FUKUSHIMA
HANDBALL NEWS
このページは福島県ハンドボール協会のご協力を得て制作しています。
県ハンドボール協会事務局:最上大先生 0248−42−2205(光南高校)



県ハンドボール協会ホームページがリニューアル
行事予定や最新結果は協会HPで
本宮ハンドボールスポーツ少年団
◇日本ハンドボール協会ホームページ◇
04東北高校ハンドボール大会で18年ぶり優勝
郡山東高校女子ハンドボール部(左写真)



ハンドボールニュース ※下の写真はクリックすると拡大して見ることができます。 (2002年ニュース)

東北高校ハンド 学法石川が決勝で不来方を1点差で下し10年ぶりの優勝
東北高校ハンドボール大会は石川町で開催され、男子の地元学方石川が決勝戦に進出、岩手の不来方を27−26で下し10年ぶりの優勝を飾った。帝京安積、福島工は2回戦で、川俣は1回戦敗退。女子は福島西が2回戦に進んだが、郡山東、石川、橘は初戦で敗退した。

県高校体育大会 男子は福島東が学石下し優勝、女子は県立石川V
県高校体育大会は6月2日から4日まで行われ、男子は決勝で福島東が大接戦の末、32−31の1点差で下しうれしい優勝を飾った。学法石川は連勝記録(19年連続優勝)を阻まれた。3位は平工業と帝京安積、女子決勝は県立石川が橘を32−21で下し優勝を決めた。3位は郡山東と福島西。

春の全国中学生ハンドボール大会で郡山一中男子が堂々の準優勝!女子もベスト8
3月25日から富山県で開催された全国中学生ハンドボール大会で県代表の郡山一中が男女で出場し、男子は決勝で埼玉代表に敗れたものの堂々の準優勝を果たした。同校女子もベスト8入りを果たした。詳しくはこちら

東北高校ハンド選抜大会 男子で学法石川は3位、女子の県立石川は5位 全国大会出場
東北高校ハンドボール選抜大会は2月4日にあづま総合体育館で決勝と順位決定戦が行われ、男子の第1代表トーナメントに出場した学法石川は3位決定戦で山形の北村山に31−20で勝ち3位入賞を果たした。優勝は岩手の不来方。また男子第2代表トーナメントで福島東が1位になった。女子の県立石川は5,6位決定戦で日大山形に31−25で勝ち5位だった。優勝は宮城の聖和学園。なお学法石川と県立石川の男女両校は3月に徳島県で行われる全国大会に出場する。(30回記念大会のため各県1位が出場できる)

東北総合ハンドボール県予選 男子は学石クラブ、女子は福島クラブが優勝
東北総合ハンドボール選手権県予選は12月16日17日に本宮町総合体育館などで行われ、男子は学石クラブが福島SGクラブを下し優勝した。女子は福島クラブが福島ASを下し優勝した。

女子の福島クラブが説明会・練習会を12月29日郡山高校で開催、参加者募集
県内唯一の女子クラブチームの福島クラブ(佐藤雄次監督)がチーム強化と新規メンバー獲得を目的に12月29日に郡山高校体育館でクラブ説明会と練習会を実施する。福島クラブは国体の福島選抜の母体となる県内女子のトップチームだがさらなる県内のレベルアップと活動の継続のために新規メンバーを募集したい考えで来春卒業予定の高校生・大学生選手の参加を呼びかけている。説明会についての申込み・問い合わせは県立橘高校の橘教諭まで。22日締め切り。TEL024−535−3395(橘高)

東北クラブハンド 女子福島クラブが優勝 
東北クラブハンドボール選手権は6月16日から18日まで福島市で行われた。女子の福島クラブが決勝に進出、山形のべにばなクラブを24−15で下し優勝を飾った。男子は福島クラブは準決勝で宮城のBG21に敗れた。全郡山は2回戦で岩手教員に敗れた。

県高校体育大会 男子は学法石川、女子は光南が優勝、インターハイへ
県高校体育大会ハンドボール決勝は6月5日に郡山で行われ、男子は学法石川が聖光学院を29−21で下し18年連続28回目の優勝を飾った。女子は光南が福島西を31−18で下しうれしい初優勝を果たした。男女優勝チームは8月1日から堺市などで開催される高校総体近畿大会に出場する。
*東北高校ハンド女子で光南準優勝!女子決勝(6/26) 不来方30−13光南


県春季ハンドボール 高校男子は学法石川が5連覇、女子は光南が初優勝  4/23本宮総合体育館・体育館
高校男子 
決勝学石34−26聖光、準決勝 学石30−22安積、聖光32−25福島東、3位決定 福島東30−25安積
高校女子
決勝 光南20−12郡山東 準決勝 光南37−31福島西、郡山東18−17石川、3位決定 福島西31−23石川
一般
男子A:学石クラブ28−26福島SG  男子B 福島クラブ32−26福島大


