ふくしまサッカー情報 <2013年以前のニュース> 

いわき出身Jリーガー渡辺匠選手が横浜FCに移籍
いわき市出身で昨シーズンJ2松本山雅でプレーしたMF渡辺匠選手は今シーズン同じくJ2の横浜FCに完全移籍した。1月8日に両チームが発表した。渡辺選手は松本で2年間プレー、昨年は12試合に出場した。渡辺選手は神奈川の桐光学園卒業後川崎フロンターレに入団、以後モンテディオ山形ではJ1昇格に貢献するなどチームの中心選手として活躍した。なお横浜FCはJA福島がスポンサーで昨年も福島で公式戦が行われるなど福島とも関係が深く、今シーズンも県内で公式戦が開催される可能性もある。

全国高校サッカー 聖光学院初戦で惜しくも敗れる
全国高校サッカー選手権に県代表で出場した聖光学院は2回戦からの登場で1月2日に大阪代表の東海大仰星と対戦。前半仰星に先制点を許すも、後半も一進一退の攻防を展開したが最後まで得点をあげることができず0−1で惜敗した。

26日に仙台でクリスマスチャリティマッチ 高萩選手など県出身選手や日本代表も参加

12月26日(水)午後7時から仙台市のユアテックスタジアム仙台で日本プロサッカー選手権主催によるクリスマスチャリティマッチが開催される。被災地支援と復興を目的に行われるチャリティマッチで、試合には県出身のJリーガーのほか国内外で活躍している選手が多数出場する。県出身ではJ1優勝、クラブワールドカップにも出場した広島の高萩洋二郎選手(いわき出身)、同じくいわき出身でJ2松本の渡辺匠選手、ヴィッセル神戸の茂木弘人選手、モンテディオ山形で福島東高出身の萬代選手など。また日本代表の長友、長谷部、岡崎選手らも参加予定。27日には被災地3県を慰問する予定

県社会人リーグ 相馬SC優勝で東北2部復帰、2位FFC松下は昇格決定戦へ
県社会人リーグは11月25日までに全日程を終了した。1部は相馬SCが優勝、2位はFFC松下、3位ビアンコーネ福島、4位クレハ、5位安積scorpion、6位NC倶楽部。2部は会津オリンパスが優勝、2位信夫ドリーム、3位フリーダム、4位アビラーション、5位シャンオーレ郡山、6位インテリオール会津。3部は東がグロリーズ福島、西はいわき市役所が優勝し12月2日に東西優勝決定戦を行う。なお1部優勝の相馬SCは東北リーグ2部南ブロックに自動昇格、2位のFFC松下は宮城、山形の各県リーグ2位との東北2部昇格試合に参戦する。日程は12月2日〜16日の予定。上位2チームが昇格。来年の東北リーグは1部、2部南北ともにそれぞれ10チームづつによりリーグ戦を実施する予定。2部から県リーグ降格は行わない。

高校サッカー 聖光学院が福島工下し初優勝。全国大会は1月2日に東海大仰星と対戦
全国高校サッカー選手権県大会は10月28日に準決勝が行われ、連覇中の尚志が福島工と対戦し敗れた。試合は激しい試合となり前半福島工2−1尚志、後半は尚志2−1福島工と点を取り合い3−3となり、延長戦へ。延長後半に福島工が得点し逃げ切った。また聖光学院は2−1で平工業を下した。決勝戦は11月3日に改装なった開成山陸上競技場で行われる。
決勝戦は11月3日に行われ、聖光学院が前半ロスタイムに先制、後半開始6分にもCKから追加点をあげ福島工に最後まで特典を与えず2−0で完封勝利を飾り嬉しい初優勝を果たした。全国高校選手権は12月末から東京などで開催される。
聖光学院は第3シードとなり初戦は1月2日の2回戦大阪代表の東海大暁星と対戦する。


福島ユナイテッドがJ2甲府に勝利。3回戦はJ1新潟も下し4回戦へ。
天皇杯全日本サッカー選手権大会は9月1日に開幕、福島県代表の福島ユナイテッドは1回戦で山梨学院大オリオンズに10−0で勝利、続く2回戦は9月8日に行われJ2ヴァンフォーレ甲府に対し、90分で0−0、延長戦でも決着つかずPK戦に。PK戦は4−3でユナイテッドが勝利した。Jクラブと対戦し勝利したのは4年前のセレッソ大阪戦以来の快挙。この結果ユナイテッドは10月10日の3回戦でJ1新潟と対戦し、1−0で勝利する大金星をあげた。福島県チームが4回戦に進んだのは96年の福島FC以来のこと。なおユナイテッドは11月16日からJFL昇格をかけ地域リーグ決勝大会に一次ラウンド出場する。会場は郡山西部サッカー場。

クラブチーム選手権東北大会 相馬SC惜しくも全国大会逃す
全国クラブチーム選手権東北大会は9月中旬に青森県で行われた。福島県からは相馬SCとグロリーズ福島が出場、相馬SCは1回戦金井SCに、2回戦秋商クラブに勝利、準決勝は仙台SASUKE FCに2−0で勝利し決勝に進出した。決勝は青森第1代表のブランデュー弘前と対戦、0−4で敗れ準優勝に終わった。全国大会は優勝した弘前が出場する。

Fリーグ2部参入戦開催 帝京安積、磐城桜が丘など7校昇格
Fリーグ(高校)2部の参入戦は9月中旬に行われた。4ブロックのトーナメントを行った結果、聖光セカンド、帝京安積、福島工セカンド、磐城桜が丘が昇格を決めた。また敗者復活戦で白河、会津、喜多方東の3校も昇格を決めた。

全日本少年サッカー大会県大会10月13日14日鏡石で開催
全日本少年サッカー選手権福島県大会は10月13日14日に鏡石町の鳥見山運動公園で開催される。出場チームは以下の通り。NFCビバーチェ、会津一簣、FC原一、桜スポ少、白河FC、ジョカトーレ会津フォルテ、アストロン、福島ユナイテッド、FCレグノウァ、新地町少年団、古河電池Jr、ビアンコーネ福島、御山JFC、会津サントスJr、勿来SCS、ホワイトリバーFC。

天皇杯代表決定戦・県選手権 福島ユナイテッドが5連覇!本大会1回戦は9月1日に山梨代表と対戦
天皇杯全国サッカー選手権の県代表決定戦・県選手権は8月26日にいわきGFで決勝戦が行われ、福島ユナイテッドが延長戦の末、2−1でJFAアカデミー福島を下し5連覇を達成した。ユナイテッドは前半ロスタイムに時崎塁のゴールで先制したが後半開始早々にアカデミーのカウンターで失点し、90分内で決着つかず延長戦に突入。延長後半に右サイドからドリブルで攻めたFW久野からのクロスに途中出場の新が合わせゴールを決めた。19歳以下日本代表のMF松本も所属、プリンスリーグ東北1部で首位を走るアカデミー福島は終始ボールを支配したが経験豊富なユナイテッドが最後に意地を見せた。優勝したユナイテッドは9月1日に開幕する全国大会1回戦で山梨代表の山梨学院大学と対戦する。勝利した場合は9月8日に2回戦でJ2のヴァンフォーレ甲府と対戦する。(ともに会場は山梨)
決勝戦  福島ユナイテッド 2(1−1 延長前0−0 延長後1−0)1 JFAアカデミー福島
準々決勝組合 ユナイテッド4-0聖光(十六沼)、バンディッツ3-2福島大(いわきGF)、プリメーロ 1-1(PK4-3)メリー(十六沼)、東日本国際大0−10アカデミー福島(いわきGF)
4回戦結果 聖光学院6−4シャイネン福島、バンディッツ3−0相馬SC、プリメーロ1−0尚志、東日本国際大3−1湯本高
3回戦結果 シャイネン福島2−0ビアンコーネ福島 聖光学院4−0日大工学部 バンディッツいわき6−1信夫ドリーム
尚志高2−0河東FC FCプリメーロ3−1福島医大 湯本高2−1グロリーズ福島 東日本国際大4−1クレハ


全国社会人サッカー県大会開幕 ビアンコーネ、メリーなど3回戦へ。6月16日準決勝、17日決勝
全国社会人サッカー選手権県大会が開幕した。5月27日と6月2日2回戦が行われる。27日にはビアンコーネ福島、メリー、相馬SCがそれぞれ勝利し3回戦へ進んだ。日程は以下の通り。優勝チームは東北大会に出場。なお東北リーグ1部の福島ユナイテッド、FCプリメーロは県大会免除で東北大会からの出場。
日程:6月3日3回戦、10日準々決勝、16日準決勝、17日決勝。準決勝、決勝は会津陸上競技場


天皇杯全国選手権日程決まる。県代表は9月1日に山梨県代表と対戦。県大会は6月24日開幕
天皇杯全国サッカー選手権大会の詳細が決定し日本サッカー協会が発表した。今年は9月1日・2日に1回戦で開幕、8日・9日に2回戦、10月10日に3回戦を開催。ワールドカップ予選などの関係で11月は試合は行わない。4回戦組合せは3回戦終了後に抽選する。福島県代表は9月1日に山梨で山梨県代表と対戦。勝利した場合は8日にJ2甲府と対戦する。
なお県代表決定戦・県サッカー選手権は6月24日に開幕し、8月26日に決勝戦を行う。組合せは未定


クラブチーム選手権県大会ベスト4決定 準決勝は8月4日
全国クラブチーム選手権県大会は5月6日までに2回戦を行いベスト4が決定した。準決勝の組合せは安積scorpion対相馬SC、グロリーズ福島対FFC松下。準決勝は8月4日、決勝は8月5日に十六沼公園で開催。

県社会人リーグ4月8日開幕
県社会人サッカーリーグは4月8日に開幕した。昨年は震災、原発事故の影響で日程を大幅に変更して行われたが今年は通常通りの予定。10月14日まで県内各地で開催される。各部の参加チームは以下の通り。
1部:ビアンコーネ福島、相馬SC、クレハ、NC倶楽部、FFC松下、安積Scorpion
2部:フリーダム、オリンパス会津、アビラーション、シャンオーレ郡山、信夫ドリーム、インテリオール会津
3部東:FC ALPS,FC E-STAR、グロリーズ、MDY、日東紡福島、アルカトラズ
3部西:北芝電機、喜多方FC、白河FC、福島蹴友会、FC HELMANOS、河東FC、いわき市役所


Fリーグ、高円宮杯U−18プリンスリーグ東北開幕
U-18年代の県内リーグ通称Fリーグは4月14日に開幕した。1部のF1に10チーム、2部のF2に8チームが参加しリーグ戦を行う。参加チームは以下の通り。
F1 福島工業高校 平工業高校 尚志高校セカンド 福島東高校、郡山高校 富岡高校セカンド 学法石川高校 聖光学院高校、湯本高校 福島南高校
F2 会津工業高校 相馬高校 安積黎明高校 磐城高校、郡山商業高校 安達高校 郡山北工業高校 安積高校
第1節4月14日・15日 第2節4月21日(F2 2節)第3節4月28日 第4節6月9日 第5節6月30日(F2 3節)第6節7月7日(F2 4節)第7節7月14日(F2 5節)第8節9月1日(F2 6節) 第9節9月8日・9日(F2 7節)
また高円宮杯U−18サッカーリーグ2012プリンスリーグ東北も開幕。県内からは尚志高校、富岡高校、JFA福島アカデミーが参戦。9月まで試合を行う予定。


全国高校サッカー選手権 尚志が県勢初のベスト4。準決勝は四日市中央工に敗退。

全国高校サッカー選手権大会は12月末から東京などで開催され、福島県代表の尚志は、2回戦から登場し、守山北に2−1で勝利、3回戦は神奈川の強豪桐光学園と対戦、尚志は高が先制したがその後点の取り合いとなり、後半73分に後藤が同点に戻し3−3のままPK戦となり、GK秋山が相手PKを連続で止め4−2で勝利した。準々決勝は桐生第一相手に前半、後藤と金田が得点、後半1点を奪われるも再び後藤が得点し3−1で快勝した。そして準決勝は県勢として初めて国立競技場のピッチに立ち、四日市中央工と対戦、前半に2点を奪われると後半も2点を追加され、苦しい展開となったが82分に山岸が得点し一矢を報いた。高い個人技とスピードで上回る四日市中央工に1−6で敗退したが、県勢校として初めて国立に足跡を残した。
2回戦 尚志2−1守山北、3回戦 尚志(PK4−2)3−3桐光学園 
準々決勝 尚志3−1桐生一 準決勝 尚志1−6四日市中央工


東北人魂の会が東北3県でサッカーフェスティバル。1月7日福島で、8日いわきで開催。Jリーガー来県
東北地方出身のJリーガーで今年設立された東北人魂を持つJ選手の会は、1月5日から8日まで岩手、宮城、福島の3県で小中高生を対象にしたチャリティサッカーフェスティバルを開催する。福島県では1月7日に福島市あづま総合体育館でフットサル大会を行う。当日は福島出身Jリーガーの茂木弘人(ヴィッセル神戸)やJ1鹿島の小笠原選手、FC東京の今野選手らが参加、また東北リーグの福島ユナイテッドFCも協力し、子供たちと交流試合、サイン会、撮影会などを行う予定。8日はいわき市でいわきサッカー協会主催の県サッカースポーツ少年団フェスティバルの開会式に茂木選手、小笠原選手らが参加し撮影会なども行う。なお来年からモンテディオ山形でプレーすることが決まった萬代宏樹選手(福島東高卒、J2鳥栖)は岩手県でのイベントに参加する予定。参加選手は変更の可能性もあります。

いわき出身渡辺匠選手所属の松本山雅FCがJ2昇格決定。渡辺選手の去就は未定。
いわき市出身で元Jリーガーの渡辺匠選手が所属するJFLの松本山雅FCは12月4日時点でJFLの4位以内を確定し来シーズンのJ2昇格が決定した。渡辺選手は今年J2熊本から松本山雅に移籍、中心選手として活躍しチームのJ昇格に貢献した。J2山形時代にはチームのJ1昇格に貢献した。なお来年も同チームでプレーするかは未定。今後の去就が注目される。

高校サッカー県大会 決勝は尚志vs富岡 11月5日西部サッカー場 尚志3連覇!

