フットボールニュース05

県高校サッカー新人大会 福島南が郡山北工を延長戦の末破り初優勝!
県高校新人大会は12月11日12日にJヴィレッジで準々決勝、準決勝、決勝を行い決勝戦で福島南が郡山北工と対戦、前後半2−2で延長戦に入り延長前半に福島南が決勝点をあげ3−2で勝利し大会初優勝を飾った。また3位決定戦は原町と会津工が対戦しこちらも0−0で延長戦に入り2−0で原町が勝利し3位を決めた。 

県リーグ参入戦 チャレンジリーグ MDYとアビラーションが県リーグ3部へ参入決める

06年県リーグ3部への参入チームを決めるチャレンジリーグが行われ、MDYとアビラーションが上位2チームにはいり県リーグ参入を決めた。このうちアビラーションは2012年のJリーグ入りをめざし2年前に発足したが来年からJへの挑戦が本格的にスタートする。
11月6日MDY1−0アビラーション、11月20日アビラーション4−0白河FC、
11月26日MDY 5−3 白河FC


県中学新人サッカー F4(福島四中)が郡山六中破り優勝
県中学新人サッカー大会は郡山西部サッカー場で13日に準々決勝が行われた。中村一中、郡山六中、福島四中、浅川中の4チームが準決勝に進出した。準決勝、決勝は23日西部サッカー場で行われ福島四中と郡山六中が決勝に進出、福島四中が優勝した。
準々決勝
中村一1−0北信、郡山六1−0若松六、福島四7−0中央台北、浅川2−0本宮一


県高校サッカー2次大会速報 湯本が尚志を2−1で下し初優勝。夢の国立めざす! 
県高校サッカー選手権は30日に鳥見山運動公園で準決勝を行い尚志高校と湯本高校がそれぞれ勝利し11月5日の決勝に駒を進めた。決勝はJヴィレッジスタジアムで行われ、前半1点を先制、後半も追加点をあげ、試合を有利に進め尚志も終盤1点を返したが湯本が尚志を振り切りうれしい県選手権初優勝を飾った。勝った湯本は年末年始の全国高校サッカー選手権への出場資格を得た。夢の国立をめざす。全国大会1回戦は徳島商と対戦決定
11月5日決勝(JV) 湯本2−1尚志
30日準決勝
尚志1−0福島北、湯本(延長1−0)0−0勿来工
23日準々決勝
勿来工1−0福島東、福島工1−0東日本大昌平、湯本3−1郡山、尚志3−0福島南

9日の結果 福島工(PK5−4)1−1(延長)、尚志6−0二本松工
東日本大昌平(PK5−4)0−0(延長)聖光学院、福島南7−0福島高専
10日の結果 福島東1−0郡山商、郡山3−1原町、勿来工2−0相馬東、湯本3−0会津

県サッカーリーグの参入戦(チャレンジマッチ)アビラーションなど3チームで11月に対戦
来年の県サッカーリーグ3部への新規参入をめざすチャレンジマッチが11月6日、20日、27日に保原、いわき、白河で行われる。来年新規参入をめざすのはいわきのアビラーション、福島のMDY、白河の白河FCの3チーム。このうち将来のJリーグクラブをめざすアビラーションは昨年のチャレンジマッチを回避、来年からの参入をめざし今年は天皇杯では4回戦まで進出するなど県大会で実績を積んできた。同じくJ入りを目標に今年3部に加入した福島夢集団JUNKERSに続き、県リーグ参入をめざす。
11月6日MDYーアビラーション(12時保原総合公園)、11月20日アビラーションー白河FC(いわきGF多目的11時)、27日白河FCーMDY(JR研修センター11時)

U-15全日本ユースサッカー東北大会 北信中、若松一中はともに予選敗退
10月9日に鳥見山運動公園で開催され、福島県代表の北信中、若松一中が出場したがともに予選リーグで敗退し決勝トーナメントには進出できなかった。
北信中2−3ベガルタ仙台、北信中2−2FCあきた
若松一0−5FCみやぎ、若松一4−7百石中




