田県で開催され、団体男子で田村高校(写真上)が代表決定戦で3位に入り3月の全日本高校団体選抜大会に出場する。東日本昌平は予選敗退。女子の白河、田村も予選敗退した。

県インドア選手権 一般は男子が佐藤・三浦、女子は小椋・赤羽組が優勝
1月21,22日、29日に県インドア選手権が開催された。入賞者はこちら

東北総体福島県が総合優勝 成年女子、少年男女が国体出場!
東北総体ソフトテニスは8月2728日に秋田県で行われた。福島県は成年女子が4勝1敗で堂々の優勝を飾ったほか、少年女子は3勝2敗で対戦成績の結果1位になった。成年男子は2勝3敗で4位。少年男子は4勝1敗で2位。この結果、福島県は総合優勝を飾り成年男子を除く成年女子、少年男女が岡山国体への出場を決めた。東北総体選手団は県ソフトテニス連盟HP参照。

県総体少年の部 男子は田子・渡辺(田村)、女子は井戸川・横山が連覇
県総体少年の部は7月9日10日いわきで開催された。男女とも決勝リーグが行われ男子は田村の田子・渡辺組が優勝、女子は小高商の井戸川・横山組が昨年に続き優勝した。2位以下:男子2位小泉・室原(平工)、3位鈴木・峯(田村)、4位五十嵐・畠(郡山東)。女子2位鹿又・山田(田村)、3位渡辺瑛子・渡辺智子(双葉)、4位淡路・鈴木(福島西)

関東高校選手権で郡山四中卒の古宮茉衣選手が1年生で史上初優勝飾る
6月4日5日に群馬県で行われた関東高校ソフトテニス選手権個人女子の部で高崎健康福祉大高崎高校1年の古宮茉衣選手(郡山四中卒)が同校選手とペアを組み出場、堂々の初優勝を飾った。1年生選手が同大会で優勝するのはこれが初めて。古宮選手は昨年中学3年時に全国大会で3位に入るなど素晴らしい成績を残し県連盟などの表彰も受けた。ソフトテニスの強豪校として知られる同校ソフトテニス部には茉衣選手の姉の古宮愛未選手もおり、昨年インターハイで団体優勝し同じく表彰を受けた。

17年度県連盟行事予定決まる 今年は第1回シングルス選手権、第1回オープン大会開催
県ソフトテニス連盟主催の17年度行事予定が決まった。今年からシングルス選手権(4月10日いわき)、オープン選手権(7月3日会津)が開催される。行事予定は以下の通り。
▼第1回県シングルス選手権(4月10日いわき)
▼南東北三県対抗高校選手権(4月16日福島)
▼ハイスクールジャパンカップ選考会(4月23日須賀川・郡山)
▼三県大会(4月24日原町)
▼シニア春季大会(4月29日須賀川)
▼福島県選手権(5月8日二本松)
▼県実業団リーグ(5月15日富岡)
▼すこやか福島ねんりんピック(5月18日郡山)
▼全日本レディース県予選会(5月21日福島)
▼県小学生選手権(6月4日〜6日相双)
▼県高校体育大会(6月4日〜6日郡山)
▼県総体成年の部(6月12日いわき)
▼県レディースクラブ対抗(6月18日郡山)
▼県総体スポーツ少年団(6月25日いわき)
▼第1回ソフトテニスオープン選手権(7月3日会津)
▼東北レディース大会(7月5日福島)
▼県総体少年の部(7月9日10日いわき)
▼県中学校体育大会(7月22日〜24日二本松)
▼第1回県小学生シングルス選手権(7月23日郡山)
▼中学高校合同研修大会(7月30日31日福島・二本松)
▼県ミックス大会(8月6日福島)
▼県小学生学年別大会(9月3日)
▼市町村対抗小学生大会(9月17日18日福島)
▼県社会人選手権(9月19日郡山)
▼県シニア大会(9月25日二本松)
▼高校1年生大会(10月1日会津)
▼県年齢別レディース大会(10月2日二本松)
▼第3回ソフトテニスの日(9月23日原町、10月8日福島)
▼東北小学生学年別大会(10月9日福島)
▼実業団秋季大会(10月16日富岡)
▼NHK杯(10月22日小学生23日一般・福島)
▼原町選手権(11月3日原町)
▼県高校新人大会(11月5日〜7日いわき)
▼県中学校新人大会(11月12日13日二本松)
▼17年度指導者講習会(11月19日20日郡山・日大工学部体育館)
▼近県小学生クラブ対抗(11月26日27日富岡)
▼県中学校インドア選手権(12月17日郡山)
▼全日本インドア選手権郡山大会(12月18日郡山)
▼県高校インドア選手権(12月24日25日郡山・須賀川)
▼県インドア選手権(平成18年1月21日成年男子・シニア男子、1月22日一般男女、1月29日成年女子・シニア女子、会場はすべて福島)
▼近県レディースインドア予選(1月28日福島)
▼全国小学生大会予選会(1月28日富岡・大熊)
▼小学生インドア選手権(1月29日富岡・大熊)
▼近県レディースインドア(2月18日福島)
▼18年度理事会(3月4日福島)
▼全国中学都道府県結団式(3月18日福島)


