日本陸連の公式サイトへふくしま陸上ニュース

福島県陸上競技協会 事務局 内池三喜夫(024-593-5615) 
会津陸上競技協会HP ★いわき走友会HP ★チームアイアンマン会津
福島大学陸上部
 川本和久研究室HP
福島大学スポーツユニオン090−6621−3565(茂木)

福島県内の陸上競技関係の最新情報は
福島県陸上競技協会の公式サイトをご参照下さい。
◆19年度行事予定表はこちら

★ふくしま駅伝 11月19日開催!須賀川市が初優勝!

news&topics バックナンバー(2002年)
高校駅伝 男子は3年ぶり田村、女子はいわき総合が2連覇飾る
全国高校駅伝競走大会福島県大会は10月24日に南相馬で行われ(男子7区間42.195q、女子5区間21.0975q)、男子は3年ぶりに田村が優勝、女子はいわき総合が2年連続優勝を飾った。男女優勝校は12月下旬に行われる全国大会に出場する。
男子1位田村(2時間11分9秒)、2位いわき総合、3位学法石川、4位日大東北、5位福島
女子1位いわき総合(1時間11分22秒)2位田村、3位会津学鳳、4位安達、5位相馬


県中学駅伝 男子は白河中央、女子は矢吹が3年連続週報、男女とも全国大会へ
県中学駅伝大会は10月4日に行われ、男子(18q)は白河中央中が25年ぶり3回目の優勝を果たした。女子(12q)は矢吹中が3年連続優勝。両校は12月に山口で行われる全国大会に出場する。
男子結果1位白河中央、2位泉崎、3位若松三、4位大槻5位松陵、6位向陽。女子1位矢吹、2位石川、3位若松一、4位三春、5位郡山四、6位鏡石。男女各上位3校は東北大会出場。


東北高校新人陸上 男子200mで田嶋、5000mで斎藤、女子800で本田が優勝
東北高校新人陸上大会は9月下旬に宮城県で開催された。県選手の主な成績は以下の通り。
▽男子200m1位田嶋和也 (白河旭)3位宮下雅史(磐城)8位丹治啓太(福島東)、▽800m 8位 根本悠平(安積) ▽5000m1位斎藤大樹(安積)▽1600mリレー1位白河旭 (広瀬雅基・岩井優樹・金内平良・田嶋和也)7位 福島東 (山田修平・蓮田両健・丹治啓太・遠藤寿晴) ▽三段跳び1位松崎和磨(磐城)8位 須藤真也(光南)、▽砲丸投げ 優勝斎藤恭一(保原) 5位 菅野和希(福島)、▽八種競技 4位 目黒尚洋(会津学鳳)7位 和田 佑貴 (会津工) ▽女子 800m1位 本田 渚 (白河旭)3位 松本菜津実 (小高工)4位 畑 瑞季 (磐城)7位 菅野翠 (相馬) ▽1600mリレー7位 小高工(鈴木由里奈・星詩織・佐藤真貴美・木幡玲依)▽3000m競歩 5位 川越愛美(小高工) 7位 佐藤美貴(会津学鳳)▽走り高跳び7位松橋舞果(原町)▽やり投げ 3位 柴山美香(福島成蹊) 4位 森 菜摘 (小高工)


本宮出身の橋本康子(セガサミー)が名古屋国際女子マラソンで初優勝!世界陸上マラソン日本代表に決定!
3月11日に名古屋で開催された名古屋国際女子マラソンで本宮出身(清陵情報卒)の橋本康子(セガサミー所属)がうれしい大会初優勝を飾った。橋本選手は終盤、昨年優勝者の弘山晴美選手と競り合い残り700mでスパート、弘山選手を振り切り2時間28分49秒のタイムでゴールした。橋本選手は05年大会では4位。今回は自己ベストには及ばなかったが北京五輪へつながる今年夏の世界陸上大阪大会への出場が濃厚になった。12日に日本陸連は世界陸上マラソンの日本代表選手10名を発表、橋本選手が選出された。詳しくは日本陸連のHPで。