東北高校選抜大会 女子の光南が第4代表で初の全国選抜大会出場、1回戦は神奈川代表と
全国高校選抜大会の東北予選会は2月4日から6日まで秋田県で開催され、県女子代表の光南高校が第4代表決定戦で湯沢を下し全国大会出場を決めた。女子第1代表は野辺地(青森)。男子は県代表の学法石川が第3代表決定戦に進出したが東根工(山形)に惜しくも1点差で敗れ、続く第4代表決定戦に臨んだが盛岡南(岩手)にも敗れ全国大会出場を逃した。男子第1代表は不来方(岩手)。なお選抜大会は3月22日から東京で開催される。光南は1回戦で神奈川代表と対戦。
光南高校ホームページ
女子第4代表決定戦 光南29−24湯沢(秋田)
男子第4代表決定戦 学法石川19−38盛岡南


県高校ハンドボール 男子は学法石川、女子は光南が優勝
1月7日8日郡山総合体育館で男女ともリーグ戦で行われた。男子は学法石川が3勝0敗で1位、2位は2勝1敗で聖光学院。3位福島東、4位安積。女子は光南が3勝0敗で1位、2位は2勝1敗で福島西。3位県立石川、4位郡山東。男女とも上位2校は2月4日から6日まで秋田県湯沢市で行われる全国高校選抜大会東北予選会に出場する。

県総合ハンド 一般男子福島SGクラブV、一般女子は福島クラブ
県総合ハンドボール選手権は12月17日18日に本宮総合体育館で行われた。一般男子は福島SGクラブが30−22で全郡山を下し優勝した。女子は福島クラブが光南高校3年を32−14で下し優勝した。少年の部は男子が学法石川、女子は光南が優勝。男子のSGクラブ、全郡山と女子の光南、県立石川が1月27日から29日まで岩手県花巻市で行われる東北総合選手権に出場する。

県総体 成年男子は福島SGクラブ、女子福島クラブAが優勝。少年は学法石川、光南初V
県総体ハンドボールは7月9日10日本宮総合体育館で行われた。成年の部は男子が福島SGクラブが決勝で全郡山を31−19で下し25年ぶりの優勝を飾った。3位はM・H・C。女子は福島クラブAが3チームのリーグ戦で2勝し優勝、2位も福島クラブB、3位福島大。少年の部は男子が学法石川が決勝で聖光学院に31−30の接戦を制し2連覇、女子は光南が32−14で石川を下し初優勝を飾った。郡山東は準決勝で石川に敗れた。

東北高校ハンドボール 女子の郡山東は惜しくも準優勝、男子の学法石川はベスト4

6月27日まであづま総合体育館で東北高校大会が開催され、女子の郡山東が決勝に進出したが不来方(岩手)に21−23の2点差で惜しくも敗れ準優勝に終わった。同じく女子で福島西は1回戦で、光南と郡山は準々決勝で惜しくも敗退した。男子は学法石川が準決勝で盛岡南に30−31の1点差で敗れ惜しくも決勝進出を逃しベスト4だった。同じく男子の福島東、郡山、尚志は初戦敗退した。詳しい結果は県ハンドボール協会HPで。


高体ハンドボール 男子は学石17年連続、女子郡山東3連覇
県高体ハンドボールは6月4日から6日まで福島市で行われ、男子は学法石川が郡山を28−17で下し17年連続での優勝を飾った。女子は郡山東が12−9で光南を下し3年連続での優勝。

全国高校ハンド選抜 学石、郡山東ともに初戦敗退
全国高校ハンドボール選抜大会は3月23日から茨城県で開催され、福島県代表の男子の学法石川は1回戦で神奈川の横浜創学館に22−31で敗れた。女子の郡山東は1回戦で福岡の筑紫女学園と対戦し20−21とわずか1点差で惜しくも敗れた。

郡山東を卒業した大河内 香選手が日本女子ジュニア代表に。チェコ世界大会に出場
3月1日に郡山東高校を卒業した大河内 香選手(18歳)がこのほど日本女子ジュニアの代表に選ばれた。今年8月にチェコで行われる世界ジュニア選手権大会にメンバーとして参加する。ジュニア世代の県内選手が日本代表に選ばれるのは初めて。大河内選手は東北でも1,2位を争う高校女子チーム郡山東のセンタープレーヤーとして活躍、昨年の全国選抜ではベスト8入りした。

東北高校選抜大会 女子郡山東、男子学法石川が全国大会出場
東北高校選抜大会は2月4日から花巻市で行われ第1代表予選リーグに出場した男子の学法石川(1勝1敗)と女子の郡山東(2勝)がともに全国大会出場を決めた。第2代表の男子の福島東と女子の光南は第2代表トーナメントで敗退した。
男子第1代表リーグ 学法石川27−32湯沢、学法石川27−18東根工
女子第1代表リーグ 郡山東29−21日大山形、郡山東32−14青森西
全国高校選抜大会は3月23日から茨城県で開幕。学法石川は横浜創学館と、郡山東は筑紫女学園と対戦。詳細は日本ハンドボール協会HPで。