東北インドア選手権 成年男子で丹伊田・大吉組が優勝
2月11日、12日に岩手県水沢市と花巻市で第39回東北インドアソフトテニス選手権が開催された。成年男子に出場した丹伊田茂・大吉正之組が見事優勝、シニア男子55の武山上雄・和光仁志組、シニア女子60の西山勢子・三石文子組が惜しくも第2位。一般男子では佐藤 真・三浦友之組は3位に入った。

郡山のウィンズが桑野クラブと合併 若手からベテランまで一堂に集まるクラブとして再スタート
2002年4月に国体成年女子選手の小椋こずえ選手や元国体選手ら若手が集まり結成したソフトテニスクラブのウィンズ(田辺英雄代表)は05年3月末を持って同じく郡山の桑野クラブ(成田兼二代表)と合併することになった。4月以降は一つのクラブとして若手とベテランが同じコートで練習を行っていく。ウィンズには小椋こずえ選手のほか同じく国体選手の間友恵選手も在籍しているが4月以降は桑野クラブの選手として大会等に出場する予定。

全日本インドア郡山大会 中学高校各部で県勢が活躍
全日本インドア選手権郡山大会は県内外から選抜された高校生、中学生各男女6組が参加して12月12日に郡山総合体育館で行われた。県勢では高校男子田村高の田子・渡辺組が準優勝、高校女子双葉の井戸川・横山組も決勝で善戦したが惜しくも準優勝に終わった。中学生女子では県内選手が決勝トーナメントに4組中3組が進出、二本松一中の小濱・小杉組が決勝に進出したが宮城の安藤・阿部組に惜しくも敗れ2位に終わった。
*写真は高校男子2位の田子・渡辺組(田村)
高校男子優勝 寒河江幸平・森田祐哉(宮城・東北高)、2位 田子雄一・渡辺秀幸(福島・田村高)、3位 五十嵐由弥・畠 泰介(福島・郡山東高)、3位 松本晃一・坂下将人(群馬・東農大二高)
高校女子優勝 伊藤菜月・刀祢彩子(群馬・健大高崎高)、2位 井戸川美南・横山結美(福島・小高商高)
3位 岩東美里・常法寺桃子(福島・双葉高)、3位 藪 麗奈・徳田絵里子(東京・文大杉並高)
中学男子優勝 菅原成郎・清原真人(山形・鶴岡四中)、2位 小堺航大・侭田卓巳(群馬・安中二中)
3位 塩田 亮・横山宏樹(福島・西郷一中)3位 高野 章・齋藤健一郎(福島・東和中)
中学女子優勝 安藤未希・阿部 愛(宮城・長命ヶ丘中)、2位 小濱 望・小杉実子(福島・二本松一中)
3位 大槻 桜・石田絵梨香(福島・西郷一中)、3位 長澤真由美・笹木美咲(福島・信陵中)


埼玉秋季国体 成年女子がふくしま国体以来の8位入賞飾る
埼玉秋季国体ソフトテニス競技は10月24日から狭山市で開催され、福島県は成年女子が健闘しふくしま国体以来9年ぶりに8位入賞を果たした。成年女子は新鋭の大友・間、経験豊富な小椋・赤羽組に、ベテランの塩田・石田組の3組がそれぞれの役割をきっちりと果たし高知、茨城、岐阜と強豪を倒し準々決勝まで進んだが、東京との準々決勝では1対1で最後の3組目に勝負がもつれ大友・間組が最後まで健闘したが4−3で惜しくも敗れベスト4入りははたせなかった。順位決定戦では力及ばず最終的に8位となったが全員一丸になった戦いで最後までがんばった。なお少年は男女ともに2回戦で敗退した。
福島成年女子選手団:監督 中野目理津子(西郷村教育委員会)、選手 小椋こずえ(東芝テック福島営業所)・赤羽涼子(日東通信機)、塩田咲江(二本松南小学校教諭)・石田晴美(パナソニックSCデバイスソリューションズ)、大友晶子(平野中学校職員)・間 友恵(日本大学工学部職員)
*写真提供・県ソフトテニス連盟

東北小学生学年別大会で6年女子の大槻麗・薄葉彩が優勝
全国小学生大会3位入賞の薄葉彩・大槻麗(西郷ジュニア)
東北小学生学年別大会は10月10日に福島市庭球場で開催され、6年女子で西郷ジュニアの大槻麗・薄葉彩が堂々の優勝を飾った。また4年女子で山田・赤間組(笹谷信陵ジュニア)が準優勝、5年男子で鈴木琢己・鈴木美貴男組(西郷ジュニア)が第3位に入った。詳しい結果は県ソフトテニス連盟のホームページで。

全国中学校大会で郡山四中の古宮・伊東組が見事3位入賞
8月20日から22日まで黒磯市で行われた全国中学校ソフトテニス大会個人で本県代表の女子選手郡山四中の古宮・伊東組が準決勝に進出、埼玉の鈴木・工藤組に4−2で敗れたが堂々の3位入賞を果たした。