別府大分マラソンで藤田敦が完全復活優勝、佐藤は2位 
2月4日別府大分男子マラソン大会で清陵情報高卒(東村出身)で富士通所属の藤田敦選手(30歳)が5年ぶり見事な優勝を飾り完全復活を遂げた。タイムは2時間10分23秒。日本男子歴代2位の記録を持つ藤田選手だが怪我などでここ数年低迷していた。今回は佐藤敦之選手との福島対決もあり注目されていたが勝負に徹した藤田が5年ぶりのうれしい優勝を決めた。会津出身で実業団大会での驚異的走りが注目された佐藤敦之選手(28歳・中国電力)は終盤で藤田選手にかわされ2位だった。

都道府県対抗駅伝 女子は健闘の12位、男子はアンカー今井正人のがんばりで21位に
都道府県対抗駅伝大会は1月14日に女子(京都)、21日に男子(広島)が行われた。女子は2時間19分42秒で12位と健闘した。男子は2時間24分17秒(48q)で21位だった。序盤20位前後をキープしたが中盤30位代後半まで落ちたものの7区アンカーを務めた今井正人(原町〜順天堂大)が箱根駅伝での快走を再現、17人抜きで順位を21位まであげフィニッシュした。大会結果の詳細はNHKロードレースオンラインのHPで。

全国中学駅伝 男子の鏡石は総合25位、女子の矢吹中は棄権
第14回全国中学駅伝競走大会は12月16日に山口県で行われ、県代表男子の鏡石中は59分04秒で25位だった。女子の矢吹中は宿泊施設で選手8人が感染性胃腸炎にかかり体調不良により残念ながら大会を棄権した。
大会公式サイトはこちら


アジア競技大会で福島大学勢が活躍!OG池田久美子選手金メダル、丹野麻美選手銅メダル
カタールのドーハで開催されたアジア競技大会陸上で福島大学関係の選手らが活躍した。OGで走り幅跳びの池田久美子選手(スズキ)が6m81で堂々金メダルに輝いた。女子400m日本記録保持者で現役福大生の丹野麻美選手は53.04で銅メダルに、女子400ハードルではOGの久保倉里美(アルビレックス新潟)が銀メダルに輝いた。
大会結果などは日本陸連HPで。

県高校駅伝 男子は原町が2連覇、女子はいわき総合が初優勝
県高校駅伝競走大会は10月26日に南相馬市で行われ、男子は昨年覇者の原町が全員が区間賞を獲得する完璧な走りで田村を寄せ付けず2年連続優勝を果たした。タイムは2時間11分8秒。女子はいわき総合が田村の14連覇を阻みうれしい初優勝を飾った。タイムは1時間11分38秒。両校は12月に行われる全国大会に出場する。
男子1位原町、2位田村、3位会津、4位日大東北、5位いわき総合
女子1位いわき総合、2位田村、3位会津学鳳、4位安達、5位喜多方


のじぎく国体 丹野麻美400mで優勝、田嶋和也少年男子B200mで優勝
のじぎく兵庫国体は10月9日まで開催され、成年女子400mで丹野麻美(福島大)が52秒63の大会新記録で2年ぶりの優勝を飾った。自己新・日本記録の51秒80には及ばなかったが丹野選手は12月のアジア大会で自己新での金メダルをめざす。また少年男子B200mで白河旭高校の田嶋和也が21秒71で優勝を飾った。


県中学駅伝 男子は鏡石が初優勝、女子は矢吹が連覇
県中学駅伝競走大会は10月5日に南相馬市で行われた。男子は鏡石が初優勝、女子は昨年優勝の矢吹が盤石のレースで2年連続優勝を果たした。男女優勝チームは12月16日に山口市で行われる全国大会に出場する。また男女各上位3校は11月3日に秋田で行われる東北大会に出場する。
男子1位鏡石、2位白河中央、3位泉崎、4位小高、5位矢吹、6位松陵、7位向陽、8位中央台北
女子1位矢吹、2位石川、3位白河二、4位郡山一、5位植田、6位信夫、7位郡山四、8位郡山


