サッカーニュース 06−05

全国高校サッカー速報!尚志2回戦、八千代高校と対戦もPK戦で惜しくも敗れる

12月31日柏の葉陸上競技場で行われた1回戦で尚志と鵬翔が対戦、前後半0−0でPK戦決着となり、尚志が4−2で勝利し初出場で1回戦を突破した。2回戦は1月2日に国見を下した千葉の八千代高校と対戦し、前後半0−0のあと後半開始2分に豊崎が先取点をあげるも終盤に追いつかれ1−1同点のまま1回戦に続きPK戦に入った。PK戦は惜しくも4−5で敗れたが1回戦2回戦とも強豪相手に五分の戦いを見せ尚志のサッカーを全国にアピールした。

県高校新人サッカー 福島工業が優勝、2位は相馬

県高校新人サッカー大会は12月10日11日にJヴィレッジで行われ、決勝で福島工業が相馬を3−0で下し優勝した。3位決定戦は尚志が2−0で郡山を下した。上位3校は2月にJヴィレッジで行われる東北大会に出場する。
準々決勝 尚志3−1福島東、相馬4−2東日本大昌平、福島工1−0磐城、郡山2−0富岡
準決勝 相馬(延長)1−0尚志、福島工(延長)1−0郡山
決勝 福島工3−0相馬、 3位決定戦 尚志2−0郡山


県中学新人サッカー 松陵中が福島三中に圧勝し優勝

県中学新人サッカー大会は11月11日12日に1回戦、準々決勝を実施、郡山六中、福島三中、郡山三中、松陵中が準決勝に進出した。準決勝、決勝は23日に西部サッカー場で行われ、福島三が郡山六を0−0(PK3−2)で、松陵が郡山三を3−2で下し決勝に進出、決勝戦は松陵が8−0で圧勝し優勝を飾った。詳しい結果は県サッカー協会HPで。


県都・福島にJリーグクラブを作る会が署名活動中。5年後のJリーグ入りめざす。新チーム名公募。
今年県サッカーリーグ2部に所属、来年の1部昇格を果たした福島夢集団ユンカースを応援する「県都・福島にJリーグクラブを作る会」(鈴木宏幸会長)が10月31日に発足し、ホームタウンとなる福島市に協力を求めるため10001人の署名を集める活動を展開している。署名は12月10日まで行う(インターネット署名もできる)。夢集団は将来のJリーグ入りをめざし2002年4月に発足、04年に県サッカーリーグ3部に参入、昨年2部昇格、来年1部昇格と順調な昇格を果たしている。クラブでは5年後のJリーグ2部入りをめざす。そこで県リーグ1部昇格を機に、より広く地域に親しまれるチームとするためユンカースに代わる新しいチーム名を現在募集中。応募方法などは福島夢集団の公式サイトで。

全国高校サッカー県大会二次大会 尚志高校がうれしい初優勝! 全国大会1回戦は宮崎の鵬翔
二次大会の決勝トーナメントは14日開幕。準決勝は10月21日鏡石鳥見山運動公園で行われ、V2めざす湯本が郡山商を、尚志が東日本大昌平を下し決勝に進出した。決勝は11月4日にJヴィレッジスタジアムで午後1時30分から行われ、初優勝をめざす尚志は前半安藤と内山のゴールで2点をあげ優位に立つと、後半も安藤、途中出場の横田が得点を奪い王者湯本に4−0で完勝し悲願の選手権初優勝と全国大会出場を決めた。全国大会は12月31日に開幕、尚志は1回戦で宮崎県の鵬翔と対戦する。(千葉県柏の葉運動公園・午後2時10分キックオフ)
決勝 尚志4(2−0,2−0)0湯本
準決勝 尚志3−0東日本大昌平、湯本3−0郡山商
準々決勝 湯本2−0相馬、尚志4−1会津工、郡山商1−0郡山、東日本大昌平3−1聖光学院
4回戦 湯本6−1二本松工、相馬(PK6−5)1−1―郡山北工、郡山商(延長)1−0福島東、郡山4−3郡山東、
尚志5−2小高工、会津工2−1安達、富岡2−3聖光学院、東日大昌平(PK5−4)2−2安積



県サッカーリーグ終了 11月5日から来季リーグ参入めざす3チームでチャレンジマッチ
県社会人サッカーリーグは10月29日に全日程を終了した。1部は相馬SC、2部はバンディッツいわき、3部東NC倶楽部、西は福島蹴友会が優勝した。(11月5日に3部東西優勝チームによる初の優勝決定戦が行われる。)また来年県リーグに参入するチームによるチャレンジマッチが11月5日、12日、19日に行われる。白河FC、ラスティング郡山、西田FCが総当たりで行い2チームが来年の3部リーグに参入できる。リーグ戦成績及びその他の最新情報は県サッカー協会1種委員会のHPで
5日結果 ラスティング3−2白河FC

「福島県にJリーグチームを作る会」が発会式、新名称は「ビアンコーネ福島」に 

東北社会人リーグ2部南部所属のノーザンピークス郡山を運営する褐S山フットボールクラブ(佐藤暁社長)は「福島県にJリーグクラブを作る会」を発足することを発表、10月25日に郡山市内のホテルで発会式が行われ、席上でノーザンピークスに代わる新しい名称として「ビアンコーネ福島」に決定したことを発表した。新名称は一般公募によるもの。ビアンコーネのビアンコはイタリア語で白の意味で、会津の白虎隊にちなんだ造語。白虎隊のように若い選手を育てたくましく力強いチームになってほしいとの意味も込められている。発会式では会の発起人代表の郡山商工会議所の大高善兵衛会頭があいさつし現状で準備段階と前置きし新しい知事が決まった後に会として県に協力を求めたいと述べた。また県サッカー協会の櫻岡祐一会長もあいさつしJリーグクラブをめざす会の活動を支援していくことを明らかにした。新たな情報は随時お伝えしていきます。