第10回クリスタルカップ 優勝はいわきのアストロン、岡山スポ少が準優勝
9月24日25日に石川町クリスタルパーク運動場をメイン会場に第10回クリスタルカップサッカー大会が開催された。10年目を迎えた今年は県内のほか茨城、栃木、山形からサッカー少年団が参加し32チームで8つの予選リーグを実施、予選の結果により4つの決勝トーナメントを実施した。予選1位チームによる決勝Tクリスタルカップには水石FC、セレソン米沢、岡山スポ少、矢吹スポ少、ジェイム福島FC、アストロンSC、塙山スポ少、FCゴデーレの8チームが進出、決勝はアストロンと岡山の県勢同士の戦いとなったが総合力で上回るアストロンが2−0で岡山を下し見事優勝を飾った。3位決定戦ではセレソン米沢が1−0で塙山を下した。なおその他のトーナメントはキララカップが塙スポ少、あさまるカップがエルフスポーツクラブ(茨城)、ささらカップが神栖トレセン(茨城)がそれぞれ優勝した。

写真 左は決勝戦から。右:実行委員長の西牧広恵さんから優勝旗を授与されるアストロンの選手たち。

県女子サッカー選手権 花かつみLFCが6年ぶりV
女子女子サッカー選手権は9月18日あづま運動公園で行われた。決勝は花かつみレディースフットボールクラブとFC Vイレブンの対戦となり花かつみが2−0でVイレブンを下し6年ぶり5回目の優勝を飾った。3位はFC BLOOM、ビバーチェ会津。上位2チームは10月29日30日に宮城で行われる東北大会に出場する。
決勝 花かつみLFC 2−0 FC Vイレブン
準決勝 FC Vイレブン(PK3−1)1−1FC BLOOM、花かつみLFC 2−0ビバーチェ会津


フットボールフェスティバル2005 マリーゼvsレッズL戦当日にサッカー教室他各種イベント開催
9月25日あづま陸上競技場で行われるマリーゼvsレッズレディース戦当日にあづま総合運動公園を会場に各種イベントが開催される。当日は午前10時から県社会人サッカーリーグ3試合、マリーゼ戦終了後3時30分からは福島夢集団今井敏明監督や元日本女子代表高倉麻子さん(福島市出身)らによる少年サッカー教室(小学4年〜6年)、また午前10時30分から12時まではクラップスチアリーディングによるチア教室も行われる(マリーゼ戦ハーフタイムに参加)。サッカー教室は参加無料、申し込みは
福島民報社広告局「フットボール教室」係FAX 024−533−4343。 なお詳細は福島夢集団ホームページを参照のこと。

県ユース(U-15)サッカー 北信中が若松一中下し優勝 両校東北大会出場

第16回県ユースサッカー選手権(高円宮杯ユースサッカー選手権県予選)は9月4日あづま陸上競技場で決勝戦が行われ北信中が若松一中を1−0で下し優勝を飾った。両校は10月8日から鏡石などで行われる東北大会に出場する。
決勝 北信中1−0若松一、準決勝 若松一3−1勿来FC、北信中3−1FCレグノウァ


天皇杯県代表決定戦(県サッカー選手権)
プリメーロが1−0で福島大学下し4年ぶりV
天皇杯県代表決定戦準決勝は8月20日いわきGFで行われ、第1試合で福島大が3−0で日大工学部を、第2位試合でFCプリメーロが3−1で古河電池FCを下し21日の決勝に進出した。プリメーロと福島大は02年大会の決勝で対戦し福島大が優勝、01年は同カードでプリメーロが優勝している。21日はいわきGFで午後1時キックオフされ、前半0−0のあと、後半終了直前にプリメーロのフリーキックのチャンスにMF鈴木茂雄選手が直接ゴール左隅に見事なゴールを決め決勝点をあげ福島大を振り切り4年ぶり7回目の優勝で全国大会出場を決めた。
決勝 プリメーロ1−0(0−0,1−0)福島大学
準決勝 福島大3−0(1−0,2−0)日大工、プリメーロ3−1(3−0,0−1)古河電池