吉田真希子選手ら陸上トップ選手3人が産学共同の新アスリートクラブに参加
陸上の女子400mハードル日本記録保持者の吉田真希子選手(安積女〜福島大〜福島大TC)、女子400mリレー学生記録保持者の渡辺真弓(福島大卒予定)、1600リレー学生記録保持者の坂水千恵(元京セラ)の国内トップ陸上選手3名はこのほど(株)ナチュリルと福島大学トラッククラブが共同で設立したナチュリルアスリートクラブに参加することが発表された。練習場所は福島大学で福島大学陸上部の川本和久教授のもとでトレーニングを行う。川本教授は同クラブの監督も兼任する。社会人選手の練習環境が厳しい中で産学共同でトップ選手の指導と育成を行うのは国内では珍しい。最近は吉田選手の後輩にあたる福島大の丹野麻美選手が次々と日本記録を更新する活躍を見せているが、吉田選手は今後も同じ川本教授の元で丹野選手らとともに北京オリンピックをめざす。ナチュリルは富山化学工業の子会社で健康食品販売などを手がけている。また同アスリートクラブは今後は毎年福島大の有望な陸上選手を採用する予定だ。*写真左が吉田選手、右は川本教授。

箱根駅伝で原町高卒の今井正人が2年連続でMVPに 田村高卒ら県出身選手多数活躍
第82回東京箱根間往復大学駅伝は1月2日3日に開催されたが福島県出身の選手が活躍を見せた。中でも昨年の大会で見事MVPに輝いた順天堂大の今井正人選手(原町高卒・写真)は往路5区の山登り区間で5人抜きの快走を見せ昨年に続き2年連続でMVPを獲得した。また同じく田村高卒で順天堂大の村上康則選手、田村卒で法政大の柳沼晃太選手も区間1位の走りを見せた。また日本大学4年で最後の駅伝になった武者由幸選手(田村高卒)は復路のアンカーを担当し日大の総合3位に貢献した。

全国高校駅伝 原町は39位、田村は17位
全国高校駅伝競争大会は12月25日に京都で開催され、県代表の男子の原町は39位(2時間10分52秒)、女子の田村は17位(1時間10分58秒)だった。大会の詳細はNHKロードレースオンラインのHPで。

県高校駅伝 男子原町高校が悲願の初優勝、田村途中棄権、女子は田村が13連覇
県高校駅伝大会は10月13日に原町市の雲雀ヶ原陸上競技場を発着点に男子は7区42.195q、女子は5区21.0975qで行われ、男子は原町高校が悲願の初優勝を飾った。2位は日大東北、3位清陵情報、4位学法石川、5位会津。12連覇をめざした田村高校は6区で選手が走れなくなるトラブルで無念の棄権となった。女子は田村高校が他を寄せ付けず13年連続優勝を果たした。2位いわき総合、3位清陵情報、4位会津学鳳、5位安達。
男子原町選手:(和田健秀、遠藤貴洋、菊池敦郎、根本達也、白戸光章、板倉裕耶、古市敏教)2時間11分15秒
女子田村選手:(斎藤梓乃、正木友香、渡辺麻美、紺野茜、押山秋絵)1時間11分48秒


県中学駅伝 女子は矢吹が初優勝、男子は泉崎が優勝
県中学駅伝は10月6日西郷村台上コースで行われ男子は泉崎が25年ぶり、女子は矢吹がうれしい初優勝を飾った。連覇をねらった女子の鏡石は8位に終わった。男女各優勝校は12月17日18日に千葉市で行われる全国大会に出場する。

