history of FC primeiro


 1951年に国体教員の部への出場を目指す「福島教員団」として設立、1982年に「福島FC」と改称。地元高校出身者を加え、天皇杯では第63回から3年連続決勝大会に出場した実績がある。福島FCはその後ふくしま国体の強化チームとして他県で活躍していた強化選手を加えチームを再編、94年東北社会人1部リーグで東北電力(ブランメル仙台・現ベガルタ仙台)に次いで2位となり全国地域リーグ決勝大会にも出場、ここでも2位となりブランメルとともにJFLに昇格する。95年にJFLで全国を転戦する一方、プロ契約選手をのぞくアマチュア選手の編成でふくしま国体では見事優勝を果たす。チームはJリーグや海外から選手を補強していくが仕事上リーグ戦に出場できないほとんどのアマチュア選手が福島FCを離れる。チームを離れたメンバー(国体優勝・JFL昇格の原動力になった選手)を中心に96年に新しい社会人クラブとして結成されたのがFCプリメーロである。(96年の天皇杯福島県大会決勝ではプリメーロと福島FCが最初で最後の対戦を行っている)福島FCは97年12月チーム運営の悪化でJFLを脱退、突然解散した。

 FCプリメーロの「プリメーロ」はポルトガル語で1番の意味。96年プリメーロとして県社会人リーグからスタート、98年東北社会人リーグ2部南部に昇格しいきなりの2部優勝を飾る、99年に1部リーグ昇格、昇格3年目の2001年福島FC時代にもかなわなかった念願の初優勝を飾った。リーグ戦のほかでは全日本サッカー選手権福島県大会では5連覇、全国大会に平成9年から13年まで5年連続出場を果たしている。(14年は決勝で福島大に、15年は準決勝でノーザンピークス郡山に敗退)そのほか国体サッカー成年の部、全国社会人サッカー大会にも出場を果たしている。

 FCプリメーロは福島FCなきあと福島県ナンバー1社会人クラブとしてより高いレベルのサッカーをめざす県内選手の受け皿的存在になっている。一方で多くの選手が高校などで指導者としてもジュニア世代の育成にあたっている。なお初代監督は元福島FC選手で現福島東高校サッカー部監督の齋籐 勝氏、2年目から元福島FCのFWとして活躍した原竹 博氏が就任し現在にいたる。


東北社会人リーグ成績
(平成9年に県1部リーグ優勝、10年より東北リーグに加入)
平成10年度 2部南部優勝 (10勝0敗)
平成11年度 1部6位 (5勝3分6敗)
平成12年度 1部4位 (5勝5分4敗)
平成13年度 1部
優勝 (11勝1分2敗)
平成14年度 1部4位 (6勝1分7敗)
平成15年度 1部2位 (7勝5分2敗)
平成16年度 1部6位(4勝7分3敗)
平成17年度 1部3位 (5勝2分5敗)
平成18年度  1部 第4位
平成19年度 1部 第3位
 

全日本サッカー選手権全国大会(天皇杯)成績
平成9年(77回)1回戦 プリメーロ0−1阪南大
平成10年(78回)1回戦 プリメーロ1−0日大山形高校、
2回戦 プリメーロ0−1コンサドーレ札幌
平成11年(79回)1回戦 プリメーロ0−2アルビレックス新潟
平成12年(80回)1回戦 プリメーロ1−6デンソー
平成13年(81回)1回戦 プリメーロ0−4ベガルタ仙台
平成14年 県大会準優勝(優勝は福島大)
平成15年 県大会ベスト4(優勝はノーザンピークス郡山)
平成16年 県大会ベスト8(優勝は湯本高校)
 
平成17年 1回戦 プリメーロ2−1金沢SC
2回戦 プリメーロ1−4筑波大学
平成18年 県大会優勝