東北高校選抜県大会 男子学法石川、女子郡山東が優勝2月3日から東北大会へ
東北高校選抜ハンドボール大会の県代表決定戦は1月9日10日に石川総合体育館で行われ、男子は学法石川、女子は郡山東が優勝した。2位は男子が福島東、女子は光南。男女上位2校は2月3日から岩手県で行われる東北大会に出場する。
男子1位学法石川、2位福島東、3位郡山、4位福島工
女子1位郡山東、2位光南、3位郡山、4位安達東


県高校新人ハンド 男子は学法石川、女子は郡山東
県高校新人ハンドボール大会は11月20日〜22日まで本宮総合体育館で行われ男子は学法石川、女子は郡山東が優勝した。男子2位は福島東、女子2位は光南。
男子3回戦 学法石川47−7福島北、郡山23−11帝京安積、福島東17−16郡山北工、福島工23−19聖光学院
準決勝 学法石川26−12郡山、福島東15−14福島工
決勝 学法石川26−15福島東  3位決定 郡山28−23福島工
女子2回戦 郡山東27−5安積、安達東19−12安積黎明、郡山17−16福島西、光南31−3尚志 
準決勝 郡山東24−6安達東、光南21−15郡山
決勝 郡山東29−15光南、 3位決定 郡山20−13安達東


県小学生ハンドボール大会 男子は郡山少年団、女子は本宮少年団が優勝
県小学生ハンドボール大会は9月26日に本宮総合体育館で開催された。男子は5チームによるトーナメント、女子は3チームによるリーグ戦を行った。男子は決勝で郡山ハンドボールスポーツ少年団Aが本宮ハンドスポ少を9−6で下し優勝した。3位はいわきハンドスポ少。女子は本宮ハンドスポ少が2勝で優勝、2位は郡山、3位いわき。詳細は県協会のHPで。

インターハイ速報 郡山東は2回戦、学法石川は1回戦で敗退
中国高校総体ハンドボールの結果。男子の学法石川は1回戦で宮崎の小林工に30−17で敗退。女子の郡山東はベスト8入りが期待されたが、1回戦で島根の江津に39−5で快勝したものの、2回戦兵庫の夙川学院に21−15で惜しくも敗れた。

東北高校ハンドボール 女子の郡山東が18年ぶりに優勝飾る
東北高校ハンドボール大会は宮城県で6月26日まで行われ、女子の郡山東が決勝戦で秋田の大曲農業を21対19で下し18年ぶり3回目の優勝を飾った。郡山東は後半19−19の大接戦となったが反則で得たフリースローをセンターの大河内香選手が決め、それが決勝点となりうれしい優勝を決めた。郡山東は次はインターハイでの優勝をめざす。また女子の光南は1回戦で東根工に敗退。男子は学法石川が準決勝で盛岡南に30−21で敗れ決勝進出はならなかった。郡山東は準々決勝で宮城の富谷に26−18で敗れた。

東北クラブハンドボール 女子で福島クラブ優勝、男子学石クラブは4位
第27回東北クラブハンドボール選手権(兼全国選手権東地区東北予選会)は6月19日、20日に本宮総合体育館で開催された。男子には県内のM・H・Cと学石クラブが出場、M・H・Cは初戦敗退、学石クラブは準決勝で野辺地クラブに28−16で敗れ、順位決定へ。宮城の紫風会と対戦したが26−23で惜しくも敗れ4位に終わった。一方女子は福島クラブが出場、初戦の準決勝で山形のべにばなクラブに27−11で勝利し決勝へ。決勝は岩手の萩江クラブに25−16で勝ち優勝を飾った。男子の学石クラブ、女子の福島クラブは7月17日からの本宮で行われる東地区大会に出場。また併せて行われたジャパンオープントーナメント東北予選会では男子の福島クラブが決勝に進出したが秋田のHC秋田に23−16で敗れ惜しくも準優勝。女子は秋田の大農OGと岩手の白梅三英芙会のみ出場、大農が優勝した。男子の福島クラブは8月の全国大会出場。

県高校体育大会 男子は学法石川が16連覇、女子は郡山東が6回目V
県高校体育大会ハンドボールは6月5日から7日まで郡山で開催された。男子は決勝で学法石川が郡山東を18−10で下し16年連続26回目の優勝、女子は郡山東が22−10で光南を下し2年ぶり6回目の優勝を決めた。

