NEWS&T0PICS

ドーハ アジア大会 男子チームスプリントで成田、新田、渡辺の県内3選手が見事金メダル!
カタールのドーハで開催中のアジア競技大会自転車男子チームスプリントが12月11日(日本時間)に行われ、日本代表の成田和也(須賀川高卒)、新田祐大(白河高卒)、渡辺一成(小高工卒)の福島県選手3人が見事金メダルを獲得した。自転車王国福島県を代表するプロ競輪選手でもある3選手が大舞台で実力を発揮、2年後の北京オリンピックでの活躍が期待される。なお成田選手と渡辺選手は12月29日に京王閣競輪(東京)で行われる06ヤンググランプリに出場する。詳しくはこちら(KEIRIN.JP) 
*写真は須賀川市出身の成田選手

ワールドカップ(アメリカ)に出場!ケイリンで10位、チームスプリント7位

1月19日から21日までロサンゼルスで行われたトラックワールドカップ第3戦に成田選手ら日本選手が出場し、成田選手はスプリントで18位、ケイリンで10位、チームスプリントで7位に入った。成田選手は2月下旬にイギリスで行われるワールドカップ第4戦に出場予定。


日本選抜競輪(G1)12月2日から5日までいわき平競輪場で開催!
学石卒の山崎芳仁、佐藤慎太郎ら出場!年末のグランプリ出場めざす!
詳しくは
こちら(公式サイト)

兵庫国体自転車は競技別総合で福島県が4連覇。我妻、窪木が優勝
自転車王国福島の面目躍如。成年1000mタイムトライアルで我妻敏(日本大)、少年ポイントレースで窪木一茂(学法石川)が見事優勝を飾ったほか、4000m団体追い抜きで県選抜が第2位になるなど競技別総合で福島県が4年連続優勝を果たした

県高体自転車 個人ロードで我妻(学石)4冠
6月4日5日に行われた県高校体育大会で学法石川3年の我妻 敏がトラックで3冠、ロードでも優勝を飾り4冠を達成した。
 

KEIRINグランプリ04 30日出走 メダリスト伏見、佐藤、岡部の県3選手出場
今年のケイリン選手ナンバー1を決める年末恒例のKEIRINグランプリ04が12月30日に東京・立川競輪場で開催される。国内競輪トップ選手9人のよるレースで、福島県出身選手ではアテネ五輪銀メダルの伏見俊昭、今年賞金1億円を突破した佐藤慎太郎、ベテランの岡部芳幸の3選手が出場しケイリン日本一をめざす。優勝賞金は副賞あわせて1億円。詳細はケイリンLANDのホームページで。


埼玉秋季国体 福島県が自転車で総合2連覇
埼玉秋季国体は10月23日から大宮双輪場で開催され、福島は少年、成年とも活躍を見せ総合で競技別で2年連続総合優勝を果たした。主な各競技の結果は以下の通り。
成年4000m速度競走:2位糸賀賢司(平工〜日大)
4000m追い抜き:成年3位(明珍、糸賀、明珍、小林)、少年3位(房州、中村、我妻、田崎)
少年ポイントレース:房州輝也(平工)


第13回福島県マウンテンバイク選手権 エキスパートで八木田選手2年ぶり優勝
藤沼湖特設眼森林内を周回する全長約2キロのアップダウンにとんだコースで健脚を競う恒例の大会。10月3日に開催され、最もレベルの高いエキスパートの部で八木田健一選手(写真・大玉)が2年ぶり4回目の優勝を果たした。八木田選手は国内MTBの最高峰エリート部門に昨年から参戦、今年のアテネ五輪日本代表の最終選考大会にも出場している県内第1人者。シニアの部1位松本正し(郡山)、ビギナーA1位霜山誠一(梁川)、ビギナーB1位伊藤健一(本宮)、レディース1位鈴木由美子(宮城)、ジュニア1位八木田僚(大玉)。なお大会には県内外から子供からシルバーエージまで90名が参加した。
問い合わせ・長沼役場商工観光課(0248−67−3322)

アテネオリンピック速報!
自転車チームスプリントで日本が堂々の銀メダル獲得!

伏見、永塚、井上3選手が出場したチームスプリントで日本は準決勝でオランダを下し22日の決勝に進出、ドイツで惜しくも敗れたものの堂々の銀メダルを獲得した。日本の自転車競技での銀メダルは初めてのこと。伏見選手はケイリン種目にも出場したが惜しくも予選敗退した。詳細はこちら

伏見選手ら日本代表の最新情報はこちらでどうぞ!

