選手権県大会V3の平工(平工vs安積)NHKより


FUKUSHIMA RUGBY NEWS
福島県ラグビーフットボール協会ホームページ
日本ラグビーフットボール協会 ◆トップリーグ公式ホームページ  
 ◎関東ラグビー協会*イースト11,トップノースリーグ他東日本、東北関係の情報はこちら 
 郡山出身・日本代表選手 大野均を応援しよう! 大野選手所属トップリーグ東芝府中HP

RUGBY FOOTBALL NEWS OF FUKUHSHIMA

福島県のラグビーを応援するHP

県内ラグビークラブのホームページご案内
・いわきバーバリアンズ ホームページ
郡山クラブ ホームページ
福島ラガー ホームページ
会津ラガー ホームページ
いわきBLUE BRAVES ホームページ
県内ラグビースクールのホームページご案内
郡山少年ラグビースクールホームページ
勿来少年ラグビースクール ホームページ
平工業高校 ホームページ
福島高校ラグビー部OB会 ホームページ

N・E・W・S

県高校新人ラグビー 平工が安積下し優勝
県高校新人大会は1月26日にいわきGFで決勝戦が行われ、平工業が26−7で安積を下し2年ぶりの優勝を飾った。なお両校は2月12日から、宮城県で行われる東北新人大会に出場する。またシード順位決定戦は安達が29−12で磐城を下した。

全国高校ラグビー 平工が初戦突破、2回戦は尾道に敗退
12月27日から大阪・近鉄花園ラグビー場で平成20年度全国高等学校総合体育大会兼第88回全国高等学校ラグビーフットボール大会が開幕。県代表の平工は高知県代表の高知中央高と対戦し78−10で快勝した。2回戦は30日に広島県代表の尾道と対戦し0−73の大差で敗れた。
大会情報はこちら(日本協会ホームページ)
  MBS大会公式サイト

全国高校ラグビー選手権県大会 平工が安積下し3連覇!12回目の優勝。
全国高校ラグビーフットボール県大会決勝は11月8日に行われ平工業が33−5で安積を圧倒し、3年連続12回目の優勝を飾った。平工業は12月下旬に大阪で行われる全国大会に出場する。
25日結果 勿来工49−0福島、磐城農56−0聖光学院、学法福島24−24日大東北(抽選により学法福島勝利)
26日 平工39−0勿来工、郡山北工7−10磐城、安達33−8磐城農、学法福島5−68安積
準決勝 平工23−14磐城、安積24−12安達
決勝 平工33−5安積 11月8日いわきGF


東日本クラブ選手権 いわきBLUE BRAVESは2回戦敗退
東日本クラブ選手権の2回戦は10月13日に埼玉県熊谷市で行われ、県代表のいわきBLUE BRAVESが初戦を戦う東京代表の多摩クラブに5−80で敗れた。◆いわきBLUE BRAVES公式サイト

県総体ラグビー 成年男子はいわきBLUEBRAVESが初優勝
成年男子1部の決勝は6月29日にあづま運動公園で行われ、いわきBLUE BRAVESが郡山ラグビーフットボールクラブを12−5で下し優勝を飾った。3位決定戦ではいわきラガーが39−12でアルパインBSGを下した。

全国高校ラグビー開幕 平工1回戦で和歌山工に大勝、2回戦は盛岡工
全国大会は12月27日に開幕、1回戦に出場した県代表の平工業は和歌山工と対戦、開始早々から得点をあげ前半34点、後半26点の大量点をあげ守っても完封し昨年に続き2回戦へ進出した。2回戦は東北新人大会では敗れた盛岡工業が相手。◎大会公式サイト

高校ラグビー県大会 平工が磐城農下し2年連続優勝
全国高校ラグビー選手権県大会は10月27日28日11月3日11月10日にいわきGFで開催。決勝で平工業が20−8で磐城農を下し2年連続優勝を飾った。平工業は12月下旬に大阪で行われる全国大会に出場する。
平工vs(聖光学院と勿来工の勝者)、松韻福島vs郡山北工、安積vs(福島と磐城の勝者)、磐城農vs(安達と日大東北の勝者)

11月10日の結果 平工20(8−5,12−0)5磐城農
11月3日の結果 平工32−0郡山北工、磐城農14−5磐城
28日の結果 平工39−7勿来工、郡山北工6−0松韻福島、磐城7−3安積、磐城農24−13安達


県総体成年の部 アルパインが2年連続優勝
県総体成年の部は7月1日にAブロック決勝戦を行いアルパインがいわきBLUEBRAVESを19−7で下し2年連続優勝を飾った。3位決定戦はいわきラガーが41−5で福島ラガーを下した。

県高校体育大会 平工3年連続優勝飾る
県高校体育大会ラグビーは6月2日にいわきGFで決勝を行い平工業が磐城農業を31−0で圧勝し3年連続優勝を飾った。両校は6月14日から宮城石巻で行われる東北大会に出場する。またシード決定戦は郡山北工が26−7で安積を下した。