県春季ハンドボール選手権 高校男子は学法石川、女子は郡山東
第55回県春季ハンドボール選手権大会は4月24・25日に本宮総合体育館で開催された。高校の部では学報石川が郡山東を決勝で破り3年連続優勝、春の全国大会ベスト8の女子の郡山東は決勝で光南を下し6年連続優勝を決めた。一般男子は決勝で福島MTSが学石クラブを破り優勝、一般Bは福島クラブが福島大学を下し優勝した。
高校男子 準決勝 郡山東24−14尚志、学法石川41−22聖光学院
決勝 学法石川28−17郡山東、3位決定 聖光28−22尚志
女子 準決勝 郡山東39−4安積、光南26−16福島西
決勝 郡山東27−8光南 3位決定 福島西43−16安積
一般男子A 決勝 福島MTS22−19学石クラブ
一般男子B決勝 福島クラブ26−19福島大


全国高校選抜大会3月26日神奈川で開幕。学法石川は1回戦四日市工、郡山東は2回戦から
全国高校選抜ハンドボール大会は3月26日から神奈川県で開幕する。福島県からは男子の学法石川、女子の郡山東が出場する。男子1回戦学法石川は三重県の四日市工と、女子の郡山東は2回戦からの登場で1回戦絞成と佐賀女子短大附属の勝者と対戦する。詳しくは日本ハンドボール協会HPで。
大会速報!郡山東ベスト4逃すも健闘の全国8強。学法石川は3回戦で惜しくも敗れる
全国選抜大会は26日に開幕。女子の郡山東は2回戦からで東京の絞成学園に22−19と競り勝つと3回戦は山口の県立徳山に21−14で勝利し準々決勝に進出。準々決勝は29日に行われ、小松市立(石川)に29−17で敗れベスト4入りは果たせなかった。男子の学法石川は1回戦四日市工に24−18で勝利、2回戦は長崎県の瓊浦に28−20で敗れベスト8入りは果たせなかった。


東北高校ハンドボール開幕 男子の学法石川2位、女子の郡山東は優勝、全国大会出場へ
東北大会は2月6日福島市で開幕。第1代表は3チームによるリーグ戦、第2代表はトーナメントを実施。リーグ戦に出場した男子の学法石川は青森商、羽後に勝利、女子の郡山東も岩手の不来方、山形の東根工に勝利し、初日での全国大会出場を決めた。第2代表男子の郡山東は1回戦で青森の三本木に惜しくも1点差で敗れた。女子の光南もトーナメント1回戦敗退。第1、第2代表決定戦は8日に行われ、男子の学法石川は不来方に惜しくも敗れ2位、女子の郡山東は大曲農に勝利し堂々の優勝を飾った。
第1代表リーグ戦
男子 学法石川32−27青森商、学法石川43ー25羽後
第1,第2代表決定戦 不来方21−19学法石川
女子 郡山東24−11不来方、郡山東30−10東根工
第1,第2代表決定戦 郡山東24−17大曲農
第2代表トーナメント1回戦
男子 郡山東15−16三本木(青森)
女子 光南15−26盛岡二


東北高校ハンドボール県代表決定戦 男子学法石川がV2、女子は郡山東優勝
東北高校ハンドボール選手権の県代表決定戦は1月10日、11日に石川町総合体育館で男女各4校によるリーグ戦により開催された。男子は昨年優勝の学法石川が3勝0敗で優勝、2位は郡山東、3位は聖光学院、4位福島。新人戦で郡山東に敗れた学法石川は21−19と郡山東との接戦を制し2年連続優勝を決めた。女子は郡山東が圧倒的な力で全勝優勝、2位光南、3位福島西、4位安積。男女各上位2校は2月5日から福島市で行われる東北大会に出場する。
男子結果
郡山東19−21学法石川、郡山東19−16聖光学院、郡山東25−15福島、学法石川32−20聖光学院、学法石川33−14福島、聖光学院27−24福島、
女子結果
郡山東21−10光南、郡山東20−3福島西、郡山東42−4安積、光南22−10福島西、光南25−11安積、福島西26−12安積


◆県総合選手権 男子、女子ともに福島クラブが2連覇

県総合ハンドボール選手権大会は12月20日、21日に本宮総合体育館で開催された。男子は12チームが参加、決勝で福島クラブが全郡山を31−11で下し優勝を飾った。3位はHC福島。女子は6チームが参加し決勝で福島クラブが福島西高校を27−12で下し優勝した。男女とも福島クラブが昨年に続いて2連覇した。男女とも上位2チームは1月17日、18日に山形県東根市で行われる東北総合大会に出場する。写真は優勝した福島クラブ(左は男子、右が女子)