第90回全国高校サッカー選手権福島県大会は10月29日、30日に準々決勝、準決勝を行い尚志と富岡が決勝に進出した。
決勝は11月5日郡山西部サッカー場で13時10分から行われ、尚志が2−0で富岡を下し3連覇を達成した。尚志は前半3分に皿良が先制すると17分にもCKから山岸が決め2点をあげた。富岡は尚志の固い守備に阻まれ得点を奪えず、2−0のまま終了、U18プレミアリーグで経験を積んだ尚志が3年連続優勝を果たした。尚志は年末から始まる全国大会に出場する。
尚志 前半2−0 後半0−0 (2−0)富岡

10月22日までに5回戦を終了した。5回戦は10月22日に十六沼公園サッカー場と鳥見山運動公園で行われ、福島工、福島東、平工、郡山、富岡、聖光学院、安積の7チームが準々決勝に駒を進めた。なお昨年優勝の尚志高校は準々決勝からの登場。
4回戦を終え、会津工、福島東、白河、聖光、葵、郡山、郡山商、富岡、学法石川、平工、安積黎明、福島工、白河旭、安積が5回戦に進出した。
大会結果

準々決勝結果 平工2−0福島工、聖光学院2−0福島東、富岡2−0郡山、尚志5−0郡山
準決勝結果
 尚志1−0平工、富岡(延長)2−1聖光学院

<5回戦結果>
福島工2−1安積黎明、福島東3−2会津工、平工3−2(延長)学法石川、郡山4−0葵、富岡2−0郡山商、聖光学院8−1白河、安積4−0白河旭


東京電力マリーゼ 移管先決定!来季なでしこ2部にJ1ベガルタ仙台で参戦へ

日本女子サッカーリーグは10月13日に来年からなでしこリーグ下部リーグのチャレンジリーグにマリーゼの移管先としてJ1ベガルタ仙台が参戦することを承認した。これによりマリーゼが来年以降ベガルタ仙台の女子チームとして活動することが事実上決定した。すでにマリーゼ所属選手の就職先も仙台の大手スポンサーなどの協力が受けられることになっている。チーム名はベガルタ仙台マリーゼかベガルタ仙台レディースになる模様。近く正式に発表される予定だ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東京電力は9月28日に同社の女子サッカー部マリーゼの休部を正式に発表した。今シーズンは震災と原発事故でなでしこリーグ参戦を見送り活動休止状態だったがマリーゼを無期限で休部にするとともに、現在所属している選手については日本サッカー協会の協力のもと移籍先を捜す方針。震災後マリーゼからは4選手が他チームに移籍、日本代表の鮫島彩選手は現在フランスリーグのモンペリエで活動している。また22人いる選手のうち9人は他チームで活動している。東京電力ではチーム自体は存続するとしているが、すでに複数の企業やJクラブから受け入れのオファーがあり、来年以降は受け入れ先にチームごと移管し、新チームとして活動していく見込み。マリーゼの名称が引き継がれるかなどは未定。なお同日に日本女子サッカーリーグは実行委員会でマリーゼを受け入れ先のチームに移管し来年のなでしこ2部にあたるチャレンジリーグに参戦することを承認した。現在所属している選手の新チームへの移籍も希望がある場合可能になる。


ユナイテッド初優勝!JFL昇格めざし地域リーグ決勝大会出場
東北社会人リーグ1部は9月18日に岩手県紫波町で福島ユナイテッドと盛岡ゼブラが対戦し、ユナイテッドが5−0でゼブラを下した結果、残り2節を残し1部リーグの初優勝を決めた。開幕から10連勝で勝点を30にしたユナイテッドに対し、2位のグルージャ盛岡は18日にNECトーキンに引き分け残り2試合を勝利しても勝点30に及ばないことでリーグ終了を待たず優勝が決まった。福島ユナイテッドは悲願のJFL昇格をかけ11月18日から福井県などで始まる全国地域リーグ決勝大会予選ラウンドに出場する。一方グルージャ盛岡は全国社会人大会枠での地域リーグ大会出場をめざす。決勝ラウンドは12月2日から大阪で開催。なお福島ユナイテッドは10月14日から岐阜県で開催される全国社会人サッカー選手権に出場する。同大会は全国地域リーグ決勝大会に出場するチームも多く参加する。地域リーグ決勝大会の前哨戦ともいえるこの大会での優勝が期待される。

天皇杯全日本サッカー選手権県代表決定戦 福島ユナイテッド4連覇!決勝でJFA福島下す
県大会決勝は8月28日に郡山西部サッカー場で行われ、福島ユナイテッドFCがJFA福島アカデミーを2−1で下し4年連続優勝を飾った。ユナイテッドは前半2分コーナーキックに先発出場のFW時先塁がヘッドで合わせ先制。スピード、フィジカルで上回るユナイテッドの攻撃に防戦一方のアカデミー福島は前半29分ユナイテッドの守備の乱れをつきMF下重が押し込み同点に追いついた。後半開始5分にはユナイテッドのFW久野がドリブルで右サイド攻め込み角度のあるシュートを打ち決勝点をあげた。4連覇のユナイテッドは9月3日に札幌で青森代表の八戸大と天皇杯1回戦に臨む。勝利した場合は10月8日にJ1ジュビロ磐田と対戦する。●天皇杯全国大会組合せ

東北総体 少年男子が国体出場。成年男子は国体ならず

東北総体サッカーは8月中旬に秋田県で開催され、少年男子がBブロック2勝をあげ国体出場を決めた。福島ユナイテッドの選手で構成された成年男子は代表決定戦で秋田県(ブラウブリッツ)に1−2で敗れ惜しくも国体出場を逃した。女子は代表決定戦で宮城県に敗れ国体出場はならなかった。
高校サッカー県一次大会終了 10チームが二次大会へ
全国高校サッカー選手権県大会一次大会が行われ10チームが二次大会に進出を決めた。二次大会は10月中旬に開催される。二次大会には一次を勝ち上がった10チームに加え、プリンスリーグプレミアの尚志、プリンスリーグ東北2部の福島工とU18リーグ(Fリーグ)の計28チームが参加する。
3回戦結果 二本松工4−1福島北、あさか開成3−0会津学鳳、福島2−1相馬東、福島西4−0喜多方、小高工(PK4−2)1−1福島高専、白河2−1福島商、葵3−2須賀川桐陽、帝京安積1−0日大東北、須賀川3−0船引、白河旭2−0塙工

復興支援チャレンジカップ
7月下旬から8月中旬にかけて復興支援チャレンジカップ(1種)が開催された。震災等の影響で開幕が遅れている県社会人リーグの加盟チーム11チームでトーナメントを行った。決勝はF・F・C松下と安積scorpionが戦い、2−1で松下が優勝した。3位はアビラーションとFCアルカトラズ。


東北6県出身Jリーガーが震災復興のための任意団体を設立。福島出身茂木選手が発起人に
5月19日に東北6県出身のJリーガーによる震災復興のための任意団体「東北人魂を持つJ選手の会」が設立された。J1鹿島の小笠原選手(岩手出身)やJ2東京の今野選手(宮城出身)、福島市出身でJ1神戸の茂木弘人選手らが発起人になり、東北サッカー協会及び各県サッカー協会の支援活動などをサポートしていく。またチャリティイベントなどへの派遣、Jリーグや各Jクラブとも連携していく方針。同会には茂木選手のほか、J1広島の高萩洋次郎選手(いわき出身)、J2草津の萬代宏樹選手(福島東高卒)も参加している。同会では近日中に公式ホームページを立ち上げる予定。

県サッカーリーグは9月から、天皇杯予選開催の方向で調整、クラブ・社会人大会は中止
県サッカーリーグは9月から開催される予定。ただし複数のチームが辞退する見込みのためシーズン後の昇格や降格は行わない予定。県大会関係では天皇杯県サッカー選手権は6月からの開催へ向けて現在調整中。県クラブ選手権及び県社会人選手権については中止が決定した。なお全国社会人サッカー東北大会については開催する予定で東北リーグ1部枠で福島ユナイテッド、FCプリメーロが出場する。

高円宮杯U-18サッカーリーグ2011プレミアリーグ 尚志高校は5月4日から試合出場へ
今年からスタートする高円宮杯U-18サッカーリーグ2011 プレミアリーグの東日本に参戦する尚志高校は震災後千葉県で活動を行っていたが、プレミアリーグには5月からの参戦する予定。リーグは既に4月10日に開幕したが、東北から参戦する尚志高校と青森山田高校は震災の影響により本来の活動ができないため4月中の試合出場(3試合)は回避された。5月4日の第4節コンサドーレ札幌との試合から参戦する予定、5月8日は青森で青森山田と対戦する。プレミアリーグ公式サイト

マリーゼ今シーズンリーグ戦は不参加、チャレンジリーグJFAアカデミーは参戦
なでしこリーグのマリーゼは今回の震災と原発事故の影響のため今年のシーズンのリーグ戦参加を断念した。現在選手らは自宅待機となっておりチームとしての活動も停止中。今後の予定は一切未定となっている。またなでしこリーグの下部リーグであるチャレンジリーグのJFAアカデミー福島は活動拠点を
静岡県御殿場市にある御殿場高原時之栖に一時移転し、ここを拠点に活動を行うことが決まった。現在女子チームはチャレンジリーグに参戦中。JFAアカデミー福島公式サイト

東北サッカー未来募金・義援金口座を開設
東北サッカー協会はこのほど東北関東大震災で被災したサッカーファミーとその家族、地域住民を支援するための義援金口座を開設した。
 <義援金口座>
 東北サッカー協会義援金口代表社団法人宮城県サッカー協会
 七十七銀行利府支店 普通 5337623


がんばろう!ふくしま!がんばろう!東北!
いわき市小名浜出身でモンテディオ山形などで活躍、今年からJFLの松本山雅でプレーするプロサッカー選手・渡辺匠さんから激励のメッセージが届きました。
「この度の東日本大地震及び大津波により、お亡くなりになられました多くの皆様に、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。また、ご遺族様、被災なされた皆様、今もなお、避難生活や不自由な生活を送る皆々様へ、心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧・復興を心より祈っております。僕のところにも、いたるところから、自分には何かできないかと連絡をもらいます。みんなで協力し合い、助け合い、必ず乗り越えよう!!全国各地のみんながついています。一人じゃない、みんなで乗り越えよう。僕自身、サッカーを通して、皆様方に少しでも勇気・希望・元気をもっていただけるよう精一杯プレーしたいと思います。」 
松本山雅FC 渡辺匠
 

震災の影響で県サッカー協会は活動自粛・停止を発表、東北リーグ延期、マリーゼは活動自体が白紙状態に
このたび発生した震災を受け県サッカー協会は櫻岡会長名で当面の活動自粛を発表した。県協会管轄の大会ほかサッカー活動を当面停止し、震災の復旧活動に力を入れる方針。大会等今後の予定は未定。
また東北社会人リーグは東北各地の被害を受けるとともに加盟チームにも被災者が出ていることから4月中開催を延期した。女子サッカーなでしこリーグは4月3日開催を4月29日に変更した。1部所属のマリーゼは本拠地のJヴィレッジが東電第一原発事故による避難区域になっているため選手、スタッフらは避難を余儀なくされ多くが自宅待機中。リーグ戦参加についても現在親会社の東京電力が原発問題、電力供給問題で奔走しており、チームの活動事態が全くの白紙となっている。このままの状態が続くとマリーゼのり−グ戦不参加の可能性もある。

富岡高出身ジュビロ磐田のDF本田慎之介選手がU-22日本代表に招集
富岡高校出身でJ1ジュビロ磐田のDF30本田慎之介選手が3月18日にU-22日本代表に招集された。本田選手の代表入りは初めて。本田選手は福島市出身で高校時代は富岡高で活躍、同校初の全国高校サッカー選手権出場の原動力になった。2009年にジュビロに入団した。日本代表は21日から30日まで行われるウズベキスタン遠征に出発する。
「代表に定着できるようにアピールしていきたい。応援して下さっている皆さんのために自分のできることを全力でやりたい」とコメントした。(公式サイトより)


いわき市出身・Jリーガー渡辺匠選手がJFL松本山雅へ移籍。J2昇格の原動力に。
いわき市出身で昨年J2熊本でプレーした渡辺 匠選手がこのほどJFLの松本山雅FCに移籍した。松本山雅FCが1月6日発表した。松本山雅は長野県初のJクラブをめざし昨年地域リーグからJFLに昇格、リーグ戦は7位と初参戦ながら健闘、4位のHondaFCに勝点で7差まで迫った。今年は町田ゼルビア、V・ファーレン長崎、ツェーゲン金沢などとJ2昇格を競い合うことが予想され、過去にJ2山形で主将を任されJ1に昇格させた経験がある渡辺選手の経験と技術を評価した松本山雅が早期から獲得に動いていた。J2への昇格請負人としてチームの中心選手としての活躍が期待される。
「早い段階から自分を必要としてくれ、一番最初にオファーをくれ、その誠意に心うたれた。 それに加え、監督さんやGMさんの熱意、そして街ぐるみで盛り上がりをみせているチームに、魅力を感じました↑ そして何より、サポーターの方々の熱狂ぶり(^-^) 昨年の最終戦は、8000人以上のお客さんが入ったとも聞きました。 これは選手の立場からすれば、最高のモチベーションになります↑ シーズン終了後に、みんなで笑いあえる結果を残したいと思います。 」と公式ブログでコメントを発表した。●渡辺匠選手のブログ

高校選手権 尚志8強ならず。関大一に惜敗
県代表の尚志は1回戦で佐賀北と対戦、2−0で完勝、続く2回戦は初芝橋本〔和歌山)に3−0で快勝し、昨年に続きベスト16入りを果たした。3回戦は3日に行われ昨年ベスト4の大阪の関西第一と対戦、前半0−0のあと、後半開始早々にPKを奪われるもGK山沢が失点を阻止。しかし運動量で上回る関大一にボールを支配され、シュートのチャンスがない尚志ながら相手攻撃を固い守りで抑えていたがPK戦かと思われたロスタイムにカウンターを受け失点、惜しくも敗れた。全国制覇を合言葉に臨んだ大会だったが無念の3回戦で大会を去った。