高校新人ラグビー 平工2連覇 
県高校新人ラグビーの決勝と順位決定戦が1月21日にいわきGFで行われ、平工業が54−0で磐城農に圧勝し2年連続優勝を飾った。3位決定戦では学法福島が15−12で安達を下した。上位3校は2月8日から宮城で行われる東北大会に出場する。

全国高校ラグビー選手権 12月28日平工は岡山関西に完封勝利、2回戦は宮崎の高鍋
全国高校ラグビーフットボール選手権大会は12月28日から大阪・花園ラグビー場で開幕。県代表の平工業(高木邦夫監督)は1回戦で岡山の関西高校と対戦し、5トライで25点をあげ25−0で見事な完封勝利を飾った。県代表の勝利は4年ぶり。2回戦は30日に宮崎代表の高鍋と対戦する。
◆高校ラグビー公式サイト

全国高校ラグビー県大会 いわき対決は平工が磐城下し2年ぶり優勝 10回目の花園へ 
高校ラグビー選手権県大会は11月3日にいわきグリーンフィールドで開幕。決勝は11日12時35分から行われ、前半終了間際に磐城がGKで3−0とリードしたが、後半平工はFW陣が実力を発揮し連続トライを決め逆転、17−3で勝利し2年ぶりの優勝を飾った。平工は12月に大阪でおこなわれる全国大会に出場する。
準決勝 平工34-12安達、聖光学院0-32磐城
準々決勝 平工業44−0勿来工、郡山北工7−12安達、聖光学院19−7安積、、磐城農0−17磐城
1回戦 学法福島0−46勿来工、、安積24−5福島、磐城農84−0日大東北


10月29日いわきグリーンフィールドで関東大学リーグの公式戦 法政vs日本大
10月29日(日)午後1時からいわきグリーンフィールドで関東大学ラグビーリーグの公式戦が開催される。法政大vs日本大で試合はテレビでも放送される予定。詳しくは県ラグビー協会まで。関東大学リーグ日程等はこちらで。

東北地区大学リーグ9月10日開幕
東北地区大学リーグは9月10日に開幕、11月19日まで開催される。福島県は2部に福島大と日本大工学部、4部に県立医大といわき明星大が参戦する。リーグ戦の対戦・日程表はこちらを参照して下さい。

県総体一般 Aブロックはアルパイン初優勝
Aブロック 決勝 アルパインB・S・G 10−0いわきラガー 3位決定 いわきBLUEBRAVES17-0福島ラガー
Bブロック 決勝 日本工機白河17−17会津ラガー *両チーム優勝 3位勿来苦楽クラブ

5月26日県総体ラグビー高校の部 平工が磐城下す
5月26日から28日まであづま総合運動公園で準決勝まで開催、決勝(12:15)及び3位決定戦(11:00)は6月3日にいわきGFで行われ、平工が15−7で磐城を下し優勝を飾った。3位決定戦は聖光学院が安達を22−0で下した。平工と磐城は東北高校選手権に出場する。
準決勝 平工44−0聖光学院、磐城22−7安達
2回戦 平工37−0磐城農、磐城22−12勿来工
1回戦 松韻福島5−24磐城農業、聖光学院22−3安積、郡山北工0−10安達、勿来26−15福島


県高校新人ラグビー 平工が磐城下し3年ぶり優勝、上位3校2月9日からいわき市での東北大会に出場
県高校新人ラグビー大会は1月22日にいわきGFで決勝と3位決定戦が行われた。決勝は平工が磐城を24−8で下し3年ぶり優勝を飾った。3位決定戦は安積が郡山北工を5−0で下した。上位3校は2月9日からいわき市で行われる東北大会に出場する。平工は1部に出場し1回戦三本木農業(青森)と対戦する。磐城と安積は2部トーナメントに出場する。

全国高校ラグビー 安積vs滋賀八幡工 4点差で惜しくも敗れる  大会情報は公式サイト
28日1回戦に出場した安積高校は滋賀の八幡工と対戦、前半0−7と八幡工にリードされ、後半も7点を奪われる劣性ながら、早いパスまわしで調子に乗ってきた安積は遠藤などの連続トライで10点をあげ4点差まで迫ったが惜しくも一歩及ばず1回戦で敗退した。
安積 10(0−7,10ー7)14 八幡工


高校ラグビー県大会 安積が平工下し7年ぶり花園決める
高校ラグビー県大会の組合せが決定、第1シードの平工は11月5日に磐城農と白河実業の勝者と対戦、第2シードの安積は5日に福島と勿来工の勝者と対戦。決勝戦は11月12日に行われ前半0−0のあと後半接戦となり15−12で安積が平工を下し7年ぶり2回目の全国大会出場を決めた。詳しくは県ラグビー協会HPまで。
結果速報!決勝 平工12−15安積 (12日いわきGF)
2回戦 平工40−0磐城農、安達5−0郡山北工、磐城29−0聖光学院、安積21−5福島
準決勝 安積12−12磐城*抽選で安積、平工45−12安達