東北総体サッカー 成年女子が岡山国体出場決める 成年は惜しくも秋田に敗れる
東北総体サッカーは8月12日から14日まで秋田県で開催された。日本女子代表の丸山桂里奈や鈴木玲美、松野みどりのマリーゼ3選手をメンバーに加えた成年女子は決勝に進出、秋田県に4−1で勝利し見事国体出場を決めた。FCプリメーロの選手を中心にした成年男子も決勝に進出したが秋田県に延長の末、2−3で敗れ惜しくも国体出場を逃した。少年男子はB組3位だった。なお成年女子が出場する岡山国体サッカー競技は9月9日開幕。

全日本少年サッカー選手権Jヴィレッジで開催 *詳しくはJヴィレッジ公式サイトで。
県代表の古河電池FCジュニアは1次ラウンドで惜しくも敗退。準決勝・決勝は12日13日

全国クラブチーム選手権県大会 相馬SCが初優勝 2位ペラーダ福島 9月東北大会へ
全国クラブチームサッカー選手権県大会の決勝は7月31日に原町で行われ、相馬サッカークラブが7−0でペラーダ福島を下し初優勝を飾った。相馬SCとペラーダは9月23日から秋田で行われる東北大会に出場する。なお3位はメリーと会津サントスFC。

全国高校サッカー選手権福島県大会が開幕!

3回戦は7月28日に開催。二次大会は10月にシード校の福島工、福島商、福島東、郡山の4チームを加えた16チームでトーナメントを行う。
3回戦7月28日結果
東日本昌平2−0磐城桜ヶ丘、会津2−1若松商、原町3−2郡山東、相馬東1−0相馬、福島高専1−0日大東北、尚志2−1平工、須賀川桐陽2−0双葉、聖光学院2−1葵、二本松工3−0安積黎明、湯本4−0福島北、勿来工1−0清陵情報、福島南3−0安達
2回戦7月25日試合結果
塙工業0-3二本松工業、小高工業0-3湯本、本宮0-2安積黎明、福島北2-0学法石川、あさか開成0-3東日本国際大学昌平、喜多方0-5尚志、 郡山北工業1-2平工業、磐城桜が丘(PK5-3)1-1福島、清陵情報5-0安達東、勿来工業(PK5-3)3−3いわき光洋、須賀川桐陽5-0梁川、白河実業0-5双葉、福島西2-3原町、郡山東2-1白河、磐城1-2相馬
福島明成0-3相馬東、福島高専1-0会津工業、日大東北1-0いわき海星、安達1-0橘、小名浜1-4福島南、若松商業1-0いわき秀英、喜多方工業0-1会津、勿来0-4葵、福島商業0-1聖光学院


天皇杯(県サッカー選手権)速報!準決勝は福大vs日大工、プリメーロvs古河電池。決勝は21日

県サッカー選手権(天皇杯県代表決定戦)は7月24日までに準々決勝まで行い、福島大、日大工学部、古河電池、FCプリメーロがベスト4に進んだ。準決勝は8月20日、決勝は8月21日にいわきグリーンフィールドで行われる。組合せ表は上記メニュー欄参照

7月23日湯本高校0−3日大工 
24日福島大3−1ノーザンピークス郡山、福島工業1−4古河電池、FCプリメーロ6−0原町SC
7月17日の結果
日大工学部3−1バンディッツ2002、福島大5−1呉羽化学、ノーザンピークス郡山4−1メリー
福島工業1−0アビラーション、古河電池3−1相馬SC、原町SC2−1ラスティング郡山

*写真は福島工業vsアビラーションより。

7月10日の結果
バンディッツ2002 1-0福島東高、日本大学工学部3−1会津サントス、福島大学10−1FCあさか、メリー4−2グロリーズ福島、アビラーション1−0信夫DREAM、相馬SC4−1郡山商業高、ラスティング郡山5−0ペラーダ福島、原町SC3−2東日本国際大