スーパー陸上で丹野麻美自己新更新の51秒80の日本新記録
9月19日に横浜の日産スタジアムで行われたセイコースーパー陸上の女子400mで福島大の丹野麻美選手が自己の日本記録を更新する51秒80の日本新記録を樹立した。レースでは優勝したアメリカのトロッターの50秒03には及ばなかった。世界陸上、ユニバーシアードで52秒台だった不振を振り切り見事な自己新の丹野選手、今後50秒台を視野に入れた成長が期待される。なお同400女子では福大OGの先輩吉田真希子が5位、今年福大を卒業し新潟アルビレックスでプロ選手として活動中の久保倉里美は6位、7位には福大の青木沙弥佳が入った。また男子400mで会津出身の佐藤光浩(富士通)は6位、女子走り幅跳びで福大OGの池田久美子(スズキ)は堂々の優勝を飾った。

世界陸上05ヘルシンキ女子400mに丹野麻美初初出場も予選落ち

世界陸上TBS公式ホームページ
6月の日本陸上選手権で日本記録で優勝し世界陸上女子400mでは初の日本人選手として出場した丹野選手は8月7日の予選2組に登場、世界のトップアスリートにチャレンジ、出だしは好調だったが後半思うように伸びず6着の52秒80で残念ながら準決勝に進めなかった。「世界トップ選手の大会はあまり出ていなかったのでいい経験になりました」と初の世界陸上を振り返った。(写真はテレビユー福島より)

丹野麻美日本選手権で自己日本新を更新
6月5日に東京国立競技場で日本陸上選手権最終日が行われ、女子400mで福島大2年(矢吹町出身・郡山東卒)が自己記録を更新する51秒93の日本新記録をマークし優勝を飾った。国際標準B記録を突破したことで6月6日に日本陸上競技連盟は8月にヘルシンキで開催される世界陸上の400m女子日本代表に丹野選手を選出した。女子400mで世界陸上に出場するのは日本人で初めての快挙。また世界陸上には日本選手権の走り幅跳びで涙の優勝を飾った池田久美子選手(スズキ所属・福島大卒)、男子400mでアテネ五輪出場の会津出身の佐藤光浩選手も世界陸上に出場することが決まった。


●全国都道府県対抗駅伝 福島県は女子、男子とも健闘し10位。惜しくも入賞逃す。
全国都道府県対抗駅伝は1月18日に女子が京都で、23日に男子が広島で開催された。福島県は男女とも10位で惜しくも入賞を逃した。レース結果及び詳細・チーム情報はNHKロードレースオンラインのHPを参照して下さい。

●箱根駅伝で原町高出身の今井正人が11人抜き新記録でMVPに
05年1月2日3日に行われた毎年恒例の箱根大学駅伝大会(大手町〜箱根)で2日の往路で順天堂大学2年で原町高校陸上部出身(小高中卒)の今井正人選手が快走、山登りの険しいコースにもかかわらず箱根駅伝史上初の5区11人抜きという快挙を成し遂げ今大会の最優秀選手に輝いた。5区20.9qを過去の最高タイムを2分17秒縮める区間新記録1時間9分12秒で箱根のゴールを切った。今井選手は原町高校から陸上をはじめたがランナーとしての実力を発揮、インターハイ、国体、青東駅伝などにも出場、高校卒業後は順天堂大に進学、昨年も1年生ながら箱根駅伝に出場した。順天堂大は往路での今井の快走もあり3日の復路も健闘し総合5位に入った。

●全国高校駅伝 田村は男子8位入賞、女子は18位
全国高校駅伝大会は12月26日に京都市西京極陸上競技場を発着点に行われ、福島県代表の田村高校は男子が8位入賞(2時間5分44秒)を果たした。同じ田村の女子は18位だった(1時間11分9秒)。男子優勝は仙台育英で2時間1分32秒の大会新・高校国際新記録の快挙で2年連続優勝を飾った。女子優勝は長崎の諫早。
大会結果はNHKロードレースオンラインのホームページで。