県クラブラグビー  AブロックはアルパインSGが3連覇、BブロックはいわきBLUEBRAVES
第20回クラブラグビー選手権は11月6日までに鮫川Gなどで行われAブロックはアルパインSGがいわきラガーを下し3年連続優勝を果たした。BブロックはいわきBLUEBRAVESが福島ラガーを下しうれしい初優勝を飾り来年のAブロック昇格を決めた。

☆10月15日(土)タグラグビー講習会 いわき市立江名小学校で開催
タグラグビーはタグベルトを使うことで選手同士が接触しないようにしたラグビー。子供だけでもプレーできる安全なラグビー競技です。詳しくは県ラグビー協会(事務局・藁谷)まで。

県総体成年 Aブロックはアルパインがいわきラガー下し3連覇
県総体成年Aブロック決勝は6月26日にあづま総合運動公園で行われ、アルパインがいわきラガーを26−7で下し
3年連続優勝を果たした。3位決定戦も行われ郡山ラグビークラブがいわきバーバリアンズを24−14で下した。

Bブロック いわきBLUEBRAVESが初優勝
Bブロックは7月3日あづま総合運動公園で行われいわきBLUEBRAVESが決勝で福島ラガーを30−5で下し初優勝を飾った。3位は会津ラガー(勿来苦楽クラブの棄権)

6月11日棚倉で元伏見工監督の山口良治さん講演会 東白川RC30周年記念式典で
6月11日午後2時30分から棚倉町の文化センターで元京都伏見工高ラグビー部監督の山口良治さんによる記念講演会が開催される。東白川ロータリークラブ30周年記念事業の一つ。講演会参加は無料だが整理券が必要。問い合わせは0247−43−2029(白坂)まで。高校ラグビー日本一に輝いた山口氏による講演。

県総体ラグビー 安積を下し平工2年ぶりV
県総体ラグビー少年の部は6月4日にいわきGFで決勝が行われ、平工業が28対10で安積を下し2年ぶりに優勝した。安積は昨年に続く2連覇はならなかった。3位は磐城、4位安達。平工と安積は6月17日から青森県で行われる東北大会に出場する。
決勝 平工28(14−0,14−10)10安積   3位決定 磐城12(0−7,12−3)10安達

●県総体ラグビー少年の部(高校) 結果
2回戦 安積17−5福島、安達21−19郡山北工、磐城48−12勿来工、平工55−0学法福島
準決勝 安積14−13安達、平工34−3磐城
決勝 安積vs平工  3位決定戦 安達vs磐城  6月4日いわきGF

●5月20日から23日までラグビー日本代表がJヴィレッジで合宿。25日ルーマニア戦に備える
ラグビー日本代表は5月20日から23日までJヴィレッジで強化合宿を行う。代表メンバーになっている郡山市出身の大野均選手(東芝府中)も参加する。5月25日に東京秩父宮ラグビー場で行われる東芝スーパーカップ2005 日本対ルーマニア戦に備える。
詳しくは日本ラグビー協会HP


●東北高校新人ラグビー 安積、平工とも初戦敗退
東北高校新人ラグビーは2月8日から宮城県で開幕した。
県第1代表の安積は秋田工に0−63で、第2代表の平工は不来方に15−24で敗れた。


●県高校新人ラグビー 安積が2年連続4回目の優勝
1月21日から23日までいわき市のグリーンフィールドで県高校新人ラグビー大会が開催された。Aブロック(15人制)は平工、安積など88チームが参加、Bブロックは3校でリーグ戦を行った。決勝は安積と平工で行われ安積が7対5で勝利し2年連続4回目の優勝を飾った。安積と平工は2月8日から宮城県で行われる東北高校新人大会に出場する。なおBブロックは学法福島、勿来工両校の優勝。
(試合結果)
1回戦
平工116−0日大東北、郡山北工(抽選で郡山北工)5−5安達、磐城12−7福島、磐城農0−37安積
準決勝 平工27−0郡山北工、安積12−10磐城
決勝 安積7−5平工  シード決定戦 磐城15−7郡山北工
Bブロック 学法福島12−12勿来工、勿来工36−5聖光学院、学法福島25−0聖光学院


●全国高校ラグビー 平工は28日1回戦で若狭と対戦、逆転負けで初戦突破ならず
第84回全国高校ラグビー選手権は12月27日に大阪花園ラグビー場で開幕。福島県代表の平工業高校(高木邦夫監督)は1回戦28日に福井の若狭高校と対戦下。平工は前半に山野辺、佐藤が決めて2トライ、1ゴールで12−5とリード、後半も1トライで17−5と優勢に立ったが、その後若狭が反撃、2トライを決められると終了間際にもトライを奪われ22−17とまさかの逆転負けを喫した。2年ぶりの初戦勝利は残念ながらかなわなかった。
高校ラグビー公式ホームページ