7月3日の結果
福島夢集団1−3バンディッツ2002、会津サントス2−0喜多方FC、FCあさか(PK4−2)1−1日東紡福島
グロリーズ福島3−1奥羽大学、メリー5−1FC E-STAR、信夫DREAM1−0オリンパス会津、
アビラーション3−0北芝電機、相馬SC5−2松下電器、ラスティング郡山3−0アルプス電気相馬、
原町SC3−1フリーダム
6月26日の結果
奥羽大学8−0BiancoNeri、FC E-STAR(PK2−1)5−5BBO、信夫DREAM3−2いわき明星大、
アビラーション4−2NC倶楽部、相馬SC4−2県立医大、ラスティング郡山4−0クラブ北、
FC ORIENTE0−3原町SC、SpansionJapan0−1フリーダム
6月25日の結果
福島夢集団3−0FC BOWZ、バンディッツ2002 11−0FCジモティーナ、喜多方FC3−0福島県庁SC
福島蹴友会1−2FCあさか、日東紡福島2−1白河クラブ


ID((知的障害者)サッカークラブ「SFIDA」設立、郡山、いわき、双葉で活動開始。参加者・スタッフ募集中。
ID(知的障害者)も参加できるサッカークラブ「SFIDA」(スフィーダ*イタリア語で挑戦の意)がこの4月に設立され、郡山、いわき、双葉の3カ所で活動を開始した。SFIDAは障害者を対象にしたサッカー教室から生まれたクラブで、「スポーツの持つ特性、サッカーの持つ特性、地域の持つ特性を生かしていくためにも総合的なサッカーチームが必要である。サッカーを通してより広い社会とのつながりを図ることを目的として、地域で運営するクラブ、ともにプレーするクラブの2つをテーマに設立した。」(設立趣意書より抜粋)あぶくま、いわき、富岡の各養護学校の生徒や卒業生を中心にメンバーを募集しており、それぞれの学校や近隣の運動場などで毎月2回程度土日に練習やサッカー教室を実施、2ヶ月に1回合同練習会も行う。指導には地域の小中校生のサッカー指導を行っている養護学校の教員、県の障害者スポーツ指導員として活動している人や県代表選手・コーチも指導に当たっている。
クラブでは障害の有無に関わらずサッカーなどスポーツを通して参加者の自立・共生をめざしていく考え。将来的には障害者総合体育大会や県総体、天皇杯などにも参加していくという。SFIDAでは現在メンバーのほかスタッフも募集している。詳しくは公式ホームページで(上記メニュー欄でリンク)。問い合わせは代表の村上光輝さんまで。
(写真は練習風景。村上氏提供)
全日本少年サッカー県大会 古河電池ジュニアが3連覇
全日本少年サッカー大会県大会は6月19日に西部サッカー場で最終日を行い、決勝で古河電池FCジュニアがアスロトンスポーツクラブを2−0で下し3年連続優勝を飾った。また3位決定戦で玉川サッカースポ少が新地町サッカースポ少を4−1で下した。優勝した古河電池ジュニアは8月8日からJヴィレッジで行われる全国大会に出場、また上位4チームは7月29日から秋田県で行われる東北交流大会に出場する。

県女子サッカー選手権 花かつみがFC BLOOM破り優勝
第8回県女子サッカー選手権は6月12日に西部スポーツ広場で準決勝、決勝を行い決勝戦で郡山の花かつみLFCと福島のFC BLOOMが対戦、前後半0−0でPK戦となりPK3−2で花かつみがBLOOMを下し優勝を飾った。
準決勝 BLOOM3−0FCVイレブン、花かつみ(PK3−0)0−0いわきヴィーナス
決勝 花かつみ(PK3−2)0−0FC BLOOM


日本クラブユース(U-15)選手権県予選 レグノウァがジェイム下し優勝。5チーム東北大会へ
第20回日本クラブユースサッカー選手権(Uー15)県大会は6月11日12日に西部サッカー場で決勝と順位決定戦を行い決勝でFCレグノウァが2−1でジェイムFC福島を下し優勝した。レグノウァ、ジェイムに順位決定戦で上位に入った古河電池FC、JヴィレッジSC、エスペランサの3チームは6月25日から岩手県で行われる東北大会に出場する。

県サッカー選手権(天皇杯県代表決定戦)組合せ決まる6月25日スタート
第10回県サッカー選手権兼第85回天皇杯全日本サッカー選手権県代表決定戦は1回戦が6月25日26日に開幕する。この度組合せが決定した。45チームが参加し秋に行われる全国大会出場をめざす。昨年は並みいる社会人クラブを撃破し初の高校生チームとして優勝した湯本高校が第1シード、第2位シードのFCプリメーロのほか東北リーグや県リーグに参加するチーム、高校、大学チームが戦いを繰り広げる。組合せ表は上記に掲載。日程:6月25日・26日、7月3日、7月10日、7月17日、7月23日・24日、8月20日(準決勝)、8月21日(決勝)