予選リーグ結果(各ブロック)
男子1位福島クラブ、福島MTS、全郡山、HC福島。2位学石クラブ、石川中OB、本宮クラブ、福島SGクラブ、3位二瀬OB、がくいし倶楽部、石川クラブ、帝京安積高校。
女子1位福島クラブ、福島西高校、2位安達東高校、FUKUSHIMA、3位橘高校、郡山高校。
男子準決勝 福島クラブ27−18HC福島、全郡山23−20福島MTS
決勝 福島クラブ31(13−5,18−6)11全郡山、 3位決定 HC福島34−32福島MTS
女子準決勝 福島クラブ25−4FUKUSHIMA、福島西高15−11安達東高
決勝 福島クラブ27(15−6,12−6)12福島西
 

◆県高校新人ハンドボール大会 男子の郡山東が学法石川下し初優勝!女子も郡山東が11連覇
県高校新人ハンドボール大会は11月15日、16日に郡山総合体育館(帝京安積高校)で行われ、男子は郡山東(矢作英樹監督)が決勝で学法石川(小針三夫監督)を19−18の大接戦を制しうれしい初優勝を飾った。3位は聖光学院、4位は福島。一方女子も郡山東(矢作英樹監督)が決勝で光南(最上大監督)と対戦、27−8で下し11年連続優勝(郡女時代からは12年)を果たした。3位は福島西、4位は安積。なお男女上位4校は1月に行われる東北大会代表決定戦に出場する。(上位2校が東北大会出場)
男子の部 
1回戦 本宮26−24南会津、日大東北6−25福島西、安積黎明26−13好間、福島東32−17清陵情報、福島23−15郡山、川俣15−25郡山北工、福島商28−4石川、帝京安積20−16福島工、尚志22−19橘、須賀川16−15平工
2回戦 学法石川35−9本宮、福島西18−14安積黎明、長沼13−30福島東、福島27−7安積、聖光学院28−24郡山北工、福島商18−10福島北、帝京安積15−21尚志、須賀川5−15郡山東
準々決勝 学法石川40−13福島西、福島19−11福島東、聖光学院21−17福島商、尚志11−20郡山東
準決勝 学法石川33−11福島、郡山東24−23聖光学院
決勝 郡山東19(11−9、8−9)18学法石川  3位決定 聖光学院30−27福島
女子の部
1回戦福島東稜31−29石川、本宮13−21安積黎明、安達東21−10郡山、橘23−3尚志、
準々決勝 郡山東39−2福島東稜、安積22−13安積黎明、福島西12−10安達東、光南23−8橘
準決勝 郡山東34−6安積、光南17−14福島西
決勝 郡山東27(12−4,15−4)8光南  3位決定 福島西23−13安積



男子決勝は7連覇をめざす学法石川との対戦、1点取ったら取り返すシーソーゲームの展開となり前半11-9と2点をリードした郡山東は後半も長身の曾根大樹、主将の佐藤誠が相手ディフェンスをかいくぐり鋭いシュートを決めるとGKの塚原祥太のファインセーブもあり学石をリードし続ける。しかし連覇ねらう学石もエース遠藤博、主将田中繁が大活躍、1点差で得点を奪い合う展開、終盤ついに学石の佐藤博康が決め18対17と学石が逆転した。しかし集中力で上回った郡山東は佐藤誠が再び同点にすると、本田侑が勝ち越しとなる19点目を決め再び逆転、残り1分で学石の反撃もしのぎタイムアップ、郡山東が創部以来初めて大会で学石を下しうれしい初優勝を飾った。「1週間前にメンタル面を身につけてもらおうと学石さんに練習をしていただいたんですが今日は胸を借りるつもりで臨んだのが良かったと思います」と振り返る矢作英樹監督。主将の佐藤誠選手も「守備中心に練習してきたので今日は学石を20点以下に抑えられたのが勝因だと思います。先輩たちができなかったことをやりとげて充実感でいっぱいです」とチームメートと喜びをわかちあった。次は1月の東北大会県代表決定戦、上位2校が東北大会出場。夢の全国大会出場も現実に近づいてきた。
 一方の女子は同じく郡山東が危なげない試合運びで決勝で光南を27-8で破り11年連続、郡女時代からは12年連続での優勝を果たした。GKで主将の菅井歩希のリーダーシップに攻撃の要の大河内香、緑川恵美など選手全員がスピードある力強いプレーとパスワークで光南を寄せ付けなかった。

◆県中学新人大会 男女とも小川中が優勝 12月に東北中学交流大会
県中学新人ハンドボール大会は11月8日、9日に本宮総合体育館で行われ、男女とも小川中学が優勝した。準優勝は男女とも信夫中。男子は決勝で小川が信夫を31−22で下した。女子は小川中が16−14で信夫を下し優勝した。なお上位各4校は12月26日、27日に開催される東北中学親善交流大会に出場する。
男子準決勝 小川27−14郡山四、信夫31−23石川、決勝 小川31−22信夫
女子準決勝 小川20−10石川、信夫17−8二瀬、決勝 小川16−14信夫