◆インターハイ結果 房州(平工)3q個人追い抜きV。トラック学校対抗で学法石川2位
4キロチームパーシュート:2位学法石川(中村,関根(崇),我妻,田崎)、4位平工(佐藤(康),房州,佐伯,渡辺)
1キロタイムトライアル:5位我妻 敏(学法石川)、10位田村純一(白河実)
ポイントレース:12位関根崇人(学法石川)
4キロ速度競走:12位渡辺正光(平工)、13位中村由広(学法石川)
3キロインディビデュアルパーシュート:1位房州輝也(平工)、4位田崎裕也(学法石川)
エリミネーション:3位桐生順平(学法石川)、16位佐伯翔(平工)
スプリント:川上和正(白河)、猪狩卓男(平工)1/8決勝敗者復活戦敗退
チームスプリント:7位白河実(田村,小林,木野内)
ケイリン:佐藤康恭(平工)2回戦敗退
個人ロードレース:21位渡辺正光(平工)、25位田崎裕也(学法石川)
個人タイムトライアルロードレース:6位我妻敏(学法石川)、7位房州輝也(学法石川)
トラック学校対抗:2位学法石川、7位平工

◆白河出身、競輪の伏見俊昭がアテネ五輪日本代表に選出
日本自転車競技連盟は6月9日にアテネ五輪の自転車日本代表選手10名を発表した。このうち白河市出身で競輪や自転車競技国際大会で活躍中の伏見俊昭選手がチームスプリントの代表に選ばれた。伏見は同じく競輪選手の永塚智広、井上昌己と3人での出場で、1000mトライアルとケイリンの2種目に出場する。詳しくは競輪ランドのHPで。

◆第57回競輪日本選手権で白河出身の伏見俊昭が初優勝、5月世界選手権でアテネ目指す
第57回競輪日本選手権の最終日は3月28日に静岡競輪場で行われ、白河実業高校出身の伏見俊昭が初優勝を飾った。優勝賞金は6600万円。伏見は2001年のオールスター、競輪グランプリで勝利して以来のビッグタイトルを獲得した。同じく2位には学法石川卒の佐藤慎太郎が入った。優勝した伏見は現在自転車のワールドカップにも出場中で5月には今年のアテネ五輪出場をかけオーストラリアの世界選手権に臨む。
詳しくは競輪ランドのHPで。


◆日本競輪学校入学試験で県内から3名が見事合格。飯野、鈴木の2名は難関の適正試験で合格
第90回日本競輪学校一般生徒入学試験の発表は12月24日に行われ、いわき市の大谷トレーニングセンターで入学をめざしていた飯野祐太(19歳)、鈴木謙太郎(19歳)が適性試験で見事合格した。自転車選手としての経験がない受験者が受ける2次審査となる適性試験で合格したのは全国でわずか5名だけで飯野、鈴木は難関を見事に突破した。大谷トレーニングセンターとしても同時に2名が合格したのは今回が初めてだという。また自転車競技経験者が受ける技能試験では県内からただ一人新田祐大選手(白河高校18歳)が合格した。(技能試験による合格者は全国で70名)新田選手は今年の国体少年の部でスプリント優勝を飾るなど輝かしい実績をあげている選手で来年からは適性試験で合格した飯野、鈴木とともに日本競輪学校でプロ競輪選手をめざす。日本競輪学校の入学式は5月に行われる。新田、飯野、鈴木の3名については今後このページでご紹介していく予定です。(写真は大谷トレーニングセンターから見事合格した2名。左側が飯野祐太、中央は大谷会長、右側が鈴木謙太郎)

◆学法石川卒の佐藤慎太郎が全日本選抜競輪で優勝・GT初制覇
11月24日に高知県で全日本選抜競輪の決勝が行われプロ転向7年目の佐藤慎太郎選手(学法石川卒)が優勝した。佐藤選手のGTレースでの優勝は初めて。賞金2690万円を手にした。県内出身の競輪選手としては伏見俊昭(白河実卒)や岡部芳幸(白河実卒)が競輪ほか国際大会でも第一線で活躍中で、佐藤選手の今後の活躍も期待される。なお伏見、岡部の両選手は12月30日に京王閣競輪場で行われるKEIRINグランプリ2003に出場する。詳しくは競輪ランドHPで。