全日本女子選手権 マリーゼは23日JVスタジアムで準々決勝。アルビ新潟Lと。
全日本女子選手権は12月5日に開幕。なでしこリーグ1部の東京電力マリーゼは19日の3回戦から出場。Jヴィレッジで14時から日体大と対戦し5−0で圧勝した。準々決勝は23日午後2時からJヴィレッジスタジアムで開催。アルビレックス新潟レディースと対戦。(有料)3年連続ベスト4進出をめざす。

高校選手権 尚志が福島工下し全国大会出場。全国大会1回戦は佐賀北と31日
全国高校サッカー選手権県大会決勝は11月6日にJヴィレッジスタジアムで行われ、昨年優勝の尚志が1−0で福島工を下し優勝した。得点力の高い尚志に対し、福島工は徹底した守備で尚志の攻撃を防ぎ前半は0−0で終了、後半も一進一退が続いたが29分尚志のフリーキックからDF太田が蹴りこみ先制、1点を守りきった尚志が勝利した。
尚志は12月末に東京周辺で開幕する全国大会に出場する。1回戦は31日12時5分からNACK5スタジアム大宮で佐賀北と対戦する。


県社会人リーグ 1部はクレハサッカー部優勝、3県チャレンジリーグ出場
県社会人サッカーリーグは10月31日に終了。1部はクレハサッカー部とNC倶楽部が優勝争いを行い勝点差1でクレハが優勝を飾った。クレハは東北リーグ2部南への昇格を決める南東北3県チャレンジリーグに出場する。(日程未定)2部はF・F・C松下、3部東は信夫DREAM、3部西はインテリオール会津が優勝した。各部成績は以下の通り。
▽1部1位クレハサッカー部、2位NC倶楽部、3位フリーダム、4位アビラーション、5位オリンパス会津、6位シャンオーレ郡山▽2部1位F・F・C松下、2位安積SCORPION、3位FC ALPS、4位北芝電気、5位FC E-STAR、6位原町SC 
▽3部東1位信夫DREAM、2位いわき市役所、3位グロリーズ福島、4位MDY、5位日東紡福島 
▽3部西1位インテリオール会津、2位喜多方FC、3位白河FC、4位福島蹴友会、5位FC HERMANOS


高校サッカー選手権  県大会決勝は尚志vs福島工。 決勝は11月6日Jヴィレッジスタジアム

全国高校サッカー県大会の二次大会は10月9日にスタート。5回戦は10月16日に行われベスト8が決まった。優勝候補の富岡が安積に敗れる波乱があった。前年度覇者の尚志は快勝で準々決勝に進出。準々決勝は10月23日十六沼公園で開催され、尚志、学法石川、福島工、安積の4校が準決勝に進んだ。準決勝は10月30日に郡山西部サッカー場で行われ、尚志と福島工が決勝に進出した。決勝は11月6日にJヴィレッジスタジアムで開催。
<準決勝>
尚志5−1学法石川  福島工1−0安積
<準々決勝結果>
尚志4−1湯本、学法石川(PK5−4)2−2(延長)聖光学院、福島工(延長)2−1郡山、安積3−0福島南
<5回戦結果>
尚志5−0相馬 福島工(PK7−6)2−2安達 学法石川4−0郡山北工 郡山2−0平工
聖光学院4−1会津工 安積3−1富岡 湯本2−1安積黎明 福島南(PK5−4)1−1福島東
<4回戦結果>
聖光学院11ー0いわき総合 福島東4ー1福島西 平工5ー0船引 湯本4ー1帝京安積
郡山5ー0二本松工 会津工4ー0福島明成 福島南2ー1磐城 安積黎明2ー0郡山商
安達2ー1会津 安積3ー1(1ー1延長2ー0)白河 郡山北工2ー1小高工 相馬4ー0原町


第2回日韓交流ジュニアチャンピオンシップ開催
9月18日・19日福島空港公園多目的広場で第2回日韓交流ジュニアチャンピオンシップ2010が開催された。
NPO法人ESTRELLASの主催で昨年に続き行われるもので、大会にはU12世代の韓国トップレベルの2チームが参加し県内外の少年クラブやスポ少と交流試合を行った。体格やスピード、キック力など小学生とは思えないプレーを披露し韓国チームが優勝、準優勝を飾った。





天皇杯県代表は福島ユナイテッド。1回戦9月3日ソニー仙台と対戦、延長戦の末惜しくも敗退
天皇杯全日本サッカー選手権1回戦は9月3日に行われ県代表の福島ユナイテッドFCは宮城代表JFL所属のソニー仙台と対戦し3−2で惜しくも敗れた。ユナイテッドは前半MF清水が先制、終了間際にはフリーキックをMF村瀬が見事に決め2点をリードした。しかし後半は格上のソニー仙台にボールを支配され1点を返されるとゴール前でのファールでPKを与え同点にされる。90分で決着がつかず延長戦へ、前半にFKを決められそのまま敗れた。
ユナイテッドは12日に再開されるリーグ戦に臨み、19日の試合結果次第で同日のリーグ優勝が決まる。また10月中旬には山口県で行われる全国社会人選手権に出場する予定。
1回戦結果 福島ユナイテッド 2−0,0−2 延長前0−1,延長後0−0 ソニー仙台

県代表決定戦は8月29日に行われた。昨年優勝の福島ユナイテッドFCと昨年準優勝のバンディッツいわきが対戦、前半早々にユナイテッドの攻撃の柱のMF14村瀬がミドルシュートで先制、前半3点を奪った。後半はバンディッツが反撃、1点を返すもユナイテッドは追加点をあげ4ー1で勝利し3連覇を飾った。天皇杯全国大会1回戦は9月3日(金)14時からJヴィレッジスタジアムで開催され福島ユナイテッドは宮城県代表のソニー仙台(JFL)と対戦する。1回戦に勝利した場合2回戦は9月5日にユアテックスタジアム仙台でJ1ベガルタ仙台と対戦する。
なお福島ユナイテッドはクラブの運営資金不足が明らかになりサポーター会員の募集や募金などを広く呼びかけている。これに対し福島市からの200万円の資金協力も内定した。クラブ入会、募金等詳しくは公式ホームページをご覧下さい。
福島ユナイテッドFCクラブハウスTEL.024-558-7042


全国社会人サッカー東北大会  福島ユナイテッドが全国大会へ 
全国社会人サッカー東北大会は8月21日から秋田県で開催され福島県から東北1部リーグ枠の福島ユナイテッドとFCプリメーロ、県大会優勝のFCシャイネン福島が出場し福島ユナイテッドが東北代表に決まった。東北から福島ユナイテッドとグルージャ盛岡が10月中旬に山口県で行われる全国大会に出場する。

全国高校サッカー選手権県大会一次大会終了 磐城、二本松工など二次大会進出!
全国高校サッカー選手権福島県大会の一次大会は8月20日から22日まで行われた。一次大会は10ブロックごとに分かれトーナメントを行いそれぞれ1位になったチームが二次大会に進出。以下が二次大会進出を決めた。なおプリンスリーグ東北及びFリーグ参加チームは二次大会から出場。二次大会は10月9日に開幕。決勝は11月6日。
福島明成、原町、磐城、安積黎明、福島西、二本松工、白河、帝京安積、いわき総合、船引。


東北総体サッカー 少年男子と成年女子が千葉国体出場決める
東北総体サッカーは8月中旬に岩手県で開催され、福島県は少年男子と成年女子が国体出場を決めた。成年男子は代表決定戦で宮城に敗れ国体出場を逃した。

天皇杯速報!決勝は福島ユナイテッドvsバンディッツ。29日13時キックオフ
天皇杯県代表決定戦は7月18日、19日に4回戦と準々決勝を行いベスト4が決定した。8月28日準決勝は昨年優勝の福島ユナイテッドFCと東北2部のメリーが対戦、7−0で福島ユナイテッドが圧勝、高校生で唯一進出した尚志高と東北2部で昨年準優勝のバンディッツいわきはバンディッツが1−0で尚志を下した。決勝は翌29日あづま陸上競技場で13時キックオフ。
なお天皇杯全国大会1回戦は9月3日(金)14時からJヴィレッジスタジアムで開催されることが決まった。福島県代表は宮城代表と対戦する。1回戦に勝利すると2回戦は9月5日にJ1ベガルタ仙台と対戦する。
4回戦結果 
JFAアカデミー福島(PK6−5)2−2富岡高  メリー3−2アビラーション 尚志3−2いわき古河 平工1−3シャイネン福島
準々決勝
福島ユナイテッド5−0アカデミー福島 メリー1−0FCプリメーロ 尚志3−2福島大 バンディッツいわき2−0シャイネン福島


全国社会人県大会 FCシャイネン福島初優勝、2位はFFC松下
全国社会人サッカー県大会決勝は8月1日に南相馬で行われFCシャイネン福島がFFC松下を2−1で下し初優勝を飾った。
3位は昨年優勝のバンディッツいわきとFCアルカトラズ。シャイネン福島は8月21日から秋田で行われる東北大会に出場する。◎東北大会組合せ


天皇杯 尚志高ら高校4チームが4回戦に進出。JFAアカデミーが東北2部ビアンコーネに圧勝
第90回天皇杯全日本サッカー選手権県代表決定戦(県選手権)は7月11日までに3回戦を終了した。
11日は東北2部リーグの強豪も登場するなど注目されたが、尚志高、富岡高、平工業、JFAアカデミー福島の高校生チームがそれぞれ社会人の強豪を破り4回戦に進出した。中でもJFAアカデミー福島は東北2部南リーグで過去に優勝経験もあるビアンコーネ福島を6−0で圧倒した。アカデミー福島は1期生のMF幸野志有人選手(富岡高校1年)が今年JリーグFC東京へ加入したことでも注目を集めた。なお社会人チームでは県リーグ1部のアビラーション、東北2部のメリー、いわき古河、FCシャイネン福島がそれぞれ4回戦に進んだ。4回戦は7月18日、準々決勝は19日に行われる。(準々決勝から福島ユナイテッド、FCプリメーロ、福島大学、バンディッツいわきが登場)
3回戦結果 JFAアカデミー福島6−0ビアンコーネ福島、富岡高3−1ラスティング郡山
 アビラーション(PK4−3)1−1(延長)東日本国際大、メリー3−2フリーダム
 尚志高4−1(延長)安積scorpion、いわき古河3−0MDY、平工高(PK3−1)0−0(延長)信夫DREAM


 
3回戦から(西部サッカー場) 左:JFAアカデミーvsビアンコーネ福島、右:尚志高vs安積スコーピオン

日本クラブユース(U15)県大会 FCレグノウァが優勝 2位はJヴィレッジSC
第25回日本クラブユース(U-15)福島県大会は6月19日まで決勝トーナメントと敗者復活戦が行われ、FCレグノウァが優勝した。2位はJヴィレッジSC、3位アストロンジュニアユース、4位福島ユナイテッドFCU-15、5位会津サントスFC、6位勿来フォーウィンズ、7位ビアンコーネ福島。上位5位まで東北大会出場。

全日本少年サッカー県大会 岩瀬FC優勝、2位はホワイトリバーFC
第34回全日本少年サッカー福島県大会は6月20日に決勝が行われ、岩瀬FCがホワイトリバーFCを1−0で下し初優勝を飾った。3位決定戦も行われアストロンFCが勿来フォーウィンズを下した。岩瀬FCは全国大会出場、2位〜4位は東北交流大会に出場する

全国自治体職員サッカー東北大会でいわき市役所が優勝、準優勝も郡山市役所
第40回全国自治体職員サッカー東北大会は6月16日まで秋田県で開催され、東北6県から32チームが出場しトーナメントを行った。決勝はいわき市役所と郡山市役所の対戦で3−2でいわき市が優勝した。

天皇杯全日本サッカー選手権県代表決定戦(県選手権)組合せ決定!6月20日開幕、8月29日決勝
第90回天皇杯サッカー県代表決定戦の組合せが決定した。高校から社会人まで42チームが参加し福島県のナンバー1チームを決定する。昨年優勝の福島ユナイテッドFC、準優勝のバンディッツいわき、3位のFCプリメーロ、福島大学の4チームは7月19日の準々決勝から登場する。準決勝は8月28日、決勝は29日にあづま陸上競技場で行われる。優勝チームは9月から全国で行われる天皇杯全日本選手権1回戦の出場資格を得る
◎県大会組合せ

全国社会人サッカー県大会 5月23日開幕。組合せ決定!決勝は8月1日南相馬市で。
全国社会人サッカー県大会は5月23日に開幕する。日程は5月23日、30日、6月6日、13日、7月31日、8月1日。準決勝、決勝は南相馬市で開催。大会には東北リーグ1部の2チーム(福島ユナイテッド、FCプリメーロ)を除く県内強豪チームが27チーム参加する。優勝チームは東北大会に出場する。組合せ表はこちら

県社会人リーグ、Fリーグ(U18)開幕

2010年県社会人サッカーリーグは4月11日に開幕した。日程:4月11日、18日、25日、8月22日、29日、9月5日、12日、26日、10月5日、10日。(一部別日10月31日最終日) なお昨年2部2位だったバリエンテ郡山は運営母体が変わりシャンオーレ郡山に名称が変更され1部に参戦することになった。また1部のPanasonic福島もF・F・C松下にチーム名が変わった。県リーグの詳しい日程等は県サッカー協会1種委員会のホームページで。
また高校生年代(U18)県サッカーリーグ、通称Fリーグも4月10日に開幕した。F1(1部)F2(2部)各9チームが参加して4月10日から8月28日まで全9節を行う。参加チームは以下の通り。◎Fリーグホームページ(福島民友)
F1:アカデミー福島、学法石川、聖光学院、郡山、郡山商、会津工、湯本、福島東、平工。
F2:安達、会津、富岡セカンド、安積、相馬、尚志セカンド、郡山北工、小高工、福島南。

なでしこリーグ4月4日ホーム開幕戦勝利!チャレンジリーグのJFAアカデミー福島も白星発進!