全国小学生大会で西郷ジュニアの薄葉 彩・大槻 麗が見事3位入賞
7月31日、8月1日に山形県で全国小学生ソフトテニス大会が開催された。団体戦は男女ともベスト16で準々決勝進出はできなかった。個人女子では西郷ジュニアの薄葉 彩・大槻 麗が堂々準決勝まで進出、石川の佐々木・寺超組に惜しくも3−4で敗れたが堂々の3位入賞を果たした。準々決勝で第1シードの岡山ペアを下しての3位入賞は立派。(上写真)


県高校体育大会 学校対抗は男子が田村、女子は双葉優勝

県高校体育大会ソフトテニスは6月5日から7日までいわき市で開催された。初日に行われた個人戦では男子が田村の石沢・草野組が平工の桶渡・室原組を決勝で下し優勝、女子は福島西の淡路・鈴木組が双葉の岩東・横山組を下し優勝を飾った。学校対抗戦は男子が田村、女子は双葉が優勝した。


県総体成年の部 一般男子は宗像・蛭田組、一般女子は大友、間組が2連覇
県総体ソフトテニス成年の部は5月30日に福島市庭球場で開催された。一般男子は今年小高商を卒業、順天堂大にに進学した宗像秀明と日体大に進んだ蛭田穣寛組が佐藤真(二本松市役所)・三浦友之(福島テニ研)組を下し初優勝、一般女子は大友晶子(福島テニ研)・間友恵(ウィンズ)が赤羽涼子(福島テニ研)・小椋こずえ(ウィンズ)を下し昨年に続き2連覇を飾った。その他の部門優勝者は次の通り。
成年男子:丹伊田茂(三春クラブ)・大吉正之(桑野クラブ)、シニア45男子:佐藤勝・松崎成次(福島ST)、シニア55男子:武山上雄(原町クラブ)・那知上孝男(喜多方協会)、シニア60男子:藤本紀久男・飯塚博之(いわきクラブ)、成年女子:塩田咲江(二本松クラブ)・石田晴美(白河レディース)、シニア45女子:小川洋子・熊田富子(安積クラブ)、シニア55女子:吉田シサ子(いわきクラブ)・新妻恭子(いわきママさんクラブ)、シニア60女子:西山勢子(浪江花)・三石文子(泉クラブ)


◆東北中学インドアソフトテニス 福島選抜は女子2位、男子3位
東北中学ソフトテニスは3月6日、7日に岩手県水沢市で開催された。男女各県団体総当たりによるリーグ戦を行い、福島県は男子が3位、女子は惜しくも2位に終わった。優勝は男女とも地元の岩手県。
県選抜選手:男子(菅家・横山、荻野・松本、草野・斉藤)、女子(大槻・斉藤、古宮・伊東、中家・石田)
男子結果
1位岩手(5勝)、2位山形(4勝1敗)、3位福島(2勝3敗)、4位秋田(2勝3敗)、5位青森(1勝4敗)、6位宮城(1勝4敗)
女子結果
1位岩手(5勝)、2位福島(4勝1敗)、3位山形(3勝2敗)、4位秋田(2勝3敗)、5位宮城(1勝4敗)、6位青森(5敗)

対戦成績
男子:福島3−0青森、福島1−3宮城、福島0−3岩手、福島2−1秋田、福島1−2山形
女子:福島3−0青森、福島3−0宮城、福島1−2岩手、福島3−0秋田、福島3−0山形