◆県内唯一の競輪予備校 大谷トレーニングセンター
いわき市四倉にある大谷トレーニングセンター(大谷博行会長)は県内でも唯一の日本競輪学校の公認予備校として知られ、毎年数名が競輪学校入学をめざし鍛錬に励んでいる。詳細はこちら
*大谷トレーニングセンター TEL 0246-32-8383


◆静岡国体終了!県自転車競技選手団が活躍
成年男子:監督 田崎今日児(白河実教諭)、選手:斑目真紀夫(東白農商教諭)、明珍多久雄、糸賀賢司(日本大学)、明珍周兵(法政大)、古川喬(県自転車競技連盟)、竹内忍(日本大)、鈴木伸也(ひもろぎの園)
少年男子:監督 中野目啓(白河教諭)、選手:金沢竜二、小豆畑郁也、中村由広(以上学法石川)、新田祐太(白河)、房州輝也、佐藤康恭(平工)、小林浩二(白河実)

静岡国体公式HP

自転車王国福島が活躍!
国体自転車競技では少年選手が活躍、スプリントで新田祐大(白河高)、4000m速度競走で小豆畑郁也(学法石川)が優勝を飾った。1000mタイムトライアルでは金沢竜二(学法石川)が6位。成年では糸賀賢司が4000m速度競走で優勝した。成年4000m団体追い抜きで福島が3位。(明珍多久雄、明珍周兵、糸賀賢司、斑目真紀夫)


◆今回がラストラン!10月19日に炎のエンデューロMTB3時間耐久レース開催。
参加チーム募集中!

10月19日(日)に猪苗代町のチーズナッツパークで恒例のMTB3時間耐久レース「炎のエンデューロ」が開催される。毎年春と夏の2回開催されてきた県内でも珍しいエンデューロの大会だが、事情により今回の秋大会を持って終了することとなった。大会ではレースだけでなく豪華賞品がもらえる大じゃんけん大会や豚汁サービスなど楽しいイベントも行われる。家族やグループで参加してみてはいかがだろうか。大会事務局では現在参加チームを募集中。詳しくは事務局でもある自転車館コバヤシ(会津若松)まで。

自転車館コバヤシ〒965-0823 福島県会津若松市建福寺前1ー44(小田橋バイパス沿い)◆TEL 0242(26)2422◆FAX 0242(26)1310
◆homepage http://www.hechima.co.jp/~fumi/shop.htm ◆top speed http://www.hechima.co.jp/~fumi/ ◆e-mail  fumi@hechima.co.jp


◆10月5日に藤沼湖で恒例のファミリーサイクリング&マウンテンバイク福島県大会
10月5日(日)に長沼町の藤沼湖畔を会場に恒例のファミリーサイクリング大会と福島県マウンテンバイク選手権大会が開催される。ファミリーサイクリングは各自自分の自転車を持ち寄り参加するもの。マウンテンバイク大会は今年で12回目を迎え、県内外のMTBファンやグループが参加し健脚を競う。問い合わせ、申込みは長沼町商工観光課まで。0248−67−3322
長沼町ホームページ

MTB大会結果 エキスパートの部で郡山の佐々木敏之選手が優勝
エキスパートの部は昨年優勝し今年MTBジャパンシリーズで最高峰のエリート部門に昇格した八木田健一選手が出場したが途中までトップだったもののバイクトラブルで後退し3位に。優勝は八木田選手と同じバイシクルトップの佐々木敏之選手。
エキスパート(年齢制限なし、10q) 1位佐々木敏之・郡山バイシクルトップ(30分45秒23)、2位岡崎哲也(山形)、3位八木田健一・郡山バイシクルトップ。
シニア(40歳以上) 1位早川健一(郡山)、2位佐久間成隆(国見町)、3位伊藤匠(福島)
レディース(高校生以上) 1位佐藤由子(宮城)、2位箭内久子(宮城)
アダルトレディース(35歳以上) 1位鈴木由美子(宮城)
ジュニアレディース 1位早川藤子(郡山)
ジュニア 1位佐藤翔吾(郡山)、中島祐輔(山形)、3位鈴木雄介(郡山)