●県クラブラグビー選手権 Aブロックはアルパイン、Bブロックは会津ラガーが優勝
県クラブラグビー選手権(リーグ戦)はABブロック各5チームで秋からリーグ戦を行ってきたが最終節が11月7日にいわきGFなどで行われAブロックはいわきのアルパインSGがいわきラガーを36−13で下し2年連続優勝を飾った。下位リーグにあたるBブロックは会津ラガーが日本工機を19ー15で下し優勝した。会津ラガーとAブロック5位の福島ラガーは11月14日に熱海グラウンドで入れ替え戦を実施、会津ラガーが勝利し来年のAブロック昇格、福島ラガーのBブロック降格が決まった。最終成績は以下の通り。
Aブロック1位アルパインSG、2位いわきラガー、3位いわきバーバリアンズ、4位郡山RFC、5位福島ラガー
Bブロック1位会津ラガー、2位日本工機、3位勿来苦楽、4位クレイジーカメレオン、5位矢祭クラブ

会津ラガーのホームページ


●郡山出身大野均選手ら日本代表がJヴィレッジで合宿。3日から7日まで
ラグビー日本代表(萩本光威監督)の欧州遠征前の合宿が11月3日から7日まで楢葉町のJヴィレッジで開催されている。合宿には日本代表選手で東芝府中の大野均選手も参加している。大野選手は郡山市出身で日大工学部卒業後、東芝府中に入り、現在トップリーグでも活躍中。11月13日からスコットランド、ルーマニア、ウェールズの各国代表と交流試合を行う予定。13日のスコットランド、26日のウェールズ戦はスカイパーフェクトTVで生放送される。

●全国高校ラグビー県大会速報  平工が安積下し5連覇達成!
第84回全国高校ラグビー県大会は10月29日にいわきGFで開幕、31日には準決勝が行われ、平工業と安積高校が決勝戦に進出した。決勝は11月6日午後0時から行われ、平工業が19対0で安積を下して5年連続優勝と全国大会出場を決めた。全国大会は12月27日に大阪花園ラグビー場で開催される。
結果速報
29日 聖光学院90−0日大東北、郡山北工51−10勿来工
福島59−5磐城農、学法福島68−0白河実
30日 安積24−0聖光学院、平工22−3学法福島、安達31−0郡山北工、磐城17−12福島
31日準決勝 安積14−7安達、平工31−3磐城

11月6日決勝 平工業19(5-0,14-0)0安積

●東北クラブラグビー いわきラガーは1回戦青森のビーフォレストに敗れる
東北クラブラグビー選手権は10月23日に石巻で行われ福島県からいわきラガーが出場した。1回戦は青森のビーフォレストと対戦したが36−17で敗れ準決勝進出はならなかった。決勝戦は11月21日に仙台で行われオックスRFC(岩手)とニッカンクラブ(秋田)が対戦する。

●郡山ラグビークラブのホームページがオープン!
郡山市で活動している社会人クラブ郡山ラグビーフットボールクラブ(大越光城キャプテン)のホームページがこのほどオープンした。メンバー紹介のほか社会人リーグの日程、掲示板などもある。同クラブでは現在メンバー募集中。詳しくはこちらからお問い合わせください。また郡山不惑のHPはこちら。
郡山ラグビークラブのホームページ

●10月24日にあづま運動公園でラグビースクール交流会
10月24日にあづま総合運動公園で県内4ラグビースクールが参加して交流会が開催される。クラブは福島、郡山、勿来、いわきの4クラブが参加する予定。問い合わせは県ラグビー協会の紺野宗作さんまで。(メール

●福島県クラブ社会人ラグビーリーグ開幕
平成16年の県クラブ社会人ラグビーリーグが9月5日に開幕した。リーグには勿来苦楽、日本工機、いわきラガー、郡山クラブ、会津ラガー、カメレオン、アルパイン、バーバリー、福島ラガー、矢祭クラブの9クラブが2つのブロックに分かれ試合を行う。日程は以下の通り。9月5日、12日、19日、26日、10月3日、10日、17日、24日、31日、11月7日。詳しい対戦表と日程表は郡山クラブのホームページに掲載されています。

●いわきラグビーフェスティバル 県総体少年の部決勝は安積が平工破る
6月6日にいわきグリーンフィールドでいわきラグビーフェスティバルが行われた。当日は午前11時30分より県総体ラグビー少年の部(15人制)の決勝・安積高vs平工戦が行われ、安積が7−5の僅差で平工を下し5年ぶり2度目の優勝を飾った。優勝した安積は6月17日から山形県で行われる東北高校大会に1部代表で出場、また2位の平工も2部代表として出場する。なお県総体のあと午後1時からトップリーグの春季オープン戦としてNECグリーンロケッツvsクボタスピアーズの試合が行われた。
Aブロック1回戦 聖光学院72−5日大東北、学法福島12−5勿来工
2回戦 安積53−5聖光学院、磐城26−12安達、福島38−5郡山北工、平工64−0学法福島
準決勝 安積27−5磐城、平工36−17福島
決勝 安積7−5平工
Bブロックリーグ戦 福島東稜29−0白河実、磐城農44−0白河実、福島稜26−24磐城農
磐城農32−7福島東稜、福島東稜34−5白河実、磐城農38−0白河実
*優勝 磐城農業高校