県社会人サッカーリーグ1部は相馬SCが優勝、東北リーグ昇格かけチャレンジマッチに出場
県社会人サッカーリーグ1部の全日程が10月22日に終了し、相馬SCが勝点26で優勝を飾った。(28年ぶり2回目)2位はメリー、3位松下電器panasonic福島、4位会津サントス、5位オリンパス会津、6位北芝電機。相馬SCは東北社会人サッカーリーグ2部南部ブロックへの昇格をかけた東北南3県チャレンジマッチに出場する。チャレンジマッチは1位チームが東北2部南部ブロックへ自動昇格、2位は東北2部南部7位のクレハサッカー部と入れ替え戦を行う予定だが、2部南部優勝の古河電池が1部昇格した場合は入れ替え戦を行わず2位チームも自動昇格する。11月5日相馬vs山形県リーグ1位(酒田琢友クラブ)、11月12日琢友クラブvs宮城県リーグ覇者、19日相馬SCvs宮城県リーグ覇者。なお県リーグ2部3部東西は各残り1試合を残している。詳しくは県サッカー協会1種委員会のHPで。


全日本ユース(高円宮杯)U-15東北予選大会で古河電池が3位入賞、全国大会出場
全日本ユース(U-15)サッカー選手権東北予選大会は10月7日8日、9日に山形県総合運動公園で行われ、県代表の古河電池FCが1次リーグを突破、2次トーナメント準決勝でベガルタ仙台に敗れたが3位決定戦でモンテ村山に勝ち3位入賞を果たした。優勝したベガルタ仙台、2位の青森山田中学校、3位の古河電池は12月の全国大会に出場する。
☆古河電池公式HP

第11回クリスタルカップ 優勝はセレソン米沢、FC富岡準優勝、矢吹少年団3位

第11回クリスタルカップサッカー大会は9月30日10月1日に石川町で開催された。県内各地区からの28チームに加え茨城県から3チーム、山形から1チームの計32チームのサッカー少年団・サッカークラブが参加、8ブロックでの予選を行い、予選の成績ごとに4つのトーナメントを開催した。予選1位の8チームにより行われたクリスタルカップには、FC富岡ガンバローズ、fcゴデーレ、矢吹スポーツ少年団、塙山スポーツ少年団、白河スポーツ少年団、すずかけスポーツ少年団、セレソン米沢、アストロンSCの8チームが進出。決勝戦ではFC富岡ガンバローズとセレソン米沢が対戦したが、米沢が富岡を圧倒し5−0で勝利し優勝を飾った。3位決定戦では矢吹スポーツ少年団がすずかけスポーツ少年団に2−0で勝利した。その他3つの決勝トーナメント優勝チームは次の通り。キララカップ1位石川スポーツ少年団、あさまるカップ1位沢田スポーツ少年団、ささらカップ1位矢祭スポーツ少年団。*上写真左からクリスタルカップ1位の米沢、2位富岡、3位矢吹。



県女子サッカー選手権 JFAアカデミー福島が初参戦、初優勝
県女子サッカー選手権は9月18日に準決勝、決勝を行い今年発足したJFAアカデミー福島が初参戦で初優勝を飾った。準決勝で磐城桜が丘高校に14−0で圧勝すると決勝戦も富岡高校に5−0で勝利し初タイトルを手にした。JFAアカデミー福島は11月に宮城で行われる東北大会に出場する。詳しい大会結果はこちら
準決勝 富岡高校3−2FC BLOOM、JFAアカデミー14−0磐城桜が丘  決勝 JFAアカデミー5−0富岡


ノーザンピークス郡山がJリーグ参入へ構想発表。チーム名、エンブレム・ユニフォームデザインを一般公募。
東北社会人サッカーリーグ2部南部のノーザンピークス郡山を運営する褐S山フットボールクラブ(佐藤暁社長)は8月30日に3年後のJリーグ入りをめざした新たな構想を郡山市役所で発表、Jリーグ入りを視野にいれチーム名とエンブレム、ユニフォームのデザインを9月1日から一般公募する。詳しくは下記まで。
同クラブでは現在スポンサーなどとJリーグをめざすための支援組織の立ち上げも検討中。またトップチームは来年からS級ライセンスを持つ監督指導者の招聘、5名ほどのプロ契約選手の獲得も予定し最短で3年後のJリーグ加盟をめざす。また若手育成のためのサテライトチームもスタートさせ県リーグに参加するほか中学生年代のジュニアユースチームも作りジュニア選手の育成・強化を図る。
 