なでしこリーグ2010は4月4日に開幕する。今年から10チームによるリーグ戦に変わった中、TEPCOマリーゼの菅野将晃監督は「新たな力を持った選手たちも入りましたので、マイナスをプラスに転換できるように戦っていきたいと思います。そして、今シーズンは優勝争いに絡んだ上で、3位以上を目標にしていきたいと思います。」(公式HPより)と今シーズンの抱負。4月4日開幕戦はホームのJヴィレッジスタジアムでAS狭山と対戦し、4−0で快勝した。今シーズンメンバーが大幅に若返ったマリーゼで新戦力のMF26井手上が2得点するなど活躍した。ホーム戦は4月29日Jヴィッレッジ、5月5日あづま陸上競技場で行われる。また今年から女子サッカーリーグ2部にあたるチャレンジリーグ東に参戦するJFAアカデミー福島はAC長野パルセイロレディースに3−0で勝利した。

プリンスリーグU18東北が4月17日開幕。県内から尚志、富岡、福島工業が参戦
JFAプリンスリーグU18東北は4月17日に開幕する。県内から尚志、富岡、福島工業の3校が参戦する。
リーグ戦日程はこちら

いわき出身Jリーガー渡辺匠選手がJ2熊本入団
J2アロッソ熊本は2月13日いわき市出身のJリーガーMF渡辺匠選手と正式契約したと発表した。渡辺選手は昨年J1モンテディオ山形を自由契約となり移籍先をさがしていたが、今シーズンはJ1昇格をめざす熊本の昇格請負人としてこれまでの豊富な経験を生かしチームのリーダー的存在として活躍が期待される。背番号は心機一転、初心に返りプレーしたいという理由で最初に入団した川崎フロンターレ時代と同じ30番に決まった。渡辺選手のコメント。「このたびJ2ロアッソ熊本に入団する事になりました。プロ生活11年目に入り、所属3チーム目のチームとなりました。福島からは遠い、九州のチームになりますが、チームのJ1昇格に向け、頑張りますので応援宜しくお願いいたします。」 熊本は3月7日にホームでジェフ千葉との開幕戦に臨む。◎ロアッソ熊本公式HP

マリーゼに5選手新入団、9選手が退団、丸山は海外へ
なでしこリーグ1部のTEPCOマリーゼは2月8日に新入団選手の発表を行った。入団したのはU-19日本代表GKの斉藤彩佳(常磐木学園)、DF下小鶴 綾(スペランツァFC高槻)、DF今井さゆり(早稲田大)、DF高橋奈々(武蔵丘短大)、MF井手上麻子(日本体大)の5名。なおマリーゼは2月1日付けでエースFWで日本代表の丸山
桂里奈、DF宮崎有香、GK増田亜矢子、MF五十嵐章江、FW本間真喜子、FW森田牧子、MF神原史、MF松野みどり、MF神戸成美の9選手の退団を発表した。丸山、宮崎両選手はアメリカなど海外チームに移籍する予定。

東北高校新人サッカー 富岡優勝!尚志、学石もベスト4入り
東北高校新人サッカー大会は1月29日から31日までJヴィレッジで開催された。福島県からは尚志、富岡、学法石川の3校が出場し3校とも東北の強豪を下し4強に進出、富岡が決勝に進出し盛岡商業と対戦したが延長戦でも決着がつかず規定により両校優勝となった。
決勝 富岡0−0(0−0)盛岡商 準決勝 盛岡商5−4尚志、富岡0−0(0−0)PK5−3学法石川


第88回高校サッカー速報!尚志初の3回戦進出!東北をPK戦で下す。3回戦は広島観音に敗退
第88回全国高校サッカー選手権が開幕、県代表の尚志は12月31日に1回戦で松山北と対戦し平野の2得点などで4−1で勝利した。2回戦は同じ東北の東北高校と1月2日に平塚で対戦し、前半開始5分にセットプレーから1点を失ったが、後半20分にFW渡部の得点で同点に追いついた。試合は1−1のままタイムアップとなりPK戦で4−2で尚志が勝利し同校初の3回戦進出を決めた。3回戦は3日に広島観音高校と対戦、目標のベスト8入りをめざしたが固い守備に阻まれ、0−1で敗退した。


上海マスターズカップでFCプリメーロ福島レジェンドが3位入賞

11月下旬に中国・上海で開催された国際交流大会「上海マスターズカップ09」に日本招待チームとして出場したFCプリメーロ福島レジェンドが3位入賞を果たした。大会は中国、韓国、欧米などから10チームが出場、プリメーロ福島レジェンドは予選リーグを勝ち上がり準決勝に進出したが中国チームに惜しくも敗れ決勝進出はならなかった。

高校選手権 尚志は1回戦で松山北と対戦
全国高校サッカー選手権の組合せが11月24日に決定した。県代表の尚志高校(仲村浩二監督)は12月31日の午後2時10分から1回戦松山北高校と対戦する。会場は川崎市等々力競技場。1昨年は初戦敗退した尚志だが今年はベスト8以上をめざす。

女子サッカー「なでしこリーグ」来年から再編、チャレンジリーグにJFAアカデミー福島参入決定

日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)は来年から1部にあたるなでしこリーグと、2部にあたるチャレンジリーグに再編されることになった。なでしこリーグは10チーム、チャレンジリーグは東西ブロック各6チームに再編する。現在県内の東京電力マリーゼが所属するなでしこリーグ(1部)は従来の8チームを10チームに、チャレンジリーグ(2部)は従来の2部6チームと新規募集する6チームの計12チームで構成する。この新規募集にこれまで8チームの応募があったことからチャレンジリーグ参入決定戦を11月21日から23日まで開催することになり、福島からJFAアカデミー福島が参戦し、予選グループ2位となり来年からのチャレンジリーグ(東ブロック)参入が決定した。同じく宮城の常盤木学園高校も決定した。◎JFAアカデミー福島公式HP

天皇杯サッカー 福島ユナイテッド善戦もJ1横浜に敗退、シーズン公式戦終了。石田監督退団へ
天皇杯全日本サッカー選手権の3回戦、福島ユナイテッドFCとJ1横浜Fマリノスの試合が11月1日に横浜市の日産スタジアムで行われた。ワールドカップの試合会場にもなり5万人収容の巨大スタジアムでの試合に臨んだ福島ユナイテッド。現日本代表DF中澤を中心にした強豪クラブでもあるマリノスの早いスピード、パスの正確性などになかなかボールを支配することができず苦戦、逆に前半11分、17分、43分に得点を許す。後半もマリノスペース、それでも福島は早いパスをつなぎ前線に進むも、早いチェックでシュートまでいけず一進一退を繰り返したが72分にコーナーキックからのボールにDF主将時崎悠がヘッドで決めJ1相手に意地の得点をあげた。74分マリノスに4点目を奪われたが、実力差があるマリノス相手に福島ユナイテッドは総力で挑み結果以上に善戦した。中でもGK内藤が何度も決定的シュートを防いだほかディフェンスの固い守りが光り一方的な展開になることを防いだ。今大会J2大阪を下すなど福島ユナイテッドがプロチーム相手でも十分戦えることを証明した。福島からの応援団の声援もスタジアムに鳴り響いた。福島ユナイテッドはこれで今シーズンのすべての公式戦を終了、来年は悲願のJFL昇格をめざす。なお昨年オフに監督に就任し1年間チームを指揮した石田学監督について11月4日福島ユナイテッドFCは来季の契約を更新しないと発表、石田氏の退団が決定した。後任は未定。
天皇杯3回戦 福島ユナイテッドFC 1−4(前半0−3、後半1−1)横浜Fマリノス





全国高校選手権県大会 尚志が2年ぶり優勝。富岡V2ならず。
高校サッカー選手権福島県大会決勝は10月31日にJヴィレッジで行われ、尚志高校が1−0で富岡を下し2年ぶりの優勝を飾った。12月末に開幕する全国大会に出場しベスト8以上をめざす。昨年優勝の富岡は最後まで尚志の固い守備を崩せず得点をあげることができなかった。(写真はFCTより)

県サッカーリーグ終了 1部はFCシャイネン福島優勝、2部はフリーダム、3部東E-STAR、西は安積スコーピオン
県社会人サッカーリーグは10月25日に全日程を終了した。1部はFCシャイネン福島が初優勝(勝点25)、2位はアビラーション(23)、3位クレハ(12)、4位NC倶楽部(11)、5位オリンパス会津(8)、6位Panasonic福島(6)。なお優勝したシャイネン福島は東北リーグ2部南への昇格をかけチャレンジマッチ南東北3県リーグに出場する。(日程未定)
2部はフリーダムが優勝、2位バリエンテ郡山、3位原町SC、4位FC ALPS、5位北芝電機、6位福島蹴友会。
3部東はFC E-STARが優勝、2位グロリーズ福島、3位日東紡福島、4位いわき市役所、5位MDY。
3部西は安積スコーピオンが優勝、2位SPANSIONJAPAN、3位喜多方FC,4位白河FC,5位インテリオール会津。


全国高校サッカー県大会 決勝は富岡vs尚志 31日Jヴィレッジスタジアム
県大会後半戦は10月10日11日に4回戦、5回戦を行いベスト8が決まった。準々決勝は10月17日に鳥見山運動公園で開催され富岡、湯本、福島工、尚志が準決勝に進出、24日に郡山西部サッカー場で行わ、富岡と尚志が決勝に進んだ。決勝は31日13時10分よりJヴィレッジスタジアムで行われる。
準決勝 富岡1−0湯本、尚志2−0福島工
準々決勝結果 富岡2−1学法石川 湯本7−0郡山 福島工3−0聖光学院 尚志3−0福島東
5回戦結果:富岡4−0磐城、学法石川3−1平工、湯本5−1会津、郡山3−1会津工、福島工1ー0福島南、聖光(PK5−3)1−1郡山商、尚志4−0相馬、福島東1−0安達
4回戦結果:磐城6−1安積、平工9−0喜多方工、学法石川5−0日大東北、会津3−2小高工、郡山5−0勿来工、会津工3−0二本松工、福島南2−0岩瀬農、郡山商3−0白河、聖光学院1−0東日本昌平、相馬3−0喜多方、福島東6−0会津学鳳、安達4−3郡山北工 

天皇杯サッカー 福島ユナイテッドがJ2セレッソ大阪破る! 3回戦はJ1横浜Fマリノスと対戦
天皇杯全日本サッカー選手権の2回戦が10月11日に行われ、県代表の福島ユナイテッドFC(石田学監督)がJ2セレッソ大阪と対戦し、2−1で勝利する大金星をあげた。福島は前半13分にDF小田切が先制、前半終了間際PKで同点にされたが、後半も互角の展開で後半終了間際にFW時崎塁が決勝弾を決め、格上のセレッソに見事勝利した。福島ユナイテッドは11月1日にJ1横浜Fマリノスと対戦する。(横浜 日産スタジアム・15時) 福島県のチームが天皇杯で3回戦に進出するのは1997年に当時JFLに所属していた福島FC以来の快挙。福島FCは3回戦で清水エスパルスに敗れ、直後解散した。なお96年に福島FCとして4回戦まで進んだのが県代表の天皇杯最高成績。

県ユースサッカー(U15)福島ユナイテッド初優勝、2位はFCレグノウァ
県ユースサッカー大会(高円宮杯ユース選手権県予選)は9月23日に決勝を行い福島ユナイテッドFCがFCレグノウァを4−2で下し初優勝を飾った。福島ユナイテッドは10月10日から岩手県で開催される東北大会に出場する。

高校サッカー県大会後半戦10月10日開幕。決勝10月31日Jヴィレッジで
全国高校サッカー選手権県大会2次大会は10月10日から開催される。シード4校とトーナメントを勝ち上がってきた24チームが出場。日程5回戦10月11日、準々決勝10月17日、準決勝10月24日(西部サッカー)、決勝10月31日(Jヴィレッジスタジアム)


天皇杯1回戦 福島ユナイテッドが尚美学園大下し2回戦へ。10月11日大阪でJ2セレッソと対戦
全日本サッカー選手権1回戦は9月20日にJヴィレッジで行われ、県代表の福島ユナイテッドが埼玉県代表の尚美学園大と対戦した。試合は開始早々に尚美学園大に2失点を許したがその後2点を返し後半へ。後半再び追加点を許したが終了間際に同点に追いつき90分終了時点で3−3となり延長戦へ。延長前後半でも決着がつかずPK戦になり、ユナイテッドが3−1で尚美学園大を下し天皇杯で初めての勝利をあげ2回戦に進出した。2回戦は10月11日に大阪長居スタジアムでJ2セレッソ大阪と対戦する。Jリーグクラブ相手にどんな試合を見せるか注目される。なお福島ユナイテッドFCでは0泊3日応援バスツアーを企画、参加者を募集中。詳しくは公式ホームページで。

天皇杯全日本サッカー選手権県大会 福島ユナイテッド大勝で2連覇!9月20日尚美学園大と1回戦
県大会準決勝は8月29日にいわきGFで行われ、福島ユナイテッドFCが4−1で福島大学を、バンディッツいわきが6−3でFCプリメーロを下し30日の決勝に進出。決勝は30日午後1時からいわきGFで行われ、個人技で上回る福島ユナイテッドFCが前半5得点、後半も1人少ないバンディッツを終始攻め続け5得点をあげ10対0の大差で勝利し昨年に続き2年連続優勝を飾った。地元福島市出身FW時崎塁選手(写真)は一人で4得点をあげる活躍を見せた。福島ユナイテッドは9月20日にJヴィレッジスタジアムで行われる全日本サッカー選手権1回戦に出場、埼玉県代表の尚美学園大と対戦する。1回戦勝利すると2回戦はJ2セレッソ大阪(長居S)と対戦する。


東北総体サッカー 少年男子、女子が国体出場決める
東北総体サッカー競技は8月14日から16日まで青森県で開催され、福島県は少年男子が第3代表決定戦で秋田に2−1で勝利し国体出場を決めたほか、女子が代表決定戦で宮城に4−0で勝利、国体への出場を決めた。東北リーグ1部のFCプリメーロの選手主体で臨んだ成年男子は1回戦で宮城に1−4で敗れた。宮城が国体出場。
詳しい結果はこちら(青森県サッカー協会)