●若松RC旗県少年親善ラグビー 
5月30日会津陸上競技場で会津若松RC旗県少年親善ラグビー大会が開催された。各地区から5つのラグビースクールが出場、小学生(低、中、高学年)、中学生の各部にわかれ試合を行った。

●ジャパンセブンズ高校大会 東北(福島県)選抜は5位
7人制ラグビーの普及を目的に15人制に出場できない高校の選手を対象に各県選抜チームが出場したジャパンセブンズ高校大会が4月10日に東京で開催された。福島県選抜は東北代表として出場し、予選リーグは1勝1敗で2位、4−6位決定戦リーグでも1勝1敗で2位となり通算5位の成績だった。

●清陵情報卒の大野均(東芝府中)がラグビー日本代表に初選出
日本ラグビー協会は3月22日に2004年度の日本代表選手28名を発表したが、今回初めてトップリーグ東芝府中の大野均選手(25歳)が代表に選ばれた。大野選手は清陵情報高校から日大工学部へ。卒業後、社会人の東芝府中に入り現在ロック、フランカーとして活躍中だがバックスからフォアードまでこなす大型マルチプレーヤーとして注目されている。チームは3月21日に行われた全日本選手権で見事優勝を果たし勝利に貢献した。今後日本代表選手としての活躍が期待される。(大野選手関連記事がサンケイスポーツHPに掲載されています)
・東芝府中ラグビー部HP


●東北高校新人ラグビー 安積、平工は1回戦敗退、最終順位は7位。
東北高校新人ラグビー大会は2月4日にいわき市の鮫川河川敷グラウンドで開幕。1部1回戦で県大会優勝の安積は秋田中央に65−5で大敗、第2代表の平工は2部1回戦に臨み宮古に20−10で敗れた。安積、平工はそれぞれ1部、2部の5,7位決定戦に出場、安積は石巻工に33−7で、平工は宮城・佐沼に26−14で敗れ最終順位は両校とも7位に終わった。

●県高校新人ラグビー 安積が平工下し6年ぶり優勝。Bブロックは聖光。
県高校新人ラグビーフットボール競技は1月17日から19日までいわきグリーンフィールドで行われた。Aブロック(15人制)は平工業など8校が出場しトーナメントを実施、Bブロック(7人制)は7校によるリーグ戦を行った。Aブロックは決勝で安積高校が固い守りで平工の得点を防ぎ5−0で平工を破り6年ぶり3回目の優勝を果たした。また3位決定戦は安達が17−0で磐城を下し初の3位を決定した。Aブロック上位2校の安積と平工は2月4日から7日までいわきGF他で行われる東北大会に出場、Bブロック優勝の聖光学院は3月27日から八戸市で行われる7人制東北大会に出場する。詳しくは県協会ホームページで。
Aブロック結果
平工33ー5郡山北工、勿来工5ー29安達、 安積29ー12学法福島、福島17ー22磐城
準決勝 平工22−10安達、安積31−10磐城
決勝 安積5(5−0,0−0)0平工  3位決定 安達17−0磐城
Bブロック結果
1位聖光学院(4勝0敗)、2位磐城農(3勝1敗)、3位日大東北(2勝2敗)、4位福島東稜(1勝3敗)、5位白河実(0勝4敗)
 

●高校ラグビー速報!平工業初戦飾れず!平工12−28鹿児島工
 詳しくは高校ラグビーのHP
全国高校ラグビー選手権は12月27日に開幕した。福島県代表の平工業は1回戦鹿児島工業と対戦したが12−28で敗れ初戦突破はならなかった。平工は前半5分に先制トライとGKで7−0とリードしたがその後連続トライを決められ鹿児島工に逆転された。後半1トライ返したがあと1歩及ばなかった。
1回戦 平工業12(7−21,5−7)28鹿児島工業


●全国高校ラグビー組み合わせ決定 平工業は27日に鹿児島工業と1回戦
12月27日大阪花園ラグビー競技場で開催される全国高校ラグビー選手権の組み合わせが29日決定した。福島県代表の平工業(坂本幸司監督)は27日の1時15分から第1グラウンドで1回戦を戦う。対戦相手は鹿児島工業に決定。1回戦に勝利すると2回戦は札幌山の手vs八幡工の勝者と30日に対戦する。詳しくは日本ラグビーフットボール協会HPまで。

●県クラブラグビー アルパインSGといわきラガーが同点優勝
県クラブラグビー選手権の決勝戦が11月23日にいわきGFで行われ、アルパインSGといわきラガーが対戦したが19−19で引き分けたため両チーム同点での優勝となった。アルパインは初優勝。3位決定戦も行われ郡山ラグビーフットボールクラブが56−3で福島ラガーを下した。

●高校ラグビー県大会(県高体) 平工4連覇!平工34−7磐城
第49回県高体ラグビー競技・第83回全国高校ラグビーフットボール県大会は11月8日に決勝戦が行われ
平工業が34−7で磐城を破り4連覇を達成した。平工業は12月27日から大阪花園で行われる全国高校ラグビー選手権大会に出場する。
平工34(17−7,24−0)磐城
(平工 前半T2、G0、後半T4、G2)34ー7(磐城 前半T1,G1、後半T0、G0)