◆3月6日に県連盟理事会・新役員選出、表彰式開催

3月6日(土)午後1時から福島市の民報ロイヤルホールで平成16年度県ソフトテニス連盟理事会が開催され、15年度の事業報告が行われた。また16年度事業計画についても議事が行われ了承された。このうち大会見直しについては今年のNHK杯では成年、壮年の部の他に60歳以上の部を追加する、また将来のシングルス大会本格開催に向け疑似大会を開催する、全日本選手権県予選で従来選考方法が不透明で強化につながっていないことから一般だけでなく中学生、高校生も含める予選会(7月4日いわきで開催)とすることなどが発表された。また16年度の新役員も選出された。新役員は以下の通り。会長土屋英夫、理事長川島登、副理事長川口良彦(高体連)、副理事長佐藤学(中体連)、指導普及委員長渡辺 知、強化委員長吉田茂、審判委員長佐久間和守、小学生委員長菊田茂男、シニア委員長鈴木誠、監事渡部孝、監事加藤正子、事務局長菅野淳。
なお理事会に続いて15年度表彰(県連盟、日本連盟、県体育協会、FTV)及び県連盟ダブルスランキング表彰、式のあとに表彰記念パーティも開催された。15年度表彰者は以下の通り。
上右写真は土屋会長より表彰を受ける県中学選抜男子。
<福島県ソフトテニス連盟表彰>
功労賞
大越洋(県連盟)、佐藤輝夫(県北連盟)、小川洋子(県中連盟)、大野正男(県南連盟)、横山陽一郎(会津連盟)、大泉正雄(相双連盟)、太田興亜(高体連)
優秀選手賞(個人)
大友晶子(福島テニス研究会)・間友恵(ウィンズ)*・第43回東北選手権一般女子優勝、高橋若子(福島マンデークラブ)*第43回東北選手権65女子優勝、武山上雄(原町クラブ)*第43回東北選手権55男子優勝、那知上孝夫(喜多方ST協会)*東北インドア選手権55男子優勝、那知上彰久(同志社大)*JOCジュニアオリンピックシングルス優勝、薄葉彩(西郷ジュニア)*全国小学生ソフトテニス4年生以下女子優勝、大槻麗(西郷ジュニア)*第13回東北小学生学年別大会5年生以下優勝、吉田憲司・福本良隆(郡山ジュニア)*第13回東北小学生選手権優勝、鈴木義文・西村直樹(西郷ジュニア)*第1回東北小学生インドア優勝
優秀選手賞(団体)
五十嵐飛龍・金子裕樹(福大付属中)、草野誠・遠藤克彦(三和中)、草野真悟・久保辰徳(西郷一中)、三浦寛・高橋雄太(立子山中)以上第14回全日本中学生ソフトテニス大会県選抜チーム団体第3位・第2回東北6県対抗中学生インドア大会優勝。
*県体育協会優秀選手賞、FTVジュニアスポーツ表彰も受賞。
長澤真由美・笹木美咲(笹谷信陵ジュニア)、薄葉彩・大槻麗(西郷ジュニア)、金子真央・茂木美咲(福島ジュニア)、宍戸絵美・長谷川友香(伊達ジュニア)以上第20回全日本小学生選手権大会県選抜チーム女子団体第3位。
*県体育協会優秀選手賞、FTVジュニアスポーツ表彰も受賞。
渡邉瑛子・渡邉智子(双葉中)、村山美紀・斎藤みどり(富岡一中)、太田もえみ・笹木菜緒(信陵中)、木村祥子(郡山一中)、菅野南美(東和中)、古宮茉衣(郡山四中)以上第2回東北6県対抗東北中学生インドア大会優勝。
優秀指導者
田野入秀浩(鹿島中)、小林慎治(西郷一中)、田久英基(三和中)*第14回全日本中学校大会男子団体3位、大竹学(高瀬中)、遠藤哲(信陵中)、佐藤学(東和中)、渡辺守(双葉中)*第2回東北6県対抗東北中学生インドア大会優勝、
冨田俊衛(伊達ジュニア)、大槻三喜(西郷ジュニア)、佐藤長治(笹谷信陵ジュニア)、福本良生(郡山ジュニア)*第20回全日本小学生選手権大会女子団体3位。
<日本ソフトテニス連盟表彰>
優秀団体賞:二本松市役所ソフトテニスクラブ
支部功労賞:加藤信(県北連盟)、西山勢子(相双連盟)
<県体育協会表彰>
スポーツ功労賞:鈴木喬二(いわき連盟)
優秀指導者賞:佐藤長治(笹谷信陵ジュニア)、田野入秀浩(鹿島中)


平成15年度福島県ソフトテニス連盟ダブルスランキング
(1位2位のみ掲載)
小学生男子:1位鈴木義文・西村直樹(西郷ジュニア)、2位吉田憲司・福本良隆(郡山ジュニア)
小学生女子:1位薄葉彩・大槻麗(西郷ジュニア)、2位笹木美咲・長澤真由美(信陵ジュニア)
中学生男子:1位五十嵐飛龍・金子裕樹(福大附属)、2位細井康平・水野谷貴彰(中島中)
中学生女子:1位渡邉智子・渡邉瑛子(双葉中)、2位松原彩乃・菅野南美(東和中)
高校男子:1位宗像秀明・蛭田穣寛(小高商)、2位松本高明・鈴木賢史(東日本昌平)
高校女子:1位三浦ふみ恵・鈴木美和子(福島西)、2位紺野美紀・佐藤雅子(福島西)
一般男子:1位三菅光晴(二本松市役所)・大関孝浩(二本松クラブ)、同1位佐藤真(二本松市役所)・三浦友之(福島テニス研究会)
一般女子:1位小椋こずえ(ウィンズ)・赤羽涼子(福島テニス研究会)、2位大友晶子(福島テニス研究会)・間友恵(ウィンズ)
成年男子:1位佐藤光一(二本松市役所)・青山浩治(JR東日本)、2位大竹学(ウィンズ)・小野間幸一(桑野クラブ)
成年女子:1位塩田咲江(二本松クラブ)・石田晴美(白河レディース)、2位田辺真佐子(福島BPC)・穂積洋子(白河レディース)
シニア45男子:1位関根雅之(須賀川グリーン)・橋本孝男(須賀川サンデー)、同1位富沢康信(LTT)・門馬浩二(NPFクラブ)
シニア45女子:1位古河真理・玉木由美(安積クラブ)、1位高木直子(旭クラブ)・穂積洋子(白河レディース)
シニア55男子:1位武山上雄(原町クラブ)・那知上孝夫(喜多方ST)、1位佐川和彦(旭クラブ)・吉田雅之(いわきクラブ)
シニア60男子:1位外山隆吉(須賀川サンデー)・只木丈夫(桑野クラブ)、2位藤本紀久男・飯塚博之(いわきクラブ)
シニア60女子:1位村越キイ(安積クラブ)・嘉成倶子(あおいクラブ)、2位加藤正子(いわきクラブ)・刈宿祝子(浪江花クラブ)