●全国中学駅伝 女子の鏡石は8位入賞 男子の矢吹は36位
第12回全国中学駅伝は12月19日に千葉市で男子6区間18q、女子5区間12qでレースが行われ、5年連続出場の女子の鏡石中は8位、男子初出場の矢吹は36位だった。鏡石は昨年は5位入賞で昨年以上の順位をめざしたがレベルの高い大会となった今年は41分21秒で8位にとどまった。女子で優勝したのは熊本県の松橋中で優勝タイムは39分57秒。男子優勝は福岡の日の里中で優勝タイムは55分46秒。

●ふくしま駅伝 郡山市総合V 
恒例のふくしま駅伝は11月21日に開催され市の部総合で郡山市が優勝を飾った。2位はいわき3位福島。町の部は1位船引、2位東和。村の部は1位飯舘、2位泉崎。今年は1−7区を前半、8区ー16区を後半にして郡山開成山を再スタートにする方式で行われた。郡山は田村高校3年の高嶺秀仁らの活躍で3年ぶり2度目の優勝。

●東日本女子駅伝 福島は過去最高の2位でフィニッシュ。惜しくも優勝逃す。
第20回東日本女子駅伝大会は11月14日に福島市信夫ヶ丘陸上競技場を発着点に9区間42.195qの日本陸連公認コースで18都道県チームが参加して行われた。神奈川の3連覇に注目が集まった中、地元福島チームが中学、高校選手の活躍で大健闘、区間ごとに順位を上げ6区では押山秋絵(田村)が区間賞の快走を見せ2位に浮上、7区では橋本富美子(いわき総合1年)がトップ茨城を抜き首位に立つと8区の蛭田ちな美(植田東中1年)も首位を守りアンカー9区の高橋富士子(田村〜パナソニックモバイル)にたすきをつないだ。今年ふるさと選手枠で福島チームに参加した高橋は自信にあふれた快走を見せ信夫ヶ丘競技場へ帰ってきたが、2位神奈川が猛追、ゴール直前でラストスパートし高橋を追い抜きフィニッシュし3連覇を果たした。福島は惜しくも優勝を逃したものの2時間18分28秒で過去最高の2位の結果となり駅伝福島を大いにアピールした。なおアテネ五輪マラソン女子で5位に入った土佐礼子選手がアンカーを努めた東京チームは3位に終わった。
福島チーム選手:1区高橋ゆかり(石神中教諭)、2区境田遥(磐城高)、3区亀山禎(田村)、4区柳沼志帆(鏡石中)、5区馬目綾(白鴎大)、6区押山秋絵(田村)、7区橋本富美子(いわき総合)、8区蛭田ちな美(植田東中)、9区高橋富士子(パナソニックモバイル)。


●11月14日信夫ヶ丘競技場で陸上ジュニアクリニック ハンマー投げの室伏広治選手らが指導
東北陸上連盟と福島テレビの主催で11月14日(日)午前9時から11時30分まで福島市の信夫ヶ丘陸上競技場で陸上ジュニアクリニックが開催される。当日はアテネ五輪金メダルのハンマー投げ室伏広治選手などミズノトラッククラブに所属する選手が来県し子供たちに直接指導する。募集人数は小中高校生120名で競技種目は短距離、幅跳び、幅跳び、高跳び。参加希望者はハガキで福島テレビ陸上ジュニアクリニック係りまで応募のこと。問い合わせほか詳細はこちらで。なお当日は12時02分より競技場を発着点に東日本女子駅伝が開催される。