(左は準決勝 平工vs福島戦。右は平工、今年夏県総体優勝のもの*クリックすると拡大できます)

11月1日からいわきグリーンフィールド(及び多目的)で12校が参加して開催。3日に準決勝2試合が行われ昨年優勝の平工業が福島を、磐城高校が勿来工を下し11月8日の決勝戦に進出した。
11月1日1回戦の結果
学法松韻福島32−0日大東北、安積42−0磐城農、安達118−0白河実、勿来工19−4聖光学院
11月2日2回戦の組み合わせ
平工81−0学法福島、福島13−7安積、磐城vs40−0安達、郡山北工17−27勿来工
準決勝 平工76ー7福島、磐城55ー5勿来工
(平工 前半T6、G5、後半T6、G3)76−7(福島 前半T0、G0、後半T1、G1)
(磐城 前半T6,G4、後半 T3,G1)55−5(勿来工(前半T0,G0、後半T1、G0)

(写真:準決勝 平工vs福島より)


●県クラブラグビー選手権
10月5日の結果
Aブロック アルパイン93−5郡山クラブ、いわきラガー27−0いわきバーバリアンズ
Bブロック 日本工機26−12矢祭クラブ


●県総体スポーツ少年団の部 高学年は勿来ラグビースクールが優勝
県総体スポーツ少年団の部は9月14日にあづま総合運動公園で行われた。高学年は勿来ラグビースクール、中学年は福島市ラグビースクール、低学年の部も福島市ラグビースクールが優勝した。結果は以下の通り。
高学年の部 1位勿来少年ラグビースクール3勝、2位郡山少年ラグビースクール2勝、3位福島市少年ラグビースクール1勝2敗、4位ザベリオラグビースポーツ少年団
中学年の部 1位福島市3勝、2位勿来2勝1敗1分、3位ザベリオ2勝2敗、4位いわき1勝2敗1分、5位郡山1勝3敗
低学年の部 1位福島市1勝1分16トライ、2位郡山1勝1分15トライ、3位ザベリオ2敗


●東北総体ラグビー 成年、少年ともに国体出場ならず
8月22日から24日まで青森県大鰐町で東北総体ラグビー競技が開催された。成年は1回戦青森に36−22で勝利し、準決勝進出。準決勝は秋田と対戦し69−5の大差で敗れ国体出場はならなかった。少年は24日に岩手県と代表決定戦に臨んだが38−19で敗れ惜しくも国体出場を逃した。国体には成年が宮城、少年は青森と岩手が出場する。

●県総体ラグビー成年男子結果 AブロックでアルパインS・G初優勝。Bブロックは郡山RFC
県総体ラグビー成年男子は6月29日にあづま総合運動公園で決勝戦を行った。AブロックはアルパインS・Gが36対0でいわきラガーを下し初優勝を飾った。3位決定戦はいわきバーバリアンズが24対5で福島ラガーを下した。Bブロックは郡山ラグビーフットボールクラブが日本工機白河を24対12で下し18年ぶり3回目の優勝を飾った。
●東北高校ラグビー  1部で平工7位、2部で郡山北工7位
東北高校ラグビー大会は6月21日に岩手県北上市で3日目を行い、福島県代表の平工業は1部の5,7位決定戦に臨んだが青森北に19対7で敗れ今大会7位に終わった。2部に初出場した郡山北工も5,7位決定戦に臨んだが黒沢尻工に32−24で敗れ7位に終わった。なお1部優勝は仙台育英、2部優勝は秋田工。

●県総体ラグビー結果速報!高校Aブロック決勝 平工63−22郡山北工
県総体高校の部決勝(Aブロック)は6月8日にいわきグリーンフィールドで午前11時半から試合が行われ、平工業(坂本幸司監督)が63−22で県総体決勝初進出の郡山北工(関根琢美監督)を下し優勝を飾った。平工は開始2分北工ライン中央ラックからボールをつなぎ11石島雄太がトライを決めると4分にも13渡邉克也のトライ、しかし8分に北工が平工ゴール前中央ラックから9安斉が右中間にトライ、GKも決め10−7とする。平工は13分にトライ、GKを決めると、18分に北工は中央ペナルティキックを5白石がしっかりと決め17−10と追いかける。その後も平工、北工と点を取り合うが前半終了前に平工が2トライを決め31−17で北工を突き放した。後半は3分、8分10分と平工らしい速攻が立て続けに決まる一方的な展開に対し、北工守備陣の疲れもあり徐々に差が開いた。北工は後半19分に安斉がトライを奪ったもののその後は平工の固い守備と攻撃力にはばまれ得点を奪うことはできなかった。総合力で県ナンバー1の実力を発揮した平工が63−22で郡山北工に勝利した。両チームとも当日は国家試験で主力を欠いた決勝戦だったが、層の厚い平工に対して郡山北工はよく健闘した試合だった。なお優勝した平工、準優勝の郡山北工は6月19日から行われる東北高校選手権に出場する。郡山北工は東北大会初出場となる。
平工業   前半 36(T6,G3、PG0、DP0)  後半 27(T5、G1、PG0,DP0  計63
郡山北工 前半 17(T2,G2、PG1、DP0)  後半 5(T1,G0,PG0,DP0)  計22