全国クラブチームサッカー県大会 アビラーションが2年連続優勝、2位はNC倶楽部。9月東北大会へ
全国クラブチームサッカー大会の県大会は8月1日2日に準決勝、決勝が行われ、決勝戦でいわきのアビラーションがNC倶楽部を2−0で下し昨年に続き2連覇を飾った。3位はフリーダム、FC SIRUS。なおアビラーションとNC倶楽部は9月20日から宮城県で行われる東北大会に出場し全国大会出場をめざす。

全国社会人サッカー県大会バンディッツいわき初優勝、2位は相馬SC
全国社会人サッカー選手権の県大会準決勝、決勝が行われ、バンディッツいわきが相馬SCを破り初優勝を飾った。
バンディッツいわきは8月22日から行われる東北大会に出場。1回戦はグルージャ盛岡と対戦する。なお東北大会には東北リーグ1部のFCプリメーロと福島ユナイテッドも出場する。
準決勝 バンディッツいわき4−0クレハ、相馬SC2-1FCシャイネン福島  決勝 バンディッツ1-0相馬
 
天皇杯全日本サッカー県大会速報!ベスト4決定!福島ユナイテッドvs福大、プリメーロvsバンディッツ
20日準々決勝が行われ8月29日の準決勝組合せが決定。福島ユナイテッドvs福島大、プリメーロvsバンディッツ
<20日結果>
福島ユナイテッド6−0尚志、福島大2−1相馬SC、FCプリメーロ2−1アビラーション、バンディッツいわき5−1オリンパス会津

<19日結果>
FCプリメーロ(延長)2−1富岡高、尚志高2−1ビアンコーネ福島
福島大5−0Panasonic福島、オリンパス会津3−1バリエンテ郡山
<20日準々決勝組合せ> 
福島ユナイテッドvs尚志(あづま陸上11:00)、福島大vs相馬SC(郡山西部11:00)、
FCプリメーロvsアビラーション(郡山西部13:00)、バンディッツいわきvsオリンパス会津(あづま陸上13:00)


天皇杯全日本サッカー県代表決定戦(県選手権)は7月12日までに3回戦を終了した。尚志高、富岡高、福島大学、バリエンテ郡山、、ビアンコーネ福島、FCプリメーロなどが4回戦に進出した。東北リーグ2部南所属のいわき古河FC,メリーは早くも2回戦で姿を消した。昨年優勝の福島ユナイテッドFCは20日準々決勝から登場、尚志とビアンコーネの勝者と対戦。バンディッツいわきはオリンパス会津とバリエンテ郡山の勝者と対戦する。準決勝は8月29日、決勝30日いわきGFで開催。
3回戦結果 ビアンコーネ3−2安積scorpion、尚志4−1日大工学部、福島大学6−3ラスティング郡山、
panasonic福島(PK5−4)2−2福島工、富岡2−0信夫DREAM、FCプリメーロ3−0クレハ、オリンパス会津1−0県立医大
バリエンテ郡山2−0東日本国際大

◎トピックス〜天皇杯2回戦からJクラブ出場!県代表は9月20日JVで埼玉県代表と、2回戦はS大阪と
日本サッカー協会はこのほど今年の天皇杯全日本サッカー選手権の概要を発表、今年は2回戦からJリーグ(J1,J2)クラブが出場することが決まった。各県代表チームは1回戦を勝ち上がるとJクラブと対戦できることで大会の盛り上がりや観客増員が期待される。
大会日程は1回戦が9月19日、20日、21日の3日間で各地で開催、都道府県代表の47チームと大学チームが出場。2回戦は10月10日、11日、12日に各地で開催、J1,J2とJFLのシードチームが出場する。なお福島県代表は1回戦は9月20日にJヴィレッジスタジアムで埼玉県代表と対戦。勝利した場合は2回戦でJ2セレッソ大阪(長居S)と対戦する。


県高校体育大会サッカー 富岡高校が初優勝
県高校体育大会サッカー競技は6月6日にJVスタジアムで決勝が行われ、富岡高校が2−0で福島工業を下し初優勝を飾った。3位決定戦は学法石川が1−0で湯本を下した。インターハイは7月下旬から奈良県ほか近畿地方で開催。

クラブ選手権ベスト4決定、社会人大会結果速報!天皇杯組合せ決まる!
全国クラブサッカー選手権県大会は5月17日に準々決勝が行われベスト4が決まった。8月1日の準決勝はアビラーションvsフリーダム、FCSIRASvsNC倶楽部。決勝は8月2日。1日2日ともいわきGFで開催。また社会人県大会も開幕した。
また天皇杯全日本サッカー選手権県大会の組合せも決定した。大会は6月20日・21日に開幕する。◎天皇杯組合表
クラブ選手権準々決勝 アビラーション4−2FCシャイネン福島、フリーダム3−0MDY、FC SIRAS4−1グロリーズ福島、NC倶楽部5−1ラスティング郡山
社会人県大会3回戦 ビアンコーネ3−0MDY、メリー2−0NC倶楽部、相馬SC2−1北芝電機、バンディッツ1−0ラスティング、シャイネン福島3−1FC SIRAS、クレハ(PK5−4)0−0アビラーション
2回戦 FCシャイネン7−0日東紡福島、ビアンコーネ3−0グロリーズ、ラスティング2−0 FCALPS、
アビラーション3−0フリーダム、メリー4−0喜多方FC
 

Jヴィレッジでなでしこジャパン候補合宿中、24日まで。マリーゼ丸山ら参加
5月19日からJヴィレッジでサッカー女子日本代表候補の強化合宿がスタートした。マリーゼからは丸山、宮崎、鮫島、伊藤が参加。24日まで行われる。

全国社会人サッカー県大会組合せ決定
全国社会人サッカー選手権県大会は5月24日に開幕する。組合せはこちら。なお東北リーグ1部のFCプリメーロと福島ユナイテッドFCは東北大会からの出場。また東北2部南のいわき古河FCは県大会不参加。

GO!マリーゼ。5月6日ベレーザ戦、10日新潟戦に連勝。
4月12日に開幕したなでしこリーグ。マリーゼは初戦の湯郷に4−2で勝利するも、次戦浦和Lには0−2で敗戦、26日のINAC戦も1−2で敗れ1勝2敗と開幕ダッシュはならなかった。5月2日はジェフレディース(千葉総合SC)戦は1−2で敗れたが、5月6日ベレーザ(ニッパツ三ツ沢)戦はFW本間の先制点を守りぬき1−0で勝利、続く新潟L戦は前半2−0でリードし有利な展開となったが後半終了間際に立て続けに得点を許しドローかと思われたが、ロスタイムでのコーナーキックからのボールを途中出場の新人FW安本が決め劇的勝利を飾った。貴重な勝点3を上げた。マリーゼは6試合を行い3勝3敗の5割で8チーム中5位の成績。5月17日はアウェイでFC高槻、6月7日いわきGFで湯郷戦に臨む。

プリンスリーグ09東北(U18)4月18日開幕 福島県は1部に尚志、2部に福島工が参戦
プリンスリーグU18東北は4月18日に宮城県で開幕する。1部6チーム、2部8チームで7月11日まで全10節が開催される。福島県からは1部に尚志、2部に福島工が参戦する。第4節5月2日は福島市十六沼サッカー場で、福島東、尚志の試合が行われる。詳しくはこちら

県サッカーリーグ4月12日開幕
09年の県社会人サッカーリーグが4月12日に開幕する。前期は8月30日まで、後期は9月8日から10月18日までの予定(全10節)。各部の参加チームは以下の通り。1部のクレハサッカー部は2004年に東北リーグ2部に昇格、5年間参戦したが昨シーズン最下位となり今年県リーグに降格となった。また昨年1部の会津サントスFC、2部のラスティング郡山は今年県リーグから脱退した。
1部:クレハ、FCシャイネン福島、アビラーション、NC倶楽部、オリンパス会津FC、Panasonic福島
2部:北芝電機、バリテンテ郡山、FC ALPS、原町SC、福島蹴友会、フリーダム
3部東:FC E-STAR、日東紡福島、いわき市役所、MDY、グロリーズ福島、
3部西:SpansionJapanFC、白河FC、インテオリール会津、喜多方FC、安積Scorpion


マリーゼ新監督に元Jリーグ大宮、湘南監督の菅野氏招聘。新入団選手7名内定。4月12日開幕
女子サッカーの東京電力マリーゼは2月4日に今シーズンの新監督として菅野将晃氏が決定したことを発表した。菅野氏は神奈川県出身の48歳で、古河電工、ジェフ市原などで現役選手として活躍後、京都サンガでユースコーチ、監督を経てJ2水戸、J1大宮、J2湘南の監督を歴任するなどの経歴がある。
またマリーゼは新入団選手の7名の内定も発表した。今年はJFAアカデミー福島(富岡高)から2名が入団するほか伊賀FCからアテネ五輪日本代表の宮本ともみ選手が移籍する。内定選手は以下の通り。FW伊藤美菜子(日本体大)、FW嘉数飛鳥(武蔵丘短大)、MF亀岡夏美(JFAアカデミー福島)、MF宮本ともみ(伊賀FCくの一)、FW安本紗和子(常磐木学園)、GK山根恵里奈(JFAアカデミー福島)、DF吉富桃子(鳳凰高校)。


福島県サッカー協会1種委員会が20年度優秀選手を発表 
福島県サッカー協会1種委員会は1月24日に20年度の優秀選手17名を発表した。以下の通り。
@斉藤 浩延(いわき市役所)A 鈴木 範生(福島県庁)B 佐藤 幸司(福島大学)C 荻原 旦士(福島大学)D 矢部 達郎(会津サントスFC)E 原 裕貴(アビラーション)F 本田 直樹(FCプリメーロ)G 花田 巌(FCプリメーロ)H 末 直樹(フリーダム)I 鈴木 克典(古河電池FC)J 阿部祐二郎(メリー)K 馬目 茂樹(バンディッツ)L 佐藤 広(グロリーズ福島/県北選抜)M 高橋 貴博(Spansion Japan)N 清野 雄大(福島ユナイテッドFC)O 桑原 剛(福島ユナイテッドFC)P 時崎 塁(福島ユナイテッドFC)


★全国高校サッカー選手権 富岡は1回戦で日章学園(宮崎)と対戦。31日埼玉スタジアム 
 速報 富岡高校1回戦突破らず 富岡0−2日章学園

NPOいわきクラブが指導者養成アカデミー設立。ヤン氏が講師に。12月20日にプレトレーニング。参加者募集。
NPO法人いわきクラブはこのほど県内では初めてサッカー指導者を養成するための指導者養成アカデミーをスタートさせることを発表した。アカデミーでは総合型地域スポーツクラブ指導者、サッカー指導者、元プロサッカー選手で引退後指導者をめざす者など、それぞれ対象者別のコースを設定する予定。指導に当たっては同クラブのトップチーム・アビラーションの総監督でJ1京都やジェフ千葉などでコーチを務めたドイツ人指導者のヤン・シェツィーナ氏(写真)が講師を務める。12月20日にはプレトレーニングをいわき市内で開催する。現在参加者を募集中。参加要項・申込書はこちら
問い合わせはいわきクラブの大田原さんまで。(090−2024−3787)


J2山形が悲願のJ1昇格決める。栃木SCがJ2に昇格。
Jリーグ2部(J2)のモンテディオ山形は11月30日の試合に勝利し2位を確定したことでクラブ創設以来初のJ1昇格を決定した。平成11年にJ2入りした山形は過去何度か昇格のチャンスがあったがこれまで実現しなかった。山形には2年前にいわき出身で元川崎の渡辺匠選手が昇格請負人として移籍、今シーズン怪我で秋まで出場できなかったが秋以降、リーグ戦に出場し念願のJ1昇格に貢献した。なおJFLが11月30日で終了しJ2昇格の条件をクリアした栃木SC、カターレ富山、ファジアーノ岡山の3クラブがJ2に新規参入することも12月1日決まった。福島県では東北リーグで来年1部に昇格する福島ユナイテッドFCが最短で2011年のJリーグ入りをめざしている。来年県リーグ1部に昇格するいわきのアビラーションも将来のJリーグ入りをめざしている。

Jリーグ理事会 J2は最大22チーム、以後はJFLとの入れ替え方針示す。2012年以降のJ入りの門戸狭まる見込み

12月1日に行われたJリーグ臨時理事会でJ1、J2への昇格・加盟等について今後の方針が示された。J2は来年3クラブが増え18となり1部と同じになるため来年は入れ替え戦は行わずJ1下位3クラブが自動降格、J2上位3クラブがJ1に自動昇格する。Jリーグ準加盟クラブのJ2への昇格は今後も実施するがJ2は最大22クラブまでとし、それ以降はJFLとの入れ替え戦を行う方針が示された。JFLからJ2へ昇格する栃木、富山、岡山を除きJFLにはJ入りをめざしているクラブがほかに4クラブ(鳥取、びわこ草津、北九州、琉球)、来年JFLに参入する町田、長崎も同じで来年12月に少なくとも6クラブの中からJ2へ昇格するクラブが複数出る可能性が高い。早ければ2011年にもJ2は最大クラブ数の22に達すると想定される。その場合2012年からJ2とJFLとの入れ替え戦が始まることになりこれまでのように複数のクラブのJ2昇格がかなり難しくなりそうだ。現在JFL下部となる地域リーグにはグルージャ盛岡や福島ユナイテッドのようにJリーグ入りを宣言しているクラブが最低でも10クラブ以上ありJリーグ入りの道のりはさらに厳しくなることが予想される。Jリーグ入りをめざすクラブは今後早期のJリーグ加盟をめざすためのクラブ体制の確立、選手補強、協会や地域のバックアップ等が必要となると考えられる。

マリーゼ6位確定で1部残留決定
なでしこリーグ1部の東京電力マリーゼは11月16日にホーム最終戦を行い今シーズンで解散するTASAKIと対戦し惜しくも0−1で敗れ通算5勝1分け14敗となり残り1試合を残しリーグ戦の6位が確定、来季の1部残留が決定した。最終戦は23日アウェイで湯郷belleと対戦する。なおマリーゼは11月24日にJヴィレッジで選手セレクションを開催する。また今シーズンで野村監督の退任が決まった。新任は未定。