天皇杯速報!優勝は2年連続でFCプリメーロ バンディッツいわき惜しくも準優勝


県サッカー選手権(全国サッカー選手権天皇杯県予選)は8月19日に準決勝2試合が行われ、第1試合は昨年優勝のプリメーロがノーザンピークスを延長の末3−1で下した。第2試合はバンディッツいわきが福島大を2−0で下し初の決勝進出を決めた。決勝戦は8月20日午後2時4分からあづま陸上競技場で行われ、プリメーロ、バンディッツとも前半1−1で後半も互角の勝負となり90分で決着つかず延長戦に突入、延長前半バンディッツのFW馬目が裏に出たボールから見事なゴールを決め勝ち越した。しかし延長後半プリメーロのFW小野が2点目をあげ同点にすると直後にバンディッツDFのミスに乗じ再び小野が得点を決め3−2でプリメーロが勝利した。プリメーロは2年連続8回目の優勝。平工OB主体のバンディッツはノーシードながら実力を発揮、古河電池、福島大と破り初の決勝戦に進出、一時は王者プリメーロを追いつめたが元J2水戸でプレーしたプリメーロの小野隆儀選手のハットトリックの活躍で優勝を阻まれた。優勝したFCプリメーロは9月17日Jヴィレッジで天皇杯1回戦(対岡山県代表)に出場する。1回戦に勝利した場合2回戦は広島県福山で鳥取県と愛媛県の勝者と対戦する。2回戦勝利した場合は山形でJ2モンテディオ山形と対戦する。

8月20日決勝の結果 FCプリメーロ3−2(1−1、延長前半1−0,後半2−0)バンディッツいわき
8月19日準決勝の結果
 FCプリメーロ(延長)3−1ノーザンピークス郡山、バンディッツいわき2−0福島大学
7月23日準々決勝の結果
FCプリメーロ3−0東日本国際大昌平、ノーザンピークス郡山(延長)4−2日本大工学部、
バンディッツいわき4−0湯本高、相馬SC1−3福島大
4回戦(7月17日)東日本国際大昌平1−0ペラーダ福島、ノーザンピークス郡山3−0尚志高、日本大工学部2−0フリーダム、バンディッツいわき3−2古河電池FC、湯本高1−0FCE-STAR、相馬SC4−1福島夢集団

1回戦結果 県庁クラブ2−1いわき明星大、BBO2−1クラブ北、喜多方FC3−0FCジモティーナ、県立医大2−1あさかFC、SPANSIONJAPAN4−1FCアルカトラズ、アルプス電気相馬4−1日東紡福島、フリーダム5−3自衛隊福島、原町SC6−2白河クラブ、バンディッツいわき2−0ラスティング郡山、奥羽大2−1白河FC
7月2日結果 FCE-STAR8−0BiancoNeri、FC BOWZ1-4アビラーション、相馬SC7−0グロリーズ福島、
MDY5-3福島蹴友会、福島夢集団2−1北芝電機、信夫DREAM3−1FC ORIENTE
7月9日結果 BBO3−2県庁クラブ、県立医科大7−0喜多方FC、アルプス電気相馬2−1SPANSIONJAPAN、
フリーダム3−2松下電器、オリンパス会津4−3原町SC、バンディッツいわき3−0メリー、
奥羽大(PK4−3)2−2会津サントス、FC E-STAR1−0アビラーション、相馬SC7−1MDY、夢集団6−0信夫DREAM
3回戦(7月16日結果)東日本国際大昌平5−0BBO、ペラーダ福島3−0県立医大、尚志高4−1アルプス電気相馬、
バンディッツいわき8−0奥羽大、FC E-STAR(PK4−3)3ー3クレハ、相馬SC5−0東日本国際大、福島夢集団2−1福島東高
 
東北総体サッカー成年女子が国体出場!成年男子、少年は国体出場ならず
東北総体サッカー競技は8月11日から13日まで宮城県で開催され、福島県は成年女子チームが堂々の優勝を飾り兵庫国体への出場を決めた。福島は初日秋田選抜に2ー0で勝利し、2日目は宮城選抜に4ー2で快勝した。1日、2日目ともに東京電力マリーゼ所属でいわき市出身の鈴木玲美選手が大活躍、宮城戦ではハットトリックを決めチームを国体出場に導いた。
成年男子は東北1部リーグ所属のFCプリメーロの主力選手などで選抜されたチームで出場し1日目の岩手戦は0ー0で引き分け2日目の山形戦は7ー2で圧勝したものの岩手が得失点差で上回りBブロック2位で惜しくも国体出場を逃した。少年男子は第3代表決定戦に臨んだが岩手に0ー1で敗れ国体出場を逃した。

全国クラブチーム選手権県大会 相馬SCが優勝
クラブ選手権県大会の準決勝は7月30日にあづま補助陸上競技場で行われ、相馬SCがラスティング郡山を4−2で、会津サントスが1−0でメリーに勝利し8月6日の決勝に進出した。決勝戦は10時30分から福島市信夫ヶ丘競技場で行われ相馬SCが2−0で会津サントスを下し優勝した。相馬と会津は東北大会に出場する。
決勝 相馬SC2−0会津サントス  準決勝 相馬SC4−2ラスティング郡山、会津サントスFC1−0メリー


全国社会人サッカー選手権県大会 相馬SCが初優勝、ラスティング2位。東北大会出場
1回戦4試合が5月21日に開催された。大会は5月28日、6月4日、11日、17日18日に実施。準決勝、決勝は会津レクレーション公園で開催され相馬SCが決勝でラスティング郡山に勝利し初優勝を飾った。。上位2チームと東北リーグ推薦のFCプリメーロは9月2日から4日まで福島で行われる東北大会に出場する。
決勝 相馬SC(PK7−6) 1−1(0−0)ラスティング郡山
準決勝 ラスティング3−2古河電池、相馬SC(PK4−2)1−1ノーザンピークス
準々決勝 古河電池3−0メリー、ラスティング郡山5−1クレハ、相馬SC(PK4−2)1−1ペラーダ福島、
       ノーザンピークス郡山6−2松下電器
2回戦 メリー6−0クラブ北、クレハ2−1福島夢集団、ラスティング郡山(PK2−0)0−0バンディッツいわき
ペラーダ福島9−0喜多方FC、相馬SC2−0FCE-STAR、松下電器5−2オリンパス会津
B.B.O3−1福島蹴友会、ラスティング郡山3−0SpansionJapan、
喜多方FC1−0MDY、FC E-STAR11−0 O.F.C