   



(写真健闘した準優勝の郡山北工業)

県総体ラグビーは6月1日に社会人が、4日に少年の部が開幕した。結果は以下の通り。
社会人1回戦 日本工機白河17−10会津ラガー、勿来苦楽クラブ不戦勝 クレージーカメレオン
少年男子1回戦
Aブロック:勿来工19−10学法福島、安積24−5安達、聖光学院84−0日大東北、磐城農68−0白河実
2回戦:平工45−0勿来工、学法福島32−27安積、郡山北工70−0聖光学院、磐城15−5磐城農
準決勝 平工55−0学法福島、郡山北工33−17磐城
Bブロック:合同(平工、郡山北工)45−5福島東稜
少年は5日に2回戦、6日に準決勝、8日にはいわきGFで決勝戦(11時半)が行われる。 


●5月に高校生による小中学生ラグビー教室を初めて開催
県ラグビー協会は今年5月に協会として初めての高校生による小中学生のラグビー教室を実施する。小中高校生の交流を図り基礎的技術を学ぶのが目的。開催場所は福島、郡山、いわき、勿来でそれぞれ開催される予定。福島地区は5月11日あづま運動場。その他の会場、開催時刻は未定。わかり次第掲載する予定です。詳しくは県協会事務局まで。




●東北高校新人ラグビー 1部の平工M2部の磐城ともに初戦敗退、5・6位決定戦に
3月22日から宮城県女川町で東北高校新人ラグビー大会が開催された。1部に出場した平工業は1回戦で仙台育英に7−24で敗れた。2部出場の磐城は八戸西に22−33で敗れた。両校は5,6位決定戦に臨む。

●元ラグビー日本代表林敏之さんの講演会が3月8日に日大工学部で開催
3月8日の午後2時から日本大学工学部中講堂で元ラグビー日本代表林敏之氏による講演会が開催される。主催は郡山青年会議所。 
林さんは徳島生まれ(43才)で徳島県立城北高→同志社大→神戸製鋼所、元日本代表選手、主将として活躍してきた日本ラグビー界の第一人者。講演のテーマは「喜び、怒り、泣け!感動し、感性を磨け!」。参加は無料、申し込みは郡山青年会議所まで。2月28日締め切り。
問合せ・申込先 郡山青年会議所
電話 024-932-2289 FAX 024-932-2857
Email office@koriyama-jc.or.jp


●県高校新人ラグビー大会 Aブロック優勝は5年連続で平工、Bブロックは磐城農業
県高校ラグビー新人大会は1月17日から19日までいわきグリーンフィールドで行われた。Aブロック(15人制)は決勝で平工業が磐城を58−0(15−0,43−0)で下し5年連続優勝を飾った。またBブロックは磐城農業と学法福島との決勝となり46−0で磐城農が圧勝した。7人制は福島東稜が優勝。なおAブロック優勝の平工と2位の磐城は3月末に宮城県女川で行われる東北大会に出場する。
組み合わせ・結果はこちら



●全国高校ラグビー 
平工2回戦速報 大分舞鶴に30−5で敗れる。3回戦進出ならず。
全国高校ラグビー選手権大会は12月27日に東大阪市の近鉄花園ラグビー場で開幕した。福島県代表の平工は1回戦で徳島の城東高校と対戦し、27対0と完勝し去年に続き2回戦へ駒を進めた。平工は開始早々ゴール前のラックからFBの赤津選手が先制トライ、その後もナンバー8の島田がトライを決め前半を15−0で折り返すと、後半9分にもトライを決め試合を決定づけた。しかしその後幾度かのチャンスがありながら攻めきれず追加点は奪えなかった。平工はこの勢いで悲願の2回戦突破をめざす。2回戦は30日に行われる。その他の試合の結果など全国高校ラグビー選手権大会の詳報はこちら
1回戦 平工 27(15−0,12−0)0 城東
2回戦 平工5(0−15,5−15)30 大分舞鶴


 平工の初戦の相手は徳島の城東に決定
全国高校ラグビー選手権大会の組み合わせ抽選会が12月1日大阪で行われ、福島県代表の平工は1回戦で徳島代表の城東高校と対戦することが決まった。試合は12月27日午後2時半から大阪・花園ラグビー場、第三グラウンドで行われる。
監督の坂本幸司さんに全国大会へ向けてのコメントを寄せていただきましたのでご紹介します。
城東高校については、全くわからないというのが現状です。これから、情報を集めていこうと思っています。平工の良い部分がゲームで出せるよう、練習に取り組んでいきたいと思います。県大会が終わってからは、1対1の部分の強化、(基礎筋力、コンタクトの力、ボールコントロール等のアップ)をねらいに練習してきました。今後、チームとしての動き、ゲームのフィットネスをあげていこうと考えています。ただし、今週の木曜から期末考査をひかえ、現在は短縮練習を行っています。本格的には来週からでしょうか。12月半ばに関東方面にゲームにいき、最終的な詰めをおこなっていきます。出発は12月24日になります。今年のチームの特色を出し切れる全国大会にしたいと考えています。できるだけ長く向こうにいたいものです。」