全国社会人県大会 19日決勝 古河電池がPK戦でノーザン下し2年ぶり優勝  

第41全国社会人サッカー選手権県大会は5月22日に開幕、6月19日決勝戦が行われ同じ東北リーグ2部に所属する古河電池とノーザンピークス郡山が対戦し、2−2で延長戦でも決着つかずPK戦となり、古河が6−5でノーザンを下し2年ぶり優勝を飾った。古河電池は9月3日から山形県天童で行われる東北大会に出場する。(東北リーグ1部のFCプリメーロは予選免除で出場)
6月18日 ノーザンピークス郡山1−0ペラーダ福島、古河電池3−1バンディッツ2002
6月12日 ノーザンピークス郡山1−0福島夢集団、ペラーダ福島2−0信夫DREAM、
バンディッツ2002 3−1松下電器、ラスティング郡山1−3古河電池

6月5日の結果
福島夢集団4−0オリンパス会津、ペラーダ福島1−0グロリーズ福島、信夫DREAM2−1呉羽化学、バンディッツ2002 7−0FC E-STAR、松下電器1−0会津サントス、ラスティング郡山1−0アルプス電気相馬

5月29日の結果
福島夢集団(延長)3−2日東紡績福島、グロリーズ福島5−3SPANCIONJAPAN
松下電器4−0白河FC、オリンパス会津(延長)3−1B・B・O、ペラーダ福島3−1福島蹴友会、会津サントス6−1フリーダム、ラスティング郡山(延長)2−1メリー、FC E-STAR4−0ジモティーナ、アルプス電気相馬4−2クラブ北、信夫ドリーム(PK5−4)1−1アビラーション

5月22日結果
ラスティング郡山2−0北芝電機、BiancooNeri 0−4白河FC、MDY1−4BBO
Spansion Japan 3−0常磐共同火力


県高校サッカー結果 福島工が郡山商下し24年ぶり優勝、インターハイ出場
1回戦 東日本大昌平2ー0清陵情報、二本松工(延長)1−0須賀川桐陽、郡山商(延長)3−1安達
2回戦 聖光学院(PK4−3)1−1勿来工、東日本大昌平3−2会津、尚志3−1双葉、福島工2−0白河
郡山2−1湯本、相馬3−0二本松工、会津工(PK5−4)2−2福島東、郡山商(延長)2−1福島南
準々決勝 東日本大昌平(PK6−5)2−2聖光学院、郡山(PK5−4)4−4相馬
       福島工1−0尚志、郡山(PK3−1)0−0会津
準決勝 福島工2−1東日本大昌平  郡山商(延長)2−0郡山
決勝 福島工2−1郡山商 3位決定戦 郡山1−0東日本大昌平



クラブ選手権県大会 相馬SC4強。昨年の優勝あさか、2位のラスティングはともに敗退
05年全国クラブチームサッカー選手権の県大会は5月1日開幕。15日に準々決勝4試合が行われ、昨年優勝のFCあさかは県リーグ2部の相馬SCに1−2で敗れた。また昨年2位のラスティング郡山も県リーグ1部のメリーに0−2で敗れた。準決勝は相馬SCと会津サントスFC、FCペラーダとメリーがそれぞれ対戦する。準決勝は7月30日に行い上位2チームが9月に秋田県で行われる東北大会に進出する。将来のJリーグ入りをめざし昨年発足したアビラーションが県大会に初参戦、1回戦で県リーグ2部の原町SCに、2回戦クラブ北戦でそれぞれPK合戦を制しベスト8入りしたが準々決勝で県リーグ1部のペラーダ福島に敗退した。組合せは県サッカー協会のHPで。日程:5月1日、8日、15日、7月30日(準決勝)、31日(決勝) 
15日準々決勝結果
FCあさか1−2相馬SC、会津サントス5−0FC E-STAR
FCペラーダ1−0アビラーション、ラスティング郡山0−2メリー