高校体育大会 湯本が尚志下し初優勝、全国大会出場決める
県高校体育大会決勝は6月3日にJヴィレッジで行われ、湯本高校が尚志を1−0で下し昨年の高校選手権に続き優勝を飾った。3位決定戦では福島東が東日本国際大昌平を1−0で下した。湯本は全国大会初勝利をめざす。高校総体近畿サッカー競技は8月1日から大阪で開催される。

県高校女子サッカー大会 富岡が優勝、2位は磐城桜が丘
第3回全日本高校女子サッカー大会県大会は6月3日まで郡山で行われ、5チーム(小野、平商、磐城桜が丘、あさか開成、富岡)による総当たりのリーグ戦を行い富岡高校が4戦4勝で優勝を飾った。2位は磐城桜が丘。上位2校は6月23日からの東北大会(宮城)に出場する。

郡山フットボールクラブ(ノーザンピークス郡山)が中学生年代のサッカークリニック6月から開催

この3月に将来のJリーグ入りをめざし発足した郡山フットボールクラブ(ノーザンピークス郡山)が6月から中学生年代のサッカークリニックをスタートする。対象は中学1年から3年生まで。毎週月曜日の午後7時から8時30分まで郡山北工業高校グラウンドで実施する。フィールドプレーヤーは郡山FC代表で前川崎フロンターレ、ジェフ市原仙台スクール育成部コーチの佐藤 暁氏が指導する。またゴールキーパーは同クラブのトップチームであるノーザンピークス郡山のGK中川正樹選手が担当する予定。なお体験入学を6月5日(月)に開催する。会費等詳しいことは郡山フットボールクラブまで。024−942−1781
*東北リーグ2部のノーザンピークスでは6月4日に選手セレクションを実施する予定。


全国クラブチームサッカー選手権県

全国クラブチームサッカー選手権県大会が4月30日開幕した。前年優勝の相馬SCや県リーグ所属など計17チームが参加して優勝をめざす。日程は4月30日、5月7日、14日、7月30日、8月6日。1位2位チームは東北大会への出場資格を得る。なお大会結果ほか最新情報は県サッカー協会1種委員会のHPを参照下さい。
結果速報!ベスト4決定!準決勝は7月30日
3回戦 メリー1−0福島夢集団、ラスティング5−1BBO、会津サントス2−0信夫DREAM、相馬SC5−0OFC
2回戦 OFC3−0MDY、ラスティング1−0フリーダム、夢集団4−1クラブ北、信夫2−1あさか
1回戦 フリーダム1−0FCE-STAR、ラスティング郡山2−1グロリーズ福島、福島夢集団8−0FCアルカトラズ、
クラブ北6−0原町SC、信夫DREAM1−0FCジモティーナ

U-18県サッカーリーグ2006「Fリーグ」がスタート!
U-18(高校生年代)のレベルアップを目的に今年4月からU-18県サッカーリーグ2006「通称Fリーグ」」が開幕した。Fリーグは1部8チーム、2部8チームで構成、県大会などのない土日に各地で開催し8月まで総当たりの8試合を実施する予定。F1は福島工、福島南、尚志、郡山商、福島東、勿来工、会津工、郡山。F2は東日本大昌平、郡山北工、原町、会津、聖光学院、須賀川桐陽、相馬、平工。優勝チームは来年のU-18プリンスリーグ東北への出場資格を得る。結果は福島県サッカー協会のページで(月別予定のページから)結果が見られます。


4月8日JFAアカデミー福島がスタート

日本サッカー協会は18年度から双葉郡・富岡町でスタートする「JFAアカデミー福島」の開校式を4月8日(土)に双葉郡・富岡町文化交流センター「学びの森」で開催。JFAアカデミー福島開校式に引き続き、福島県および広野町・楢葉町富岡町等が主催する「双葉地区教育構想開始式」が開催された。当日は川淵三郎日本サッカー協会キャプテンが出席、「福島アカデミーから将来日本代表、世界代表になるような選手に育ってもらいたい」と挨拶した。
JFA福島アカデミーは双葉地区の4つの公立中学校(広野中、楢葉中、富岡一中、富岡二中)と県立富岡高等学校が連携型中高一貫教育によって「真の国際人として社会をリードする人材の育成」を行う一方アカデミー生から将来の日本代表選手などトップ選手を輩出する計画。入校生は既に決定済みで全国から選抜された男子17人、女子23名が入校した。生徒は地元中高学高校に通いながらJヴィレッジでトップレベルの指導を受けるほかアカデミー生によるクラブも設立し大会にも出場する予定。福島県内からは男子3名(佐藤令治、池村彰太、下重優貴)、女子1名(栗原ひかる)の4人の中学生が入校した。なおJFA福島アカデミーのスクールマスターは日本サッカー協会技術委員長の田嶋幸三氏。


3月5日J1浦和レッズのブッフバルト監督が来県。小学生イベント及び一般対象の交流会開催・参加者募集!