●県クラブラグビー選手権 いわきバーバリアンズがいわきラガー破り念願の初優勝飾る
いわきバーバリアンズ 21(前半21−0 後半0−14)14 いわきラガー
  *写真はクリックすると拡大してみられます
初めてクラブ選手権で優勝したいわきバーバリアンズは平工ラグビー部OBを中心に10年前に結成されたチーム。クラブ選手権は平成7年から昨年まで平成12年を除きいわきラガーが優勝してきたが、バーバリアンズはこれまで優勝争いに参加することができずにいた。「うちはスロースターターなので前半ディフェンスに力を入れていこうと思っていました。前半終了頃に調子が出てきて連続トライを決めることができ流れをつかめたのが大きかったですね。でも後半スタミナ切れで危なかったです。いわきラガーにはうちは苦手意識が今まであったんですがうちも年々力がついてきて、今年はいわきに勝つことができて本当にうれしいです」と喜びを語るのはFBで主将の鈴木栄二選手。代表で自らPRとして出場した川崎守夫選手も汗をぬぐいながら笑顔で喜びを語ってくれた。
1回戦
福島ラガー102−0会津ラガー、郡山ラグビー15−10勿来苦楽クラブ
準決勝
いわきバーバリアンズ17−3郡山ラグビーフットボールクラブ、いわきラガー15−12福島ラガー 
決勝 いわきバーバリアンズ21(T5,G2、T5、G2、T5、G2)ーいわきラガー14(T5,G2、T5、G2)
*上記記事での決勝戦いわきバーバリアンズ選手の名称が誤っていました。大変失礼いましました。お詫びとともに訂正されていただきました。

●平工3連覇!花園へ
全国高校ラグビー福島県大会の決勝戦が11月9日午後0時からいわきGFで行われ、平工業高校が磐城高校を33−7で破り3年連続優勝を飾り全国大会出場を決めた。試合は前半磐城が先制、7−0でリードしたが平工は2トライ1ゴールを決め12−7と逆転、後半は平工の完全なペーストなり3トライ3ゴールで12点をあげ試合を決めた。
決勝戦結果 
前半 平工 12(2T、1G)−7(1T、1G)磐城
後半 平工 21(3T、3G)−0(0,0)磐城
全国高校ラグビー福島県大会の1回戦4試合が11月2日にいわきグリーンフィールド多目的広場で行われた。1日目は安達、勿来、磐城農、郡山北工がそれぞれ圧倒的な勝利で2回戦へ進んだ。2回戦は3日に平工VS安達、勿来工VS安積、福島VS磐城農、郡山北工VS磐城の4試合が行われた。第1シードの平工は安達を119−0で圧勝、安積、福島、磐城のシード校も順調に勝ち進んだ。準決勝は4日に行われ第1シードの平工が68−0で安積に圧勝、第2位シードの磐城は29−10で福島を下し昨年の雪辱を果たした。平工の3連覇なるか磐城の3年ぶりの優勝なるか、いわき勢同士の決勝は9日正午からいわきGFで行われる。
1回戦結果
安達56−0白河実、勿来工27−5聖光学院、磐城農77−0日大東北、郡山北工86−0学法福島
2回戦結果
平工119−0安達、安積20−0勿来工、福島94ー0磐城農、磐城34−22郡山北工
準決勝
平工68(36−0,32−0)0安積、磐城29(12−0,17−10)10福島

●東北社会人ラグビーフットボール大会 アルパイン、自衛隊船岡に敗戦
東北社会人ラグビーフットボール大会のアルパイン(いわき)の試合が11月4日にいわきGFで行われたが、アルパインは5−120の大差で敗れた。
アルパイン5(5−59、0−61)120東北自衛隊船岡


●福島空港公園多目的広場でラグビー交流大会開催
10月20日に大玉村と須賀川市にまたがる福島空港公園スポーツゾーンにある多目的広場において、県協会と県都市公園協会の主催による初めてのラグビー交流大会が開催された。空港公園スポーツゾーンの暫定オープンを記念して行われたこの交流大会には、日本ラグビーフットボール協会から千田美智仁さん(元日本代表、新日鐵釜石OB)、谷藤尚之さん(元日本代表、釜石OB)の2人が講師として招かれ、午前中は県内4つのラグビー教室(福島、郡山、いわき、勿来)に所属する小学生たち約50名を対象とした講習会と交流試合が行われた。午後は40歳以上のラグビークラブ4チーム(郡山不惑クラブ、茨城柴峰クラブ、新潟不惑クラブ、いわき不惑クラブ)による交流試合も行われた。当日は小雨が降る寒さの中での交流会となったが、家族が見守る中、参加した子供たちは元気一杯にミニラグビーの交流試合に参加したり、元日本代表選手や県協会指導員の方たちによる指導を受け、楽しくラグビーの基本を学んでいた。