◆東北総体 少年チームスプリント、成年ケイリンの沼田が優勝
東北総体自転車競技のトラック競技は8月22日、23日に八戸市で、ロードレースは24日に階上町で開催された。トラック競技では3選手による少年チームスプリントで金沢幸司(白河実)、加藤康恭(平工)、川上和正(白河)が決勝で岩手と対戦し1分5秒99で優勝を飾った。成年ケイリンでは県自転車競技連盟の沼田康が優勝した。成年4000m個人追い抜きで明珍周兵(白河実〜法政大)は3位、成年スプリントでは古河喬が優勝した。
ロードレースでは成年個人98qで竹内忍(白河〜日大)が準優勝、女子個人28qで石神二小教諭の佐藤智子が見事優勝を飾った。白河高の菊池日出子は3位に入った。
 

マウンテンバイク(クロスカントリー)で国内最高峰のエリート部門に参戦

エキスパート富士見大会で初優勝!昇格果たす。八木田健一さん(本宮町)

マウンテンバイク(クロスカントリー)選手の八木田さん(31歳)は6月1日に行われたJCFジャパンシリーズ第3戦の富士見大会エキスパート部門で堂々の初優勝を飾りエリート部門への昇格を果たした。マウンテンバイクに乗り始めてからわずか3年目の快挙だ。八木田選手が次回出場するマウンテンバイクのエリート部門はプロ選手やオリンピック選手などがエントリーする国内最高レベルで、八木田選手は7月13日に秋田県田沢湖で行われる第5戦からエリート部門で出場する。
八木田選手がマウンテンバイクを始めたのはわずか3年前。景品で偶然当たったマウンテンバイクを手に入れてからMTBの世界にのめり込み、郡山のバイシクルショップトップのチームの一員として活動を行いながら毎日地道な練習に取り組んできた。毎朝会社までの通勤だけでなく、通勤前にはロードでの早朝練習も欠かさない。普段は本宮高校周辺のアップダウンのあるコースを練習場所にしているという。八木田選手はJFC登録後1年目途中エキスパート部門に昇格し、3年目の今年4月の第1戦熊本小国大会では初の準優勝、第2戦宮城では3位に入った。今年に入り出場した3大会すべてで優勝、準優勝、3位入賞を果たした。(下メダル写真)
「自分でもまさか今年この成績になるには思っていませんでしたね。ですから今回エキスパートで優勝できて本当にうれしいですし、これでエリート部門に上がりプロと一緒に走ることができるのが今から楽しみです。エリートは未知の大会なのでどこまで通用するかわかりせんが最初なので自分の力を試してきたいです」と八木田選手。マウンテンバイクはスキー場など起伏のある6qほどのコースを6〜7周休みなく走り続ける過酷な競技。スタミナがものをいう競技だ。これまで地道なトレーニングで持久力をつけてきた八木田選手だが、エリート部門は未知の世界。どこまで自分の走りができるか大いに注目したい。
(大会写真提供:八木田健一さん)
結果速報!八木田選手エリート部門初出場で70人中44位。モヤヒルズは45位。
JCFジャパンシリーズ第5戦は7月13日に秋田県田沢湖スキー場で行われ、エリート部門に出場した八木田選手は初出場で最後尾からの出走となったが得意の登りで力を発揮し最終44位で完走した。「今回初めてでしたがコンディションも良かったですし自分ではまあまあの大会でした。登りは良かったんですが下りで他の選手に追い越されてしまい結局順位が下がってしまいました。下りは自分は苦手なので今後の課題ができました。下りを克服すれば次からはもっと上に行けると思います。次のモヤヒルズではがんばりたいですね」。八木田選手の今年の大会は次回のジャパンシリーズ最終戦青森県モヤヒルズ(8月24日)となる。
モヤヒルズ大会は8月24日に行われ、八木田選手は70人中45位で完走した。


このページは福島県の自転車競技(スプリント、ロードレース、ケイリン)及びマウンテンバイク競技に関する情報サイトです。各種競技大会の結果から大会・イベント情報、地域のクラブや選手情報などをご紹介していきます。皆さんからの情報もお寄せ下さい。
日本自転車競技連盟ホームページ  日本マウンテンバイク協会ホームページ 
競輪公式サイト KEIRIN.JP
福島県自転車連盟事務局 0248−52−2022(田崎)

スプリント明珍周兵選手(14年3月取材)
bicycle&mtb news