5月8日の結果
相馬SC4−0福島蹴友会、FC E-STAR2−1白河FC、アビラーション(PK4−3)0−0クラブ北、メリー6−1信夫ドリーム
5月1日結果
福島蹴友会3−1MDY、相馬SC7−0グロリーズ福島、白河FC5−0BiancoNeri
FC E-STAR 2−0BBO、アビラーション(PK5−3)1−1原町SC、クラブ北3−0フリーダム
信夫ドリーム1−0白河クラブ、メリー6−0FC ORIENTE


プリンスリーグU-18東北4月9日JVで開幕 福島東、福島工が参加 
2005プリンスリーグ(U-18)東北は4月9日からJヴィレッジで開幕する。福島県からは福島東と福島工の2校が参加し全10チームで7月24日まで全11節を戦う。4月9日、10日、16日、17日、23日はJヴィレッジで行われる。(以降は各県会場)優勝チームは高円宮杯全国大会に出場できる。結果は宮城県サッカー協会HPを参照。
日程・対戦表は日本サッカー協会HPで閲覧できます。(大会情報→第2種)

東電マリーゼデビュー戦 レイナスに0−2敗退 リーグ戦4月10日岡山湯郷戦JVで

東京電力マリーゼ 0−2 さいたまレイナスFC
なでしこリーグ1部の東京電力マリーゼのスペシャルマッチ、昨年度優勝のさいたまレイナスFCとのプレシーズンマッチが3月19日に開催された。マリーゼは入団したばかりのアテネ五輪日本代表の14FW丸山桂里奈が先発出場した。個人技、チーム力でトップレベルのレイナスが相手ということもあり苦戦するマリーゼ、前半11分CKからヘディングを決められ1点目を上げられると前半40分には裏に出されたロングボールを相手に奪われるとそのまま強烈なシュートを決められた。後半は善戦し得点を奪われなかったが、最終ラインでの決定力に欠き最後までゴールをあげられなかった。中盤の選手が相手にボールを奪われるケースが目立ち攻撃のチャンスをことごとくつぶされたが、後半はキャプテン五十嵐章恵選手や後半出場したいわき出身FW18鈴木玲美(写真)ら積極的なプレーも多く見られ4月10日JVで開幕のリーグ開幕戦(岡山湯郷Belle戦)が大いに期待される。また当日はマリーゼの応援団も組織され熱い応援が繰り広げられたり、3400人を越すファンがマリーゼに大きな声援を送った。

福島夢集団がトップチーム選手追加募集。県初ユースクラブも発足。ユース選手も募集
将来のJリーグをめざし今年から県サッカーリーグに参加する福島夢集団JUNKERS(横田篤代表)は2月16日付けで福島県に特定非営利法人(NPO法人)の申請を行い4月中にはNPO法人の認可を受け本格的な活動を開始する。これに伴い4月にも下部組織となるユースクラブ(18歳以下)を発足させる予定。練習は福島市で週3回行う予定。
募集条件:4月現在高校生か15〜18歳。希望者は応募用紙請求のうえ4月1日までに申し込むこと。実力に応じトップチームの試合にも出場できる。指導はトップチームの今井敏明監督(元J1川崎監督)が兼任。
またトップチームJUNKERS(今井敏明監督)は1月に合同セレクションを実施したが今後も随時選手を募集する(特にディフェンダー、ゴールキーパー)。入団希望者は1ヶ月ほど練習生としてチームの練習に参加したうえで入団の合否が決められる。(練習参加費3000円)。申し込み・問い合わせは以下まで。
福島夢集団事務所:TEL/FAX024−559−0236 メール j-dream@vanilla.ocn.ne.jp


県ユース(U-14)サッカー選手権 Jヴィレッジスポーツクラブが初優勝
第3回県ユースサッカー選手権は2月26日・27日にいわきグリーンフィールドで開催され、予選リーグ1位同士の決勝でJヴィレッジSCが北信中を2−1で下し初優勝を飾った。
27日の結果
Aブロック:レグノウァ4−0中村一、JヴィレッジSC5−0岳陽
Bブロック:北信3−0古河電池、大槻FC2−0郡山七
決勝 JヴィレッジSC2−0北信中
26日の結果
Aブロック:
中村一中2−1JヴィレッジSC、FCレグノウァ2−0岳陽中、JヴィレッジSC3−1FCレグノウァ、中村一2−1岳陽
Bブロック:
古河電池FC3−0郡山七中、北信中1−1大槻FC、北信5−1郡山七、古河電池2−0大槻FC


