障害者のスポーツ
チーム・アース(旧福島県車椅子バスケットボールクラブ)
県内で数少ない車椅子バスケットボールのチーム。このクラブには昨年シドニーのパラリンピックに車椅子バスケ日本代表として出場し見事銅メダルを獲得した増子恵美さんも在籍しています。増子さんは同じ障害を持つ方と一緒にバスケを楽しみたいと思っていますよ。ただいまメンバーと健常者のマネージャーを募集中。2001年からクラブ名がチーム・アースに変更になりました。増子さんは福島県障害者スポーツ協会で障害者を相手にスポーツ指導も行っています。「前向きに生きよう!」と障害者にエールを送ります。増子さんがいろいろ相談にも乗ってくれますよ。
福島県障害者スポーツ協会024-521-7169
練習場所 本宮町、その他
連絡先 会長 舟見豊治 0243-23-7634

チーム・アースのHP
車椅子バスケットボールニュース!
世界車椅子バスケットボール選手権大会「ゴールドカップ2002北九州大会(8月23日〜9月2日)」開催中!女子にシドニーパラリンピック銅メダルの増子恵美さんが出場!
日本女子は惜しくも4位。準決勝でカナダに敗れる。カナダ59-39日本
東北代表選手の一人として福島県障害者スポーツ協会職員で車椅子バスケクラブ「チームアース」の増子恵美さんが出場する。会場は北九州市で4年に1度開催される大会。今回、東北ブロックから男女合わせて3名の代表が選出された。
 男子:及川晋平(福島県:チームアース)千葉県在住(2度目)
    藤井新悟(宮城県:宮城MAX)仙台市在住 (初出場)
 女子:増子恵美(福島県:チームアース)三春町在住(3度目)
アジアでは初めて開催される世界選手権大会。
ゴールドカップホームページhttp://www.goldcup2002.com/

車椅子バスケットキャンプIN福島
http://homepage.mac.com/campfrom2001/camp02/index.html
増子恵美さんメールアドレスbasukebaka.mm@k8.dion.ne.jp
福島プログレ

車椅子ツインバスケットは障害の程度の重い人でも参加できるようにコート上にもゴールを設けた競技です。福島プログレでは障害の程度の差をチームワークで克服し試合に臨んでいます。
6月24日に東北ブロック大会が福島市のあづま総合体育館で開催。クラブではメンバー、ボランティアを募集中です。

練習場所 郡山身体障害者福祉センターほか
連絡先 宇津木仁 024-542-4572

ホームページ
その他の障害者スポーツ情報・ホームページ
福島県障害者スキー協会
スキーじゃーやる
福島県障害者陸上競技連盟

日本車椅子テニス協会
増子恵美さん
第2回車椅子バスケットボールキャンプ 2002in福島
8月9日から12日まで福島市のあづま総合体育館で第2回車椅子バスケットボールキャンプinFUKUSHIMAが開催された。この車椅子バスケットキャンプはカナダ在住の元長野パラリンピックアイススレッジ金メダリストのマセソン 美季さん、アメリカ在住でバルセロナ、アトランタパラリンピック車椅子バスケット日本代表の神保康広さん、同じくシドニーパラリンピック車椅子バスケット日本代表選手でチーム・アース所属(千葉県在住)の及川晋平さんらが中心になり、カナダの車椅子バスケット代表チームのコーチで世界各地で指導を行っているマイク・フログリー氏とイリノイ大所属のアシスタント講師4人を招き、国内の車椅子バスケット選手60名、見学参加7名が参加して4日間にわたり、ボールハンドリング、守備・攻撃など車椅子バスケットの基本練習やレクチャー、テストを行い最終日にはトーナメントゲームを実施し、技術と知識を高めるとともに国際交流を行った。キャンプには東北地区の選手で結成された車椅子バスケットクラブ「チーム・アース」からも6名が参加、またチーム・アースの一員で福島県障害者スポーツ協会職員・シドニーパラリンピック銅メダリストで現日本代表選手の増子恵美さんも指導に当たった。
福島県障害者スポーツ協会HPへ
トピックス
9月17日からアテネパラリンピック開催!県内から3選手が出場!
アテネオリンピックに続き9月17日から障害者スポーツの祭典アテネパラリンピックが開催されます。福島県からはシドニーパラリンピックの車椅子バスケットボール銅メダリストの増子恵美さん(写真・県障害者スポーツ協会)が2大会連続出場で金メダルをめざします。またシッティングバレーボールに福島市の田村正志さん、車椅子テニスに棚倉町出身の八筬(やおさ)美恵さんが出場します。県内選手をぜひ応援しましょう!
日本障害者スポーツ協会のホームページ(パラリンピック情報)