◆東北インドアソフトテニス 福島で開催
第38回東北インドアソフトテニス選手権は2月14日、15日に福島市国体記念体育館、市体育館で予選リーグ及び決勝戦(予選リーグ1位組による決勝戦)が開催された。福島県勢は一般男子で佐藤真・三浦友之が3位に入った。またシニア55男子で武山上雄・那知上孝夫組が優勝を飾った。
一般男子1位丸・児玉(秋田)、2位武藤・黒澤(秋田)、3位佐藤・三浦(福島)、3位高橋・高見(宮城)
一般女子1位木村・柿沼(宮城)、2位佐田・菅原(宮城)
成年男子 1位星・朝日田(岩手)、2位芳賀・梅津(山形)
成年女子 1位相沢・拜原(宮城)、2位高野・中原(宮城)
シニア45男子 1位粟沢・小山(岩手)、2位袴田・加藤(秋田)
シニア45女子 1位山田・田中(宮城)、2位小野寺・菊池(宮城)
シニア55男子 1位武山・那知上(福島)、2位鍵・澁谷(宮城)
シニア55女子 1位和賀・佐藤(宮城)、2位嶋田・狩野(宮城)


◆ルーセント杯富岡ジュニアソフトテニス研修大会

2月7日、8日に富岡町庭球場で第4回ルーセント杯富岡ジュニアソフトテニス研修大会が県内チームと山形、埼玉、黒磯など県外チームが参加して開催された。予選リーグに勝ち抜いたチームが決勝トーナメントに進出し、男子は山形県選抜が優勝、女子は新潟県選抜。福島県では男子2位に県選抜、3位に浪江東が入った。女子では県選抜が2回戦に進出したほかは1回戦敗退。
(写真左が県男子選抜、右が県女子選抜。写真提供・岩代中二階堂裕之さん)
男子準決勝 山形選抜2−1浪江東、県選抜2−0宮内(新潟) 決勝 山形2−0県選抜
女子準決勝 新潟選抜2−1黒磯北、芝東(埼玉)2−0山形選抜 決勝 新潟2−1芝東

福島選抜チーム男子監督 面川祐哉(郡山一中)、選手 草野・矢尻(西郷一)菅家・齋藤(大熊・東和)荻野・松本(三和・二本松一)笠井・横山(浪江東・西郷一)
福島選抜チーム女子監督 紺野芳一(葛尾中)選手 古宮・伊東(郡山四)中家・齋藤(富岡一)坂本・長澤(富岡一・信陵)大槻・石田(西郷一)


◆東北高校ソフトテニス 女子の井戸川・横山組(小高商)準決勝で惜しくも敗退
ソフトテニスの東北高校大会兼全日本高校選抜大会東北予選会は1月25日に宮城県で最終日が行われ、女子で小高商の井戸川美南・横山結美組が決勝トーナメントに進出、1回戦で秋田北の若松・斉藤組に4−1で勝利し準決勝に進出、青森光星学院の大山・笹倉組と対戦したが4−0で敗れ惜しくも決勝進出はかなわなかった。女子では渡部千鶴・水戸愛(尚志)、七海早貴・本田千晶(安積)、黒羽亜矢子・山田佳奈(田村)は予選敗退。男子では田村高校の長谷部恭平・峯慎悟組が決勝トーナメントに進出、1回戦で八戸工大附属の岡崎・玉沢組に4−3で惜しくも敗れた。石沢達也・草野英樹(田村)、五十嵐由弥・畠泰介(郡山東)、田子雄一・渡辺秀幸(田村)は予選敗退。

◆県小学生インドアソフトテニス 男女とも西郷ジュニア優勝
福島県小学生インドアソフトテニス大会(東北大会県予選)は1月25日に富岡町などで開催された。男子は西郷ジュニアの鈴木義文・西村直樹組が、女子も同じく西郷ジュニアの薄葉彩・大槻麗組が優勝した。上位選手は以下の通り。なお男女各ベスト8は2月22に山形県天童で行われる東北小学生大会に出場する。
男子1位鈴木義文・西村直樹、2位吉田憲司・福本良隆(郡山ジュニア)、3位和知雄大・鈴木琢巳、藤田達也・高崎健吾(西郷ジュニア)、5位水野谷友一・伊藤遼(釜子スポ少)、林恵吾・笠井崇志(浪江スポ少)、根本大地・大島由寛(勿来ジュニア)、根本慎也・小林忍(勿来ジュニア)
女子1位薄葉彩・大槻麗、2位長沢真由美・笹木美咲(笹谷信陵ジュニア)、3位宍戸絵美・長谷川友香(伊達ジュニア)、5位笹山紫保・村山悦美(富岡スポ少)、服部沙紀・山田琳音(富岡スポ少)、鈴木佳寿美・田子依利子(三和町STサークル)、柳沼里嘉子・石田佳奈子(郡山ジュニア)