東日本女子ジュニアサッカー大会 花かつみレディースが3位に
第11回東日本女子ジュニアサッカー大会は2月20日に順位決定戦リーグが行われ、花かつみレディースFC(郡山)、市川FC、FC石岡でリーグ戦を行ったが花かつみは2試合に敗れ総合成績は3位だった。その他の県内チームの成績は次の通り。県北女子ジュニア5位、いわきヴィーナス8位、エステレーラ相馬10位、二本松少女隊12位。

PREMIERカップ05県大会 古河電池FCがJヴィレッジSC破り優勝
PREMIER CUP05福島県大会は2月11日、12日に原町市で開催された。各地区予選を勝ち抜いた中学生チーム6チームが参加しリーグ戦と優勝決定戦を行い、決勝で古河電池FCとJヴィレッジスポーツクラブが対戦し、古河電池が2対1で勝利し優勝を飾った。古河電池は4月に行われる東北大会に出場する。
予選リーグ結果
郡山六中2−0JヴィレッジSC、石川中1−0郡山六中、JヴィレッジSC4−0石川中
古河電池2−0北信中、古河電池2−0若松五中、北信中6−1若松五中
決勝 古河電池2−1JヴィレッジSC


2月12日Jヴィレッジに「なでしこジャパン」登場!第1回なでしこカップに全国から32チーム参加
東電女子サッカー部マリーゼも活動開始!10日に記者発表
2月11日から13日までJヴィレッジで全国ガールズ8(U-12)女子サッカーフェスティバル・第1回なでしこカップが開催される。全国各地域の女子サッカーチーム32チームが参加して7つのブロックでリーグ戦を行い、13日に順位決定トーナメントを実施する。今回はなでしこジャパンの愛称で人気の日本女子代表チームがゲスト参加し、12日に大会参加チームと交流戦を行う予定。(またU-19女子日本代表は13日までJヴィレッジで合宿中)大会には福島県からはFC BLOOM県北ジュニア、花かつみレディースFCの2チームが出場する。詳細はJヴィレッジの公式ホームページで。また今年からJヴィレッジを本拠地に活動するLリーグの東京電力女子サッカー部「マリーゼ」のチーム発表会見が選手・スタッフ参加のもと2月10日にJヴィレッジで行われる。当日は選手紹介のほかチームユニフォームやチームロゴなどが発表される。・マリーゼ事務局TEL:0240-26-0175(Jヴィレッジ内)

東北高校新人サッカー  尚志準決勝で青森山田に惜敗
2月4日から6日までJヴィレッジを会場に東北高校新人サッカー大会が開催され福島県からは県大会上位3校が参加した。第1代表の湯本は1回戦で青森の光星学院に勝利、第2代表の福島工は盛岡市立に敗れた。第3代表の尚志は初戦で山形中央に快勝すると準々決勝では仙台育英を2−1で下し準決勝に進出した。準決勝ではブラジル人留学生を擁する強豪・青森山田に対し惜しくも0−1で敗れ3位に終わった。
1回戦結果
尚志6−1山形中央、湯本3−1光星学院、福島工0−1(延長)盛岡市立
準々決勝
尚志2−1仙台育英、湯本1−4盛岡商、遠野3−0三本木農、青森山田4−0盛岡市立
準決勝 尚志0−1青森山田、盛岡商4−0遠野 決勝 青森山田2−0盛岡商

(写真は惜しくも3位に終わった尚志・エンジのユニフォーム)



05プリンスリーグ東北大会県代表決定リーグ戦 福島東と福島工が代表に決定
1月22日23日29日の3日にわたりJヴィレッジでプリンスリーグUー18 2005東北リーグの県代表決定戦が開催され、試合の結果、第1代表に福島東、第2代表に福島工が決定した。総当たりのリーグ戦を行い上位2チームがプリンスリーグ東北リーグ(12チーム参加)に参加できる。
(結果) 
22日:湯本2−0福島東(11時)、福島工0−0尚志(13時) JVスタジアム
23日:福島工0−1福島東(11時)、湯本0−3尚志(13時) JVスタジアム
29日:湯本1−5福島工(13時)、尚志1−2福島東(13時)