将来のJリーグをめざすNPO法人いわきクラブの主催で3月5日にいわき市南部アリーナといわきゆったり館(湯本)でABRASIONスポーツ交流フェスティバルが開催される。このイベントにはJ1浦和レッズのブッフバルト監督と同コーチのエンゲルス氏が特別参加し交流を図る。南部アリーナでのチャレンジフェスティバルは小学生と父兄を対象にフットサル大会やゲーム、サイン会を開催。また終了後は湯本のゆったり館でブッフバルト監督らによる講演会とレセプションが行われる。フェスティバルは1チーム7名以上参加で参加無料。コンベンションとレセプションは一般対象で1名2500円の参加費(飲食代込み)。
問い合わせ・申込み いわきクラブ理事長大田原邦彦090ー2024ー3787FAX0246ー29ー8428
メールabrasion_2012@coral.plala.or.jp


東北高校新人サッカー速報 県勢ベスト4ならず

2月3日から5日までJヴィレッジで開催。福島県からは福島南、郡山北工、原町が出場したがベスト4入りはならなかった。優勝は2年連続で青森山田高校。
1回戦 福島南3−2新庄東、原町2−1羽黒、盛岡市立3−1郡山北工
2回戦 宮城工2−1福島南、利府3−1原町


U-18プリンスリーグ東北 福島県代表は湯本
2006U-18プリンスリーグ東北の県代表を決める代表リーグ戦が湯本、福島南、郡山北工の3校が参加して1月15日21日、22日にJヴィレッジで行われ、湯本高校が福島南と勝点で同じとなったが得失点差で1位になり代表に決定した。郡山北工は2敗だった。プリンスリーグ東北は各県代表が参加し4月から7月まで東北各県で開催される予定。
リーグ戦結果 湯本1−1福島南、湯本6−0郡山北工、福島南2−1郡山北工


全国高校サッカー選手権 湯本は徳島商に2−3惜敗 根本が先制弾
高校サッカー選手権は12月31日東京、埼玉、千葉、神奈川の各会場で開幕する。湯本高校は31日の12時10分から東京駒沢陸上競技場で1回戦徳島県代表の強豪・徳島商業と対戦。前半湯本のDF根本が先制弾を決めるもその後同点に追いつかれると後半も徳島商ペースとなり逆転を許し1−3と劣性、しかし後半向山のゴールで1点差まで迫った。終盤同点の惜しいチャンスもあったがいま一歩及ばず2回戦進出はならなかった。
前半 湯本1−1徳島商 後半 湯本1ー2徳島商

県出身Jリーガーの渡辺選手J2山形へ、茂木選手J2神戸へ、高萩選手愛媛FCへそれぞれ移籍決定

いわき市出身で川崎フロンターレで活躍中だった渡辺 匠選手がこのほどJ2モンテディオ山形への完全移籍が決定した。また聖光学院卒でJ1サンフレッチェ広島のFWとして活躍中の茂木弘人選手も同じく来季J2のヴィッセル神戸への完全移籍が決定。来シーズンはともにJ1昇格をめざすことになった。また同じく広島の高萩洋次郎選手(小名浜出身)は愛媛FCへの1年間レンタル移籍が決定。今年惜しくもJ1昇格を逃したベガルタ仙台のFW萬代宏樹選手らとともに地元出身Jリーガーの活躍に注目だ。なお渡辺、茂木、萬代の3選手が1月15日にJヴィレッジで行われるスポーツセミナーに特別参加する。詳しくは福島テレビのHPで。また渡辺選手は1月3日に小名浜のア・パースフットサルサッカーレンタルスペースで行われるイベントにゲスト参加する予定。


Jめざす福島夢集団JUNKERS監督に元フロンターレの今井敏明氏就任
12月26日に郡山市のサンクスホーム本社で福島夢集団JUNKERS(横田篤代表)が来シーズンの新監督就任を発表した。新監督にはJ1、J2川崎フロンターレで監督を務めた今井敏明氏が就任することが決まり今井氏同席のもと会見が行われた。夢集団では来年選手セレクションなどを実施するとともにユースクラブも立ち上げる方針。今井新体制のもと4月から県サッカーリーグ3部に参入し将来のJリーグ入りをめざすことになる。
詳細は夢集団のホームページで。


県高校新人サッカー 湯本が優勝、2位は福島工、3位尚志
県高校新人サッカー大会は12月11日から13日までJヴィレッジで20チームが参加して開催された。決勝戦と3位決定戦は13日に行われ、決勝で湯本が1対0で福島工業を下し優勝を飾り高校サッカーの雪辱を果たした。3位決定戦では尚志が須賀川桐陽を4対0で下した。上位3校は2月11日からJヴィレッジで行われる東北大会に出場する。
結果速報!
準々決勝 尚志1−0会津、湯本2−0小高工、須賀川桐陽(PK4−2)0−0郡山北工、福島工1−0勿来工
準決勝 湯本(PK4−1)0−0尚志、福島工1−0須賀川桐陽
決勝 湯本1−0福島工  3位決定戦 尚志4−0須賀川桐陽
2回戦
磐城0−4会津、小高工3−1郡山、湯本4−0葵、尚志4−0平工、勿来工(PK7-6)延0−0聖光学院
郡山北工(PK3-1)延0−0福島東、須賀川桐陽 延2−1双葉、福島工7−1郡山商、
1回戦
平工1−0若松商、郡山2−0郡山東、  
郡山北工(PK4-3)延1−1二本松工、福島工1−0郡山商

決勝は13日12時、3位決定は10時から。
*11日の1回戦10時、2回戦13時30分、12日準々決勝10時スタート。


多くの人に親しんでもらえるチーム作りを! 東電女子サッカー部愛称「マリーゼ」に決定!