◆県インドアソフトテニス選手権 一般男子は小谷・大吉組、一般女子は小椋・赤羽組V
県インドアソフトテニス選手権は1月17日、18日に福島市の国体記念体育館で開催された。一般の部で男子は小谷貴博(ウィンズ)・大吉正之(桑野クラブ)が三菅光晴(二本松市役所)・大関孝浩(二本松クラブ)を決勝で下し優勝を飾った。3位は佐藤真(二本松市役所)・三浦友之(福島テニ研)、佐々木公弥・渡辺秀紀(福島BPC)。女子は第一人者の小椋こずえ(ウィンズ)・赤羽涼子(福島テニ研)が鎌田美津子・吉田夏美(ウィンズ)を下し優勝した。3位は大友晶子(福島テニ研)・菊池聖子(西郷ST)。
なおその他の部門の上位成績者は以下の通り。

成年男子:1位千葉二三男(高田クラブ)・角田敏明(林合名社)、2位丹伊田茂(三春クラブ)・菅野淳(福島テニ研)、3位佐藤光一(二本松クラブ)・青山浩治(JR東日本)、中村潤・長谷川幸司(福島STクラブ)
成年女子:1位塩田咲江(二本松ク)・石田晴美(白河レディース)、2位高橋佳子・鈴木紀恵(いわきママクラブ)、3位熊谷良江(須賀川サンデー)・楡恵子(須賀川グリーン)
シニア45男子:1位吉田茂(原町スティック)・丹治宏貴(テニ研)、2位荒川富士雄(保原ク)・和光仁志(テニ研)、3位益子直美・小沼武時(若松クラブ)
シニア45女子:1位高木直子(旭ク)・穂積洋子(白河レ)、2位佐久間一枝(旭ク)・矢吹圭子(七浜ク)、3位小川洋子・熊田富子(安積クラブ)
シニア55男子:1位武山上雄(原町ク)・那智上孝夫(喜多方ク)、2位佐川和彦(旭ク)・吉田雅之(いわきク)、3位橋本義久(いわきク)・西山典成(原町ク)
シニア60男子:1位藤本紀久男・飯塚博之(いわきク)、2位只木丈夫・藤井仁(桑野ク)、3位谷内豊・渡部孝(たちあおい)
シニア60女子:1位西山勢子(浪江ク)・三石文子(泉ク)、2位村越キイ(安積ク)・嘉成倶子(あおいクラブ)

◆県高校インドア選手権 個人男子は田村の長谷部・峯組、女子は安積の七海・本田組V。団体は男女とも田村

県高校ソフトテニスインドア選手権兼東北大会県予選会は1月8日、9日に女子は須賀川アリーナで、男子は10日、11日に郡山総合体育館で開催された。個人戦は男子が田村の長谷部恭平・峯 慎吾組が決勝で同じく田村の田子・渡辺組を下し優勝を飾った。3位は石沢・草野組(田村)、五十嵐・畠組(郡山東)。女子は安積の七海早貴・本田千晶組が決勝で小高商の井戸川・横山組を下し優勝した。3位は黒羽・山田組(田村)、渡部・水戸組(尚志)。また団体戦は男子1位が田村、2位は福島、3位勿来工、帝京安積。女子1位は田村、2位が磐城第一、3位郡山北工、白河。なお団体の男女上位2校と個人戦の男女上位4チームは1月23日から仙台で行われる東北大会に出場する。

◆第28回全日本インドアソフトテニス選手権郡山大会 高校の部で田村の石沢・草野組が準優勝、女子は双葉の岩東・横山組3位。中学生女子で古宮・伊東組(郡山四)が準優勝




第28回全日本インドアソフトテニス選手権郡山大会は12月14日に郡山総合体育館で開催された。今年は県からは県高校新人大会、県中学新人大会男女優勝チームのほか今年トップの成績を収めたチーム男女3チームづつ、計12チームが県から出場、招待チームは高校男子では今年のインターハイ団体5位の東北高校、茨城の日立第一、群馬の前橋商業、女子はインターハイ団体3位の東京文化女子大附属杉並、ハイスクールジャパンカップ優勝の群馬高崎健康福祉大高校、山形城北高校が参加。中学では男子に山形、茨城、埼玉の3校、女子に茨城、岩手、埼玉の3校が参加して、予選リーグと決勝トーナメントを実施した。
 高校男子で県高校新人優勝の石沢達也・草野英樹組(田村)が決勝Tに進出、準決勝で日立第一の藤井・近藤組を4−0で下し決勝進出したが、東北高校の高橋・日野組に4−2敗れ優勝はならなかった。女子では県高校新人優勝の1年生ペア岩東美里・横山由佳組(双葉)も決勝T進出したが準決勝で優勝した健大高崎の澤辺・刀祢組に敗れた。中学男子は二本松第一の佐藤雄大・松本涼組と西郷一の草野鉄也・矢尻哲也組が決勝Tに進出したがともに準決勝で敗退した。女子は郡山四の古宮茉衣・伊東紗季組と富岡一の坂本里美・齋籐みどり組が決勝Tに進出、準決勝でともに対戦し古宮・伊東組が決勝に進んだが川口芝東中に敗れ優勝はかなわなかった。
高校男子 1位高橋洸希・日野智章(東北)、2位石沢達也・草野英樹(田村)、3位馬渕行浩・中村祥平(前橋商)、3位藤井祥吾・近藤佑樹(日立第一)
高校女子 1位澤辺好美・刀祢彩子(健康福祉大高崎)、2位新田久里子・高橋郁美(文化女子大杉並)、3位岩東美里・横山由佳(双葉)、3位色川真麻・神尾暢子(山形城北)
中学男子 1位寒河江利晴・今井龍麻(羽黒中)、2位辺見龍太・橋間和寛(川口芝東中)、3位佐藤雄大・松本涼(二本松一)、3位草野鉄也・矢尻哲也(西郷一)
中学女子 1位鈴木里々・工藤美雪(川口芝東)、2位古宮茉衣・伊東紗季(郡山四)、3位坂本里美・齋籐みどり(富岡一)、3位石川絵望・宍戸春佳(胆沢南都田中)