◆静岡国体選手団
成年男子:監督 越智康裕(選手兼・安達東高教諭)、選手:新方浩二(石川高教諭)、小俣宏之(橘高教諭)、石井徹(県都市公園協会)、吉野浩規(お茶の丸幸)、渡辺裕一(自営)、山田慎太郎(日体大)、佐藤洋祐(自営)、矢作英樹(郡山東高教諭)、小沢邦紀(須賀川高教諭)、小林修(稲田中教諭)、野地敏雄(長沼高教諭)。協会派遣:コーチ 草野竜之(二瀬中教諭)、選手 三瓶芳隆(東北学院大)。
静岡国体公式HP


◆県小学生ハンドボール 本宮ハンドボールスポ少が男女優勝
第2回福島県小学生ハンドボール大会は9月28日に本宮総合体育館で開催された。福島、郡山、いわき、本宮から男女各4チームが出場しリーグ戦を行った結果、男女とも3戦全勝で本宮ハンドボールスポ少が優勝を飾った。男子2位は福島のFハンドボール、女子2位は郡山スポ少。(写真は本宮ハンドボールスポ少)
男子1位:本宮、2位Fハンド、3位郡山、4位いわき
女子1位:本宮、郡山、3位いわき、4位福島タノシーズ

◆東北総体 成年男子が3位に入り国体出場決める。
東北総体ハンドボール競技は8月22日から24日まで青森市で開催された。福島県は成年男子(福島クラブ)が決勝リーグ1勝2敗で3位に入り岩手、青森とともに国体出場を果たした。成年女子は準決勝で岩手に26−19で敗れた。少年女子は準決勝で宮城に27−25で惜しくも敗れた。男子も決勝進出はならなかった。

◆東北中学ハンドボール 女子で石川中が準優勝、男子の信夫中は準決勝敗退
第32回東北中学校ハンドボール選手権は8月6日に仙台市で男女の準決勝と決勝を行った。女子の石川中は準決勝で山形の尾花沢に15−12で勝利し決勝進出。決勝では秋田の羽後中と対戦し22ー12で惜しくも敗れ準優勝に終わった。男子は信夫中が準決勝に進出したが岩手の花巻に28−25で惜しくも敗れた。

◆全国クラブハンドボール選手権東地区大会 福島MTSは初戦敗退、女子福島クラブはベスト4
第23回全国クラブハンドボール選手権大会東地区大会は7月26日、27日に本宮総合体育館で男子16チーム、女子8チームが出場して行われた。福島県からは男子が福島MTS、女子は福島クラブが出場した。男子の福島MTSは1回戦沼南クラブと対戦16−23で敗れた。女子の福島クラブは1回戦豊平クラブに16−5で勝利し、準決勝はSAKURAクラブと対戦し13−16で惜しくも敗れベスト4に終わった。
◆インターハイ県代表選手
7月28日から長崎県で行われるインターハイの県代表選手は次の通り。
監督:小針三夫、角田智成(学法石川)、矢作英樹、野口洋恵(郡山東)
選手:酒井克浩、渡辺駿太郎、佐藤博康、南條拓也、田中繁、矢吹昭善、遠藤博、瀧口翔、二瓶裕太、円谷陽、西牧広成、藁谷知広、矢内諒、川名貴宏(学法石川)
岩谷恵理子、鈴木奈津美、宗像直子、秋山綾、小湊千厚、緑川恵美、赤井めぐみ、大河内香、矢内弘子、植田春香、近内睦美、菅井歩希、上遠野友里、田久萌絵(郡山東)


◆県総体 少年は男子が14年ぶりに帝京安積、女子は郡山東、成年男子は福島クラブ、女子は福島クラブA。
県総体ハンドボール競技は7月12日、13日に本宮総合体育館などで行われた。少年の部は男子が決勝で帝京安積が郡山東を31−20で下し14年ぶり2度目の優勝を果たした。3位は学法石川、聖光学院。女子は決勝で郡山東が29−20で安達を下し4年連続19回目の優勝を果たした。成年の部は男子決勝で福島クラブが福島MTSを26−22で下した。女子は福島クラブAが25−16で福島クラブBを下した。

◆東北高校ハンドボール 男子は準々決勝、女子は1回戦敗退
東北高校ハンドボール大会は6月20日から22日まで秋田県湯沢市で行われた。福島県からは男子に学法石川、郡山東が、女子に郡山東、安達東が出場した。男子の郡山東は1回戦秋田商に25−17で勝ち、準々決勝は岩手の不来方に27−21で惜しくも敗れた。学法石川は準々決勝から登場し盛岡南と対戦し14−24で破れ準決勝進出はかなわなかった。女子は1回戦で郡山東が盛岡二に20−21の1点差で準々決勝進出はならなかった。安達東も大曲農に18−29で敗れた。優勝は岩手の不来方が男女アベック優勝を飾った。