●埼玉秋季国体 福大の丹野麻美400mで貫禄V
埼玉秋季国体は10月23日から熊谷市で開催され、成年女子400mで福大1年の丹野麻美が54秒76で優勝を飾った。2位も同じく福大の久保倉里美。丹野は郡山東高校時代にも2年3年と国体連続優勝を飾り、3年連続での国体優勝の偉業を達成した。52秒88という日本記録保持者でもある。また丹野選手も参加した女子共通400リレーは3位入賞を果たした。3位:紺野可奈子(橘高)、丹野麻美、松本真理子(福大TC)、村上雪菜(小名浜二中)。


●県高校駅伝 男女とも田村が圧勝。11年連続アベック優勝、男子は大会新
県高校駅伝大会は10月14日に喜多方市で開催された。男子は5区間42.195q、女子は5区間21.0975qでレースが行われ、男子は田村が2時間6分2秒の大会新記録で2位の会津に3分以上の大差をつけて圧勝した。3位原町、4位日大東北、5位安達。女子も田村が独走、1時間10分31秒でこちらも2位のいわき総合に3分の差をつけての勝利。3位清陵情報、4位会津学鳳、5位郡山東。田村は男子は11年連続で17度目、女子は12年連続12度目の優勝。全国大会は12月26日に京都市で開催され田村男女は今年も上位をねらう。また男女各上位5校は11月11に岩手県大船渡で行われる東北大会に出場する。
田村男子選手:斎藤祐司、斎藤祐希、吉田憲正、只野博通、吉田和矢、渡辺寿喜
田村女子選手:亀山禎、押山秋絵、斎藤梓乃、飛沢菜見子、波多野はるか


●県中学駅伝 男子は矢吹が初優勝、女子は鏡石が5連覇
県中学駅伝は10月7日に原町市馬事公苑周辺コースで開催された。男子は6区18q、女子は5区12qでレースが行われ、男子は矢吹中が58分46秒で初優勝、2位は塩川、3位は郡山五中。女子は1区から独走した鏡石がその後も追従を許さず42分18秒で5年連続優勝を飾った。両校は12月18日19日に千葉市で行われる全国大会へ出場。また上位3校は10月29,30日に山形県天童で行われる東北大会に出場する。
男子矢吹中選手(常恒、青木、佐々木、加藤、角田、泉川)
女子鏡石中選手(柳沼志帆3年、鈴木槙、柳沼志帆2年、辺見茜、大河原菜摘)


●しらかわ駅伝 高校の部で田村高が男女ともに優勝
第9回しらかわ駅伝は9月26日に白河市で開催された。高校の部では男女とも大会新で田村高校が優勝し県高校駅伝・全国大会に向けて順調な仕上がりを見せた。男子1位田村A(高嶺、斎藤、斎藤、吉田、横山、大山、渡辺)2時間7分45秒(42.195q)。女子1位田村A(亀山、押山、斎藤、小松、波多野)1時間10分56秒(21.0975q)
なお一般では白河女子が4位、男子では郡山自衛隊が7位だった。


●全日本実業団陸上 男子400mで佐藤光浩、女子400の吉田真希子V
全日本実業団対抗陸上選手権は9月26日に新潟で行われ、五輪にも出場した会津出身の佐藤光浩(富士通)が46秒32で優勝を飾った。また女子400mでは第一人者の吉田真希子(FSGカレッジリーグ)が54秒95で優勝した。

セイコースーパー陸上04 男子400佐藤光浩は3位、5000m佐藤敦之は7位
セイコースーパー陸上04横浜は9月23日に横浜国際競技場で開催された。福島県出身選手は五輪代表の佐藤光浩(富士通)が3位、5000mで佐藤敦之(中国電力)が7位、女子400m障害で久保倉里美(福島大)が4位、同じく400m障害で吉田真希子(FSGカレッジリーグ)は5位に終わった。

アテネオリンピック速報!
陸上男子400mの佐藤光浩選手400Mリレーで健闘、4位入賞。トライアスロンの西内洋行は32位

陸上の佐藤光浩選手、トライアスロンの西内洋行選手健闘も上位入賞ならず。佐藤選手は400m×4リレーに出場しアンカーとして激走し惜しくもメダルは逃したが見事4位入賞を果たした。
佐藤光浩選手:陸上男子400m予選・予選3組 佐藤第6位予選落ち
トライアスロン男子:8月26日午後4時〜。西内選手32位。