*上写真 上段左(女子の横山、岩東、男子の草野・石沢)。右中学生(前列左から松本、佐藤、矢尻、草野。後ろは三和中の鈴木・荻野)下段左(前列左から坂本、齋籐、伊東、古宮。後ろは西郷一の大槻・石田)。右(表彰式で二本松一中の佐藤、松本組に賞状を授与する県ソフトテニス連盟土屋英夫会長)
左写真は高校女子の部3位の岩東・横山組。


◆県中学インドアソフトテニス 男子は浪江東、女子は富岡第一が優勝
第13回県中学インドアソフトテニス選手権は12月13日に郡山総合体育館で開催された。各地区から男女各8チームが出場し団体戦トーナメントを行った結果、男子は浪江東中が、女子は富岡第一中が優勝を飾った。男子2位は岩瀬中、3位は三和中、西郷第一中、女子2位は西郷第一中、3位は信陵中と郡山第四中。

◆15年度ソフトテニス指導者講習会郡山で開催 東京女子体育大の武田博子監督招き技術指導

11月23日、24日に郡山市の郡山北工業高校体育館で平成15年度のソフトテニス指導者講習会が中高などの指導者と選手ら150名ほどが参加して開催された。県連盟の主催で開かれたもので1日の午前には郡山市のラソラックス治療室の小林光幸氏によるテーピング講習会(写真左)を、午後と翌24日には東京女子体育大学ソフトテニス部監督の武田博子さんと同大部員を迎え技術指導(写真中央、右)が行われた。武田さんは東京女子体育大で今年のインカレで優勝を果たすほか、これまで中国ナショナルチームの監督、広島相互銀行ソフトテニス部の監督として活躍してきた国内指導者の第一人者。講習会では基本的な練習方法から、体の動き、使い方など細かい技術指導、実際にコートを使ったボールの打ち方など参加者を相手にバイタリティあふれる指導を繰り広げていた。



◆県高校新人 団体は男子が田村、女子は磐城一。個人男子は石沢・草野(田村)、女子は岩東・横山(双葉)
県高校新人ソフトテニス大会は11月1日から3日までいわき市庭球場で開催された。団体戦は男子が田村、女子が磐城一が優勝した。個人戦は男子が田村の石沢達也・草野英樹が郡山北工の吉田・永沢組を決勝で4−1で下し優勝、女子は双葉の岩東美里・横山由佳が田村の遠藤・黒羽組を4−1で下し優勝を飾った。上位選手は以下の通り。
団体男子 1位田村、2位平工、3位勿来工、3位帝京安積
団体女子 1位双葉、2位田村、3位清陵情報、3位白河
個人男子 1位石沢・草野(田村)、2位吉田一貴・永沢和憲(郡山北工)、3位高原直樹・鈴木秀宗(安積)、3位三瓶寛司・渡辺裕二(田村)
女子個人 1位岩東・横山(双葉)、2位遠藤真里奈・黒羽亜矢子(田村)、3位鈴木幸奈・田崎ゆりえ(郡商)、3位大河内静香・今村瑠美(田村)


◆県高校1年生大会 男子は田子・渡辺(田村)、女子は横山・佐藤(双葉)が優勝
県高校ソフトテニス1年生大会は10月4日に郡山庭球場で行われた。男子は田村高校の田子雄一・渡辺秀幸が決勝で吉田・永澤組(郡山北工)を4−3で下し優勝を飾った。女子は双葉の横山由佳・佐藤宏美が小高商の井戸川・亀岩組を4−2で破り優勝した。
男子 1位田子・渡辺(田村)、2位吉田・永澤(郡山北工)、3位鈴木・小倉(田村)、3位涌井・井上(田村)
女子 1位横山・佐藤(双葉)、2位井戸川。亀岩(小高商)、3位淡路・鈴木(福島西)、3位渡辺・三島(湯本)


◆国体結果 成年男女とも1回戦敗退
成年男子1回戦  福島0−3奈良
関根裕行・鈴木忠賢1−4松原・渡邉(奈良)、丹伊田茂・大槻三喜2−4三島・藤岡(奈良)、佐藤真・関根正人3−4南森・佐々木(奈良)
成年女子1回戦 福島1−2長崎
小椋こずえ・赤羽涼子2−4野田・佐伯(長崎)、塩田咲江・石田晴美3−4石原・円垣内、大友晶子・間友恵4−1山田・中村(長崎)