福島からJリーグへ!富岡DFの本田はJ1磐田へ、福島東卒(東海大)DF大原はJ2徳島へ
来年春に県内から2人のJリーガーが誕生する。高校選手権初出場を決めた富岡3年DFの本田慎之介選手(写真*NHKより)はJ1ジュビロ磐田への入団が決定した。本田選手は福島市の出身で187pの長身を生かしたプレーが特長。08年のU-18JFA選抜にも選ばれた。プロ入り前の高校選手権での活躍に期待が集まる。また福島東高卒(東海大4年)DF大原卓丈選手はこのほどJ2ヴォルティス徳島と仮契約を行った。福島東の守備の要として高校選手権にも3年連続出場を果たした。

全国高校サッカー選手権県大会速報!創部3年目の富岡が劇的ロスタイム弾で福島東を下し初優勝!
決勝は11月1日にJヴィレッジスタジアムで開催され、富岡は前半FW鈴木が先制し、1−0で後半へ。後半は互角のまま1−0で終了と思われたが福島東がロスタイムで同点に追いつくと、その直後に富岡が得点、2−1で勝利した。劇的な幕切れで富岡はサッカー部創部3年目にして福島県の頂点に立った。全国大会は12月31日から東京などで開幕する。(写真は勝ち越して喜びあう富岡・FCTより)
高校サッカー県大会の二次大会は10月11日に4回戦、12日に5回戦が実施されベスト8が決定。準々決勝は18日(鳥見山)に行われ、昨年優勝の尚志は福島東に1−0で敗れ3年連続全国優勝はならなかった。富岡は湯本に3−0で勝利した。会津工3−2郡商、福島工1−0平工。準決勝は25日に行われ、福島東が会津工を延長1−0で、富岡が福島工を延長0−0、PK戦の末下し決勝に駒を進めた。
5回戦結果 尚志2(延長)−1安積、福島東4−1郡山、福島工2−1小高工、郡商2−0相馬、会津工3−0勿来工、平工3−0郡山北工、富岡2−0聖光学院、湯本2−0東日本国際大昌平
4回戦結果 安積2−0保原、小高工1−0福島南、福島東1−0川俣、郡商1−0学法石川、郡山10−0若松商、相馬1−0二本松工、聖光学院2−1会津学鳳、湯本4−0会津、東日本大国際大昌平3−1磐城桜が丘、勿来工1−0安達、平工8−0福島北、郡山北工6−0喜多方工


県サッカーリーグ全日程終了 1部はメリーが初優勝!2部はアビラーション
県社会人サッカーリーグは10月26日までに全日程を終了した。1部はメリー(写真)が初優勝、2位はPanasonic福島、3位NC倶楽部、4位オリンパス会津、5位会津サントスFC、6位北芝電機。2部はクラブ大会で優勝したアビラーションが全勝優勝で来季1部への昇格を決めた。2位FCシャイネン福島、3位原町SC、4位アルプス相馬、5位ラスティング郡山、6位福島蹴友会。3部は以下の通り。
3部東:1位フリーダム、2位いわき市役所、3位FC E-STAR、4位日東紡福島、5位MDY、6位グロリーズ福島。
3部西:1位バリエンテ郡山、2位SPANSIONJAPAN、3位喜多方FC、4位白河FC、5位インテリオール会津、6位FC ORIENTE
*なお1部優勝のメリーは東北社会人2部南への参入を決める南東北チャレンジリーグに出場する。(日程未定)
3部優勝決定戦(11月9日) フリーダム(PK5−4)1−1バリエンテ郡山


第13回クリスタルカップサッカー大会 いわきのアストロンが2連覇飾る
第13回クリスタルカップサッカー大会(主管・石川ライオンズクラブ)は9月27日28日石川町などで開催された。大会には県内各地区のほか山形や茨城、千葉などから32チームの少年サッカーチームが参加し、8つのブロックに分かれ予選リーグを行い、順位別により4つのトーナメントを行った。各予選リーグ1位チームの計8チームによるクリスタルカップの決勝にはいわきのアストロンと常総アイデンティU12(取手)が対戦、ハイレベルな戦いを繰り広げたが後半1点を奪ったアストロンが常総を0点に抑え1−0で勝利し、昨年に続き2連覇を飾った。3位はセレソン米沢、4位すずかけサッカースポーツ少年団(いわき)。2位グループのキララカップは近津サッカースポーツ少年団(棚倉)、3位グループのささらカップは棚倉スポーツ少年団、4位グループの空港カップはビアンコーネ福島が優勝した。(下写真左は決勝戦の模様、右はクリスタルカップで優勝したアストロン)



県ユースサッカー選手権速報(全日本ユース高円宮杯U15)Jヴィレッジスポーツクラブが2連覇!
県ユースサッカー大会2次ラウンドが8月23日24日に1回戦を、2回戦は9月6日7日に開催されベスト4が決定。準決勝はJFAアカデミーと二本松一中、古河電池とJヴィレッジスポーツクラブのカードで13日に開催されJFAアカデミーとJヴィレッジスポーツクラブが決勝戦に進出。決勝戦は15日にあづま陸上競技場で行われ1−0でJヴィレッジスポーツクラブがJFAアカデミーを下し2年連続優勝を飾った。同チームは10月に行われる東北大会に出場し全国大会出場をめざす。
準決勝 FAアカデミー3−2二本松一中、古河電池1−10Jヴィレッジスポーツクラブ
準々決勝 二本松一1−0福島ユナイテッド、JヴィレッジSC5−1郡山六中、JFAアカデミー1−0FCレグノウァ、古河電池3−1アストロン
<2次ラウンド1回戦結果>
二本松一3−0二本松三、FCレグノウァ2−0植田、一箕3−0松陵、サンフレックス2−1喜多方三、ビアンコーネ福島(PK3-0)1−1日和田、郡山六3−2石川、向陽(Pk5-3)1−1浅川、会津サントス2−0若松一、若松五3−2中央台南、石神(PK5-3)1−1明健、古河電池4−0中村、JFAアカデミー4−0郡山一、Jヴィレッジスポーツクラブ3−0モンターニャFC、福島ユナイテッドFC3−0大槻FC,アストロン4−1塩川
2回戦 FCレグノウァ2−0一箕中、福島ユナイテッド3−1ビアンコーネ福島、二本松一1−0石神中、郡山六中2−1向陽中、JヴィレッジSC1−0サンフレックス、JFAアカデミー7−0若松五中、アストロン2−0若松四、古河電池3−2会津サントス


天皇杯速報!9月14日福島ユナイテッド、国士舘大と対戦も1−4で敗れる
福島ユナイテッドは9月14日Jヴィレッジスタジアムで全国サッカー選手権1回戦で東京代表の国士舘大と対戦した。前半は大学サッカーの強豪国士舘の攻撃をGK清野が身をていして防ぐなど互角の内容で0−0のまま後半へ。しかしスピード、運動量でユナイテッドを上回る国士舘が12分に先制すると19分、26分と早いクロスから立て続けにゴールを決められ0−3と劣勢に追い込まれた。しかし元Jリーガーの意地を見せたのが後半32分、国士舘ゴール前でのフリーキックからこぼれ玉を監督兼任の時崎悠が決め1点を返した。しかしその後も国士舘に追加点を許し1−4で敗れた。ユナイテッドは国士舘のすばやいプレスで攻撃の芽をつまれ中盤でボールを支配できなかった。


全国社会人サッカー東北予選大会 プリメーロ惜しくも全国大会出場ならず。
社会人サッカーの東北大会は8月23日から25日まで岩手県(奥州市、北上市)で行われる。福島県からは東北社会人リーグ1部のFCプリメーロ、古河電池、ビアンコーネ福島と県大会優勝の福島ユナイテッドFCが出場する。2つのトーナメントの優勝チーム2チーム(第1、第2代表)が全国大会に出場する。組合せはこちら
<結果速報>
23日結果 FCプリメーロ3−1盛岡ゼブラ、福島ユナイテッド14−0塩竃ヴィーゼ、コバルトーレ女川3−2古河電池、ビアンコーネ福島1−0FCパラフレンチ米沢、秋田カンビアーレ2−1ヴァンラーレ八戸、猿田興業4−3仙台中田
24日結果 NECトーキン1−0福島ユナイテッド、ビアンコーネ福島0-1コバルトーレ女川、秋田カンビアーレ2−1猿田興業、FCプリメーロ2−1グルージャ盛岡
25日代表決定戦 NECトーキン5−0コバルトーレ女川、FCプリメーロ0−1秋田カンビアーレ
*その他最新情報はわかり次第掲載いたします。


東北総体サッカー結果速報(8月8日9日10日山形県)
成年男子:福島0−1秋田、福島2−3山形*秋田、青森国体出場
少年男子:福島0−3青森、代表決定戦福島2−1岩手*青森、秋田、福島国体出場
女子:福島4−0秋田、福島7−0山形、代表決定戦福島8−0岩手*福島、宮城国体出場
詳しい結果・記録は山形県サッカー協会のHPをご覧下さい。


全国クラブサッカー選手権県大会 アビラーションがラスティング下し初優勝
クラブチームサッカー選手権県大会の決勝が8月3日に行われ、いわきのアビラーション(石田学監督)がラスティング郡山に2−0で勝利しうれしい初優勝を飾った。3位はメリーとMDY。東北大会は9月20日から22日まで鏡石町の鳥見山総合運動公園で行われる。


福島県サッカー選手権(天皇杯)速報 アビラーションvs福島ユナイテッド、バンディッツvs相馬。8月30日準決勝
県サッカー選手権大会は7月20日に準々決勝4試合が行われベスト4が決定した。今大会注目のいわきのアビラーションは昨年度覇者のビアンコーネ福島に快勝、初の準決勝進出を決めた。Jリーグ経験者を多数擁する優勝候補の筆頭、福島ユナイテッドFCはインターハイ県代表の尚志に対し攻守ともに圧倒、スピードと決定力の差を見せつけ7−0で圧勝した。いわきGFの2試合はバンディッツいわきが福島大を延長戦で制し3年連続のベスト4入り。相馬SCは東北リーグでは格上の古河電池を1−0で下し初の準決勝進出を決めた。東北リーグ1部の3チームがすべてベスト4入りを逃す予想外の大会となった。準決勝は8月30日、アビラーションvs福島ユナイテッド(11時)、バンディッツいわきvs相馬SC(13時30)。決勝は31日にいわきGFで行われ福島ユナイテッドがバンディッツいわきを下し優勝を飾った。
組合せ・結果は県サッカー協会1種委員会HPで。

7月20日結果 ビアンコーネ福島1−6アビラーション、尚志高0−7福島ユナイテッド、バンディッツいわき1−0福島大、相馬1−0古河電池
7月19日結果 アビラーション1−0福島医大、バンディッツいわき2−1富岡高、尚志高3−2Pnasonic福島、福島
大2−0FCプリメーロ、福島ユナイテッド7−0クレハ、相馬SC2−1バリエンテ郡山
7月12日結果 アビラーション4−1平工、クレハ4−2会津サントス、福島医大(PK4-2)2−2日大工学部、Panasonic福島1−0オリンパス会津、富岡高6−0アルプス電気相馬、相馬SC1−0ラスティング郡山、バリエンテ郡山3−0福島工、福島大2−0メリー
 
7月6日結果 アビラーション4−1信夫DREAM、会津サントス1−0 FC SIRAS、福島医大2−0フリーダム、アルプス電気相馬2−1シャイネン福島、ラスティング郡山3−0北芝電機、バリエンテ郡山4−1いわき明星大、Panasonic福島3−0BiancoNeri
メリー4−0日東紡福島
29日結果 日東紡福島3−2原町SC、アルプス電気相馬3−2白河FC、ラスティング郡山2−1グロリーズ福島、バリエンテ郡山1−0FC H-ONE、FCシャイネン福島3−2福島県庁、北芝電機3−2SpansiionJapan、いわき明星大1−0FC E-star
22日結果 アビラーション6−0喜多方FC,信夫DREAM4−0インテリオール会津、福島医大9−1MDY、フリーダム4−0東日本国際大、BiancoNeri3−1奥羽大、FC SIRAS7−0FCアルカトラズ


東北高校サッカー 初出場の富岡が初優勝飾る。尚志、福島工は準々決勝敗退
東北高校サッカー大会は7月30日まで秋田県で開催され、県代表で大会初出場の富岡高校が準決勝で東北高校を0−0、PK戦で勝利すると決勝では秋田の西目高校に延長戦の末、2−1で下し見事優勝を飾った。同じく県代表の尚志、福島工はともに準々決勝で敗退した。

6月29日あづま陸上競技場でわいわいサッカーフェスタ。元日本代表岩本・奈良橋氏参加。福島ユナイテッドに挑戦
福島商工会議所主催によるわいわいサッカーフェスタが6月29日福島市のあづま陸上競技場で開催される。当日は元サッカー日本代表の岩本輝雄氏、奈良橋晃氏を招き子供たちとサッカーラリー(各種ゲーム)を行う。9時45分開会式。また12時30分からは東北社会人サッカーリーグ2部南部リーグ戦福島ユナイテッドFC対相馬SCが行われる。終了後は福島ユナイテッドに岩本・奈良橋両氏と子供たちが参加して交流戦も実施する。各イベントの参加者を募集中。(社)福島青年会議所 こころの豊かさ探求委員会 電話:024-521-1635 FAX:024-521-1697

全国社会人サッカー選手権県大会結果速報!福島ユナイテッドFCが初優勝。準優勝はPanasonic福島
決勝は6月22日に十六沼公園サッカー場で行われ、福島ユナイテッドFC(齋藤誠監督)がPanasonic福島を5−0(4−0,1−0)で下し初優勝を飾った。福島ユナイテッドは8月に行われる東北大会に出場する。なお東北リーグ1部のFCプリメーロ、古河電池FC、ビアンコーネ福島の3チームは東北大会からの出場となる。
準決勝結果 福島ユナイテッド1−0バリエンテ郡山、Pnasonic福島1−0 NC倶楽部
準々決勝結果 NC倶楽部1−0相馬SC、Panasonic福島1−0メリー、福島ユナイテッド3−2アビラーション、バリエンテ郡山4−1ラスティング郡山