Jリーグめざす福島夢集団JUNKERSが1月30日にセレクション実施。参加者募集中

将来のJリーグ入りをめざす福島夢集団JUNKERSは今年から元川崎フロンターレの今井敏明監督を迎え本格的な活動を開始するが、1月30日に二本松で選手セレクションを実施する。チームは今年から福島県サッカーリーグ3部西に所属する一方、天皇杯、全国社会人、全国クラブ選手権など県大会に出場予定。セレクションの要項は以下の通り。
日時 : 2005年1月30日(日) 午前10時〜
場所 : 二本松市・城山総合グラウンド(荒天の場合は同敷地内の体育館)
応募条件 : 2005年4月1日現在18歳以上である者。福島夢集団の活動趣旨に賛同する者
参加費 : 500円(保険料、連絡経費など) *セレクション当日支払い
応募方法 : 所定の申込書 または A4用紙(縦に使用、横書き)に @氏名(ふりがな・捺印)A住所 B自宅
電話番号 C携帯電話番号 Dメールアドレス E生年月日 F身長 G体重 H現在の会社・学校名
I2005年4月現在の所属会社・学校名(未定の場合は「未定」と記入)J利き足 Kポジション 
Lサッカー歴(所属チームなど詳しく)M出場大会・選抜歴 を明記の上、下記住所に郵送のこと
[申込書郵送先] 〒960−8003 福島市森合字山ノ下9−5−102 福島夢集団代表 横田篤 
  応募締め切り : 2005年1月24日(月)必着
問い合わせ 福島夢集団 TEL090−2978−0727  024−559−0236(1月8日以降)
ホームページ http://www1.odn.ne.jp/fukushima_sc メール fukushimayume@hotmail.com


全国高校サッカー選手権 福島東は2回戦津工業(三重)に惜敗
第83回全国高校サッカー選手権は12月30日に東京、埼玉などで開幕。福島県代表の福島東はシードにより2回戦からの登場で1月2日に三重県の津工業(初)と対戦した。前半0−0のあともお互いに決定力を欠き試合はPK戦になるかと思われた後半のロスタイムに津工のカウンターからループシュートを決められ福島東がまさかの初戦敗退となった。日程、組合せなど詳細は公式ホームページで。(上記)

福島東0−1津工 (0−0,0−1)

東北クラブユース(U-15)新人大会 FCレグノウァ準決勝で惜敗し3位
東北クラブユース(U-15)新人サッカー大会の決勝トーナメントは12月26日27日にJヴィレッジで開催され、県から唯一決勝トーナメントに進出したFCレグノウァは1回戦で宮城のFCフレスカに勝利し準決勝に進出したが、準決勝でモンテディオ山形ジュニアユース村山に2−0で敗れベガルタ仙台ジュニアユースとともに3位となった。優勝はモンテディオで2位は柏レイソル盛岡。なお11月下旬に行われた予選リーグに出場した古河電池ジュニアユース、Jヴィレッジスポーツクラブ、大槻FC、エスペランサFC、郡山ゼロワンFCは予選で敗退した。

東電女子サッカー部マリーゼ監督にJ1広島元監督の木村氏就任
来年からJヴィレッジを本拠地に活動する日本女子サッカーリーグ(通称なでしこリーグ)の東京電力女子サッカー部(愛称・マリーゼ)の監督にJ1サンフレッチェ広島元監督の木村孝洋(きむらたかひろ)氏が決定、就任した。12月27日県庁で会見を行うとともに佐藤知事を表敬訪問した。木村氏は広島の前身、マツダサッカークラブで選手として活躍後、95年広島に加入後、コーチ業の経験を積み97年にユースチームの監督に、2002年にはトップチームの監督に就任したが1年で辞任、その後チームの普及育成担当として活動していた。
問い合わせ・東京電力福島事務所広報情報グループ024-521-0793