●全日本中学陸上で白河二中の田嶋和也が200M優勝、400Mリレーも初制覇
全日本中学陸上は8月24日〜26日まで群馬県で行われ、男子200Mに出場した白河二中の田嶋和也選手が22.06のタイムで堂々の初優勝を飾った。また100Mでは10.90のタイムで惜しくも2位だった。また400Mリレーでも白河二中(金内平良、田嶋和也、梶将徳、深谷幸亮)が42.77の好タイムで初優勝を飾った。女子では800Mに出場した鏡石中の蜿タ 志帆選手が2分12.88で2位に入った。蜿タ選手は同校特設駅伝部に所属、駅伝選手としても活躍している。
大会記録は群馬県陸上連盟HP


●全日本学生陸上 丹野麻美200M、400Mで優勝
7月2日〜4日まで国立競技場で全日本学生陸上選手権が行われ、女子200M、400Mで福島大の丹野麻美選手が見事優勝を飾った。200Mは23.95で400Mは53.20のタイムをマークした。400Mは自身の持つ日本記録の52.88には及ばなかったが好タイムで優勝、同じく2位には福島大の木田真有、3位に同大の久保倉里美が入り福島大で表彰台を独占した。大会記録は全日本学生陸上連盟のHPで。

●陸上日本選手権 400m男子で会津出身の佐藤光浩(富士通)優勝アテネ出場へ
陸上日本選手権は6月4日から6日まで鳥取県で開催され、男子400mに出場した佐藤光浩(会津出身。若松一中〜日大東北〜仙台大〜富士通・24歳)が45秒70で優勝を飾り、この種目でのアテネ五輪出場が決まった。陸上競技で福島県出身の選手がオリンピックに出場するのは実に40年ぶりで東京オリンピックマラソンの銅メダリスト故円谷幸吉選手以来の快挙。またこの大会では400m障害女子の第一人者吉田真希子選手(旧安積女〜福島大〜県体育協会〜FSGカレッジリーグ)が5連覇を達成した。吉田選手は57秒31の記録で五輪出場に条件であるA標準(55秒60)に届かず次回の大会で五輪出場をめざす。また吉田選手の後輩にあたる福島大1年の丹野麻美選手(矢吹出身。郡山東高卒)は女子400mに出場、53秒62の好タイムで初出場で初優勝を飾った。同種目では同じ福島大の久保倉里美が2位、木田真有が3位に入った。女子200mでも福島大の松田薫が優勝した。
また男子1万mではマラソンでの五輪出場を逃した佐藤敦之(会津高〜早稲田〜中国電力)が自己ベストの3位に入り、今後の大会の結果如何により1万mでの五輪出場の可能性を残した。

*大会結果は鳥取県陸上協会HPで。 
 
●アテネ五輪トライアスロン日本代表に西内洋行選手が決定
日本トライアスロン連合は5月16日アテネ五輪の日本代表選手5名(男子3名、女子2名)を発表、福島県原町市出身の国内第一人者、西内洋行(チームテイケイ)が選出された。西内選手はシドニー五輪に続き2大会連続出場となる。詳しくは日本トライアスロン連合HPまで。

●会津出身のマラソン選手佐藤敦之(中国電力)びわ湖毎日4位で五輪出場厳しく
会津若松市出身(会津工〜早稲田大〜中国電力)のマラソン選手の佐藤敦之選手(25歳)は3月7日に行われたびわ湖毎日マラソン兼アテネ五輪代表選考会に出場し惜しくも4位となりアテネ代表入りは事実上難しくなった。期待された佐藤選手は30qすぎに満を持してトップに立ったものの残り5qでペースダウンし、優勝したリオス、2位の旭化成の小島選手に遅れた。自己最高記録の2時間8分36秒という結果だったが小島選手にあと一歩及ばなかった。なお浅川町出身の迎忠一選手(学法石川卒〜コニカミノルタ)は9位だった。男子マラソンの日本代表選手3名は15日に日本陸連から発表される。