来年からJヴィレッジを拠点に活動を開始する日本女子サッカーリーグの東京電力女子サッカー部(旧YKKap東北フラッパーズ)の愛称が一般公募により、「マリーゼ」に決まった。1500通の応募からマリン(海)+ブリーズ(風)で「風のように力強く、風のように爽やかに駆け抜けるチームに」をコンセプトに愛称を「マリーゼ」に選んだ。11月29日には東京電力本社の人事労務部長が県庁を訪れ県に愛称決定を報告、また「県の多くの人に親しんでもらえるチーム作りを行っていきたい」と抱負を述べ県に新チームへの協力も求めた。東電では今後新監督ほか新チームの体制を決定する方針。またチームを応援してくれるサポーター組織も立ち上げることにしている。問い合わせ・東京電力福島事務所広報情報グループ024-521-0793
YKKap東北として最後の公式戦・全日本女子サッカー選手権に12月5日(2回戦)から出場!

ベガルタ仙台の萬代ルーキーイヤーを終了。1年目は通算4得点ながら存在感示す

福島東高出身のFW18萬代宏樹選手は11月27日のホームでの最終戦の横浜戦に久しぶりの先発出場を果たした。前節京都戦では後半からの出場でゴールはならかったが今年最終戦での佐藤との2トップ出場でゴールをねらった。横浜に開始早々に先制される苦しい展開、0−0のあと後半終了間際にMFシルビーニョが同点にしたがそのまま引き分けた。萬代は2本シュートを放ったが9月4日京都戦以来のゴールは決められず04シーズンは通算4得点で終了した。チームはJ2通算6位に終わったことでベルデニック監督を解任、後任には都並敏史元ヴェルディユース監督が就任した。萬代選手はルーキーながらリーグ序盤からフル出場を果たし4月24日甲府戦ではJ2最年少得点記録を作るなどFWとして予想以上の活躍を見せてくれた萬代選手に大きな拍手を送りたい。来年はさらなる成長に期待が寄せられる。


県中学新人サッカー速報 決勝戦は中村一中がPK戦で北信中下し優勝!
11月13日に郡山で開幕。結果は以下の通り。準決勝、決勝は23日に開催され、中村一中と北信中が決勝に進出、前後半終了で2対2の同点となり勝負はPK戦に持ち越され、中村一が4ー3で北信を下し優勝を飾った。3位は岳陽中と郡山七中。
準決勝 北信2−1岳陽、中村一4−0郡山七  決勝 中村一(PK4−3)2−2北信
1回戦 中村二3−1河東、石川3−2小原田、岳陽1−0中央台南、郡山七1−0喜多方一、松陵(PK4−3)0−0平一、中村一3−0醸芳、若松六3−0行健、北信7−2郡山四
準々決勝 北信3−0中村二、岳陽(PK4−1)2−2石川、郡山七(PK4−3)0−0松陵、中村一1−0若松六


福島東は1回戦で津工業(三重)と対戦 高校サッカー選手権組合せ決定
11月22日東京で全国高校サッカー選手権の組合せ抽選会が行われ、福島県代表の福島東高校(齋藤勝監督)は1回戦で三重の津工業と対戦することが決まった。大会は12月30日から東京、埼玉、神奈川、千葉で開幕、準決勝・決勝は東京国立競技場で行われる。昨年はエースFW萬代(ベガルタ仙台)らの活躍で初のベスト8入りを果たしたチーム、今年は昨年のメンバーでもある主将の新関を中心に悲願のベスト4入り・夢の国立をねらう。

東北クラブユース(U-15)新人選手権11月26日27日予選リーグ、12月JVで決勝T
11月27日28日に宮城県内3カ所、山形県1カ所で東北クラブユース(U-15)新人サッカー大会が行われる。東北6県から25チームが参加し予選リーグを実施、上位8チームが12月26日27日にJヴィレッジで決勝トーナメントを戦う。福島県からは県大会優勝の古河電池ジュニアユースのほか6チームが出場する。福島県出場チーム:古河電池ジュニアユース、FCレグノウァ、Jヴィレッジスポーツクラブ、大槻FC、エスペランサFC、郡山ゼロワンFC。大会詳細は東北クラブユースサッカー連盟のHPで。


東北地区大学1部リーグ終了 福島大は7位に終わる。日大工学部1部へ昇格
東北地区大学サッカーリーグ1部は10月30日に最終節が行われ終了した。優勝は仙台大学(勝ち点21)で福島大学は7位に低迷した。その他順位は次の通り。2位東北学院大(16)、3位富士大(13)、4位八戸大(10)、5位山形大(7)、6位岩手大(5)、7位福島大(4)、8位東北大(4)。なお1部昇格選考試合は11月14日に仙台で行われ、日本大学工学部が青森大を5−1で下し来年の1部リーグ昇格を決定した。


高校サッカー!福島東がFK2発決め平工に逆転勝利。選手権初の3連覇飾る!
決勝 福島東2−1平工 (前半0−0,後半1−1。延長前1−0、後半0−0)

決勝戦は11月6日にJヴィレッジで行われ、前半0−0のあとの後半早々に平工業が先制するも、福島東はセットプレーからFKを遠藤がゴール右隅に決め同点に追いつきそのまま80分を終了し延長戦へ。延長前半3分に再び福島東の平工ゴール前でのFKを主将の新関が絶妙なコントロールゴールで決め勝ち越ししそのまま平工を振り切った。福島東は3年連続での選手権制覇で3連覇は県大会初の快挙。福島東は年末から1月初旬にかけて行われる全国大会に県代表として出場する。