今大会で注目はいわきのアビラーション、県リーグ2部所属ながら2回戦で格上のバンディッツいわきを、3回戦で白河FCを下し準々決勝に進んだ。アビラーションは2012年のJリーグ入りをめざし4年前に設立、昨年から県リーグに参戦し今年はリーグ戦、クラブ選手権、社会人大会と無敗を続けている。今シーズンから横浜Fマリノス育成コーチの経験がある石田学氏が監督に就任するとともに外国人など選手を大幅に補強、Jリーグ入りをめざし再スタートを切った。15日には同じくJ入りをめざす福島ユナイテッドFCと対戦したが2−3で敗れた。

3回戦結果 NC倶楽部3−0日東紡福島、メリー9−0MDY、PANASONIC福島(PK4−2)0−0いわき市役所、福島ユナイテッド12−0アルプス相馬、アビラーション3−0白河FC、バリエンテ郡山2−0SpansionJapan
2回戦結果 NC倶楽部3−1喜多方FC、日東紡福島3−2FCアルカトラズ、メリー4−0信夫DREAM、MDY3−0クレハ、いわき市役所(PK5−3)2−2FC SIRAS、アルプス電気相馬6−2BBO、アビラーション1−0バンディッツいわき、白河FC4−3北芝電機、SpansionJapan(PK5−4)2−2FCシャイネン福島、バリエンテ郡山2−0オリンパス会津
 

全国クラブサッカー選手権県大会 アビラーションなどベスト4決定 
1回戦フリーダムvs喜多方FC県大会は5月4日に福島市でなどで15チームが参加して開幕。18日に準々決勝4試合が行われ4強が決定した。準決勝は8月2日(メリーvsアビラーション、ラスティング郡山vsMDY)、決勝は8月3日に開催される。会場は両日ともいわきグリーンフィールド。大会組合せ表はこちら
準々決勝結果 アビラーション7−0会津サントス、ラスティング郡山1−0インテリオール会津、メリー2−0信夫ドリーム、MDY(PK4-3)0−0FC E-STAR
1回戦結果:アビラーション1−0FCシャイネン福島、フリーダム(PK3−1)0−0喜多方FC、インテリオール会津1−0原町SC


U-14プレミアカップ JFAアカデミー福島は予選敗退
14歳以下の全国大会U-14プレミアカップは5月3日から5日までJヴィレッジで開催され、東北第1代表として出場したJFAアカデミー福島は予選ラウンド(Bグループ)で1勝2敗となり決勝トーナメント進出はならなかった。
結果はこちら。なお大会は決勝で静岡学園中学がサンフレッチェ広島ジュニアユースを下し優勝した。


県リーグ開幕 Jリーグめざすバリエンテ郡山初戦大勝スタート。
福島県社会人サッカーリーグは4月13日に県内各地で1部2部3部東西でそれぞれ開幕した。今年3部西に参戦、将来のJリーグ入りをめざすバリエンテ郡山(ジョージウェア総監督)は会津でインテリオール会津と対戦、7−0で初陣を飾った。各部初戦の結果は以下の通り。なお福島夢集団ユンカースは今年からFCシャイネン福島と名称を変更した。
1部:メリー1−0北芝電機、松下電器panasonic福島1−0 NC倶楽部、オリンパス会津2−2会津サントスFC
2部:FCシャイネン福島1−1ラスティング郡山、アビラーション5−1原町SC、アルプス相馬6−3福島蹴友会
3部東:いわき市役所3−0日東紡福島、MDY2−1FC E-STAR、グロリーズ福島2ー0フリーダム
3部西:バリエンテ郡山7−0インテリオール会津、SpansionJapan6−0FC ORIENTE、白河FC0−0喜多方FC
*今シーズンの日程表は県サッカー協会HPで


元日本代表・岩本輝雄氏初の定期サッカースクールが4月17日からフットサルサイト郡山で開校!

元サッカー日本代表でベガルタ仙台などで活躍した岩本輝雄氏による少年サッカースクールが4月17日(毎週木曜日)からフットサルサイト郡山で開校する。スクールの名称は「シンコエストージャス」(5つ星の意味)で小学生1年から6年生までを年齢別に3つのクラスに分けて開催する。定員は各クラス30名。岩本氏が定期的にサッカースクールで指導するのは今回が初めてで元日本代表選手による定期スクールの開校は県内では初めてのこと。サッカー技術はもちろんプロアスリートの精神も子供たちに伝えたいというのが岩本氏の考え。開校を前に3月28日と4月3日に無料体験会を開催した。(上写真)
詳しくはフットサルサイト郡山の公式サイトで。


<Jヴィレッジキャンプ情報>
J2モンテディオ山形が26日から3月2日まで滞在。いわき出身渡辺匠選手も参加。28日はJFLのTDKとTマッチ
J2のモンテディオ山形が26日から3月2日までJヴィレッジでトレーニングキャンプを実施する。キャンプにはいわき出身のMF5渡辺匠選手も参加する。06年に川崎フロンターレから山形へ移籍し3年目を迎える渡辺選手は今年は副キャプテンに指名されチームを引っ張っていく中心選手としての活躍が期待されており小林伸二新監督の下、悲願のJ1昇格をめざす。
なお28日午後3時からJFLのTDK秋田とトレーニングマッチを行う。


東北高校新人サッカー 決勝中止で福島工が初優勝
東北高校新人サッカー大会は2月1日から3日までJヴィレッジで行われ、県勢では福島工業高校が準決勝で強豪の青森山田高校と対戦、前後半・延長戦でも得点がないままPK戦になり4−3で福島工が勝利する金星をあげ決勝に進出。しかし3日の降雪により試合が中止となり決勝戦を行わないまま準決勝で勝利した福島工業と山形中央高の2校が優勝となった。

Jリーグめざすバリエンテ郡山 08年県リーグ3部に参戦、総監督に元ACミランのGウェア氏内定
昨年秋に郡山市で結成されたプロサッカークラブ「バリエンテ郡山」(立川光昭代表)が1月19日に郡山市内で設立記者会見を行う。同クラブは将来のJリーグ入りをめざすクラブで既に監督にはアルゼンチンのプロ監督のS級資格を持つ大平誠氏を招聘、さらにクラブの総監督に元リベリア代表選手でACミランやチェルシーで活躍し、現在同国でジョージウェアサッカーアカデミーを運営するジョージ・ウェア氏がこのほど内定した。県内に常駐はしないがチームの強化や組織づくりに同氏がアドバイスする方針。また同クラブではウェアアカデミーの日本での活動もサポートする。同クラブは今年県リーグ3部に参戦する予定で、近く選手セレクションも実施する予定。詳しくは公式サイトで。

いわきクラブがドイツサッカー留学希望者を募集 準備合宿を経て7月から1年間派遣
ドイツ型の総合地域スポーツクラブをめざすNPO法人いわきクラブ(大田原邦彦代表)では今年7月から1年間ドイツ・デューレン市へのサッカー留学を実施する。留学にあたり4月から6月まで2ヶ月間にわたりいわきで準備合宿(トレーニングや語学研修など)を実施し、セレクションした中から最も適した人物をドイツへ派遣する予定。同クラブでは以前より浦和レッズ現コーチのゲルト・エンゲルス氏と交流があることから、エンゲルス氏がスーパーバイザーとなり今回の留学プロジェクトの各種アドバイスを受ける。詳しい募集要項などについてはいわきクラブの公式サイトで。

全国高校サッカー 尚志は初戦突破ならず
全国高校サッカー選手権は12月31日に1回戦が行われ、県代表の尚志高校(仲村浩二監督)と広島県代表の広島皆実が対戦、前半14分に広島皆実に先制させれると、その後28分、31分に立て続けに2点を奪われ前半0−3のまま後半へ。FW田中、MF内山を中心に攻撃を仕掛けるが相手の堅い守りに阻まれ得点をあげることができずそのまま0−3で敗れた。昨年に続く初戦突破はならなかった。

高円宮杯全日本ユース(U-15)全国大会 JヴィレッジSCが決勝トーナメントに進出も京都サンガU-15に敗れる
高円宮杯全日本ユース(U-15)東北予選大会で準優勝を果たしたJヴィレッジSCは12月9日15日に行われた全国大会予選リーグ(Bグループ)で2位に入り、12月23日から行われる決勝トーナメントに進出した。初戦は京都サンガFCU-15と対戦したが0−7で敗れた。
◎詳しい結果・試合情報はこちら


高校サッカー 尚志が2年連続優勝!全国大会1回戦は広島皆実、31日キックオフ
 
高校サッカー選手権の県大会決勝は11月3日にJヴィレッジで行われ尚志高校(仲村浩二監督)と郡山高校(江本城幸監督)が対戦、前後半で決着つかず延長戦に入ると尚志は後半終了間際にPKを得てこれを攻撃の柱MF内山が決め1点を守り2年連続優勝を飾った。これで尚志はインターハイ予選、U-18高校リーグと合わせて今年は3冠を達成した。尚志は12月30日から東京などで行われる全国高校サッカー選手権に出場、ベスト8以上をめざす。1回戦の相手は広島皆実に決定。(31日東京・西が丘サッカー場、第二試合) 組合せ等大会情報はこちら
11月3日(JV) 決勝 尚志1−0郡山(0−0,0−0,延長0−0,1−0)

10月27日 準決勝の結果 尚志(延長)2−1東日本大昌平  郡山1−0富岡


でしこリーグ2部でマリーゼ優勝、来季1部へ復帰
女子サッカーなでしこリーグ2部で福島県のTEPCOマリーゼが10月28日アウェイで市原千葉に3−0で勝利し最終戦を待たず今シーズンの2部リーグの優勝を決めた。マリーゼは06年にJヴィレッジを拠点に1部でスタート、初年度は4位だったが昨年は1部最下位で2部に降格。今年は野村貢監督を迎えアグレッシブなサッカーを目指しスタート、開幕戦から優勝が決まった試合まで負けなしの快進撃で2部優勝と来季1部への復帰を果たした。最終戦は11月18日アウェイ高槻戦。なおマリーゼは12月2日から開幕する全日本女子サッカー選手権に出場する。(1回戦はひたちなか市で大阪体育大学と対戦)

高円宮杯全日本ユース(U-15)東北予選大会でJヴィレッジSCが準優勝、全国大会出場
全日本ユース(U-15)東北予選大会は10月27日28日に宮城県石巻市で行われ、県代表のJヴィレッジスポーツクラブが準優勝を果たし初の全国大会出場を決めた。JヴィレッジSCは決勝ラウンドで優勝したFCみやぎと勝点で並んだが得失点差で惜しくも優勝を逃した。全国大会は12月に開催される。

県少年サッカー いわきのアストロンが2連覇飾る 2位は勿来フォーウィンズ
県少年サッカー選手権は10月21日に郡山西部サッカー場で行われ、いわきのアストロンが決勝で勿来フォーウィンズを3−0で下し2年連続優勝を飾った。順位決定戦も行われアバンツァーレ福島が3−1で岩瀬FCを下し3位に入った。5位はFCヴェルジナーレ。上位3チームは来年2月にJヴィレッジスタジアムで行われるTEPCOチャレンジカップに出場する。

県サッカーリーグ 1部バンディッツいわき1試合残し優勝、3部東はアビラーション、3部西はラスティング郡山
県サッカーリーグは10月21日終了時点で1部、3部東西で優勝チームが決定した。1部はバンディッツいわきが1試合を残し勝点22で既に全試合終了の2位(勝点20)のメリーを上回ったため優勝が決定した。また3部東はいわきアビラーション、3部西はラスティング郡山が優勝を決めた。2部は21日時点で全試合終了で1位の北芝電機が勝点22、2位のNC倶楽部が20だがNC倶楽部が1試合残しており最終戦で勝利するとNC倶楽部の優勝、引き分け以下だと北芝電機の優勝。県リーグの全日程は28日終了の予定。なお1部優勝のバンディッツいわきは東北リーグ昇格をかけた南東北3県チャレンジリーグに出場する。(11月4日11日18日)

全国高校サッカー選手権県大会 ベスト4決定!準決勝27日 尚志vs昌平、富岡vs郡山
県大会準々決勝は10月20日に鳥見山運動公園で開催されベスト4が決まった。
結果は以下の通り。27日準決勝は郡山西部サッカー場で開催。11時尚志vs昌平、14時富岡vs郡山
準々決勝:尚志5−1相馬、福島工1−2富岡、東日本昌平3−1双葉、会津工0−2郡山
13日西部サッカー 尚志4−1湯本、郡山商0−0東日本大昌平(PK6−7)
13日楢葉陸上 相馬4−0葵、勿来工0−1双葉
14日西部サッカー 福島工2−1平工、郡山東2−6会津工
14日楢葉陸上 福島東0−1富岡、会津1−2郡山

決勝11月3日Jヴィレッジスタジアム午後1時10分キックオフ。


全国クラブチームサッカー選手権東北大会 県代表メリーが準優勝
全国クラブチームサッカー選手権大会東北大会は9月22日から24日まで宮城県で行われ、県第1代表のメリーが決勝に進出、岩手のFCガンジュ岩手に0−4で敗れ惜しくも優勝を逃した。メリーは2回戦で山形の琢友クラブを、準決勝で岩手の磐井FCに勝利し決勝に進んだ。第2代表のFC E-STARは1回戦で秋田の男鹿FCに1−2で敗れた。