●ダイハツ入りの藤田奈津美選手がベルギーの世界クロスカントリージュニアに選出。
藤田奈津美選手(田村高を3月卒業)が3月20日、21日にベルギーで開催される世界クロスカントリー大会のジュニアに日本代表選手の一人として出場することが日本陸上競技連盟より発表された。藤田選手は2月29日の福岡国際クロスカントリージュニア女子で4位に入るなど活躍が期待されることから今回の選出となった。高校駅伝で活躍を続けてきた藤田選手は卒業後は実業団のダイハツへ進むことも決まっている。また同じく田村高陸上部選手として活躍した選手たちも進路が決定、鈴木紗穂選手はグローバリーへ、小桧山早織選手は京セラへ、吉田真由美選手はスズキへそれぞれ進む。

●千葉国際クロスカントリー中学男子3qで西袋中の和田が優勝。清陵の田村選手はヤクルトへ。
2月15日に千葉市で開催された千葉国際クロスカントリー大会中学男子3qの部で須賀川市西袋中3年の和田健秀選手が8分55秒のタイムで優勝を飾った。和田選手は中学入学後、特設陸上部に入り本格的に陸上をはじめ中学駅伝の大会で活躍、去年秋の横浜ジュニアオリンピックで男子B3000mで3位入賞を果たすほか、1月の都道府県対抗駅伝でも県代表として区間賞に輝くなど活躍した。和田選手は中学卒業後は原町高校への進学が内定している。また和田選手と同じく須賀川市出身でインターハイ、国体などで800m、1500mで活躍した清陵情報高校陸上部の田村一平選手は高校卒業後は実業団の名門ヤクルトで中距離専門のランナーとして世界をめざすことになった。

●全国都道府県対抗男子駅伝 福島県は14位 西袋中の和田が区間賞
第9回全国都道府県対抗男子駅伝は1月18日に広島市で開催された。7区間48qでたすきをつなぐ大会、福島県は去年まで2年連続入賞を果たしていたが2時間23分17秒で14位となり入賞を逃した。選手では2区3qを8分35秒の区間賞で見事な走りを見せた須賀川西袋中3年の和田健秀、4区5qを区間6位で走った会津高校の安西秀幸が活躍したが、10位で6区の松本雅人(塙中)からたすきを受けたアンカーの小川博之(日清食品)が順位を落とし最終14位に終わった。優勝は2時間20分8秒で長野県。2位兵庫、3位福岡。
福島県選手:1区斎藤祐司(田村高)、2区和田健秀(西袋中)、3区今井正人(順天堂大)、4区安西秀幸(会津高)、5区高嶺秀仁(田村高)、6区松本雅人(塙中)、7区小川博之(日清食品)


●全国都道府県対抗女子駅伝 福島県健闘の11位
第22回全国都道府県対抗女子駅伝は1月11日に京都市内コースで9区間42.195qで開催された。福島県チームは田村高校の藤田奈津美と鈴木沙穂、松陵中の佐藤瞳らが健闘し2時間20分20秒の総合11位でゴールした。優勝は2年連続の兵庫県、2位は神奈川、3位京都。
福島県選手団:監督 下重庄三、選手:1区堀本真理子(ワコール)、2区藤田奈津美(田村)、3区柳沼志帆(鏡石中)、4区高橋ゆかり(鹿島中教諭)、5区馬場佐由里(白鴎大)、6区亀山禎(田村)、7区鈴木沙穂(田村)、8区佐藤瞳(松陵中)、9区高橋富士子(パナソニックモバイル)


これ以前のニュースはこちら