準決勝結果

平工業3−1聖光学院、福島東(PK4−3)1−1湯本
準々決勝結果
平工5−2尚志、聖光学院2−0会津工、湯本3−0郡山商、福島東1−0郡山

第3節結果(23日、24日)
湯本5−0会津工、小高工2−1安積、平工5−0郡山、双葉0−4会津
磐城0−0聖光、相馬1−3郡商、福島東7−0尚志、郡山北工1−2安達
第2節(16日、17日)
Aブロック:平工4−0双葉、郡山3−0会津、Bブロック:湯本2−1小高工、会津工0−0安積
Cブロック:福島東4−0郡山北工、尚志4−1安達、Dブロック 磐城3−2相馬、聖光1−0郡山商

第1節(10日、11日)
Aブロック:平工3−0会津、郡山10−2双葉、Bブロック:湯本3−2安積、会津工3−2小高工
Cブロック:福島東4−0安達、尚志7−1郡山北工、Dブロック:郡山商4−2磐城、聖光学院2−0相馬



東北クラブユース(U-15)新人サッカー選手権 古河電池ジュニアユースが2連覇
東北クラブユース(U-15)新人サッカー選手権は9月12日に予選リーグが開幕、10月17日から決勝トーナメントが実施されていたが11月3日にいわきGFで決勝戦が行われ、古河電池ジュニアユースがFCレグノァを4−2で下し2年連続優勝を飾った。また順位決定戦も行われ上位6位までが11月27日28日に宮城県で行われる東北大会に出場する。予選リーグ、決勝トーナメントの結果詳細はいわきサッカー協会HPで。
1位古河電池Jrユース、2位FCレグノウァ、3位JヴィレッジSC、4位大槻FC、5位エスペランサいわき、6位郡山ゼロワンFC

県少年サッカー選手権 いわきのアストロン優勝、2位はFC原一
FCT杯県少年サッカー選手権は10月23日、24日に郡山で開催され、いわき市のアストロンSCが決勝でFC原一(相双)を2−0で下し優勝を飾った。3位は古河電池ジュニアと大槻FC。アストロンと原一の2チームは来年2月にJヴィレッジで行われるTEPCOチャンピオンズカップに出場。


クーバーコーチングスクールいわき校で指導者・保護者対象の無料講習会30日開催
今年4月にいわき市の小名浜にあるア・パースフットサルサッカーレンタルスペースを会場に東北で初めて(常設)のクーバーコーチングスクールいわき校(松本晋輔校長)が開設されたが、10月30日(土)に同会場にてサッカー指導者と保護者を対象にした無料講習会が開催される。同スクールでは現在参加者を募集中(先着100名)。詳しくは同校のホームページで。なお当日の講師は同スクールのインターナショナルディレクターのアルフレッド・ガルスティアン氏。同スクールは日本サッカー協会も採用している世界的なサッカーコーチングメソッドの指導と普及を行っている日本法人で専門の指導者が直接指導にあたっている。*写真はスクールでの練習風景。

県女子サッカー選手権 決勝はFC BLOOMvs花かつみレディース
10日に郡山サッカー場で1回戦、準決勝を開催。
1回戦 FC BLOOM7−0ビバーチェ会津、FC Vイレブン4−0FFC LALA、磐城桜が丘高14−0あさか開成
準決勝 BLOOM3−0Vイレブン、花かつみレディース4−0磐城桜ヶ丘
決勝戦(24日) FC BLOOMvs花かつみレディース*優勝チームは東北大会出場(11月6日、7日宮城)

高円宮杯ユース(U-15)東北大会 JヴィレッジSC、古河電池ジュニアともに予選敗退
高円宮杯ユース(U-15)サッカー東北大会は10月9日から石巻で開催。県からはJヴィレッジスポーツクラブ、古河電池ジュニアが出場。JヴィレッジSCは2引き分け1敗で、古河電池ジュニアは3敗で決勝トーナメントへの進出はできなかった。


第9回クリスタルカップ 優勝は日立の塙山サッカー少年団、矢祭スポ少は惜しくも準優勝

県内外の少年サッカーチームの交流を目的にした第9回クリスタルカップが10月2日3日に石川町クリスタルパーク運動場などで開催された。大会には県内から28,山形、茨城、栃木から4チームの計32チームが4つのブロックに分かれ1日目に予選リーグを行い、2日目は各ブロック1,2位、3、4位、5,6位、7,8位のチームが集まりトーナメントを実施した。1位2位の決勝トーナメント(クリスタルカップ)で塙山サッカー少年団(日立)、矢祭サッカースポーツ少年団、米沢トレセン(山形)、白河FCの4チームが上位に進出、雨中のなか激しい試合が展開された。塙山と矢祭が決勝戦を行い1対1で延長でも決着がつかずPK戦となり塙山が4−3で矢祭を下し優勝を飾った。矢祭は惜しくも準優勝。3位決定戦では米沢が白河を下した。

*写真中央:クリスタルカップを手に喜ぶ塙山少年団、右は西牧広恵大会委員長(石川町サッカー協会)より準優勝カップを送られる矢祭スポ少。

高校サッカー県大会二次大会組合せ・二次大会は初のリーグ戦10月9日第1節
全国高校サッカー選手権の県大会二次大会は10月9日に開幕するが9月29日に組合せ抽選会が行われた。今年は初めて二次大会でリーグ戦を実施する。16チームを4つのブロックに分けて全3節を行う。1節10月9日、10日(あづま運動公園)、2節10月16日17日(郡山西部サッカー)、3節10月23日、24日(あづま運動公園)。各ブロック上位2チームが10月30日からの決勝トーナメントに進出する。決勝トーナメントは準々決勝が10月30日、準決勝31日でともに会場は鏡石の鳥見山運動公園。決勝は11月6日にJヴィレッジスタジアムで行う。
各ブロックごとの参加チームは次の通り。
Aブロック:平工、郡山、双葉、会津。Bブロック:湯本、会津工、小高工、安積。Cブロック:福島東、尚志、郡山北工、安達。Dブロック:磐城、聖光学院、相馬、郡山商。