天皇杯 ビアンコーネ福島初優勝 天皇杯1回戦でVファーレン長崎に惜敗
天皇杯1回戦(9/16)  ビアンコーネ福島0−1V・ファーレン長崎(0−0.0−1)
天皇杯県代表決定戦の決勝は9月2日にいわきGFで行われ、Jリーグ入りをめざすビアンコーネ福島(齋藤誠監督)が2−0で古河電池FCを下し初優勝を飾った。(前身のノーザンピークス郡山時代を含めると2回目)ビアンコーネは前半の終盤PKをA沢が決め先制点をあげると後半8分コーナーキックからのボールをゴール前で松立淳がヘディングで決め2−0と優位に立ちそのまま堅い守りで古河電池の攻撃をしのぎ勝利した。ビアンコーネ福島は9月16日天皇杯1回戦(Jヴィレッジ)で長崎県代表のVファーレン長崎(九州リーグ)と対戦する。
準決勝結果 古河電池2−0ペラーダ福島  ビアンコーネ福島5−2バンディッツいわき

★ビアンコーネを励ます会 9月12日郡山で開催
将来のJリーグ入りをめざすビアンコーネ福島を励ます会が9月12日午後6時30分から郡山ビューホテルアネックスで開催される。参加費7000円。申込み・問い合わせは郡山フットボールクラブまで。TEL024−942−1781
 メール

東北総体速報!成年男子7年ぶり国体、女子も優勝、秋田国体出場へ。少年男子は出場ならず。
東北総体サッカー競技は8月10日から12日まであづま運動公園で行われ、福島県は成年男女そろって優勝を飾り秋田わかすぎ国体への出場を決めた。成年男子は準決勝で宮城に4−2で、決勝は岩手に1−0で勝利した。県成年男子の国体出場は7年ぶり。(秋田県は開催県のため無条件出場)成年女子も準決勝で宮城に、決勝で山形に勝利し優勝を飾った。少年男子は5県によるリーグ戦を行ったが1勝1分2敗で4位となり国体出場はならなかった。詳しい結果は県サッカー協会1種委員会のサイトで。(下写真は成年男子決勝戦より。Leeway氏提供。写真右は決勝点をあげた11馬目選手)
★東北総体サッカーの詳しい情報は県体育協会のホームページに掲載されています。






全国クラブチームサッカー県大会 メリーが初優勝、準優勝はFC E-STAR 東北大会出場
県大会準決勝、決勝は7月29日に泉崎運動公園で行われ、県リーグ1部のメリーが同じく県リーグ3部東のFC E-STARを決勝で下し初優勝を飾った。スコアは2−0。なお3位は会津サントスFCとラスティング郡山。上位2チームは東北大会に出場する。決勝 メリー2−0FC E-STAR、準決勝 メリー2−1会津サントス、FC E-STAR1−0ラスティング郡山

高校サッカー県大会開幕!一次大会24日まで。二次大会は10月
全国高校サッカー選手権福島県大会は7月22日に開幕した。24日まで一次大会が行われ、4回戦以降は10月に行われる。
大会結果速報はこちらのページをご覧ください。


天皇杯速報! ベスト4決定!準決勝はペラーダvs古河電池、ビアンコーネvsバンディッツ
全日本サッカー選手権県代表決定戦(天皇杯)準々決勝が7月22日に郡山といわきで行われた。西部サッカー場での第1試合昨年覇者のFCプリメーロとFCペラーダ福島との対戦は後半終盤に貴重な1点をあげたペラーダがプリメーロを下した。プリメーロは4年前の準々決勝で湯本高校に敗れて以来の準々決勝敗退。第2試合のビアンコーネ福島対尚志高校は後半ビアンコーネが先制、その後尚志が追いつくが、終了間際にMFA沢選手が直接フリーキックで勝ち越し点を決めそのまま逃げ切った。いわきグリーンフィールドでは古河電池が延長の末3−2で福島大を、昨年準優勝のバンディッツいわきは格上の相馬SCを3−2で下しそれぞれ準決勝に進出した。準決勝は9月1日、決勝は9月2日にいわきグリーンフィールドで行われる。

*左写真:プリメーロvsペラーダ、右:ビアンコーネvs尚志高校

全日本少年サッカー選手権 県大会はいわきのアストロンが初優勝 8月Jヴィレッジで全国大会
全日本少年サッカー大会県大会は6月24日に決勝戦を行い、いわきのアストロンがアヴァンツァーレ福島を3−0で下し初優勝を飾った。3位決定戦では勿来SCが2−0で飯樋FCを下した。アストロンは8月5日からJヴィレッジで行われる全国大会に出場する。

福島県サッカー選手権代・天皇杯全日本選手権県代表決定戦 6月24日開幕
県サッカー選手権は6月24日に開幕した。準決勝9月1日、決勝は9月2日でともにいわきGFで行われ優勝チームは全日本選手権に出場する。組み合わせはこちらから。

全国社会人サッカー県大会 相馬SCがラスティング下し2年連続優勝
全国社会人サッカー県大会は6月10日準々決勝を行い相馬SC、ペラーダ福島、松下電器panasonic福島、ラスティング郡山が準決勝に進出した。東北2部南部リーグのビアンコーネ福島は格下の松下電器に0−2で敗れた。準決勝・決勝は16日と17日に南相馬サッカー場で行われ、相馬SCvsペラーダ福島は0−0延長戦でも決着着かずPK戦になり6−5で相馬SCが勝利。松下電器福島vsラスティング郡山は昨年準優勝のラスティングが3−2で勝利し決勝へ。決勝戦は1−0で相馬が逃げ切り2年連続優勝を飾った。優勝した相馬SCは8月25日から宮城県で行われる東北大会に出場する。
(準々決勝結果)
相馬SC3−1バンディッツいわき、ペラーダ福島5−0 O・F・C、
松下電器福島2−0ビアンコーネ福島、ラスティング郡山1−0メリー

 
県高校体育大会 尚志が2−0で福島工下し初優勝 
5月25日に高校体育大会サッカーが開幕、27日まで準決勝を行い、尚志高校と福島工高が決勝に進出した。決勝は6月2日13時からあづま陸上競技場で行われ、尚志高校が2−0で福島工を下しうれしい大会初優勝を飾った。3位決定戦は湯本が会津工を2−0で下した。
準決勝結果 福島工(PK4−3)0−0湯本、尚志(延長)2−1会津工


マリーゼ10001人プロジェクトに過去最高の8350人。大声援の中で0−0ドロー
なでしこリーグ2部のTEPCOマリーゼと福岡Jアンクラスの試合が5月20日にあづま陸上競技場で行われ、マリーゼの試合では過去最高の8350人の観客を記録した。10001人プロジェクトの3年目のイベントとして開催され当日は好天に恵まれ大勢のサポーターがスタンドを埋めた。マリーゼは前節まで3勝1分けでこの試合も勝利をめざしたが最後まで決定力を欠きスコアレスドローとなった。次節は26日のアウェイRFC熊本戦、その後は6月17日JヴィレッジでのFC高槻戦の予定。

全国社会人サッカー県大会組合せ決定!ビアンコーネ、ペラーダ福島、バンディッツいわきなど参加。
全国社会人サッカー福島県大会は5月20日に25チームが参加して開幕、6月17日に決勝が行われるがこのほど組合せが決まった。今年は昨年優勝の相馬SC、準優勝のラスティング郡山のほか天皇杯準優勝のバンディッツいわき、東北リーグ2部南部所属のビアンコーネ福島、ペラーダ福島など強豪チームが多数参加する大会となった。今大会は優勝チーム1チームが東北大会出場権を得る。東北1部のFCプリメーロと古河電池は県大会免除。県大会組合せはこちら
*お詫びと訂正 県大会で上位2チームが東北大会出場と掲載しましたが1チームの誤りです。お詫びとともに訂正させていただきます。

クラブ選手権県大会4月29日開幕 会津サントスら16チームが参加
第14回全国クラブチームサッカー選手権福島県大会は4月29日に福島市十六沼運動公園など開幕する。今年は会津サントス、ラスティング郡山など16チームが参加し東北大会への出場権獲得をめざす。日程:4月29日、5月6日、5月13日、7月28日、7月29日(決勝・泉崎運動公園)。組み合わせ・結果は県サッカー協会1種委員会HPで。

須賀川市初のサッカークラブユースチーム「FCブリーオ須賀川」が発足!団員募集!
須賀川初のサッカークラブユースチーム「FCブリーオ須賀川」(関根照夫代表)が発足した。小中一貫で須賀川地区のサッカーレベルの向上をめざす。中学生のジュニアユースをトップチームとし、下部組織に小学生高学年のジュニア、同低学年のキッズで構成。(須賀川サッカースポ少が母体)アドバイザーとして須賀川高校サッカー部の稲葉信行監督が就任、同校サッカー部との連携も図る。練習場所は全面天然芝の日本工営グラウンド(森宿)。クラブでは現在団員を募集中。問い合わせは関根大樹さんまで。090・4318・7652

Fリーグ開幕!1部2部に高校16チーム参戦!
2年目を迎えたFリーグは4月14日に開幕した。全国高校サッカー選手権初出場した尚志をはじめ福島工業、相馬、郡山など8チームがF1に参戦、平工、郡山北工など8チームがF2に参戦する。
F1:福島工業、郡山商、尚志、郡山、福島東、会津工業、福島南、相馬
F2:平工、郡山北工、原町、聖光学院、会津工、磐城、二本松工、安 積
日程:4月14日、28日、5月3日、6月9日、23日、7月7日、8月19日、26日


県サッカーリーグ4月8日開幕 日程決まる。前期は9月2日まで、後期は10月21日まで。

県社会人サッカーリーグは4月8日に開幕する。1部2部3部東西の各部で10月21日まで行われる。今年は3部西にラスティング郡山、白河FC、西田FCの3チームが新規参戦する。前期日程:4月8日〜9月2日、後期日程:9月9日〜10月21日。対戦表など詳しい情報は県サッカー協会1種委員会のホームページで。

1部:メリー、松下電器Panasonic福島、会津サントス、オリンパス会津、バンディッツいわき、福島夢集団
2部:北芝電機、アルプス相馬、原町SC、日東紡福島、福島蹴友会、NC倶楽部
3部東:グロリーズ福島、FC E-STAR、アビラーション、フリーダム、MDY、FC ORIENTE
3部西:SpansionJapan,インテリオール会津(旧FC BOWZ)、喜多方FC、ラスティング郡山、白河FC、西田FC


U-19女子日本代表候補にいわき市出身の田子亜貴選手選ばれる。
3月28日から4月1日までJヴィレッジでトレーニングキャンプに参加
3月28日から4月1日までJヴィレッジで行われるU-19女子日本代表候補のトレーニングキャンプにいわき市出身の田子亜貴選手(FW・MF)が参加する。田子選手は小学3年からいわきヴィーナスSC及び川部サッカースポ少に参加、4年の時にU-12県選抜に選ばれる。中学(立川部中)からはヴィーナスSCと並行して古河電池ジュニアユースにも入団、以後U-15県選抜、U-18東北トレセンメンバーにも選ばれた。高校は女子サッカーの名門・宮城の常磐木学園に進学、全日本高校女子選手権では同校サッカー部選手として3年連続準優勝、3年時の全日本女子ユース選手権では優勝を飾った。田子選手は3月常磐木学園を卒業、4月からは日本体育大学に進学する。
*写真提供:田子伸一さん

なでしこチャレンジプロジェクトのキャンプにマリーゼの鮫島 彩、新入団の田中景子が参加
3月30日から4月3日までJヴィレッジで行われる第1回のなでしこチャレンジプロジェクトのトレーニングキャンプにTEPCOマリーゼのMF25鮫島 彩がマリーゼから選出され参加する。鮫島選手は栃木県河内郡出身、常磐木学園卒業後昨年マリーゼに入団、05年にU-18女子日本代表に、昨年はU-20女子日本代表にも選出されアジア大会にも出場を果たした。また今年マリーゼに入団したDF田中景子(武蔵ヶ丘短大)も参加する。なでしこチャレンジプロジェクトは今年から始まったものでナショナルトレセンU-15以上の選手から選出し将来のなでしこジャパン予備軍として育成・強化する計画。トレーニングキャンプは年2回Jヴィレッジで行われる。

3月11日Jヴィレッジで元Jリーガー三浦泰年氏招き少年サッカー教室 参加者募集
3月11日にJヴィレッジを会場に県サッカー協会・朝日新聞主催による少年サッカー教室が行われる。対象は小学1〜3年生と父兄100組200名。男女問わず。当日は元日本代表で清水エスパルスなどで活躍した三浦泰年氏を招き直接指導する予定。申込み締め切りは3月2日。詳しくは県サッカー協会まで。

マリーゼ新入団選手を発表 U-19代表DFの田中ら5選手が加入。大部、石川ら4選手は退団

なでしこリーグ2部のTEPCOマリーゼは2月4日新入団と退団選手を発表した。新入団はU-19日本代表のDF田中景子(武蔵ヶ丘短大)、日本体育大のDF藤本まどかのほかFW神戸成美(本庄一高)、FW田原のぞみ(日ノ本学園)、MF保格彩乃(北海道札幌拓北高)の5名。また2年間新チームを引っ張ってきたベテランのDF大部由美、GK石川敦恵、FW佐藤春詠、MF棚橋美智子の4選手が退団した。年末の女子選手権で監督代行も務めた大部選手は東京電力を退社、残り3名は今後も社員として残る。

ビアンコーネ福島がU-15とトップチームの選手セレクション2月12日に開催。参加者募集。

東北社会人サッカーリーグ2部南部所属で今年から将来のJリーグ入りをめざすビアンコーネ福島(齋藤誠監督)は2月12日(月・祝)に選手セレクションを実施する。募集対象はU-15(小学6年及び中学1年)とトップチーム(アマチュア)で12時からU-15、トップチームは午後2時から郡山高校グラウンドで行う。当日はゲーム形式でテストを行う。詳しくは褐S山フットボールクラブまで。024−942−1781 
◇募集要項はこちら(PDF)


東北高校新人サッカー 福島工2回戦、相馬、尚志は初戦で敗退
2月2日にJヴィレッジで開幕した。1回戦で福島工は遠野を下し2回戦で青森山田に挑んだが0−3で敗れた。
1回戦 遠野(PK4−3)1−1相馬、福島工4−1山形東、利府4−0尚志
2回戦 福島工0−3青森山田


<これより前のニュース>
05年のニュースはこちら
04年8月〜12月はこちら
(04年6月〜8月)はこちら (04年3月〜5月
04年1月〜3月