◆県高体ハンドボール 男子は学石が15連覇、女子は郡山東が2年ぶりV
県高体ハンドボールは6月7日から9日まであづま総合体育館で開催された。男子は学法石川が郡山東を22−17で下し15年連続25回目の優勝を飾った。女子は郡山東が安達東を33−12で破り2年ぶり20回目の優勝を飾った。大会結果は以下の通り。
男子
2回戦
学法石川23−16郡山北工、本宮22−20福島南、福島東29−4長沼、安積20−17聖光学院、郡山東27−10尚志、日大東北32−11福島北、郡山21−15福島、帝京安積31−3南会津
準々決勝
学法石川31−10本宮、安積21−13福島東、郡山東24−9日大東北、帝京安積18−15郡山
準決勝
学法石川29−15安積、郡山東18−15帝京安積
決勝 学法石川22(11−8,11−9)17郡山東
女子
2回戦
郡山東36−5本宮、安積16−3福島東稜、福島西23−3石川、橘15−8安積黎明、安達東20−7郡山、福島東12−4尚志、福島商24−4須賀川、光南34−9川俣
準々決勝
郡山東31−2安積、福島西13−3橘、安達東33−1福島東、光南16−12福島商
準決勝
郡山東19−8福島西、安達東22−20光南
決勝 郡山東33(20−2,13−10)12安達東




◆東日本高校女子大会で郡山東が準優勝
5月4日、5日に仙台市で東日本高校女子ハンドボール大会が行われ、福島県代表の郡山東が決勝に進出、決勝戦では秋田の大曲農業に19−17と惜しくも敗れたが健闘し準優勝を果たした。

◆ズームアップ!打倒郡山東を合い言葉に全国大会出場めざす光南高校ハンドボール部

「打倒、郡山東」を合い言葉に部員一丸になって練習に取り組んでいる光南高校ハンドボール部。この3月までは部員7名(6名が石川中出身)という少人数ながらもチームワークとガッツで大会に臨んできた。
「いつも7人というぎりぎりの中でやってきたので誰かが怪我をしたからとか言い訳はきかないんです。そのせいもあり選手みんな精神的にも去年より成長しましたね」と語るのは最上 大監督。安積高校、国際武道大でハンドボール選手だった最上監督と山田宗徳コーチの指導のもと今年は悲願のインターハイ・全国大会出場を大きな目標に掲げている。
 先日開催された春季選手権高校女子の部ではわずか2点差と郡山東にあと一歩及ばず悔しい思いをした選手たち。「私のパスミスで相手に得点を許してしまったのが悔しい」と振り返るキャプテンの仁瓶選手だが、互角の戦いを見せた大会で次への手応えを感じているようだ。2年生でチームの得点源でもある大竹選手の怪我もすっかり回復し、笑顔で「県大会で優勝します」と抱負を語った。
固い守りをベースにチャンスには大竹、矢吹らにボールを集めゴールを決めていくのが光南の持ち味。「ディフェンスはできてきました。あとはコンビプレーがもっとよくなれば思っていたチームに近づきます」とチーム完成への自信も深めている最上監督。全国大会への期待も大いに高まってきた。この4月には石川中などから期待の新人8人も加わり、人数的な心配はなくなった。郡山東を破り全国へという先輩達が果たせなかった夢を今年かなえることができるか、ますますパワーアップした光南ハンドボール部に注目したい

(写真前列左から3年生の小針千里、仁瓶由美子、水野恵。後列左から2年生の相樂仁美、矢吹奈津美、大竹志保、蛭田祐子。
(上の写真はクリックすると拡大できます。右写真・左が最上監督、右が山田コーチ))

◆4月18日から20日まで本宮で県春季ハンドボール選手権
4月18日から20日まで本宮総合体育館で第54回県春季ハンドボール選手権が開催される。当日は一般男女A,B、高校男女、マスターズ男女の3種で実施される。なお一般男女Aは優勝チームは全国クラブ東地区大会への出場権を得る。男子2,3位、女子2位は東北予選会へ出場。一般男女Bはジャパンオープン東北予選の出場決定戦を兼ね男女とも優勝チームは6月の東北クラブ・ジャパンオープン東北予選に出場する。高校の部は男子が24校、女子が13校が出場する予定。大会についての問い合わせは県協会事務局の最上大氏(光南高校)まで。なお大会の結果はこのページでご紹介します(写真は一般男子で初優勝の福島MTS)