カメイカップ東北ユース(U-16)サッカー選抜大会 福島選抜3位。ナショナルトレセンに湯本の鈴木政俊、大金祐輔、郡山七中の遠藤翔太が参加、日本代表入りめざす。
カメイカップ東北ユース(U-16)サッカー選抜大会は10月1日から3日まで宮城県サッカー場で開催され、福島選抜は予選Bブロック2位(1分1敗)で3,4位決定戦に臨み岩手選抜と2−2で引き分け岩手とともに3位となった。また大会終了後、11月19日から23日までJヴィレッジで行われるナショナルトレセンの東北選抜選手が発表され、福島県からは湯本高1年FW鈴木政俊、同1年GK大金祐輔、郡山七中3年GK遠藤翔太の3名が選ばれた。3選手はU-16日本代表のセレクションとなるナショナルトレセンで代表入りをめざす。

なでしこリーグ新チームはYKKapをJヴィレッジに移管。来年2月から活動開始。県内各地で試合も。
 Jヴィレッジの母体企業である東京電力がJヴィレッジを拠点にしたLリーグ(日本女子サッカーリーグ)のチームを発足させる構想で9月30日に東京電力本社で記者会見が行われた。日本代表選手を輩出している宮城県の女子サッカークラブであるYKKap東北女子サッカー部(愛称・フラッパーズ)をクラブごとJヴィレッジに移管し新チームとしてスタートさせる計画で、この日正式発表された。新チームは来年2月からJヴィレッジを拠点に活動を開始し、選手についてはJヴィレッジ及び東京電力(県内にある発電所)の社員となる予定で選手全員の了解を得ている。
 YKKap東北は東北では唯一の日本女子サッカーリーグ(Lリーグ)のチームで一部に所属し、女子日本代表キャプテンの大部由美選手も同チームの一員でチームは04Lリーグで8チーム中5位に位置している。監督は黒澤 尚氏、総監督は斎藤誠氏。Lリーグは今年のアテネ五輪で日本女子代表が活躍したこともあり来年から通称をLリーグから「なでしこリーグ」に変更される。リーグは1部8チーム、2部6チームで構成されているが来年からはJヴィレッジスタジアムをホームに県内初のなでしこリーグ公式戦が開催される。新チームはJヴィレッジ以外の県内の地域でも公式戦を行いたいとしている。なおチームの運営はJヴィレッジが東京電力から委託される形で行い、新チーム名も今後公募などで決定する方針。また県内各地でサポーター組織も立ち上げることにしている。


Jヴィレッジを拠点にサッカーを通した中高一貫教育計画。
 日本サッカー協会の川淵三郎キャプテンは9月27日に福島市で開かれたJヴィレッジ取締役会に出席し佐藤栄作県知事に対しJヴィレッジを国内女子サッカーの拠点として定住型の強化・育成センターを設置する構想を明らかにしたが、県はこれに対し2006年4月からの導入で検討に入った。県の構想では18歳以下男女中高校生を対象に全国から日本代表クラスの有力選手を集め地元に定住しながら将来の日本代表選手を育成、指導していくもの。県が進める中高一貫教育の計画とも合致することから県も計画に協力していく方針。具体的には富岡町の富岡高校と楢葉町の楢葉中で中高一貫の育成プログラムを導入(特別クラスの設置等)し、選手はJヴィレッジ内の宿舎(全寮制)で生活し学校へ通うことになる。女子だけでく男子も含まれる。初年度に中高各1年生12名程度を募集する。さらに中学生以下のキッズ年代がサッカーにふれあう機会も作り、Jヴィレッジ・福島県を中高生年代のサッカーの一大拠点にする計画だ。


川崎フロンターレJ1昇格決める。いわき市出身の渡辺匠選手初のJ1へ
Jリーグの川崎フロンターレ(関塚隆監督)は9月26日(第36節)に行われたアウェイでの水戸ホーリーホック戦に2対1で勝利、勝点87とし2位の大宮アルディージャに24の勝点差をつけシーズン途中で8試合を残し来季のJ1昇格を決定した。川崎は富士通サッカー部として誕生、JFLを経て99年スタートしたJ2に参加、2000年にJ1に昇格したが1年でJ2に降格しJ1復帰をめざしていた。川崎フロンターレにはいわき市小名浜出身の渡辺匠選手が在籍しDFとして活躍中。渡辺選手は小名浜一中からその素質を買われ神奈川の桐光学園へ進学、先輩である日本代表中村俊輔卒業後はチームの中心選手としてキャプテンも務めた。卒業後、地元の川崎に入団、1年間のブラジル留学を経て帰国するとチームはJ2に降格したためJ1での試合には出場していない。「早くJ1で活躍したい」という目標を胸にチームのレギュラー選手として活躍してきたが、今年はシーズン序盤はスタメン出場も多かったが鹿島から元日本代表の相馬が移籍し、途中出番が少なくなったものの関塚監督からの信頼は厚く、来シーズンも川崎でプレーする見通しで、5年越しのJ1復帰でさらなる活躍が期待される。これで県内出身の選手でJ1のチームに所属となる選手はサンフレッチェ広島の茂木弘人(聖光学院卒)、同じく高萩洋二郎(いわき市出身)に次ぎ3人目となる。*渡辺匠選手インタビュー(03年7月)