◆県クラブ対抗大会 ジュニア1部は釜子スポ少が優勝、一般は男子が福島テニ研、女子はウィンズ
県クラブ対抗ソフトテニス大会は10月25日に福島市庭球場でジュニアの1部、2部を、26日に一般男女、成・壮年、ママさんの部で行われた。各部の上位成績者は以下の通り。
ジュニア1部 1位釜子スポ少A、2位しらかわスポ少A、3位伊達町ジュニアA、3位浪江STスポ少
ジュニア2部 1位三和町STサークルB、富岡町STスポ少B、3位釜子スポ少B、3位三春船引ジュニアB
一般男子 1位福島テニス研究会、2位磐城三和S.T.C.B、3位西郷村ST協会、3位二本松クラブ
一般女子 1位ウィンズ、2位西郷村ST協会、3位磐城三和S.T.C、4位福島テニ研
成・壮年 1位福島テニ研、2位福島STクラブ、3位須賀川、3位原町・SGクラブ
ママさんの部 1位白河レディースA、2位安積クラブ、3位S.L.C、4位いわきクラブ



◆静岡国体選手団
成年男子: 監督 小野間幸一(本宮町教育委員会)、選手:関根裕行(県連盟)、鈴木忠賢(光陽社)、丹伊田茂(小原田中教諭)、大槻三喜(アイスターエバ)、佐藤真(二本松市役所)、関根正人(東北福祉大)
成年女子:監督 中野目律子(西郷村教育委員会)、選手:小椋こずえ(東芝テック)、赤羽涼子(日東通信機)、塩田咲江(二本松南小教諭)、石田晴美(松下電器)、大友晶子(平野中教員)、間友恵(日大工学部職員)
連盟派遣:マネージャー 岡部順一(東村教委)、佐藤光一(二本松市役所)、コーチ 青山浩治(JR東日本)、三菅光晴(二本松市役所)、大関孝浩(福島サンケン)、斎藤弘一(JA伊達みらい)


◆東北小学生学年別ソフトテニス 結果はいましばらくお待ち下さい。
第13回東北小学生学年別ソフトテニス大会は10月12日に福島市庭球場で開催された。東北、関東から県大会上位選手が一堂に集まり学年別に競技を行った。福島県選手で唯一優勝を飾ったのは5年生女子の西郷ジュニアの薄葉彩・大槻麗組。その他の学年では1位、2位に入ることはできなかった。5年生男子で浪江スポ少の林恵吾・笠井崇志組が3位に、4年生以下男子でしらかわジュニアの泉啓太・渡辺舞人、富岡ジュニアの中家寛貴・山田亜蓮が3位にはいった。

10月11日ソフトテニスの日 福島でイベント開催!

ソフトテニス体験コーナー、ゲームコーナー(賞品あり)、親子試合、国体選手によるデモ&クリニック、中学生対象講習会、模擬店・お土産店も出店します。講習会の申込みは県連盟まで。開催時間:午前10時〜午後3時。会場:福島市庭球場(森合)
当日は県北以外からも多くの参加者が集まり、缶当て(写真左)、ストラックアウト(中央・国体選手の小椋こずえさんらも参加)や体験会、国体選手らによる模範試合、国体選手vs小学生チーム(全国大会出場した笹谷信陵)、国体成年女子監督吉田茂さんらによる中学生指導が1日開催されました。また県北地区のソフトテニス愛好会ら各クラブを紹介するポスターコンテストも行われ笹谷信陵ジュニアが優秀賞を受賞しました。(写真右:川島理事長と記念撮影)

◆県社会人大会 一般男子は関根・鈴木組、一般女子は小椋・赤羽組が優勝
県社会人ソフトテニス大会は9月7日に郡山庭球場で行われた。一般男子は決勝トーナメント決勝で関根裕行(ウィンズ)・鈴木忠賢(西郷村協会)が三浦伸弘・三浦勇樹(福島テニ研)を下し優勝を飾った。女子は小椋こずえ(ウィンズ)・赤羽涼子(福島テニ研)が大友晶子(福島テニ研)・間友恵(ウィンズ)を下し優勝した。成年男子は吉田茂(原町スティック)・小野間幸一(桑野クラブ)、成年女子は塩田咲江(二本松クラブ)・石田晴美(西郷村ST)、シニア45男子は成田兼二・安達隆(桑野クラブ)、シニア60男子は井上精三・高田忠雄(原町クラブ)がそれぞれ優勝を飾った。各部門の上位入賞者は以下の通り。
一般男子 1位関根裕行・鈴木忠賢、2位三浦伸弘・三浦勇重、3位佐藤真・三浦友之、3位菅野真芳・渡辺正樹
一般女子 1位小椋こずえ・赤羽涼子、2位大友晶子・間友恵、3位原彩子・伊藤諭子、3位真船恵・菊地聖子
成年男子 1位吉田茂・小野間幸一、2位深谷弘美・大槻美喜、3位丹伊田茂・菅野淳、3位佐藤光一・青山浩治
成年女子 1位塩田咲江・石田晴美、2位楡恵子・熊谷良江、3位古河真理・玉木由美、4位佐野千恵子・山口信
シニア45男子 1位成田兼二・安達隆、2位十時洋道・近内朝春、3位梁取哲夫・古川郁、3位菊地健治・小形義元
シニア60男子 1位井上精三・高田忠雄、2位矢吹丈良・今野勝夫、3位橋本正・石井、3位清野武夫・菅野守