選手権結果速報!高校男子は学法石川、女子は郡山東が5連覇。一般男子は福島MTSが初優勝
(高校男子)
1回戦
福島28−25清陵情報、安積19−11川俣、福島商30−16好間、郡山北工25−21、尚志29−12須賀川、平工23−12福島北、福島工20−19郡山、日大東北28−21福島西
2回戦
学法石川38−17福島、安積29−3長沼、福島東33−22福島商、聖光学院19−11郡山北工、帝京安積21−9尚志、平工19−8内郷、福島工37−14南会津、郡山東27−14日大東北
3回戦
学法石川26−16安積、聖光学院25−17福島東、帝京安積37−9平工、郡山東28−9福島工
準決勝
学法石川25−18聖光学院、帝京安積25−13郡山東
決勝 学法石川26(13−12,13−10)22帝京安積
(高校女子)
1回戦
川俣23−1福島東稜、福島西18−5尚志、安達東18−7郡山、橘23−4本宮、福島東17−11福島北
2回戦
郡山東35−4川俣、安達東14−10福島西、橘12−11福島商、光南27−5福島東
準決勝
郡山東20−12安達東、光南27−12橘
決勝 郡山東15(7−6,8−7)13光南

(一般男子A)
学石クラブ26−21石川クラブ、福島MTS29−28全郡山
決勝 福島MTS18−16学石クラブ、
3位決定 全郡山21−12石川クラブ
(一般男子B)
福島クラブ24−21福島大学
(一般女子A)
福島クラブ26−11福島大学

◆全国高校選抜大会 学法石川は2回戦で愛媛の松山工業と対戦 23−26で惜敗

3月23日から28日まで富山県の氷見市で開催される全国高校ハンドボール選抜大会の組合せが決まった。東北代表として福島県から出場する学法石川高校(小針三夫監督)は2回戦からの登場で愛媛県の松山工業と対戦した。前半10−13、後半13−13と互角の展開だったがあと一つ及ばなかった。
全国高校選抜大会の組合せ、日程、結果は日本ハンドボール協会ホームページまで。


◆ハンドボール小学生東北大会で本宮ハンドスポ少が嬉しい初優勝
2月8日、9日に山形市で行われた第12回大沼杯小学生ハンドボール東北大会で本宮ハンドボールスポーツ少年団の女子(兼谷典寿監督)が決勝に進出し、決勝で地元の東根スポ少に圧勝、見事な初優勝を飾った。本宮ハンドボールスポーツ少年団についてはこちらまで。
◆東北高校選抜ハンドボール 男子の学法石川が準優勝で第2代表として全国大会出場
2月1日、2日に宮城県利府町で東北高校選抜ハンドボール大会が開催され、男女とも岩手県の不来方高校が優勝した。福島県代表校は男子の学法石川が第1,第2代表決定トーナメント決勝に臨み、不来方と対戦し惜しくも24−19で敗れたものの第2代表として3月の全国大会に出場する。男子の郡山東は第2代表決定トーナメント準決勝で宮城の利府に16−15で惜しくも敗れた。女子は郡山東が第3代表決定トーナメント1回戦で秋田の大曲農に14−11で敗れた。光南は第2代表決定トーナメント準決勝で盛岡二に3−12で敗れた。 

◆第39回東北総合ハンドボール選手権 男子は福島クラブが準優勝、女子は宮城のケヤッキーズが優勝
1月18日・19日に本宮町総合体育館で第39回東北総合ハンドボール選手権大会が開催された。男女とも各県代表2チームの12チームが出場した。男子は福島クラブと青森の野辺地クラブとの決勝戦となり野辺地が31−26で優勝、福島クラブは惜しくも優勝を逃した。また福島MTSは1回戦で野辺地と対戦し20−29で敗れた。一方女子は宮城のケヤッキーズと岩手の白梅三英芙会との決勝となりケヤッキーズが18−16の僅差で白梅を敗り優勝を飾った。福島クラブは準決勝で白梅に19−21と惜しくも敗れた。また福島西高が1回戦で山形の東根工業に勝利したが2回戦で宮城ケヤッキーズに11ー25で敗れた。


◆第26回東北高校ハンドボール選抜大会県代表決定戦 男子は学法石川、女子は郡山東が優勝
第26回東北高校ハンドボール選抜大会県代表決定戦が1月5日に石川町総合体育館で開催された。予選会には地区予選を勝ち抜いた男女各4校(男子:学法石川、聖光学院、帝京安積、郡山東。女子:郡山東、安達東、福島商業、光南)が出場し東北大会への出場(男女とも上位2校)をかけ対戦。男子は学法石川(小針三夫監督)が郡山東(矢作英樹監督)を破り2年ぶりの優勝、女子は郡山東(矢作英樹監督)が光南(最上大監督)を破り13年連続優勝を決めた。なお男女とも上位2校は1月30日から2月2日まで宮城県利府で行われる東北大会に出場する。
結果は次の通り

男子1回戦 
学法石川 21−20 聖光学院、帝京安積 11−14 郡山東
決勝 学法石川19−16郡山東
女子1回戦
郡山東 25−8 安達東、福島商業 10−20 光南
決勝 郡山東17−7光南








PDFファイルを見るにはアクロバットリーダーが必要です。下のサイトで無料でダウンロードできます。